抽出

テーマ:
以前ライブ前のリハで《Four》を練習していたところ、ドラムの方から「音数が多過ぎて忙しない」と注意されました。

・もっと音数を少なく

・音を一音一音ギリギリまで伸ばす

・音を大事に、且つ歌うように弾く

・どんなテンポの曲でも拍をゆったりと取るようにする

・慌てて弾かない

といったアドバイスを受けて再度弾き直したところ、

「さっきのと比べると大分良くなった」

と言われました。

その時は「なるほどー」と頭ではぼんやりと理解してきましたが、まだまだ奏法としての決定的な羅針盤が見えません。

応用力の乏しい僕には何か一つ軸たる考えが欲しい。

その為その事象を自分なりに解釈しようと思い、帰って試行錯誤した結果、

『コードやコード進行の中で音を抽出しながら演奏すれば良い』

という結論に至りました。

なんだそんなことか、

と感じる方が大半だと思います。

そもそもジャズの奏法の一つにそういった方法で演奏することが挙げられています。

しかし、ここで大切なのは『なぞる』のではなく『抽出する』こと。

フレーズ集に掲載されているようなフレーズを考え無くただコードに当てはめているだけでは、忙しないものになりやすいです。

自分もそうでした。

でも改めて考えてみると、コードってフレーズを弾くのに充分過ぎる程の情報を演奏者に提供しているんですよね。

それを演奏者が一生懸命なぞっても、不必要な音をだらだら演奏してしまうといった取り留めのないソロになってしまいます。

そうではなく、コードやコード進行からの膨大な情報の一部を少しずつ抜き取るようにしながら演奏すれば、余分な音を演奏しなくて済むし、慌てて弾くこともないはずです。

現にそうやって自分で弾いたソロは随分歌いやすく、スッキリしたように感じました。

何て言うか、以前も書いたような気がしますが…

空間に音符と休符を描いていく感覚。

この感覚を忘れないようにしようと思います。

しかし演奏中にそういった作業を行うにあたって大切であることは、やはり事前準備です。

即ち、コード進行を理解していることやそれに対するアプローチを知っていること、音をきちんとリズムに乗せて演奏出来ること等は大前提であるということです。

全く準備していない状態でこれをしようと思っても必ず無理が生じます。

なので基礎的なことはきちんと毎日練習しなければいけないのでしょうね。
AD
先月の初めにサックスのM村さんに言われたことを書きます。

・本番での『アドリブソロ』というのは理性的にでたらめを行うこと。その際、常に自分の力量の限界値を最低ラインに保ちつつ、それを超える演奏を目指す。

・『良い音』というのは技術と意思がバランス良く同居する。どちらか一方が偏ってはいけない。

・むやみに、考え無しにただ弾くのではなく、音に意思を込める。

・『音数の多さ』ではなく、『フレーズを切る(休符を入れる、余白を入れる、間を作る)こと』で演奏にスピード感と切れ味を出す。

・コンピングの際に掴んでいるコードの音が多い→少なくする。

・セクションの変わり目は分かりやすくアプローチする。サビ以降、アドリブ後にテーマに戻る時等は基本に戻るイメージで。

・前提としてテンポキープはきちんと行う。

・一拍目に食い気味になるので4拍目を大きく取る(タメる)。

…etc

話を聞いていて非常に勉強になったことを覚えています。

僕には師匠がいない為、こういった客観的なアドバイスは本当にありがたい。

特に、

・音に意思を込めること

・フレーズに休符を入れることによって、“スピード感”を出すこと

・テンポキープ

の3点はその時に自分の中で決定的に欠けていると感じている事項であったので、直したいと思いました。

あとM村さんに

「音に意思を込めるにはどうしたらいいんですか?」

って聞いたら、

「込める練習をすればいいんじゃない?」

って言われました。

なんだそれは。

分かりやすいけどね。

とりあえず上記の項目が全部出来れば演奏は確実に良くなるはずなのですが、如何せん時間がかかりそうです。

まぁ意識して練習してりゃいつか出来るようになるよね。

ヽ(´ー`)ノ

そういや毎週ライブで行っている青本順セットリストが少しずつ進んできましたよ。

割りと真剣に取り組んできた為か、今まで順番通りに弾いたことある曲は多分何となく弾けるような気がします。

“ある程度練習したことがある”

というのは強みであると最近感じてきました。

本当は1曲にもっと時間をかけたい人なんですけど、これはこれで勉強になります。

次回演奏する曲は《Gone with the Wind》から《I Can't Get Started》までの7曲。
ほとんど弾いたことない範囲。

こういうのはホントしんどい。

やるけどね。
AD

ノートに音がいっぱいだわさ

テーマ:

学校での空き時間、とりあえず五線紙ノートに四分音符から六十四音符まで(連符を含めて)書き、どういう風にリズムが流れているのかを視覚的に表示させました。


その中でフレディ・グリーンのギターの音の〈オンの位置〉を明確にしてみようと試みた訳です。


帰って自宅の電子ピアノを駆使し、試行錯誤の末、


『2・4拍の頭を“12連符一つ分”遅らせて弾けば良いのではないか』


という付け焼刃的な結論に至りました。


音価自体は遅らせる分短くなりますが、メトロノームのような相対的なリズムの裏でこれを行い、且つその2・4拍目にアクセントを付けることで、何故かその瞬間ゆったりとした時間軸を感じることが出来ます。


何故かはまだよく分かりませんが、多分正確なリズムに対するわずかなズレが何らかのうねりを生じさせているのではないでしょうか。


とにかくすげえグルーヴ。


まあ「12連符一つ分」と書きましたが…


まず聞いている人がそんな単位を瞬時に認識出来るはずもなく、


恐らく演奏者自身もそんなことを考えて演奏している訳でもなく、


そもそも結論自体が間違っている可能性が高い訳ですが(笑)


でもこの結論が自分の中で一番納得出来るオンのタイミング。


これをキープし続けるのは至難の業です。ホント奴はすごい。


どのくらいの期間がかかるか分かりませんが、


つまり自分も限りなくそれに近い音の位置で演奏出来るようになれば良いのでしょうね。


気持ちのいい『音の長さ(オフの位置)』、『アクセントの強さ・対比関係』等はまだ良く分かっておりません。

それを知るにはまだ経験と知識が不足しておりますが、これも何かしらアカデミックな方法で導きだせるのでしょうかねいや無理かな。


それが分からない限り僕は一向に“良いリズム”を打ち出せない訳です。


はっはっは


なんてジレンマ。


いやはやしかし黒人音楽は本当難解で困ります。


リズムコンプレックスの僕には特に。


モータウンのリズムセクションのカッコよさが異常に思えます。


いずれ理解出来るようになると信じて今後も色々勉強し続けてみますか。


むひゃひゃ。


あっ、介護の勉強もしなきゃ(死)。

AD