JR池袋駅(東京都豊島区)で平成8年、立教大4年の小林悟さん=当時(21)=が男に殴られ死亡した事件で、警察庁は犯人逮捕につながる情報提供者に、最高で300万円の公的懸賞金を出すことを決めた。事件は11日で発生から丸14年となり、殺人罪の公訴時効まで残り1年となる。警視庁は「執念の捜査で必ず検挙したい。多くの情報提供を期待している」としている。

 池袋署捜査本部の調べでは、悟さんは8年4月11日午後11時半ごろ、池袋駅の山手線ホームで背広姿の男に殴られるなどして転倒、5日後に死亡した。男は当時24~38歳くらいで身長170~180センチのがっちりした体格。まぶたが重く、座ったような目つきで、右目尻に穴状の古傷が3個あった。

 9日付の官報に掲載、11日から1年間情報を受け付ける。情報提供は同署(電)03・3986・0110。

【関連記事】
公的懸賞金の適用事件・金額の決定方法は?
最高300万の懸賞金制度、前倒し運用へ 島根の女子大生遺棄事件
香川・女性経営者殺害 遺族100万円懸賞金
迫る時効、追う夫 懸賞金かけ妻介護15年 大阪の殺人未遂
市橋被告 懸賞金1000万円、4人で分配「寄与度」に応じて
「中国内陸部の資源事情とは…?」

女児虐待死は育児放棄か、去年から体重減少(読売新聞)
父親殺害容疑で37歳男逮捕 青森県警(産経新聞)
首相動静(4月6日)(時事通信)
会社の金で高級ブランド品=海外旅行、ホストクラブ…-容疑で女逮捕・福岡(時事通信)
4人死刑に強い行動必要だった…人権団体(読売新聞)
AD