切り絵 な 日々

自分の事 何かしなくちゃ! という 焦り から、好きな 切り絵 を再開。
作品 出来たら、アップします。 日々の生活の愚痴も書きます。

ペタ、コメント 励みになるので、気軽にお願いします。

NEW !
テーマ:
今週末の土日は、義弟の四十九日の法要の為、夫の実家に出かけます。(「突然すぎて・・」
だから、また娘3人で留守番です。(「親心」


そして、その日月は、娘3号の5年生の宿泊キャンプです。
日曜日に出発なのです。
荷物はすでに用意していて。
お昼のお弁当は、娘1号と娘2号にお願いしています。

娘3号は、娘2号と違って、ちゃんと自分の目覚ましで起きれる人なので大丈夫だとは思うのですが、

日曜日の朝、一緒に学校まで行ってくれる人がいたらいいのになあ~
と思い、

「Aちゃんと一緒に行こうって誘ってみたら・・」

と、娘3号に声をかけているのですが、誘えないままなのです。

Aちゃん(他のブログのAちゃんとは一致しません)は、1年半前に同じ地区に引っ越して来た同じ学年の女の子です。
これまで、クラスが違ったので接点がなかったのですが、
今年はクラスも一緒、キャンプの班も一緒なのですよ。
これは仲良くなるチャンスではないですか!

Aちゃんは
5人兄弟の3番目で、学校の登下校はいつも年子の妹と一緒なので、娘3号が入る隙間がないようです。


ちょっとしたきっかけで話せるようになればいいのになあ~

「日曜日の朝、私が不在なので一緒に行かせて下さい」って、Aちゃんのお母さんに電話をしようか悩みちゅうなのです。

5年生にもなって、娘の友達の事でやきもきする母ってうっとうしいですよねえ。

それに、せっかくお膳立てしても、娘とAちゃんが気が合うとは限らないですしね。
(これは、苦い経験があるので躊躇してしまいます。)







AD
いいね!(3)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「娘3号の事」 の記事

テーマ:
小学校で49回目のおはなし会でした。

久しぶりに、なかよし級のお話会に参加して来ました。

いつもの小学校のお話会は、朝の一斉読書の15分を頂いて行っていますが、
なかよし級は、普通の授業内で30分頂いて行っています。

2012年から参加している小学校のお話会の記録は、全部 ブログに書いていると思っていたのですが、
チェックしてみると、なかよし級の記事はありませんでした。

あらら、

年に1回くらいは参加していたのですが・・


なかよし級のお話会は、司書の先生が中心になってとり行って下さっています。
指定時間の15分前に集合して、各自が読みたいと思った絵本を数冊出し、
そこから本の選定と順番を決めます。
今回、私は「パンダ銭湯」を読みました。
子ども達の反応もよく、楽しんで読めました。
なかよし級は、人数が少ない為、子ども達と近い距離で読めるのが楽しいです。
プログラムもとっても良かったと思います。



●「まるまるまるのほん」エルヴェ・テュレ/作
まるまるまるのほん/エルヴェ・テュレ

¥1,404
Amazon.co.jp

まず、司書の先生が導入にこの絵本を読みました。
クリックをしたり、手を叩いたり、楽しんでいました。



●「ぐりとぐらのえんそく」なかがわ りえこ/作
ぐりとぐらのえんそく (こどものとも傑作集―ぐりとぐらの絵本)/なかがわ りえこ

¥972
Amazon.co.jp

翌日が4年生の遠足でした。他の学年も近々遠足があります。
さあ、ぐりとくらも遠足です。
ぐりとぐらの力は凄いなあ~と改めて思いました。子ども達がよく聞いていました。



●「ふしぎなしっぽのかなへびくん」

3つ目は、紙芝居でした。
「遠足で、こんな子に会えるかもしれませんよー」と繋げました。
子ども達は、小さな生き物が好きですね。



●「パンダ銭湯」tupera tupera/作
パンダ銭湯/絵本館

¥1,404
Amazon.co.jp

遠足で沢山歩いて汗をかいたら、お風呂で汗を流します。
無理くり繋げたったわー
「銭湯に行った事ありますか?
  お風呂に入る前には、まず最初に何をしますか?」
「服を脱ぐー」
「そうだよね。パンダは?」
「え、え、えーー」
たっぷり会話を楽しんで、遊びながら読めるのは、なかよし級のお話会の醍醐味ですね。





AD
いいね!(7)  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
私の小学校の修学旅行は、

広島平和記念資料館と 安芸の宮島 厳島神社でした。


1つ年上の姉の学年までは、修学旅行と言えば伝統的なお伊勢参りでしたが、

私達の学年から、行き先が変わりました。


そういう訳で、しっかりと平和学習をして行ったと思うのですが、

そんな周辺の事はあまり覚えていません。


平和記念資料館で受けた衝撃が、あまりにも大きすぎて、

どんなお宿だったのか、友達の顔も、面白かった事とか、

全く覚えていません。


展示物で覚えているのも、黒焦げのお弁当箱と 石の階段に残った人の影 だけなのです。


でも、震えるような衝撃を受けた事だけは、はっきりと覚えています。


資料館の中は薄暗い印象で、外に出ると、太陽の光が眩しかったです。


原爆の惨事は、2度とあってはならない事なのだと、

強く心に刻みつけられた修学旅行でした。





戦争や原爆について何も知らなくても、
どんな立場の人間であろうと、
こんな事は2度とあってはならないのだと、この展示を見たら思うはずです。

だから、オバマ大統領が広島平和記念館を訪れるだけで意味があると思います。

過去の謝罪は必要ではありません。

原爆の悲惨さを体験して、2度と起こしてはいけないのだと思って欲しいのです。

核爆弾のスイッチを持っている人には、必ず広島平和記念館の見学を義務付けたいです。




オバマ大統領が広島を訪れる事で、全世界の人が70年前の広島の事を知る事になるでしょう。

それが重要だと思います。




娘1号が小学校を卒業した春休みに、娘1号と娘2号は、広島平和記念館を訪れました。

娘達にも、平和について考えて欲しかったからです。

娘3号も、平和について考える事が出来る年になりました。

今度は、娘3号と一緒に広島を訪れたいと思っています。





AD
いいね!(18)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年度から、小学校のおはなし会に新しく参加してくれる事になった友達がいます。


息子くんが娘3号と同じ学年で、同じ体操教室に通っています。

2年生の秋から、この体操教室に通い始めて(「習い事を3つ」)2年半になります。

「お母ちゃん、見てて欲しい。」と娘3号に言われ、体育館の観客席で待っている事にしました。

その内慣れれば、送り迎えだけでいいかなあと思っていたのですが、

待っている間のおしゃべりが楽しくて、
今では、毎週、彼女と会えるこの1時間を楽しみにしています。

その彼女が、今度はおはなし会にも参加してくれる事になり、
今年度第1回目の読み聞かせを見学してくれて、楽しいと言ってくれました。
(*^ー^)ノ


この彼女、娘3号が幼稚園に通う頃からの知り合いですが、
娘3号と息子くん、幼稚園でも小学校でも1度も一緒のクラスになった事がありません。

「どこで知り合ったのかなあ~?」

彼女の記憶では、
年少さんの時のバザー準備の工作班で知り合ったのですって。


懐かしい~

幼稚園のバザーでは、手作り工作品のおもちゃが毎年売れ筋商品でした。
有志のお母さんで作っていたのですが、結構クオリティーが高く人気商品でした。
その年、私はPTA役員で、工作班のリーダーを任されていました。

そうです。そこで彼女はボランティアで参加してくれたのです。

彼女がボランティアに参加していなければ、知り合っていなかったかもしれないのです。

「ぴすこさんと知り合えたのも、これも一期一会だよね。」

一期一会(いちごいちえ)とは、茶道に由来する日本のことわざ・四字熟語。 茶会に臨む際には、その機会は二度と繰り返されることのない、一生に一度の出会いであるということを心得て、亭主・客ともに互いに誠意を尽くす心構えを意味する。


ああ、そうかもしれません。

でも、私は誠意を尽くして相手と向き合っていたでしょうか?

ママ友と話す時、そんな風に考えた事がありませんでした。

一期一会の機会を逃さずに、しっかりと今に繋げてくれたのは彼女の方です。

沢山の出会いを、私は無駄に消費してしまっているような気がします。

こんな私でも、付き合ってくれている友達に感謝。


ありがとう。

そして、これからもよろしくお願いします。





いいね!(19)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おしゃれに全く興味の無い、娘1号。

「これ、おかしくない?」と聞いて来ました。

これって、どれの事でしょう?

・・・

服?

その日、娘が着ていたのは、青い登山用のズボンに、黄色とも黄緑色とも言えるような鮮やかな色のポロシャツでした。

おしゃれとは縁遠いコーディネートです。

どちらもスポーツメーカーの物です。

娘が着る服には、いろいろ条件があって、
まず、可愛い物は NG
ピンク系はもちろん NG
レース、リボン、フリル NG
出来る限り無地が良い
ハートマークがあると NG
英文字のメッセージも NG

それでもって、サイズはLL

全ての条件に合う物を探すと、なかなかないのです。

チェックのシャツか、無地Tシャツとなるとスポーツウェアになります。
鮮やかな色の物が多いのですよ。

コーディネートとしては間違っていないのですが、

本人は派手だと思ったようでした。

「これ、変じゃない?」

「変な組み合わせではないよ。
 気になるとしたら、シャツがピチピチなところかな・・」

それは、シャツの所為ではありません。

娘のお腹周りが大きく成長し過ぎたのです。

変だと思うなら、着替えればいいのに、確認するように聞いてくるのはどうしてかしら?

自分のセンスに、自信がないのかしら・・

今までの娘だと、私がどんなにその組み合わせはおかしいと指摘しても、
着替えるのが面倒臭くて、「いいじゃん」の一言で済ませていました。

それがですよ、


結局、出かける時、娘は白いシャツに変えました。



う、ふ、ふ、

ちょっとは着る服について、気にしてくれるようになったみたいで・・

母は嬉しいです。




いいね!(14)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。