TigerOddsの最終レース日記

競馬ソフト「GoGyo」の機能で競馬を考える。


テーマ:

昨日の天皇賞の結果と白斑


1着ビートブラック   星+四白
2着トーセンジョーダン 流星+三白(両前右後)
3着ウインバリアシオン 星+一白(左後)



TigerOddsの最終レース日記

ほとんどの出走馬に白斑がありますが、
しかし、白斑の数が多い方が最近上位に来ている感じかな。


天皇賞馬ビートブラックの血統を調べてみると
父ミスキャストは白斑なし。(小さな星があるかも)
父母のノースフライトも白斑なし。
父父サンデーサイレンスは流星二白(両後)


母方を調べてみると
母父ブライアンズタイムは星二白(右前右後)
母母父Rainbow Questは二白(右前左後)
母母母父General Assemblyは流星三白(左前両後)


白斑のない父のミスキャストの競走成績は

サンデー産駒としては平凡です。
その子のビートブラックが四白に出たので
彼の場合白斑の無い父よりも白斑の多い母系からの

スタミナを引き継いだと推測することができます。

あくまで推測ですが........どうなんでしょうね。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

東京競馬場でiPadで競馬をする。



TigerOddsの最終レース日記


競馬新聞はiPadにダウンロードしてます。


TigerOddsの最終レース日記


iPadで競馬をしても、回収率は上がらず。



スマホで競馬用アドレス

http://www.oyako.com/capstone/pdfcalendar.php


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

馬の脚の白い本数についての
英語の古い諺です。


One white foot—buy him.
Two white feet—try him.
Three white feet—look well about him.
Four white feet—go without him.


なるほど、脚の白い本数が多いと
良くないという諺ですが、


ノーザンダンサー(1961年生)
以前では通用したこの諺が
現在では逆になっているかもしれません。


ノーザンダンサーのような
遺伝力の強い優秀な種牡馬が出現した時、
その形質が4,5代先の
サラブレッドの白斑の特徴と成績に
影響を与えるのではないでしょうか?


将来、
白斑のまったく無い優秀な種牡馬が現れたら、
また先ほどの諺が復活するでしょう。


ですから、
白斑があるから
競走能力が高いわけではありません。


白斑のある優秀な種牡馬の影響で
競走能力が高い
というわけですので、
皆さん誤解のないように!


これから先、サンデーサイレンス
のインブリードがある馬の世代になれば、
右後足に白斑がある馬が優秀になると
いう現象も起こるわけですし、

ディープインパクトのインブリード馬が
現れる時代になったら、
また流星三白の馬が強い時代がくるかも
しれません。


白斑にまつわる定説や理論は
優秀な種牡馬の白斑によって
変わると考えた方が良さそうです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

皐月賞馬はゴールドシップ 

オルフェーブルと同じ配合のステイゴールドXメジロマックイーン

毛色が芦毛ですが、白斑はまだ若いのではっきり出ています。

流星+二白(右後と左後) 左後は薄く小さいので気をつけてみてください。


TigerOddsの最終レース日記
ゴールドシップ 流星二白(右後と左後) 

父のステイゴールドは流星と1白だから

ゴールドシップの右後足のソックスはどこから来ているんだろう?



TigerOddsの最終レース日記
ゴールドシップの父ステイゴールド 流星一白


TigerOddsの最終レース日記

2着ワールドエースは星なし四白

父はディープインパクト



TigerOddsの最終レース日記

3着のディープブリランテは星なし二白(左前後)

父はディープインパクト

2着,3着がディープインパクトだったが、星が無い。



TigerOddsの最終レース日記

1番人気のグランデッツァは5着

流星三白だが、左後脚に白斑が無かった。

父は下の写真のアグネスタキオン 星無し二白(左右後脚)


TigerOddsの最終レース日記




いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

競走馬の白斑3で出てきた

スピード遺伝子の主役ノーザンダンサーの父

Nearcticの白斑について調べておきましょう。


TigerOddsの最終レース日記

Nearctic 星+二白 左後のソックスが右後よりも長い。



TigerOddsの最終レース日記

Nearco (Nearcticの父)

星+三白

(写真ではわからないが左前脚もCoronetで白いのです。)

やはり左後脚のソックスが若干長い。


TigerOddsの最終レース日記

Hyperion (Nearcticの母父)

星はありませんが、四白です。前脚よりも後脚の

ソックスが長い。



3頭とも遺伝力の強い種牡馬として知られていますが、

白斑はかなり強い遺伝形質であると思われます。


もちろん、競走能力と白斑には直接の関係はありませんので、

×白斑=競走能力ではなくて

○白斑=遺伝力

と考えた方がよいと思います。


NearcoやHyperionやノーザンダンサーのインブリードを持っていても、

白斑が伝わっているかどうかに注目することは

意味があるのではないかと思います。


そんなことしなくても

遺伝子を調べれば分かる時代ですから、

血統表だけで判断する時代は無くなることは間違いない。


アイルランドではとうとう馬の毛を使って遺伝子検査をするサービス

が始まりました。

http://www.jairs.jp/contents/newsprot/2010/6/5.html/?mail2012030902





いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

先月JAIRSメールマガジンから届いた記事です。

ノーザンダンサーの流星+三白の遺伝形質

注目に値するのではないかと考えています。


以下メール文です。


■スピード遺伝子の起源は一頭の英国牝馬に遡る可能性

遺伝子科学者エメリン・ヒル(Emmeline Hill)博士は、

ウェブ上の科学誌である

“ネイチャー・コミュニケーションズ”(Nature Communications)において、

サラブレッド競走馬のスピード遺伝子の起源が

約300年前に生きていた英国の牝馬1頭に遡る可能性を発表した。

そして、現在ある遺伝子変異体は

すべて種牡馬ニアークティック(Nearctic)に遡ることを発見したとしている。
そのスピード遺伝子が広範囲に伝播した背景には、

ニアークティックの仔であり

サドラーズウェルズ(Sadler’s Wells)やダンジグ(Danzig)などの

父で種牡馬として圧倒的な支配性を示した

ノーザンダンサー(Northern Dancer)の存在があると、

この研究結果は示している。

ダブリン大学、エクイノム社(Equinome Ltd.)

およびケンブリッジ大学の科学者が率いる国際研究チームは、

1764年~1930年に誕生した有名なサラブレッド種牡馬12頭の

骨から抽出されたものを含む数百頭の馬のDNAを分析した。
この研究論文の筆頭著者であるヒル博士は、

「サラブレッドの誕生以来


続きはコチラでお読みください

http://www.jairs.jp/contents/newsprot/2012/11/1.html/?mail2012030901


以上。


まぁ現在ではほとんどの馬が

ノーザンダンサーの血を引き継いでいるわけですが、

ノーザンダンサーのスピード遺伝子を引き継いでいる可能性の高い馬には

流星三白が多いのではないかと思われます。

日本の種牡馬ノーザンテーストは流星2白ですが、

偉大なる父ノーザンダンサーから

流星(作に近い)と左脚のソックスを伝えられていることから

種牡馬として成功したのではないかと思われます。

吉田善哉氏の先見性はさすがです。

競走能力よりも遺伝力に注目するなら、白斑の特徴を

見抜いていたのではないでしょうか?


TigerOddsの最終レース日記

さて、これからはノーザンダンサーのインブリードという表現に

加えて、白斑の特徴も血統表に表現したいと思いました。

まぁすでに私の血統表のプログラムは表示できるように

していますが、資料を集めるのが大変です。


そこで軽種牡馬協会に

白斑のデータの提供はないかと問い合わせてみたところ、

白斑のデータはありますが、提供しませんと断られました。

JRA-VANにもデータはなさそうですし、

インターネットで馬の画像を調べて、手入力している次第です。


そこで、もしこの白斑のデータに興味がある方は、

日本軽種馬登録協会

に問い合わせてみたりしてはいかがでしょうか?  

「需要があれば供給も」

ということに成ればありがたいです。


また、白斑入力血統ソフトは

Capstoneの新ヴァージョンに

BloodStoneとして存在していますが、

まだ公開していません。

Windows7対応、メモリ1GB以上のPCで動作可能です。

WindowsXPでは動作できるかわかりません。


もしソフトにご興味のある方はメールください。

yukie@oyako.com

その方にはダウンロードできるようにしてみます。

これも「需要があれば供給も」ということで............

BloodStoneはフリーソフトですが、

JRA-VANのデータが必要です。

出来れば白斑データ入力のお手伝いが

出来る方希望します。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

名馬の白斑について

最近の世界の3冠馬には星+三白が多いんです。

星は額の白斑。 流星は鼻まで白斑が流れている場合。

数字+白は 白斑のある脚の数+白と表記します。


おそらくこれはノーザンダンサーの影響だと思われます。

そのため、流星三白の馬は数多くいるのは事実です。

しかし名馬に出てくるこの形質はノーザンダンサーの

遺伝形質が良く伝わっている証拠なのかもしれません。


ノーザンダンサーの血がはいってないサンデーサイレンスや

ウオッカ、セクレタリアトなども下の例では載せていますが、

サンデーサイレンスの子孫にノーザンダンサーの血を

注入して(社台はノーザンテースト牝馬)、

それが白いソックスの馬として現れた場合、

ノーザンダンサーの血を確かに注入できたと考えることが

出来るのではないかと思いました。




ひとつ注目したいのは、

下の例では、

名馬の三白の場合は

後脚が2本、前脚が1本白いことが多いのです。

偶然でしょうか?


また名馬には左後脚の白い馬が多いのではないかと思われます。

サンデーサイレンスは右後脚が白く、例外ですが、

(ノーザンダンサーの血が無い血統です。)

左後脚も少し白く見えます。

左後脚は部分的に白い「Partial Pastern」

だと思われます。


後脚の左右差もあり、左脚の白い部分が右よりも多い方が

良いのではないかという気もします。

これもノーザンダンサーの形質の影響かと思われます。


昨日のアンタレスSの勝ち馬は流星+四白のゴルトブリッツでした。

全部の脚が白かった。

ディープインパクトの近親に当たる馬ですね。


さて今日の皐月賞馬には、どんな白斑があるのでしょうか?

興味ありませんか?



TigerOddsの最終レース日記

アメリカ3冠馬セクレタリアト 星+三白

ノーザンダンサーの血はない。



TigerOddsの最終レース日記

日本の最強牝馬ウオッカ 流星+二白(左前後) 

ノーザンダンサーの血は無い。

TigerOddsの最終レース日記

英三冠馬 ニジンスキー 星+三白

父がノーザンダンサー

TigerOddsの最終レース日記
偉大なる種牡馬 ノーザンダンサー 流星+三白


TigerOddsの最終レース日記

三冠馬オルフェーブル 流星+1白

母母父父にノーザンダンサー

TigerOddsの最終レース日記

サンデーサイレンス 流星+1白+左後脚が少し白い

ノーザンダンサーの血は無い。

TigerOddsの最終レース日記

3冠馬 ディープインパクト 星+三白

母母父父がノーザンダンサー


p.s.残念ながら、3冠馬ナリタブライアンは流星だけありました。

遺伝形質がヘテロになっていて種牡馬で成功しないタイプ

なのかどうか、分かれば面白いですね。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

最近、気になっているのが競走馬の白斑。


オルフェーブルの流星と左後足のソックス(白斑が高い位置まできている)

が気になっている。


競走馬の配合の天才フェデリコテシオの本では、

「前脚が白い馬はダメで、後脚が白い馬が良い。」という説に対して

テシオが反論している。


しかし、日本の3冠馬には星(額の白斑)+白い後ろ脚が目立つ。


シンボリルドルフも星+左後足のソックス

ディープインパクトも星+三白


馬の場合、胎内で身体が作られるときに、

色素細胞が広がっていく時に末端までいかずにストップするために、

足が白くなったり、顔が白くなるそうだ。


だから、サラブレッドの場合、

脚の途中で白い部分があることはなく、末端に白斑ができる。


顔の場合は首から顎、額の順で色素細胞が広がるため、

色素細胞の流れは額の中央が最後の部分になり、

そこまで色素細胞がうまくいきわたらなかった場合、

額の中央に星や流星ができる。


また耳の器官の聴力のためには色素細胞が必要だ。

猫の場合、色素が薄いと聴力に問題が出る場合がある。

オッドアイ(片目の色が薄い)の猫は耳が聞こえないことがある。


ここからは私の推測と妄想だが、馬の顔が白すぎると、

聴力や脳神経に問題がおこる場合があるかもしれないと考える。


もしかしたら、大観衆の前でも、平気でいられる神経の図太さや

コースを逸走するのも、白い斑点に秘密があるのかもしれない。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
photo:01


一昨日国会図書館に行きました。
競馬予想のネタ探しに
統計学の論文をコピーして来ました。

ある統計学のメソッドを使って
異常投票のパターン解析
展開予想のパターン解析
この二つの課題を何とかしたいと
思っています。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。