安倍首相、西田議員へ電話  質問を封印❗
意をくみ自ら縛る自民党議員たち❗

パノプティコンの住人

 
 3月2日。電話口の安倍晋三首相は少し、いら立っているようだった。
「西田さんは大阪問題でやりたいだろうけど、それを頼んだのが安倍だと言われたら、なんにもならないからさ」
 
 電話を受けたのは、自民党の西田昌司参院議員。
4日後の参院予算委員会で学校法人「森友学園」(大阪市)の国有地売却問題について質問にログイン前の続き立つことが決まった矢先。
 
首相から質問内容に注文がついたのは初めてで、
「総理が直接電話してくるのは異常やねん」と西田氏は明かす。
趣旨は、土地が約8億円値引きされたことの「正当性」を、質疑を通してうまく説明してほしいというものだった。
 
 西田氏は京都府選出。日本維新の会に一貫して批判的な立場で、
「森友問題は大阪府の小学校設置認可をめぐる規制緩和に端を発した大阪問題」として質問するつもりだった。
首相は電話で維新に触れなかったが、西田氏は直感した。
「憲法改正を含め、政権に協力的な維新をかばう気持ちが首相にはあるんやな」と。http://yuruneto.com/jimin-kenpou/
 
 質問当日。西田氏は首相の言う通り、値引きの正当性を主張する官僚答弁を引き出し、
「疑惑だ、という森友事件の報道は、フェイクニュースだ」と訴えた。
 
 与党議員が政権に都合のよい質問をするのは珍しくない。
だが、西田氏は「国会の爆弾男」の異名をとり、
身内といえども歯にきぬ着せぬ批判を浴びせる言動でならしてきた。
そんな西田氏でさえも、この日は大阪府に関する質問を封印せざるを得なかった。
 
 10日後の3月16日。学園の籠池泰典氏の100万円寄付発言が飛び出すと、
竹下亘・自民党国会対策委員長は「首相への侮辱」と言って証人喚問に踏み切った。
問題が首相を直撃しても、与党はひたすら「1強」に付き従っている。(二階堂友紀)
 
 ◆パノプティコン 権力による社会の管理・統制システム
 
 パノプティコン。
もともとは監視者がいてもいなくても囚人が監視を意識する監獄施設のこと。
転じて20世紀にフランスの哲学者フーコーが、権力による社会の管理・統制システムの概念として用いた。
 
 独房で権力のまなざしを常に意識する。
パノプティコンの監獄に閉じ込められた囚人のありようは、
権力に分断され、
従属し忖度(そんたく)する「1強」の政治状況で起きている現象に似ている。
 
 
自民党、官僚、メディア。それぞれが「1強」のもとで、
「パノプティコンの住人」のように支配されていないだろうか。
 
 
 
AD