んにちは、くみです。

これからのこの季節、冷え性のあなたの
悩みの一つにこれが上がってくるでしょう

真冬になって寒くなるとこの悩みに
悩まされ続ける日々が多くなってきます


・手足が冷たくてジンジンする
・冷たい手足が温まってくると途端に手足がむずがゆい
・手足が痛い
・手足がパンパンに腫れてしまう
・手足が温まってくると途端に痒くなる
・触ると痛いし辛い

こんな症状に悩まされているのは、
過去の私だけではないはずです!


しもやけは今まで
「冷え性の人は、誰でもなるものだから、、、」


と言われ、しっかりとした予防や治療がされて
いないように思います。

しかし、しもやけにも個人差はあります。

毎年、
「耐えられないほどのこのしもやけをどうにかしたい!」
「でもどうすればいいかわからない!」
と言うあなたの悩みにお答えして、


『辛い手足のしもやけを予防する方法』
についてお話させていただこうと思います。



しもやけになってしまうのにはある原因があります。

それは『血行障害』です。


寒さで血行が悪くなり、
そこからのダメージに耐えられない、
回復スピードが遅くなるしもやけの原因は、コレです。

寒さで血行が悪くなり、生じる炎症が『しもやけ』です!
一日の気温の寒暖の差が大きくなって、皮膚の表面温度が下がり、血液の循環が悪くなって起こります。

特に手指、足指は、しもやけが発症しやすい部位です。


しもやけを予防するには、出来るだけ手足の末端の血行が悪くならないような生活を送ることが重要です。

寒い環境に長時間いることを避けてください。

注意しなくてはならないしもやけ対策とは!?

手袋をしたり靴下を何枚も履いたりして寒さを予防するわけですが、その予防で手足が蒸れてしまって、手足の湿度が高くなって湿っぽくなります。

そのまま放っておくと皮膚表面の温度が下がります。

するとどうなるかわかりますか?


はい。


こんな負のスパイラルが起こります。
手足が蒸れる。

手足の湿度が高くなり、湿っぽくなる。

皮膚表面の温度が下がる。

しもやけになりやすくなる。
そうです!!

予防しているはずなのに対策を間違うと逆にしもやけになりやすくしてしまうんです!!!

そうならないためには、どうすればいいでしょうか!?

手足が濡れてしまったら、早めに手袋や靴下を取り替えることが必要です。

そんなことは言っても手足が蒸れて湿って氷のように冷たく冷え切ってしまった場合には、

ストーブなどですぐに温めたりせずに洗面器に37℃ぐらいのぬるめのお湯を用意して徐々に手足を温めるようにしてください。

そうすると徐々に手足が温まり、手足の冷たい痛みは、やわらいでいきます。


そしてしもやけを予防することが出来るでしょう。

そして今日は、しもやけを予防するのにあなたにやっていただきたいことがあります!
それは「つま先立ちをすること」です。


『つま先立ちストレッチ』

椅子の背もたれ部の上を両手で押さえ、ゆっくりとつま先立ちをしてください。

そしてゆっくりとかかとを下ろしてください。

このストレッチを朝晩30回づつ行ってください。

このストレッチは、足の指を刺激するだけではなく、

『第二の心臓』とも言われているふくらはぎの筋肉を鍛え、血流を身体全体に促す効果があります。


血流は、下半身から身体全体で考えることが必要です。

足先とふくらはぎを意識してストレッチしてみてください。

血流を改善してしもやけ対策に役立ちます。

ということで今日紹介したアドバイス

・『冷たく冷え切ってしまった手足は、37℃ぐらいのぬるま湯でゆっくりと温める』

・『つま先立ちストレッチ』

を行ってしもやけを予防していきましょう!
今日から、つま先立ちストレッチを行ってください!!

これからも少しずつでも冷え性を改善していきましょう。
今日も最後までお読みいただき本当に本当にありがとうございました。

くみ
AD