2010-12-08 18:03:07

『プレシャス』('09)

テーマ:映画・ドラマ
社会の底辺、人生の底辺、いや、ドン底にもほどがあるだろうと、ガツンドカンとやられる。
とりあえずおおまかなあらすじは↓な感じです。

<あらすじ>
実父によって妊娠を2度させられ、母親(モニーク)からは精神的にも肉体的にも虐待を受ける16歳の少女プレシャス(ガボレイ・シディベ)。悲惨な家庭環境に生きる彼女は、学校の先生や友達、ソーシャルワーカー(マライア・キャリー)らの助けを借り、最悪の状況から抜け出そうとするが……。(シネマトゥデイ引用)

プレシャスの人生は「悲惨な家庭環境」という言葉ではあらわせないほど圧倒的に過酷です。しかも次から次へと不幸の連鎖。
・・・となると見る側も暗澹たる気持になりがちなんだけど、喜怒哀楽をいいタイミングで描いており、コピーにある通り生きることは痛いことだけど、やっぱりすばらしいと思わせてくれる映画です。
誰からも愛されない人なんていない、愛して愛されること、人とのつながりで人生は豊かになっていくんだなぁ、と。
プレシャスの人生は悲惨でホント救いようがない、と思うんですが彼女自身が前向きである限り救いようはいくらでもあると思いました。
ティーンエイジャーにとってやはり教育は大切だし、学びたいことが色々あるうちは前向きでいられるのかなぁ、と。
なんか色々書くとネタバレになりそうなんですが、とにかく素晴らしい映画でした。

そして見事に怪演揃い。
本作品で酷い母親を演じてアカデミー賞助演女優賞を受賞したモ二ークは納得の演技。
ド迫力の鬼ババっぷりに女優魂を感じました。
鬼ババだけど悲しい人なんですよね・・・
主役のプレシャスを演じたガボレイ・シディベは本作品が初演技、アカデミー主演女優賞にノミネートされて究極のシンデレラガールになったわけだけど、素晴らしかったです。
こういう女優さんが主役はって、こういう地味だけど良い作品がアカデミー賞にちゃんとノミネートされるところが、さすがアメリカ映画産業だな、と思いました。
スッピンで熱演していた歌姫マライヤ・・・スッピンのほうがかわいいと思います!
レ二ー・クラヴィッツ・・・似てるなぁ、と思ったら本人でした。

$国内航空券【チケットカフェ】社長のあれこれ-プレシャス Precious  
プレシャス [DVD]/ガボレイ・シディベ,モニーク,ポーラ・ハットン

¥3,990
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

8 ■Re:こんばんわ!

>mori2さん
TB返しとコメントありがとうございます^^
ホントに不幸の連続・・・コミカルなシーンと妄想シーン挟んだり、健気なプレシャスに救われました。
ハッピーエンド拍手!といかないところに、現実問題としての問題定義も感じて、いい作品でした~

7 ■こんばんわ!

マイブログご訪問&トラコメありがとうございました!
この映画は、絶望の中から如何にして希望を見つけ出すか?って感じのともすれば重~くなりがちなテーマを、プレシャスの健気さでフォローしてたって感じがしました。
そうでないと、辛すぎて最後まで見れんかったと思われます。

6 ■Re:無題

>vicさん
えっ!?そうですか!?
マライヤ、断然スッピン派かも・・・笑
でもマライヤがスッピンだなんて、気合いかんじますよね。
華やかなマライヤとレ二ーが誰だかわからない位地味に徹していたのもよかったです。
悲惨すぎて、見てて苦しくなったりもしましたがプレシャスのささやかな幸せを願わずにはいられません~

5 ■Re:コメントありがとうございます

>ノルウェーまだ~むさん
こちらこそコメントとTB返しありがとうございます^^
頭で考えると彼女の将来は希望もなさそうなんですが、最後子供二人連れて歩いて行く彼女を見ると希望が見えましたよね~
モ二ークが最後にすべて告白するシーンはすごったですね。
許せなくても加害者の不幸も受け止めてあの演技なのかな、と思いました。

4 ■無題

マライヤ、すっぴんの方がカワイイとは、新説です!
私は「いいの!?さらしちゃって、いいの!?」と、ちょっと衝撃受けてました。
メイクの力ってすごい...

でも、それだけ多くの人に見て欲しい、作品を成功させたいという気合いを感じました。

前向きさに救われましたが、かなり悲惨な運命にかなり見て落ち込みましたね...

3 ■コメントありがとうございます

はじめまして。
トラコメありがとうございました。
圧倒的な不幸を希望に変えてくれる、そんな素晴らしい映画でしたね。
決して未来に希望はなさそうなのに、とても輝いて見えました。
モニークの鬼気迫る白熱の演技は、実体験あってのものなのですね。

2 ■Re:無題

>kei★さん
妄想シーンのキラキラプレシャスと現実の笑わないプレシャスのギャップよかったです^^
虐待されて最中の現実逃避とうい感じでしたが、見る側も一緒に逃避してしまう作り方が新鮮でした。
私もマライア出ること知らなかったら誰だっけ?ってなってたと思います 笑

1 ■無題

公開前に試写会で観ました。
テーマが物凄く重いのですが、歌だったりジョークだったりと上手い具合にちりばめられていて、観やすい作品でした。

ホント、不幸のデパートみたいですよね。
マライアは地味すぎて、最初誰だかわからなかったです(笑)
誰だっけ~?どこかで見たことあるんだけどなぁー…って。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。