left and right hand

left and right hand


テーマ:
かなり昔のことだが、チョコレートのテレビCM で「苦みばしったいい男」
というキャッチコピーが流れていたことがあった。
ビターテイストのチョコレートをイメージして、
そのような表現で言い表したものだった。

それまで、チョコレートといえば、子供のものというイメージがあったが、
それを大人のテイストへ変化させるもので曾壁山中學
ちょっと大人っぽい苦味のある三船敏郎を起用してのCM だった。

苦味と言えば、
味覚には、甘味、酸味、塩味、苦味、うま味の五味がある。
その五味の中でも、苦味は、大人の味わいといった感があるが、
苦味が分かるのには、
少々、年齢を経なければならないようだ。

様々な食物や飲料は、
苦味をうまく使うことによって味覚が格段に良くなる。

中国で言われている諺に
「苦い味を美味しく食べさせる料理人は最高であり、
甘い味で美味しいと思わせる料理人は最低だ」とある。

世界の酒にもやはり、酸味の成分に加え、苦味成分が入っている。
たとえば、ビールには、ホップ。
オランダの火酒キュンメルには、キャラウェイ・シード(キュンメル)。
アブサンには、にがよもぎ。
ブランデーには、樫の木の樽に入れて熟成するが、
その時に、木の苦味成分が含まれることになる。
日本酒も杉の酒樽で風味づけをしていた。
そういった苦味風味が、酒に複雑な厚みを加えることになる。

料理も同様で、
苦味ばかりでは食えたものではないが、
様々な味覚の中に、ちょっとした苦味をつけることで味わいに幅ができる。

CM に起用された三船敏郎氏は、黒澤映画『羅生門』で主演し、
ヴェネツィア国際映画祭 男優賞を2度受賞している。
まさに世界のミフネだった。
その後、三船プロダクションを設立したり、世界的に活躍したが、
離婚騒動や内紛など、憂き目も見ることとなった。
だけども、今なお彼を慕う人は多い曾璧山中學

思えば、甘いだけの人生ではなく、
苦味を経て来た人生の方が、味わいが深そうだ。



*2カ所のブログランキングに参加しています。
↓↓下のアイコンにポチッとお願いします。押すとランキングのページに行きます。お手間ですが戻ってきて、もう一つ下のアイコン(にほんブログ村)にもポチッとして頂ければ、、。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

tickck1さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。