データ復旧ってできるの?

テーマ:
iphoneを落としたり、水没させたりするとデータが読み込めなくなることがあります。
この場合修理したとしても、マザーボードを交換する場合データは戻ってきません。


バックアップがあればよいですが、ない場合はデータ復旧サービスを利用することでデータの復元が可能なケースがあります。

iphoneのデータ復旧技術は年々上がってきており、復旧率が各段に上がってきています。
ただし、復旧ができるかどうかは故障した際の初期対応がとても重要になります。


特に水没した場合はすぐに電源を切って乾燥剤などと一緒に密封しておくことが大事です。
水没した際、操作ができるからと利用を続ける方がいますが、どこから水が入るか分からないので電源を切っておいた方が良いでしょう。


電源をきってさえおけば、被害を最小限に抑えられます。
落下の際も同様です。


ガラスの破損だけだからといって利用を続けると故障範囲が広がります。
各復旧業者に持ち込む場合、修理も兼ねて故障した際の対応についてアドバイスをくれることが多いですが、多くの業者が初期対応として電源を落とすことを推奨しています。
AD

iphone修理に出すメリット

テーマ:
iphoneは故障率が低いスマートフォンとして人気です。

しかし、機械である以上、何かしらの不具合が突然に起きる恐れはあります。

それは全てのコンピューターやスマートフォン、タブレットに言える事であり、強い衝撃が外部から加わったり、本体を池や川、洗面所などに水没させてしまえば、機械は多大なるダメージを受けます。


また故障まではいかなくても、毎日欠かさずに愛用しているiphoneであれば、画面のキズや汚れが自然と蓄積されていきます。

更に本体自体がまるで故障しなくても、例えば無線機能だけがおかしくなる、スピーカーやイヤホンジャックの部分だけに不具合が見られる等、ピンポイントな経年劣化が出るケースもあります。


そういった症状に遭遇した場合は修理店に相談し、iphoneを預けてみましょう。
修理に出すメリットはなんといっても、iphoneを新品同様に回復させてくれる点です。

本体の汚れや液晶画面のキズなどをピカピカに改善してくれますし、イヤホンジャックやスピーカーなどのピンポイントな故障であれば、短時間かつ低価格で修理してもらえるので、より気持ちよくiphoneを使い続けられます。
AD
iphoneを長く使っていると、どうしても機器が不具合を起こしてしまったり、落下や水没によって機器を破損してしまうということがあります。

軽度の損傷や不具合であれば、早めに修理などの対処をしておけば元通りに使用できるようにもなりますが、損傷が激しかったり、不具合を放置してしまうことで致命的な不具合に発展したケースでは元通りに修理することが困難になります。

iphoneのトラブルの中で最も厄介なケースの一つがデータの消失や破損です。
こうしたトラブルの場合、プロの修理業者や正規販売店などに持ち込むことで修復できる場合もありますが、手遅れになっているときや、深刻なダメージを受けている時にはデータの復旧が出来ない場合もあります。

こうしたトラブルは突然起こる事も多いので、データの不具合が発生する前に定期的にバックアップをとっておくことが大切です。

iTunesを使ってこまめにデータを退避させておいたり、iCloudでサーバー上にデータをアップロードしておくと機器を新品に交換する場合でも簡単に復旧が可能です。

また、Lightning端子に対応した外付けの記憶媒体などを使ってバックアップをとるのも有効な方法となります。
AD