成沢広修区長が「育児休暇」を取得して話題になった東京都文京区で、男性職員が初めて育児休暇を取得していることが10日、分かった。区によると、この職員は8日間の育休を申請し、現在取得中という。率先して休んだ成沢区長は「僕の行動が後押しになったのか分からないが、とてもうれしい。男性の育休取得が夫婦の選択肢の一つに考えられるよう、雇用主として制度設計していきたい」と話している。

 成沢区長は今年2月に長男が誕生。4月3~15日、区議会に一度出席したのを除き、休暇を取得した。同区は4月から「男性職員の育児休業等取得促進実施要綱」を実施し、所属長が本人の事情を考慮した上で、育休取得を勧奨することになった。6月区議会には、区長を含め特別職の妊娠出産休暇と育児休暇、介護休暇制度の条例化も提案される予定だ。【田村彰子】

【関連ニュース】
育児休暇:「母は偉大だと痛感」 復帰の東京・文京区長
記者の目:男の育児協業=中西拓司(生活報道部)
文京区長育休:ツイッターで宣言、「子育て楽しみます」
文京区長:育休取ります 自治体首長で初
わが社の場合 トヨタ自動車

高速増殖炉「もんじゅ」 臨界到達(毎日新聞)
雑記帳 「かながわ卒煙塾」塾長に舘ひろしさん(毎日新聞)
検証 医療ツーリズム元年(4)先端医療を日本から世界に(医療介護CBニュース)
<原爆の子>サダコの鶴NYに 9.11追悼施設に展示台(毎日新聞)
ヤンマーに石綿含有で回収指示 大阪労働局(産経新聞)
AD