画面割れを放っておくと?

テーマ:
スマートフォンの液晶画面割れを放っておくと、より症状が悪化します。

人間や動物の皮膚であれば、自然に表面が治っていきます。

しかし、スマートフォンは機械です。
放っておく事で自然治癒する事はなく、むしろ僅かな画面割れさえも、放置し続ける事でヒビ割れが一部から全体に広がる等、事態悪化をユーザー自らの判断によって誘発します。

小指の爪程のヒビ割れも、そのまま放置した上で通話やアプリ操作を続けますと、
その僅かな画面割れの部分が徐々に全体へと広がっていき、最終的には使用出来ないレベルまで悪化します。


少しでも画面割れしたスマートフォンは防御力が格段に落ちており、僅かな衝撃だけでドンドンヒビ割れを拡大させていきます。

またスマートフォンの液晶画面は硬質ガラス製です。

万が一何かの表紙で、僅かなヒビ割れからガラスが剥がれてしまうと、自分または周囲の人々を傷つける結果になります。

割れたガラスの破片は小さなナイフのようなものです。
自分の耳を切ってしまったり、道中すれ違う人々を鋭い破片で傷付けてしまうリスクがありますので、悪化する前に修理するのが得策です。
AD

iphoneの故障の前兆

テーマ:
iphoneは精密機器なので、使用を続けていると故障の前兆のような症状を引き起こす例が多くあり、修理が必要かどうかを判別するためにも状況を確認する選択が求められます。

まず、基本的な動作が鈍い場合においてはシステムの再起動や不要なアプリを停止させることで改善する可能性が高く、どうしても調子が悪い時にはOSのアップデートか初期化を行い、システムを新しい状態に保つのが理想的です。

特定のアプリのみが強制終了するパターンは大半がOSもしくはアプリ側の問題となり、iphone本体が物理的な損傷を起こしている確率は低いといえます。

また、突然画面が真っ暗となることで電源が入らない状況へ陥ったり、充電がうまくいかない場合の多くはハード的な故障と経年劣化に分類されるため、注意が必要となります。

強制リセットや再起動でどうにもならない状態に関しては修理・交換が必須となってくるほか、充電が正しく行われずバッテリーの極端な発熱が見られる場合は内蔵バッテリーの寿命が考えられ、起動できるうちにバックアップを生成しておき、備えることが重要です。
AD
私達の仕事に欠かせない存在となったiphoneですが、睡眠時間や休憩時間を削ってまでスマートフォンに熱中するのはいささか考え物です。

携帯中毒やオンラインゲームによる引きこもり等、適正な使用時間をオーバーした電子機器の使い方は、ユーザーの人生に多大な影響を与えます。

iphoneの最適な使用時間ですが、どれだけヘビーなユーザーでも一日8時間までにしましょう。

コンピュータゲームではありませんが、一度長時間の間、スマートフォンゲームやSNSに熱中した後は、数十分の休憩をしっかりと取りましょう。

連続使用はiphone本体に多大な負荷を掛けます。
またユーザー本人の目や神経にも大きな負担を強いられます。

眼精疲労や肩こり、老眼の影響を作りますので、長時間の連続使用は要注意です。

更にiphoneでプレイ出来るゲームや視聴出来る動画サイトは、まさに時間を忘れさせる程、面白いです。


仕事の期限が迫っている時は、意識的にiphoneの使用時間を制限しましょう。

コンピュータゲームのように一日何時間まで、と自分自身でルール作りをすれば、ゲームやSNSに充てていた時間を書類作成などに充てられます。
AD