見た目は日和でも風は冷たい

 

先週の週末は、どしゃ降りの中で友人の葬儀でした。まさに「涙雨」

今週は、打って変わって「快晴」

何事も無かったかのような、この穏やかな日和が心に染みます。

       ↓

ここ数日は、ひたすら音楽を聴き続けました。

「セカンドステ-ジ」に一足早く旅立った友人に、どんな曲を届けたらいいのだろう?

こんな曲がいいかもしれません。

広沢タダシ-「虹のつづき」

 

https://www.youtube.com/watch?v=NktEAyQObuI

 

 

友人は豊かな才能で「虹をかける人」だった。

「虹のつづき」をきっと紡いでくれるに違いない。

        

ところで、プロ野球はソフトバンクが日本シリ-ズを制して幕を閉じました。

気になったことがひとつあり、「ビール掛け」です。

先日CSで、セ・リ-グ3位の横浜が首位の広島を破り、日本シリ-ズ出場権」を獲得した夜に「ビール掛け」が行われました。

あれ? 「リーグ優勝」や「日本一」でもないのに、「ビ-ル掛け」ってやるんだっけ?

自分の応援する阪神は今年2位ながらCSファ-ストステ-ジで、田んぼの中のような悪天候での試合を敗れた悪い流れのまま横浜に敗退し、「自分の中での野球は今年は終わった」感があり、「よその勝手」ではありますが、何か釈然としないものがありました。

ましてや、敗れた広島ファンは、どんな気持ちだったでしょう?
 

勝負事は、「隙を見せた方が負け」とよく言われますが、あそこで変な達成感をもってしまったのも、今回のシリ-ズ敗退にも繋がっているようにも思います。重要な局面での判断ミスやエラ-などは「個」のものではなく、「チ-ム力」だと思います。

思えば、パリ-グのCSでも楽天に王手をかけられたソフトバンクが、楽天スタッフが「ビール掛け」の準備をしていることを耳にして奮い立ったという話もありました。

このポストシ-ズンでの戦いは、「ビール掛け」がキ-ワ-ドだったように思います。

広島、阪神、巨人は、鬼のような気合で連日、秋季キャンプで鍛錬の日々です。

来年に向けての戦いでは、横浜は既に大きく後れをとっているので、激闘の思い出は忘れて切り替えないと、この奮闘ぶりは「無かったこと」になってしまうはずです。

「よその事で、よけいなお世話ではありますが。・・・」

         ↓

ここで、広沢ヒロシさんの楽曲から、もう1

広沢タダシ-「サフランの花火」

 

https://www.youtube.com/watch?v=_NUd3oeeiq4

 

『ひとつの出会いを今 ゆっくりと旅立つ

   〜

やぶれた情熱にサフランの花火を

きれいに焼きついて消えないから

寂しくなったなら夜空を見上げて

大きく咲き誇る愛を胸にmy friend♪』

 

<歌詞は下記URLより引用>

http://j-lyric.net/artist/a002638/l02021b.html

 

       ↓

自分には何ができるわけではありませんが、身動きとれない日々がまだ続いています。

記事の更新、ブログの読み歩き、ペタ等、なかなか、できない状況ですが、ご容赦ください。

特定的な地域ではなく、突然発生する天災

あちらこちらでの地震情報が度々テロップで入ります

やはり、震災・天災、何時でも「備え」を忘れずに。。

AD

「まさか、こんな日が来るとは・・・」

 

変な夢を見ました。

とても短い時間の夢で

薄暗い中、マイクロバスに乗り合わせて、唯一、顔が認識できたのは、呼びかける幹事の大学時代の友人Tちゃん

「この時計で20分に出発です。あと8分ぐらいあるのでトイレに行きたい人は言ってきてください。」

ここで目が覚めたのですが、何の集まりかは分からないまま、夢の続きもないままに朝を迎えました。

       ↓

パソコンを開いてメ-ルチェックすると、1通の不可解なメ-ルが

K坊が亡くなったという噂がありますが、何か知っていたら教えてください」

という大学時代の友人J君からのメ-ル

       ↓

おいおい、何、言っちゃってんだよ ???

と思いながら、「噂の本人」にメ-ル入れたら、戻ってきてしまい、頭の中が真っ白なまま地元の友人F君に電話したら、詳しくは分からないけど、「どうやら亡くなったらしい。・・・」

すぐに事実として受け止められないままにいましたが、

「大切な友人が、えらいことになってしまいました。」

       ↓

訃報から6日後にお通夜、翌日に告別式が信じられないままに行われ、ここで、冒頭に書いた夢の場面とほぼ同じ場面に遭遇しました。「虫の知らせ」だったのでしょうか?

「葬儀場から火葬場へ向かうマイクロバスの中」

薄暗く、乗り合わせた人たちは背を向けたまま無言

       ↓

ここで目が覚めてくれたのならば、「悪夢」を見ただけのことでしたが、信じがたい「現実」は時計の針を速めながら粛々と進行され、「一生の友」と思っていた大切な友人が「昇天」してしまいました。

破天荒でしたが、誰よりも働き、誰よりも遊んだ

「処理能力が速過ぎた」ために、人よりも早く逝ってしまったのかもしれません。

       ↓

この取り返しのつかない喪失感

これから迎えるあらゆる局面で、「穴」の大きさを感じることでしょう。

       ↓

大江千里さんにとても似ていたK

棺の中に添えられた「めがね」が、もの悲しい

彼には「感謝」しかないので、1曲選ぶとすれば、この曲

大江千里-「ありがとう」

 

https://www.youtube.com/watch?v=-fN2VLsTvdg

 

告別式のあった10/28は、2020年開催の「東京オリンピック」の1000日前

残された、活かされた自分たちは、彼の分まで丁寧に過ごしていかないといけない

聖火台に点火される時に、この「悪夢のような現実」から目が覚めて、「場面転換」されるかもしれません。・・・

        ↓

しっかりと胸にしまっておくべき個人的な悲しい話題を記事にしてしまい

ご容赦ください。。

       ↓

自分には何ができるわけではありませんが、身動きと

れない日々がまだ続いています。

記事の更新、ブログの読み歩き、ペタ等、なかなか、できない状況ですが、ご容赦ください。

特定的な地域ではなく、突然発生する天災

あちらこちらでの地震情報が度々テロップで入ります

やはり、震災・天災、何時でも「備え」を忘れずに。。

AD

「潮目が変わった」

 

と、よく例えとして使われますが、現在、海流の「黒潮」の流れが大きく変わっているそうです。

今後、高潮や降雪等、色々な影響が出てくるそうで、魚介類の獲れ高や値段等も変わってくるでしょうし、食卓にも当然影響してくることでしょう。

      ↓

選挙戦でも

「キツネの独裁」を阻む「虎」の出現が期待されている中で、旋風を巻き起こすはずだった人たちは観測気球の打ち上げ失敗(失言等)から魔法は解けた。

さらなる「タヌキの独裁」は多くの人たちからも毛嫌いされ、これだけ失速するとは予想外でした。

結局、大勢はあまり変わらない状況になるように思います。むしろ、今よりも悪い方向性にもなりそうな懸念さえあります。

      ↓

自分の応援する「虎」(阪神タイガ-ス)も、雨天中止が妥当な悪天候に強行した敗戦の悪い流れのまま、3戦目も惨敗し、CSも敗退してしまいました。

開催権のあった阪神は「通常の判断」で2日間を雨天中止にしておけば、自動的に「勝ち抜け」できるはずでしたが、予備日も1日しかない過密日程等、連盟側の事情や不手際もありながら、何か釈然としないままの敗退でした。

決定力のある中軸打者の不在や、とりわけ捕手の弱さ(配球悪すぎる・・・)等、「足りない部分」が改めて浮き彫りになった敗退でした。

CS第2ステ-ジが1日も休みも無く開催される異常日程で、横浜にとっては「駅伝を2区間走る」ようなもので、この消耗戦は選手たちの今後のコンディションも気になります。

過去にも2014年、そして昨年にCSで熱戦を繰り広げた日ハムの主力選手たちの故障歴からも、このポストシ-ズンの過密日程での「消耗戦」の影響の大きさがよく分かります。

「興行ありき」のCSもそろそろ見直しが必要かと個人的には思います。

       ↓

ところで、自分がブログを始めたのは、2010年のちょうど今頃で、その時のドラフト会議を振り返ると、下記のような状況でした。

<2010年ドラフト会議氏名選手 評価(日刊スポ-)>

1位 投手  榎田大樹  東京ガス   左投げ左打ち A

2位 投手  一二三慎太 東海大相模  右投げ右打ち A

3位 捕手  中谷将大  福岡工大城東 右投げ右打ち B

4位 投手  岩本輝   南陽工    右投げ左打ち B

5位 内野手 荒木郁也  明治大    右投げ左打ち B

1位の榎田投手は即戦力の期待どおりに数年はブルペンを担う活躍もしてくれ、3位指名の中谷選手は今シ-ズンは20本以上のホ-ムランを放ち、ようやく「成長」を見せてくれましたが肝心の終盤の勝負所はあまり結果を出せませんでした。

若手の「育成」が数年にわたって「命題」のままの阪神にとって、中谷選手のように高卒から主力へと定着していく選手は極めて稀なことで、やはり年数も掛かることを改めて気付かされました。たしか藤川球児投手もブレ-クまでには7、8年掛かっています。

今年のドラフトで、どんな選手を獲得できるでしょうか?

数年後に振り返るのも、また愉しみのひとつなのかもしれません。

         ↓

このアメブロを始めたことによって、多くのブロガ-さんとの出会いがあり、そして多くのア-ティストさんを知ることができました。

そんな中でも、Ms OOJA(ミスオオジャ)さんが印象深いです。

Ms OOJA -「Be (2013)

 

https://www.youtube.com/watch?v=xSk4UI1cUbM

 

仲間由紀恵さん主演のTBS系金曜ドラマ「恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~」の主題歌でした。

ドラマにもマッチングし、この曲のヒット以降は歌番組にも多く出演するようになりました。

 

2010年にブログにて、東海地方に歌唱力のあるア-ティストさんがいることを辿り知り、読者登録をして応援していましたが、2011年頃からCSMTV等でMVが流れるようになり2013年にドラマとのタイアップでヒット曲と成りました。

応援していたア-ティストさんが成長していく過程を見ていけるのは、このブログの愉しみでもあります。

           ↓

人気が出るとか、有名になるとかいうのは「副産物」のようなもので、何よりも、このア-ティストさんを応援しようと思ったのは、「ブレ-ク前夜」にこの曲を聴いた時でした。

Ms.OOJA -「Dear」 (2011)

https://www.youtube.com/watch?v=0Ozxc3eh5So

 

東海地区では「神」でしたが、まだ全国的には名前は殆んど知られていない時期に、

「今度こんな曲だすんだあ♪」と、ブログにYou Tube画像が添付され

応援する読者たちが、「良い曲だねぇ」とか「イイ感じ」みたいなコメントをやり取りして

自分もこの曲を耳にした時に「一生付いていく♪」みたいな感情を抱いていたように記憶しています。

今、改めて聴いてみても、とても良い曲だと思います。

沢山の「想い」が詰まった曲で、その数年後に願いを叶えてメジャ-デビュ-していった「成長曲線」にも対峙できて、涙が出そうになります。

これからア-ティストを目指す「卵」の人たちのプレゼン楽曲としてもぴったりの曲のようにも思います。

        ↓

話はプロ野球に戻して、それぞれの方の応援するチ-ムが既に敗退している場合も、これからの熱闘を楽しみしている場合、色々ある事でしょう。

もうすぐドラフト会議で、また新たな選手たちが抽選や指名順などの「巡り合わせ」を経て、新しいスタ-トを切っていきます。

それぞれの「成長曲線」を見守りながら応援していくのもプロ野球観戦の愉しみのひとつですが、色々な有力選手がいる中で、誰が楽しみ?と聞かれたら、「阪神に入団する新人選手」と答えるしかありませんが、あえて個人的な希望を書くとすれば、清宮選手は競合必至なので、ズバッと一本釣りで

履正社高校・安田選手

と書き込みたいと思います。あくまで個人的な意見ではありますが。

       ↓

また、取りとめの無い妄想旅

ご容赦ください。。

       ↓

自分には何ができるわけではありませんが、身動きとれない日々がまだ続いています。

記事の更新、ブログの読み歩き、ペタ等、なかなか、できない状況ですが、ご容赦ください。

特定的な地域ではなく、突然発生する天災

あちらこちらでの地震情報が度々テロップで入ります

やはり、震災・天災、何時でも「備え」を忘れずに。。

AD

選挙戦で街の落ち着きもありません

 

スキャンダルにまみれていた議員さんたちも、平身低頭で街頭に立つ

旋風を起こすべく立ち上がった人たちの風速はやや鈍り、風向もやや逸れて

ジリ貧と思われた人たちは思わぬ風を受けている

「風」を読むといわれる選挙戦も、まだ序盤戦

それにしても、K.Jrの演説は分かりやすくて盛り上がる

誰もがうんうんと頷く

しばし待機すれば、黙っていても「だるま倒し」のように順番は廻ってくることでしょう。

         ↓

最近の評価基準に「インスタ映え」があります。

例えばスイーツのとりわけマカロンは「インスタ映え」しますが、食べてみると見かけほどは美味しくは感じません(個人的には)が、値段は結構高いです。

贈り物として、数の割に値段が高い、逆に言えば、張り込んだわりに数は少なく見栄えはあまりよくありません。

もうひとつの評価基準の「コストパフォ-マンス」では低い部類に入るかもしれません。

それでも、価値の分かる人にとっては、貰った時には「めっちゃ嬉しい」品物のひとつでもあります。

自分のお金では高くて買えないが、貰った時には綺麗だし嬉しい。

世の中、そういう事、沢山あります。

          ↓

プロ野球もペナントレ-スは全て終わり、ポストシ-ズンで熱い戦いが始まります。

自分の応援する阪神の最終戦で、16年間貢献してくれた安藤投手の引退試合にもなりました。本来は9月下旬に行われる試合が雨天中止で、ここに巡ってきました。

予定通り試合が行われていれば、まだ順位も確定していない時期で、このように落ち着いた雰囲気で引退登板やセレモニ-も行われていなかったでしょうから、よくいわれる「野球の神様」からのご褒美だったのかもしれません。

安藤投手は、2003年のVにはセットアッパ-として、2005年のVには先発の軸として、ここ2回の優勝に貢献してくれた「功労者」でもあります。

以降は苦難の時代もありながら、ここ数年は「いぶし銀」のような活躍も見せてくれて何度も窮地をしのいでくれました。

苦難の時代の安藤投手については過去にも記事にしています

https://ameblo.jp/tig-22/entry-11216430595.html

(今はこの熱量で記事を書くことができません。・・・)

これまでにも何度か引退選手のスピ-チには心に染みることがありましたが、安藤投手のスピ-チも人柄を表すような素晴らしいものでした。

やはり、こういうスピ-チができる選手(人格)だからこそ、このような檜舞台が用意されるのだなあ。と、いつも思います。

残した実績の数字は、それほど突出したものではないものの、プレ-ぶりの中に「不断の努力」は表れ、ファンはそれをよく見ています。

         ↓

安藤投手

今年はこの引退登板が最初で最後の登板となり、最新の登場曲は「幻」のものになってしまいましたが、You Tubeで公開されたこの曲を聴いて、

JamFlavor-「heydo!! Ver.1

阪神タイガ-ス・安藤投手 登場曲2017

 

https://www.youtube.com/watch?v=rBqoMCZOeC4

 

かつての同僚の関本さんがMVに出ていることもあり、何度も観ているうちに、何だか「耳に残る」というか、中毒のように何度も観てしまっています。

虎党でない方には、さっぱり理解できないかと思いますが「ファンにはササる」出来栄えだと思います。

この登場曲で、一度、登板を観てみたかった気もします。

 

          ↓

そして、この動画をYou Tubeで観たことで、関連動画とした観たものの中から、「心にササる曲」を見付けました。

Dream Ami-「XOXO (2017)

 

https://www.youtube.com/watch?v=E9CKGT9vkbY

 

E-girlsの元メンバ-とのことですが、自分は知りませんでした。

正直、メンバ-さんの顔と名前が一致しないわけで。・・・

安室ちゃんが引退していく中、西野カナさん的な等身大でありながら、キレのあるヴォ-カルは自分にはササりました。

You Tubeは、こうした発見もあるので面白い

逆に自分の音楽的趣味や傾向も、これまでの閲覧履歴から見抜かれているようにも思います。

こうした「You Tubeの右側画面」は、スゴイし、何だか少しコワイ

ネット検索をしていると広告欄に、過去によく閲覧しているサイトの関連広告や関連商品がよく出てきます。

なので、TVやネットから刷り込まれる「印象操作」も、ある意味怖いですね。

ワイドショ-を観ていると、選挙戦について、コメンテ-タ-さんが、「見せかけの党派の印象よりも、よく人を選びたい」とか言っていますが、そんな事、短い選挙期間の中で、できるハズもありません。

それよりも、それなりに影響力あるのだから、もっと的確なコメントをしてもらいたいところです。

        ↓

もうすぐ東京五輪まであと1000

五輪会場、豊洲、築地・・・

選挙戦もいいけど、山積みの問題についても時間無いです。

都知事。。

        ↓

また、取りとめの無い妄想旅

ご容赦ください。。

       ↓

自分には何ができるわけではありませんが、身動きとれない日々がまだ続いています。

記事の更新、ブログの読み歩き、ペタ等、なかなか、できない状況ですが、ご容赦ください。

特定的な地域ではなく、突然発生する天災

あちらこちらでの地震情報が度々テロップで入ります

やはり、震災・天災、何時でも「備え」を忘れずに。。

秋晴れ

秋刀魚がうまい♪

 

よく韓国ドラマの「戦国もの」を観ていると、自国の戦局が危うくなると敵国に投降して、自分たちだけ助かるように謀反を起こす臣下たちがいますが、選挙が始まると同時に同じような事をしでかす政党がありました。・・・

数年前は政権を取りながらも、「3.11」での不手際等により、再び政権交代し、ジリ貧のまま、どの道、解党へ向かっていたのですが、選挙も戦わずして、ひと握りの首謀者たちだけが生き延びるような愚策。

選挙結果はふたを開けてみないと分かりませんが、表向きは「2大政党」的な並びにはなりそうな情勢ですが、抑止力の働くような理想的な在り方になるとは考えにくい。という事は多くの人たちは気付いているはずです。

それにしても、政(まつりごと)は「立ち回り」の巧拙も大きな要素とはいえ、なんだか情けない。・・・

そんなことで1曲目は

「カムフラ-ジュ」 -竹内まりや 1998

 

https://www.youtube.com/watch?v=LozRj1th29Q

 

曲名と歌詞の内容が違う印象ですが、ある意味「深い」かもしれません。

何かと「人恋しくなる」秋にぴったりの曲です。

       ↓

ところで、本日の試合結果により、セ・リ-グの順位も決定し、CSの対戦カ-ドも決まりました。

自分の応援する阪神は2位となり、昨年の4位から大きく躍進↑

ここ数日の横浜との5連戦と巨人との2連戦が大きな「肝」でした。

CS出場権は、ほぼ確定していた阪神にとって、対戦する3位が横浜か巨人か、というところは大きな関心事でした。相手は選べないものの、どう「立ち回る」かがカギでした。

3位巨人であれば、菅野-マイコラス-田口と並べられれば、勝ち抜くのは至難の業、横浜とて、筒香が大爆裂すれば手が付けられない相手でもある。どちらと戦うとしても難敵ではありましたが、どちらが良かったかということは、まずはCS第1ステ-ジを勝ち抜けてからいえることでもあります。

ここを勝ち抜けてこそ、「2位」の価値があり、ここ数試合の「立ち回り」を振り返ることもできます。

残り2試合は先達ての台風影響で中止になった試合の振替が聖地でできます。「峠の茶屋」のような、この2試合が今年の2位の「ご褒美」のような気がします。

        ↓

気が付けば、もう10月ですが、10/28には、2020年の東京五輪まであと1000日」だそうです。

「都民ファ-スト」は何処へ。今や「選挙ファ-スト」・・・

東京五輪は、本当に行われるのでしょうか?

もう1曲は、前回のリオ大会終わりのプレゼンで使用された曲の原曲

「東京は夜の七時」-ピチカ-トファイヴ (1993)

 

https://www.youtube.com/watch?time_continue=19&v=u032WJ9G5ZU

 

過去→現在→さらに近未来へとタイムスリップしていくようなモダ-ンな曲です。

2020年の開会式も使用されるような気もします。

1000日というと、長いようで、あっという間にやってくると思います。

その時の都知事は誰? 首相は誰?

築地は? 豊洲は? ・・・

何だか急に忙しなくなってきました。

何とかその時に穏やかな気持ちで迎えられるように、ひとつひとつミッションをクリアしていかねば。。

        ↓

また、取りとめの無い妄想旅

ご容赦ください。。

       ↓

自分には何ができるわけではありませんが、身動きとれない日々がまだ続いています。

記事の更新、ブログの読み歩き、ペタ等、なかなか、できない状況ですが、ご容赦ください。

特定的な地域ではなく、突然発生する天災

あちらこちらでの地震情報が度々テロップで入ります

やはり、震災・天災、何時でも「備え」を忘れずに。。