Devilとの戦い

テーマ:

さて、Level5のステイを余儀なくされた、あたしの末路をここに書いておきます。


あたしが、vacationから帰ってきて、初の授業。

すでに友達から聞いていて覚悟はしていたものの・・・

あたしのクラスの先生が、もう見た目からして怖いんですが、ものすごくstrictで、

生徒全員震え上がってる!?っていうか、うんざりしてる状況の中に飛び込みました↓↓


名前は伏せておきますが、ジャマイカ出身の超巨大なfemale teacher。

一緒のクラスになった、Aramが2日目にして、プッツンとキレまして、

先生と言い争いになったあと、クラスを飛び出し、そのまま帰ってこず泣


結局、彼女は、2クラスあるLevel5の別の先生のクラスに移動することになったんです。

レベルアップならまだしも、同じレベルで別の先生にチェンジできたって、LSCでは稀なこと。

通常は、突っぱねられて、変更できないんです。

いかに、この先生と生徒との関係が最悪か、お察しいただけますでしょうか汗


そして、この最悪なクラスに、ひとり取り残されたあたし・・・なく

あたしが選択できる道は、ただひとつ。


何が何でも、テストでハイスコアを取って、
翌週レベルアップすることだけ!!!!!!



この先生、ちゃんと教えてくれないんです・・・テストに必要な肝心なgrammarをガクリ

テスト範囲も、「あたし、知らない~」とか言って、教えてくれないし謝る

挙句の果てには、テストに絶対出るであろう、strong adjectiveは出ないと言い出したびっくりM


あたしはわかってるんです。先月、同じところを勉強したから!!!!!

あたしもプッツン切れる寸前でした、もう本当に逃亡したくて、逃亡したくて。


でも、出席点も大事だから、休めないし(→д←)

なので、officeにクレーム出しました。



そして、テスト当日。


あたしはお隣の同じレベルのクラスの子に、テスト範囲を聞いて臨んだテスト。


perfectを頂きまして、このクラスのおさらば決定あげ

案の定、strong adjectiveばっちりテストに出ましたよねぇ~www


もうねぇ、本当に殺意さえ覚えるくらい、大嫌いになりました。彼女を。


終いには、あたし命名しましたから、“devil"って(*っ∀・`)ノ)) ハハハハハハッ



あたしは、テストが終わると、早々にクラスを抜け出して、クラスに戻りませんでした。

っていうのも、テスト後のクラスで、行われていたのは、生徒からのcomplain timeがくがく

そんな中に戻れないってのもあって・・・( ̄∀ ̄*)


そして、レベルアップの際にも、ちょっとdevilと揉めたりして、大変でしたむぅ


でも、晴れて、Level6のクラスにチェンジうれしい


ということで、最悪な1週間のお話でしたwww




あっ。devilのその後を書いておきましょう。


あまりの生徒からの苦情の多さに、Top of LSC Calgaryがやっとのこと重い腰をあげました。


Aクラス1時間50分の授業を、見学。



普通、そんな事態になったら、先生もよりよい授業にするように、

または生徒の意見を取り入れて授業スタイルを変えるのが、普通。

っていうか、正常な人の考えること。


でも、devilはまったくもって変化なしムムム

もう、なんか呆れちゃいますねっ。


なんで、クビにならないのか、不思議でならない(; ̄Д ̄)


もういいんですけどねっ。おさらばできたから。


早く、devilのことを忘れたい一心なので、これをもって彼女の話は終了しますwww



AD