TigerOddsの最終レース日記

競馬ソフト「GoGyo」の機能で競馬を考える。


テーマ:

第77回日本ダービー回顧


内田は外だ!


騎手の位置取りの意識の違い


騎手には、逃げ、先行、差し、追込 の展開パターン
とは別にコーナーでコースの内を突く、外を回る、
というコースの横の位置取りについてもある程度、癖があるようだ。


ヴィクトワールピサの岩田騎手は皐月賞で見せたように、
内側を突くのが好きな騎手である。


逆に、内田騎手は外を回るのが好きだ。


ダービーはそんな二人のコースの位置取りが明暗を分けた。


ダービーの話は皐月賞までさかのぼる。
皐月賞で中山コースの内側を突いた岩田騎手は、好騎乗と言われた。
馬番13番の外枠から、経済コースを取り、一瞬の脚を使って馬群を捌いて
皐月賞を勝った。完璧な乗り方だった。


そこで、私は、JRAの騎手全員についてコーナーでの横の位置取りを
直近の過去300騎乗のデータを使い統計的に調べた。


位置取りを数字で表すために、外を回る距離ロスを時間換算(0.1秒単位)
して計算する方法を採用した。
さらに、内枠(馬番1から6まで)中枠(馬番7から12まで)
外枠(馬番13から18まで)の3つの枠に分けて、3つの数字を表示するように
した。

標準的なコース位置取りをとる代表は武豊騎手である。
武豊騎手のコース取りの数値は以下のようになった。
内枠=0.89 中枠=1.65 外枠=1.91
上の数値を詳しく説明すると、
内枠(馬番1から6)の時は、外を回るロスは1レース中平均0.89X0.1秒
中枠(馬番7から12)の時は、外を回るロスは1レース中平均1.65X0.1秒
外枠(馬番13から18)の時は、外を回るロスは1レース中平均1.91X0.1秒


ここで岩田騎手と内田騎手と武豊騎手の数値を比較してみよう。
岩田康騎手 内枠=0.58 中枠=1.16 外枠=1.31
武豊 騎手 内枠=0.89 中枠=1.65 外枠=1.91
内田博騎手 内枠=1.12 中枠=1.86 外枠=2.42


岩田騎手の数値はJRA騎手の中でも内中外枠すべてかなり少ない数値を記録している。
つまり、どの枠でもなるべく内側のコースをとることを意味しているのだ。
だから経済コースを取るので、勝てることもあるが、
内側が開かないときは、不利を受けて負ける。


逆に、内田博騎手は比較的、外に出して追い込むスタイルが好きな騎手である
ことがわかる。

最近ではJCのオウケンブルースリーで大外から追い込んで2着で惜敗して、

音無師に「一度下げ外に出したのが痛かった。バルクの内に突っ込んでほしかった。馬の力を信じてほしかった。」

と言われた程だ。


すなわち、コース取りでは岩田は内、内田は外(名前は内でも外なのだ)の典型的で対称的な二人なのだ。


皐月賞では内田騎手が馬番11番で大外を回って0.6秒のロス。
岩田騎手は馬番13番で内を回って0.1秒のロスがあった。



そしてダービーに話は移る。

ダービー1週前のオークスはあいにくの雨で

芝のコースが悪化


オークスはBコース、

ダービーはCコースで行われたが、

Cコースの直線では内側2,3頭分が一番荒れた状態になった。


ダービー前日にも雨が降り、当日は曇りで、
やはり直線内側2,3頭分のコースを走る馬たちが伸びきれない。


ダービー当日、ダービーの前に行われた芝のレースに岩田騎手と内田騎手が
そろって騎乗したのは、東京6レースと8レース。


東京6レース芝1600mでは
岩田馬番12番で直線で内コースを走り9着。
内田馬番2番で直線で外コースを走り5着。


東京8レース芝2400m 青嵐賞では
岩田馬番6番で直線で内コースを走り8着。
内田馬番12番で直線で外コースを走り2着。


岩田騎手は2レースとも内コースを走り、

内田騎手に先着されている。



前日の土曜日も東京コースで騎乗していた内田騎手に対して、
前日は京都コースで騎乗していた岩田騎手は東京コースの荒れ具合を肌で
感じていなかったのではないか?


そして運命の10R日本ダービー。
馬番1番エイシンフラッシュの内田騎手
馬番7番ヴィクトワールピサの岩田騎手。


向こう正面では、7番のヴィクトワールピサが最内を走り、
その後ろでヴィクトワールピサをマークするように
1番エイシンフラッシュの

内田騎手は内ラチ1頭分をわざと空けた外を走っている。


最終コーナーの入り口で内田騎手が先に動いた。
ヴィクトワールピサの外にぴたりとエイシンフラッシュの
馬体を合わせ、そのまま直線までコーナーを併走する。
これでは岩田騎手は外に出せない。


そのままヴィクトワールピサは馬場の悪い直線コースの内側を走らされる形になった。

ヴィクトワールピサを内側にブロックした後、
直線で内田騎手は内から外へ馬を持っていき、
2着になったローズキングダムと共に馬場の良い所を突き進む。


内から3頭分空けたコースがヴィクトリーロードだ。



しかし内側の馬場の悪いところでもヴィクトワールピサは

バテずにじわじわと底力で伸びたが、万事休すで3着。


コースを熟知した内田騎手の百戦錬磨の作戦の前に敗れた。

向こう正面で内ラチ1頭分空けた布石が生きたわけだ。

今回のダービーは雨が降った後の微妙な馬場の変化をうまく利用した
内田騎手の騎乗がすばらしいと感じたレースだった。

開催初めの内側の良い状態でのレースなら結果はまた違った形に
なったかもしれない。


ヴィクトワールピサもあの荒れた内側でまだ伸びてきたのだから
相当強く、重馬場上手であることがまた証明された。



TigerOddsの最終レース日記
1着エイシンフラッシュ

3着ヴィクトワールピサだけ当たっていたはずれ馬券です。


あー残念。ローズキングダムを軽視した私が馬鹿だった。

結局、皐月賞上位組3着5着1着の順でしたね。

3着2着1着の順で買ったのに............


皐月賞以外のステップレースの勝ち馬は勝てなかった。

皐月賞もやや重。ダービーもやや重に近い良馬場だったのではないでしょうか。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。