1 | 2 次ページ >> ▼ /
May 27, 2005 17:12:20

ビジネスと教育

テーマ:エッセイ

今朝まで頭が痛かったのですが、昼過ぎまで寝ることですっかりよくなりました。
思えば、ここ数日4時間くらいの睡眠しか取っていなかったために、
ただの睡眠不足による疲れのようでした。
お騒がせしてすみません。


────────────────────────────

さて、今回はブログ用アドレスからいただいたメールを公開させてもらいたいと思います。

ご本人とは了承済みですが、何か不都合な場合があればお知らせください。


「さて、今日メールを打とうと思ったのは、一つお願いがあるからです。それは、道徳的にビジネスを行って頂きたいということです。自分の企業の利益、一部の社会層の人々の利益のみに終止するようなことはしてほしくない。それだけです。あなたの世界観が世の中でどう評価され、どのように世界を変えていくのか楽しみに思います。
私はといえば、教育という観点から社会に関わりたいと思っています。大学では数学と英語の教員免許を取得し、さらに、近代主義の導入の歴史、仏教と日本人について学びたいと思っています。それをどう生かし、具体的に高校という環境でどのような対策を講じるべきか考え、実践の中でそれを形にしていくことが、私の夢です。教育はビジネスにおいても存在するものであると思います。折々、意見など頂ければ幸いに思います。」


このような真剣なメールを送っていただけ、とても嬉しく思います。
この記事をもって、返信という形にさせていただきたいと思います。


まず、ビジネスについてです。
偽善めいた発言をしたくはないので、素直な考えを申し上げると、
私がビジネスを成功させたいという理由は、
「自分のため、つまり成功し名を上げ富を得たいという単純な欲求」からです。
まずはこれを言っておかないといけないと感じました。このことを隠す必要はないと思っています。


しかし、誤解してほしくないことは、
私が個人レベルで満足するようなビジネスには終止するつもりはない、ということです。
おっしゃるように「自分の企業の利益、一部の社会層の人々の利益のみ」を重視するようなものをするつもりは毛頭ありません。例を挙げて言えば、株式の短期売買やM&Aでせこせこ金を稼いでいくことには興味がありません。(しかし、資産の運用方法としては最適だと思っていますが)


今考えているものも社会のためになるビジネスだと確信しています。
私の信念は、「よりよい社会をつくるためのビジネスを成功させること」です。
私が事業を成功させることによって、消費者の生活が豊かになり幸福を共有できることを願っています。
また、私のいう富も、それは手段であって目的ではありません。


私は得た富を社会還元するために、将来日本に大学を作りたいと思っています。
最近つくづく感じることは、「知識は、その活用方法を知らない限り持っていないと同じ」ということです。
知的教養というものをいくら持っていても、それを実生活で運用する術を知らなくては教育の意味を為していないと思っています。
かのエジソンやアインシュタインは正当な教育(この正当という言葉も間違いがあると思っています)を受けていないにも関わらず、彼らを成功に導けたのは、「知識の活用方法を熟知していた」からだと思います。

このような構想を実現させるためにも、より実践的は学問を行うため、世界各国から優秀な教授を招くこと、
また、実際の現場で活躍しているビジネスパーソンや法律家、また宇宙工学のスペシャリストなどを招き
講師として講義を行ってほしいと考えています。
(今で言うと、知名度のある堀江社長や丸山弁護士などでもよいと思います。また、それは私立大学として生徒を引き付ける強力な商品となると確信しております。)

また、harvardやstanfordなどの海外の一流大学と提携プログラムを組み、単位の互換制度を作ることもおもしろいと思っています。


「知は力なり」ということはかねがね言われていることですが、
その本意は、上記で述べたような力を得ない限り発揮されないと思います。
これは次の記事のヘンリー・フォードの話でもしていきたいと思います。


最後になりますが、このようにメールを送っていただけ、再度私に考える機会を与えてくださったことに本当に感謝しています。この場をもってお礼申し上げます。ありがとうございました。


現在の順位は??

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
May 27, 2005 02:46:11

武者震い

テーマ:日記

昨晩から、頭が割れるような頭痛に悩まされている。

しかし、次の日の朝になるとすっかりよくなっている。

夜になると、再び頭ががんがんしてくる。


でも、なぜだろうか。


こういうときに限って、頭が冴えている。


とりあえず、今浮かんだアイディアをイラスト込みでノート1ページを埋めることができた。

ネットでその業界を検索してみても、どうも今だ未開拓の(手がつけられていない)分野のようだ。

弱点も多くあるので、深い検討が必要と思っている。


武者震いのようなものを感じるのは、ただの悪寒で風邪の症状なのだろうか?


今日も寝たほうがよさそうなので、寝てきます。



────────────────────────────

※コメントいただいたみなさん、返信できずにすみません。

ちゃんとすべて読んでいます。

体調が戻ったらまたどんどん更新していこうと思っていますので、よろしくお願いします。


ブログランキングも好調のようです!クリックくださったみなさん、ありがとうございます。

今何位かな??

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
May 26, 2005 03:22:44

眠れぬ夜

テーマ:日記

寝る前に、何かを考えてはいけない。


特に想像力を働かせてはいけない。


目が冴えてしまう・・・。




ふつふつと湧き上がるアイディアをしらみつぶしにノートに書き殴る。


そして、調べものをしていると朝になってしまう。



とりあえず今日は寝よう。


何かわかってきたような気がするから。



今何位かな??

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
May 24, 2005 01:49:56

親子の確執

テーマ:エッセイ

親子の確執はどの家庭にもあるのかもしれない。


自分の幼稚さが頭にくる。


感謝に気持ちを素直に表現できない自分はできそこないなのかもしれない。

狂気と悲しみが体の中を駆け巡り、思考を停止させる。


志賀直哉は、最後には「和解」する。

血が繋がっているからこそ、確執は硬直化し悪化するのだろうか。


この世界に生を与えてくれた両親に心から感謝している。

夢を持たせてくれたことに心から感謝している。


素直に口にできないことを、受け止めてもらえないことを、

この場を借りて発しさせてもらうことを許してほしい。



ありがとう。愛しています。

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
May 24, 2005 01:22:26

繋がるネットワーク

テーマ:日記

最近、このブログを通してたくさんの方々と知り合うことができました。

暖かい激励の言葉、留学やビジネスについての真剣なメール、僕が今後きっと深く関わらせていただくであろう方との出会い。

とても嬉しく思い、ただただ感動しています。

まさか、これほどコミュニティーの広がりができるなんて夢にも思っていませんでした。

インターネットの秘めた力をひしひしと感じています。


個人的な事情で、なかなか返信できないこともありますが、

メールを送っていただいた方には必ず返信させていただきたいと思います。


励まされることやがんばろうと思うこと、自分が再度勉強し確認できること、多くのことがありとても素晴らしいコミュニティーを築きあげることができることに、胸の高鳴りを抑えることができません。


これからも、情報を発信していける存在でありたいと思います。

そして、このコミュニティーがますます発展することを心から願っています。


Make a good community! →人気ブログランキング



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
May 20, 2005 13:32:03

本の重み

テーマ:留学

僕は本の重みが好きだ。


そのずっしりとした重みが、読んだあとに脳に吸収されるような気がする。


良書であると、なおさら頭が重くなるのは気のせいだろうか?


昨日も行き着けの古本屋で、また新しい本と出会った。


重く、分厚いそいつは何かを訴えているかのようだった。




本との出会いも、人とのそれと同じように、


「どれがおもしろい」、「あれはおもしろくかった」


と言った書評はあてにならない。


人との出会いと同じように、突然的な出会いを大切にするとおのずと自分にはよい本が集まってくれる。


そして一つに出会うことができると、新しく親しくなった友人が彼の友人を紹介しくれるように、


読むべき本たちを連れてきてくれる。




これからも僕は君たちとの出会いを大切にするよ。 →人気ブログランキング

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
May 18, 2005 15:34:46

TOEFL勉強法 ・参考書編

テーマ:留学

今日はTOEFLの勉強法について書きたいと思います。

出てくる参考書の評価や勉強法は、僕が編み出したもので独断と偏見に満ち溢れているので、

ほどほどに参考してください。


僕はTOEFLを計4回受けました。勉強期間としてはほぼ3ヶ月です。

詳細は、

1回目 Total 147 (Listening; 07 Sturucture; 15 Reading; 22 / Writing; 3,0)  10/19受験

2回目 Total 200 (Listening; 17 Sturucture; 18 Reading; 25 / Writing; 2,5)  11/21受験

3回目 Total 227 (Listening; 22 Sturucture; 25 Reading; 21 / Writing; 5,0)  12/27受験

4回目 Total 240 (Listening; 23 Sturucture; 25 Reading; 24 / Writing; 5,0)  1/8受験

です。


ご覧の通り、最初は本当に恥ずかしい点で

最終的にも250を越えていない平凡な点を公開するのも気が引けますが、

みなさんにもやれば短期間でも100点を上げることができると感じてもらいたく、

つつみ隠さずいきたいと思いました。


1回目は、何も準備していませんでした。TOEFLってどんなものかさえも理解していなかったと思います。

初回はコンピュータ試験での戸惑いと英語力のなさで受けたときは泣きそうになりました。

これはやばいと思って、参考書を買い本気で勉強しなければという気持ちになりました。


では、この3ヶ月間で使った参考書について書いていきたいと思います。

評価は星()で5点満点にしたいと思います。主に使った順番で書いていきます。





 

「今日からはじめるTOEFLTEST」 新星出版   評価/★★☆☆☆
名前で買った本です。日本語で解説が書いてあるので、はじめての方にはTOEFLがどんなものか理解するには役だつと思います。ただ問題数も少なく、難易度も低いので本当にTOEFLを知ることしかできません。よって、★は2つです。




TOEFL TEST 実践問題集」 語研  評価/★★★★


なかなかの良書です。和書の中では上位に入ると思います。問題数も多く、実際のテスト形式が3回できます。日本語での詳しい解説がついており、初心者でも非常にわかりやすいです。ただ問題が本番より若干簡単だということで★は4つです。コンスタントに240点台が取れるので、自信にはなります。

特にリスニングは何回もやることをお勧めします。





 

 

「TOEFL TEST リスニング完全攻略」 語研  評価/★★★★
上で紹介した語研のリスニング特化版です。詳しく解説が載ってあり、理解しやすく問題にも慣れます。かなり分厚く問題数も多いですが、2日で一旦全部やりました。これも繰り返し使えます。(数回することを考えて、本に直接書き込みをしないことが大切です)やはり問題がやや易ということで★は4つです。



初期の段階で使ったのは、すべて和書でした。これからはすべて洋書となります。

洋書の利点は、問題数が多い、レベルが本番に近い、無駄な解説がない、と多くあります。

またamazonによって、価格もそれほど高いものではありません。





 

 

「TOEFL CBT SUCCESS」  Peterson's  評価/★★☆☆☆

初めて使った洋書で、書店で買いました。非常に高かったです(4600円)。内容は、編成も悪く初心者には使いづらいものでした。効果は期待できないかもしれません。リスニング・リーディングに関してはいい問題が収録されています。







「TOEFL Test Preparation Kit」 ETS 評価/★★★★


言わずと知れた、TOEFL主催団体ETS発行の公式TOEFL参考書です。PBT用ですが、実際に行われた過去問を試験7回分収録し、本番に近い形で勉強できます。解説はなく、解答は記号のみが書いてあります(得点計算は表でできます)。問題はやや易という感じで、リスニングの速度も多少遅いです。よって、★は4つにしました。





 

「HOW TO PREPARE FOR THE TOEFL ESSAY」 BARRON'S  評価/★★★★★

これは。TOEFL受験生必携の書です。185の本番同様も問題とその例文ESSAYがすべて収録されています。僕は、この185題のすべての問題文に対しアウトラインを考え、試験に臨みました(3回目以降)。また、中でも自分には書けそうにない30題くらいを選び、本番同様に書いておきました。身近なNATIVEに添削してもらうのも手だと思います。しかし、中には例文として好ましくない(程度の低い内容、語数が極端に少ない等)ものがあったり、一方でとても洗練された文章もあったりと、文章のレベルのばらつきがあります。丸暗記するのではなく、あくまで「参考」にする、というのが良い使い方だと思います。






「CliffsTestPrep TOEFL CBT」 Cliffsnotes  評価/★★★★


怪しい表紙と模擬試験6回分収録にも関わらず$20という安さに引かれ購入しました。特にこの参考書の売りはリスニングです。本番の1,2倍速といったところでしょうか?また、リスニング内容もacademicなもの(C型肝炎の感染経路、治療法など)が多く、他の面で勉強になりおもしろいです。これは、「買い」です。





「Cracking the TOEFL」 The Princeton Review  評価/★★★★☆または★★☆☆☆
これは、TOEFL用のテクニック本です。全米最大手のプリンストン・レヴューという塾の授業を書籍化したものと考えていいようです。内容はレッスン形式で進められ、講師との会話のような文体で書かれています。「ETSは~という意図を持って、受験者をトラップにはめようとしている」という表現があったり、皮肉が込められていてたまに笑えてきます。特に文法セクションは有益で、指示通りにやれば、問題を見た瞬間答えがわかる(内容を考えずに)ものも見分けることができるようになります。ただし、文法力に自信のない方がこのようにテクニック本に走るのはあまりおすすめできません。TOEFL200点以上で250点以上を目指す方にはお勧めできます。特に伸び悩んでいる方には効果があるように思います。評価が二通りあるのは、このように利用者のレベルによって効果が異なるからでした。



「TOEFL POWER PREP」 ETS  評価/★★★★


これは市販の参考書ではなく、受験者全員に配られる疑似computer試験です。CBTを受験された方は、ご存知と思いますが、本番のリスニングはコンピュータ独特のどこかこもったような感じで聞き取りにくかったと思います。それを、このPOWER PREPで慣れるのが一番と思いました。僕はこれを何度も何度も繰り返し、ホテルにもパソコンを持っていき、当日の朝まで聞いていました。

答えがないと言われていましたが、ある掲示板で昔発見しましたのでご報告します。


http://acezh.jijing.org/download.htm
中国語のサイトでなにやら中国人がせっせと作ったようです。
全セクションの答えがあります。
とりあえず、周りにうじゃうじゃある中国語は無視して、TOEFL POWERPERP系列というところの、PP文本(WORD & PDF)の圧縮ファイルに開けば手にはいります。ウィルスの心配はないと思います。
僕はプリントアウトして使いました。問題はランダムでする度に変わるので、探すのが多少大変ですが、確実に力にはなりました。



以上、僕が使った代表的な参考書を評価とコメントを紹介しました。

参考書に関してはお金に糸目をつけずに、苦しいですが興味あるものにはできるだけ手を出すようにしました。

中には、途中で挫折し投げ出したものもありますが、無駄ではなかったと思います。

無駄を重ねることで自分の勉強法が確立されていったと感じています。

参考書は高いですが、未来の自分への投資と思えば安いものです。

TOEFL250点を持っていれば、Ivy大学でも同じ土俵には上がれます。

またLACでは奨学金も狙えるかもしれません。

最低の条件であるTOEFLは恐るるに足らないのです。

と、240点のものが言っても説得力がないのですが・・・。



次回からはリーディング、リスニング・・・と各セクション別に勉強法を書いていきたいと思います。

もし、何かこのようにしてほしいというご要望がありましたらコメントをお寄せください。



参考になった方はクリックお願いします。→人気ブログランキング


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
May 17, 2005 13:38:41

長者番付

テーマ:ビシネス

今回の長者番付(高額納税者番付)の結果を見て、Financeの方たちの運用能力のすごさを感じた。



全国一位は投資顧問会社「タワー投資顧問」(東京都港区)の運用部長、清原達郎さん(46)だ。好実績を収めたファンド運用の成功報酬で、約三十六億九千万円を納税した。



37億円!!数字で書くと、3,700,000,000円を税金として納めている。

ちなみに芸能界1位のみのもんたさんは、約2億円。

この違いは明らかだ。子供の頃は、芸能人が一番お金を稼いでいると思っていた。笑”


清原さんは、平成14年の公示で全国31位、15年では約8億5百万円を納めて8位に入っていたというので、コンスタントに稼いでいるところをみると、その能力はけたはずれなのだと思う。

また、投資はギャンブルのように思われがちで、彼もその部類だと思われるかもしれないが、

こつこつと分析し、すべての会社に訪問し経営者と話をして決定するという堅実で真面目な方だそうだ。


ある記事によれば、この清原さんはざっと500億円の運用成果を挙げているという。

その成功報酬が今回の番付に現れたようだ。

成功報酬は成果の2割と言われているようで、清原さんの年収は100億円ということになる。

あくまで、大雑把な計算だけど。



清原さんは昭和五十六年に東大を卒業。野村証券に入社後、アメリカのスタンフォード大学でMBA(経営学修士)を取得。同証券の米国現地法人でヘッジファンドの運用に携わった。平成四年に退社後、ゴールドマン・サックスなど大手外資系証券を渡り歩き、十年四月からタワー投資顧問の運用部長になった。



ちょうど、financeについて勉強し始めた頃であり、関する記事をアップしようと思った矢先にこの結果なので、非常にびっくりした。そして、自分が行きたいStanfordの卒業生かぁ・・・、と感慨にひたった。

上位には、ゴールドマン・サックスなどの海外証券会社社員の方の名前も見られた。


個人的にはfinanceのプロになるつもりはないが、この知識はとても重要だと思っている。

もっと造詣を深めたい。



これほど、税金を納めているのだから日本政府に対して心中穏やかではないと思う。

僕からもどうか税金の無駄遣いはやめてくれと言いたい。

うちの市長も橋が大好きのようで、無駄に作っています。誰も通らないのに・・・。

もちろん見事に脱税(合法的にも)して、今回の番付に載らなかった人もいると思う。

ちなみに堀江さんは1400万円程度だった。税金の節約術もうまいのだろう。



If you think this weblog is interesting, Please click the banner icon!! 


------------------------------------

参考URL;

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050517-00000001-san-soci

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050516-00000133-mai-soci

http://www.sponichi.co.jp/society/choujya/2004/index.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
May 16, 2005 07:05:04

夢を失う恐怖 夢を保つ苦悩

テーマ:エッセイ

夢を失うことはとても怖いことだと思う。


今まで、何度か大きな挫折を味わい、夢を失ってきた。


幼い頃、サッカーをしていて、本気でプロを目指していた。

かけっこでは負けたことがなかったから、自分にもなれると信じてきた。

サッカーのために遠い地区の学校に行った。


でも、そこに待ち受けているのは、現実と挫折だった。


思うプレーができず、いつもはがゆい思いをしていた。

自分にはどうにもできない怒りともどかしさ。

罵倒される自分、滑稽な自分。


サッカーを愛していたのに、ブラジルでトッププロになりたかったのに、

いつの間にかサッカーが憎くなってしまった。

サッカーをすることが苦痛になり、ぼろぼろだった。


夢を諦めた。


顧問を恨んだ。

罵倒され、殴られ、走らされ。

好きだったサッカーを僕から奪った。

殺してやりたいとまで思った。



でも、今は違う。

彼に感謝している。

彼のおかげで僕は強くなれた。

自分もみつけられた。

このことがなかったら今の自分はなかったと思う。


辞めたチームが全国大会に出た時は純粋に嬉しかった。

そう思えたのも、自分が成長できた証のようで少しうれしかった。

そしてサッカーも再び愛すことができるようになっていた。



そして今、夢を保つことの苦悩を感じている。


起業し成功したい。


この思いを保つことはきっととても大変だと思う。


アメリカの見知らぬ地で、いつの間にか失ってしまうかもしれない恐怖がある。




でも、決して忘れてしまいたくない。

何もかも長く続けることができなかったけど、

今からはそうじゃない。


俺は絶対成功してやる。

そう思って、これからもがんばっていきたい。



人気ブログランキング→ 



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
May 14, 2005 18:07:52

一兆円男

テーマ:ビシネス

最近Fainanceについての知識の必要性を感じている。

昨日、堀江社長の本を一冊本屋で立ち読みしたけど(本屋さんには迷惑だ、ごめんなさい)、

彼もFainanceの知識のない経営者は無能とまで言い切っている。


日本では今回のライブドアvsフジ・サンケイグループ事件でもわかるように、

金に関していまだに抵抗感を感じる人は少なくない。

マネーゲームと揶揄され、金を増やそうとすることを悪だと批判する。

江戸時代、士農工商時代の名残なんだろうか。金に執着する人間を卑しいと蔑む人も多い。


では、実際間違ったことなのか?いや、そうではない。

ビジネスをするために金を集める方法はさまざまだ。

そして資金力のない新興企業はライブドアのようなやりかたをするのは正攻法である。

そうであるのに、「法に触れないからと言ってなんでもしていいわけがない」、と間抜けな老人国会議員たちはのたまう。

そもそも、上場している企業はPublic campanyであり、いつ買収されてもおかしくない。

そのリスクを背負って上場して、資金を調達させてもらっているんだから。

ばかな大人はそれさえもわかっていないのか。


テレビは公共のメディアと言うが、果たしてどうだろうか?

意味のない下品なバラエティ番組を垂れ流し、ニュースと言っても不正確で情報価値のないものばかり。

海外のニュースになると、BBCではCNNではと、自分たちの情報網はないのか?

ただの公共の娯楽であるにすぎないとしか思えない。



もちろん、堀江社長はもう少し考え方を変えてもいいと思う。

あの変なポリシーによって、大きく損をしているのも事実だ。

僕なら、スーツを着て来いと言われれば、着ていくし、敬語を使えと言われれば使う。

足をなめろ、なんていう自尊心を傷つける以外の注文なら受けて差し支えないだろう。

それで、ビジネスチャンスが広がるなら、いくらでもする。


現在の堀江社長の個人資産は、約一兆円らしい。

それほどお金があったら、資産運用をさせておけば、

悠々と南の島で死ぬまで暮らせる。いやむしろどんなに使ってもなくならない。

それでも、彼は仕事をやめないのは、「楽しいから」と言う。

別に小金を稼いで、マネーゲームをしているわけではない。

次のビジネスがあるからこそ、金がいるのだ。


If you think this blog is interesting, Please click the banner icon!! 



※堀江氏の個人資産について、その額に対してご指摘をいただきました。

この記事は彼の著作「100億を稼ぐ方法」に基づいたもので、彼の現在の個人資産を表すものではありません。

注釈を入れず、やや抽象的な表現をしたことをお詫び申し上げます。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。