<都議選>元公明党副委員長が共産党の街宣車で「良識ある公明党員は目を覚ませ❗」
共産党の街宣車上で応援演説する二見伸明・元公明党副委員長。左から2人目。右隣は共産党の志位委員長。

 かつての仏敵と政敵が共闘する。元公明党副委員長の二見伸明氏がきょう初めて、共産党の街宣車に乗った。

 東京都議選で文京区(定数2)から立っている候補を応援するためだ。街宣車には仏敵のリーダー志位和夫委員長も乗った。

 二見氏は古巣の公明党が、自民党の補完勢力と化していることに、かねてから警鐘を鳴らしてきた。野党共闘のイベントで熱弁を振るう姿が目に焼き付いている人は少なくないはずだ。

 公明党は国会を重ねるごとに自民党と一体化していく。二見氏は居ても立ってもいられなくて、野党共闘候補の応援に駆け付けたのである。

 二見氏は街宣車に上る前話した。
「良識ある公明党員は目を覚ませ❗」
「共謀罪審議の中間報告は(山口)委員長が体を張ってでも止めるべきだった❗」

 元公明党副委員長はマイクを握り、歩道を埋めた共産党支持者に語りかけた。

 「公明党は自公連立だから(公明党が立候補していない文京区では)自民党に(票が)行くと思うでしょ? ところがそうとは限りませんよ」

 「皆さんのご近所に公明党員がおられると思いますが、伝えて下さい。
自民党に(票を)入れるということは自分たちの生活をダメにすることですよ、と」

 続いて二見氏は朝日新聞(22日付け)に掲載された「読者のオピニオン」を読み上げた。意見を寄せたのは元創価学会副会長の碓井昭雄氏だという。

 「安倍首相の政治姿勢にどこか下卑た、厚顔無恥の気味があると感じてきた…(中略)公明党は本来、大衆のため、正義のため、平和のために行動する党だったはずだ」

 「与党の利益のために理想を放棄し、初心を失うようではならない。
安倍首相と一蓮托生で行くのか、大衆の側に戻るのか。公明党よ、どこへ行く?」

 二見氏は明日も共産党の街宣車に乗り、野党共闘候補を応援する。中野駅前で午後3時から
聴衆を沸かせた元公明党副委員長は、納得の表情で共産党の街宣車から降りてきた。後ろは辰巳孝太郎参院議員。=28日、文京区
AD