iphoneの便利機能

テーマ:
iphoneには多数の便利な機能が搭載されています。

特に強力な仕組みがSpotlight機能です。

この機能は、一般的な端末上のファイルの検索に加えて、Webの検索も同時に行なってくれますので、多彩な検索が出来るようになっています。

iphoneで検索を行う時にはWebブラウザで検索するよりも、Spotlight機能を活用した方が効率的です。

一方で、バッテリーの持続時間を延ばしたい場合には、このSpotlight機能の履歴の整理が重要になってきます。

検索を行うという事は、それだけ無駄なプロセッサやメモリのリソースを消費しますので、バッテリーを多く使う事になります。

履歴を消してしまえば、それだけ検索をする範囲が縮まりますので、バッテリーの持続時間を延ばせる事になります。

また、データやファイルのバックアップにはクラウドサービスを活用するのが便利です。

ネットに接続している事で、自動的にクラウドサーバと同期を行いますので、手動でバックアップをしなくても良くなります。

最新のファイルだけでなく、少し前のファイルも保存されますので、ローカルストレージで誤ってファイルを消してしまっても安心出来ます。
AD

充電を早くする方法

テーマ:
iphoneを使っていると、どうしても早く充電をしたいときがあるという人も多いです。

そのようなときに覚えておくと便利な方法があります。

まずは、機内モードにするという方法です。

機内モードにせずに充電をしていると、メッセージなどの様々な通知を充電中も受け続けることになります。

そうなってしまっては、充電をしながら同時に電池を使ってしまっていることになるのです。

しかし、機内モードにすればiphone自体が充電に専念できるので、より早く満タンにすることが可能になります。

また、延長コードなどを使わずに直接コンセントで行うことも重要になってきます。

延長コードなどを使うことによって電流が弱まってしまうので、それを防ぐために実践してみると良い方法だと言えます。

また、iphone自体に熱がこもってしまわないように、なるべくケースを外したり、日の当たらないところで行うことも大切です。

このように急速に行う方法を知っていると、何かあったときに役に立つので、そのようなときに思い出して実践することができると良いです。
AD

充電されないときには

テーマ:
iphoneは丈夫に作られているスマートフォンであり、荒い使い方をしてもかなり持つと言われています。

しかし、スマートフォンは精密機械でもあるので故障や調子の悪いことも残念ながらあります。

特にiphoneで多いのが充電できないトラブルです。

iphoneは専用のライトニングケーブルを利用して充電しますが、ライトニングケーブルは壊れやすいので注意がいります。

特に接続部分は壊れやすく、断線しやすいので取り扱いは優しくすることが必要です。

充電されない理由の一つにケーブルの断線があります。

また、ケーブルについてはサードパーティが多数のアイテムを販売しています。

しかし、ライトニングケーブルについては精度が重要であり、ケーブルによっては充電できない場合も多くあります。

ですので、動作確認が取れたケーブルを利用することが大事です。

ケーブルに問題がない場合はしばらく置く、またはホームボタンと電源ボタンを同時押しをしてみるなどが必要ですが、気をつけたいのは水没してしまった場合です。

完全に乾燥させたと思っても水分はすぐには抜けませんので、注意が必要です。
AD