iPhoneに搭載されているホームボタンは何かと便利ですが、押す機会が多いだけでなくハードウェアのため使用期間が長いほどに劣化が進みます。


iPhone自体を大事に使用しても、ホームボタンが壊れてしまえば修理が必要となり、痛い出費となってしまいます。


ホームボタンの使用頻度を減らす方法に、Assistive touchがあります。
Assistive touchは、Siriや音量など各種機能をメニューとして一纏めにしたもので、ホームボタンの持っている機能を画面上で代替的に実現することも可能となり、設定することで利用できるようになります。


Assistive touchの機能を使うには、「設定」の「一般」から「アクセシビリティ」を選択、「Assistive touch」を有効にします。
設定が完了すると、画面上に丸いボタンのようなAssistive touchアイコンが表示されるようになります。


アイコンを選ぶと、通知センターやデバイス、ホームやコントロールセンター、Siri等のメニューが表示され、「ホーム」を選択することでホームボタンと同じ機能を使用することができます。
AD
iPhoneには便利な指紋認証システムが使われています。

指紋は事件捜査にも使われる、究極の個人情報です。
家族や兄弟、姉妹であったとしても必ず指紋は違っており、見た目が似ている人物同士でも、指の形がピタリと一致する事はあり得ません。

スマートフォンは英数字のパスワードを設定し、ロックをかけるのが基本です。

しかし、iPhoneなら唯一無二の指紋でロックをかけたり、個人認証を進めますので、面倒なパスワードの入力が毎回不要です。


ワンタッチでロック解除が出来る指紋認証システムは非常に便利ですが、時々失敗する事もあります。

例えば、寒すぎる冬場では人の指が乾燥してしまい、指紋認証が上手くいかないケースが出てきます。

そんな時は自分の指に対して息を吐きかけましょう。
人の息には極微量な水分が含まれており、天然の霧吹きとなります。
乾燥し切った指先に息を吐きかければ、指紋認証に必須な適度な潤いが得られ、スムーズにiPhoneのロックを解除出来ます。


また単純に指先を切ってしまう等のケガを負った時も、指紋認証は失敗する事があります。

その場合は安静に治療に専念し、指のケガをまずしっかりと治しましょう。
AD

iPhoneの熱暴走って?

テーマ:
iPhoneを使用している時に、本体に触れてみると熱くなっていると感じたことはありませんか?冬場の寒い時には、振れていて心地が良いものと感じられる方もいますが、故障しないか心配される方もいます。


iPhoneが熱を持つという事は、内部での処理が多くなることを指します。


処理を終えると熱が収まるように、操作中に多くのアプリを利用したり長時間電話を使ったりすることが良い例となっています。


熱暴走を起こさないように、本体の構造として熱を逃しやすいボディとなっているため、発熱しやすいというところも上げられます。


熱暴走を起こしたからといって、故障しているという事にはなりませんが、そのままの状態で使用し続けているとデバイスの充電が停止したり、バッテリーの減りが早くなったりします。


また、iPhoneが熱に耐えられる上限を超えた際には、警告が画面に表示されて操作することが出来なくなるため、注意が必要です。


熱暴走を感じた時には、本体の再起動やタスクの削除、クーラーの前に置いて冷やすといった対処方法が大切になります。
大切に使用して、長く快適に利用することが出来るようにしましょう。
AD