練習帳

ちあらです。どうぞよろしく。^


テーマ:

アイコンママブロネタ「コラム」からの投稿


寒い冬 だ。
「冬は寒いに決まってる」それはそう、けどそういったら おわってしまう。
何して遊ぼうか。
「冬の遊びは雪遊びですよ」 そんなおばかなことはいわないで。
アホみたい寒い てだけで 雪は無い てとこのほうが 圧倒的に多い。
雪遊び させようとおもったら お金がいくらかかるだろう。

こたつだな。 ニホンの文化で 私選定これは一番!なのは こたつ だ。
洋式にしてしまって 床ガフローリング でも 置けなくは無い(下に敷物はしこう)
こたつは最高。
こたつにはいってぬくぬくしよう。テレビをつけて がはがは笑おう。
宿題とかも そこでしちゃおう。
「ごはんだすよ!」いわれてあわててかたづけたら それでいい。
ゲームもそのまま こたつでしよう。
「また そんなん。。」てしかめつらされてもかまわない。
やってれば ダレカかぞくのひとりが「・・それ面白いん?」て興味津々のぞきこんでくる。
「うわ おもろいやん。これ」そんなのは案外簡単に起こる
ゲーム するひと はきがつかないかもしれないけど
見てるも 結構 おもしろいときがあるんだ。ヘタなドラマやだるいバラエティよりずっと眺めて楽しい。

寒い冬は おそとでなくて おうちで遊ぼう。
年代わけずに同じいえにくらす みんなで 遊ぼう。

おかーさんドラマみたいわ ああ、いいよ
おとーさん よっぱらってていいかなー いいけど からまないでねw

みんなで夜長ごろごろしよう。
ほんとに眠くなる時間まで。

ちいさいこども(乳児や幼児)は 案外 オヤを眺める が "遊んでる”に近いみたいだ。
カレラにしたらテレビやネットみたいに 刺激的 なんだろう。
だから きげんよく コドモのいるとこでオヤが ”遊ぼう”

遊ぶ=アクティブに動く て 思い込むから ハナシは うまくいかなくなる。

私のお気に入りは こどものころから一人遊びなんだけども なかでもイチバン楽しいが
つくりばなしをつくること。
つくってるときが 無償に楽しい。

みんな ガンガン つくりばなし つくればいいのに
で 順番に オハナシするんだ。

きいたことあるはなし でも つじつまおうてないやんwでも かまわない。
エログロホラーは 適度に仲裁いれてやろう。

「あかんやんwそれ」「ほんまやね」で

家族のみんなでわらおうよ。

「・・面白いで。それ」「ほんま?」も

必ず生まれてくるから。

寒い日は おうちで こたつで みんなで「つくりばなし」



元のコラム記事を読む
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アイコンママブロネタ「コラム」からの投稿


私の料理は 「まずい」。


甚だ遺憾でありますが、私の料理はまずい です。
どのくらいマズイ か の証拠写真として 今朝焼いたばかりのたまごやき(ムスコさんの弁当用) を乗せてみます。
コラム で書くと 写真がなんかちがうとこに出る。どうしたらよいかがわからなくって そのまま。どっかにあるはずなので探してみてクダサイ。申し訳ない

たまごやき なんでか 白身と黄身が 「混ざらない」
混ぜてる ちゃんと混ぜるよ混ぜてるよ おはしでぐりぐり 焼く前に。
・・・でも 「ちゃんと混ぜてない」から 混ざらない んでしょう。
たまごやき ムスメちゃんが おさないころ
「おかーさんの たまごやきはー 三角~♪」よくいわれた(なぜかウレシゲによくいわれた)
そう なんでか □ にならない そう △。いまだに △。
ふらいぱんでしてないよ ちゃんと卵焼き器で ほいほい するんだよ。
でも △。
「・・とにかく”下手”ですね。それも ”限りなく。”」
どこまでも~どこまでも ふーかくぅ   そのとおり。
「なにより経験値 です。やってるうちに うまくなります だいじょうぶ」
53さいです。22くらいから まいにち ごはん してきました。
「えーと、えーと。。いやいや 肝心要は味ですっ。だから だいじょーぶ!(。。。だいじょうぶ?いや ダイジョウブ!)」
そこだ そこです。問題は そこ にありました。おいしいと 思ってた。
みた目「・・これはあかんやろ?」。食べてみる 「あら?食べたら美味しいやん?
これが あかん。

みためがヒドイと自然ハードルさがる(無意識に)。だから(おもったより、はるかに)美味しい になりやすい。。加えて
自分がつくった料理 には 脳内補正が かかってくる。
ものすごく手間ハンパなかったとか、ちゃんと習った、とか
これらが 味にゲタをどんどん履かせてく。おまけに 自分の舌は ”マイ舌”なんで自分に合う(もともとの好みとか そのときの体調気分とか)ように、合うようにと 誘導する。
だから 美味しい(自分は)。自分のつくったもんが いつでも一番美味しい(自分には)。
つくった自分以外のヒトには 「美味しいかどうかはわからない。」

自分がおいしい←これでいい と思ってる間は どんな優秀な教えや助言も 身につくことはない。
百万回習ったっても 同じこと。そんな作業は何万回重ねても 結果はやっぱ同じこと。 

このまんまでいいや て 選択肢も もちろんありありなんだけど
なんとかなるなら なんとかしたいわ と 私は思うので、
とりあえず現実を認めるとこから 入ります。

「私の料理は マズイ」






元のコラム記事を読む
140109_091333.jpg
かあいそーな たまごやき (←「。。おれわ?」弁当持ってったムスコさんの声がきこえてくるよ。)



なーなーなー。 どうしよぉ?


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アイコンママブロネタ「コラム」からの投稿


テレビで 熱気球のハナシをしてた。
気球が浮かぶ仕組みは バーナーで 気球の中の空気を
”温めて”
外の空気より 暖かい空気をつくる。
すると ”暖かい空気は 軽い”ので 気球は上昇していく という。

そうか。暖かい空気は 軽い んだ。


なら 冷たい空気 は 重いのかしら。。

そういえば ドライアイスの煙は 床を這う。
冷たい は 重い なのかもしえれない。

きのうもきょうもとっても寒い
シベリアからくる空気は 冷たいから重い のか。。

暖かい が 軽くって 冷たい が 重い は
カガクの世界では全うなことなんだろけど

クウキはクウキなんだから 
暖かいと冷たい それで十分だとおもうのに
さらに 軽いと重い も くっつく んだ。

確かに
暖かい空気は ふわりとまとう シフォンのストール
冷たい空気は ずっしり肩に 沈みこんでくる古ぼけたコート

カガクの世界 ばかりでなくて ヒトの世界も そんなかんじ。

もっとも
ヒトの世界の冷たい は 布でなくって
もっと 硬質な モノ の かんじで
暖かいも おひさんのかけら とか 風船のなかのクウキとか
そんなかんじで・・・

あれ? まとまってないや。

冷たいクウキは とにかく イヤだ。

暖かいは 

そだな。
こっちょりちゃっかり およばれする のが 丁度いい。





元のコラム記事を読む


とんでけとんでけ ぶっちー どこまでとべるかなー
て うたをおもいだした。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。