月はどっちに

迷った時にきかれる言葉「月はどっちに出ている?」からタイトルをとりました。読み、聞き、ふれたもののログ。


テーマ:

楽曲 Yuri on Ice をテーマに部屋用の花をアレンジしてもらった。

ダリアの存在感たるや。
松島のお花屋さん、Botanical People作。
曲から彼女が導きだしたキーワードは

清らか
躍動感
寄せ付けない美しさ

フラワーレシピ
ダリア
トルコキキョウ ボヤージュグリーン
リュウカデンドロ
ラナンキュラス
ヤマブキ
グレビレア


友人と大人の遠足ごはん。
つもる話をする。
彼女たち夫婦にたすけられて引越をして
1年がすぎた。
1年が長いなぁ。

帰り途中でトムを担当してくれていたトリマーさんに遭遇した。
店名で検索したときにブログがひっかかって
トムのこともご存知であった。
挨拶にいかねばなあと思いながら行かれずにいた。

お目にかかったときに声をかけようと思っていたとのこと、ありがたい。
改めて去年の2月に…と話始めて涙が出た。
声にすることがキツい。
言葉にして形を与えるとは重たい行為なんだね。

でも、お会いできて、御礼を言うことができた。
彼女はトリマーを離れるらしい。
もったいない。
うちの暴れん坊が大人しくトリミングされ、抱き抱えられて出てきたときにはプロってすごいなぁと心底感心したもの。
ちょっとムズカシイ子のためにも、彼女のようなトリマーがいてくれたら心強い。
いつか気が向いたら復帰してほしいものです。

帰宅して、花にみとれた。
時間がたって振り返ってみるに、
引っ越した当初は
極力何も置きたくなくて、一人きりの空間を必要てしていたんだなぁと思う。

梅林太郎さんの曲、ピアノの音、オケも素晴らしく良い。

この家は、つくづく自分一人のためのスペースだなあ。誰かと住むには狭い。無理。

ワンすけと暮らしたい。人と暮らしたい。
次の住まいを描き始める気配ありの卯月。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


お天気がよく気持ちがよくて鼻歌まじりに出た通勤途中、自転車をこぎながら、涙がでてきた。
おトムちゃん。きょうは金曜日ですね。

ヨーダか、ナウシカの大僧正さまのようだわ。
ずうっと、赤さんのような、かわいいかわいいだけ思っていました。

10歳をすぎてからは、ちゃんとおじいちゃんの顔になっていたのね。目も鼻も白くなってる。
それでも、やっぱり、かわいいかわいいだなぁ。表情がなんともいえない。何がいいたかったのかな。写真をみるたびに思います。

母が逝いたときは、片腕をもがれたような苦しさがあるものの、肉体がなくなっても、母がいる、という実感がありました。わたしの血肉がそもそも母からもらったものであるし、わたしの中にも存在しているもの。

おトムちゃんはね、わたしの細胞のあいまに点在している感じ。混ざっていて、取り出せない。まだ頭のレベルで、いるといないの間をウロウロしていますから、胸からのどにかけて締め上げられるように息ができなくなる。

素粒子の世界では、他者とふれあったときに、表面では、波打ち際の水と砂が入り混じるように、他者との素粒子が入り混じっているそうです。
素粒子の中には、トムのとこにかえりそこねて、わたしのとこに残ってしまったものもいるかもしれない。毎日なでなでして、くっついていたから、そんな素粒子は結構いるに違いない。
トムのかけらがまじってしまって分かちがたいから、こんなに苦しくなるのかな?まいるよー
おトムちゃん。いとおしいわ。きっと、いつまでも、いとおしくて泣いてしまうわ。
きみがどれだけ、自分の一部になっていたか、今になって知りつつあるよ。



「社員を幸福にする力」神吉武司著 《(株)吉寿屋代表取締役会長》を読みました。
まるごと愛でした。「社員を必ず幸せに」という著者の烈々たる一念があたたかくほとばしっていて、ほのぼのじわじわ、しあわせを感じます。
ハウツゥーではない、魔法の法則でもない。道理であり、生き方である。
学会の方かしらと思うぐらい、共感、共通することが多かった。「平凡を続けていくことは間違いなく非凡なことです。

親孝行や税についての考え方が、わたしには初めて!の考え方でした。
とかく節税、節税、税金取られて腹がたつ、みたいな発言にしか出会ったことがなかったの。
税金は、子どもや孫、次の世代のために貢献するものだから払うべきものとして、喜んで払う。節税なんてヤボイのね。
言われてみれば、なるほど。なんてケチな境涯だったんだろう、と省みました。

企業利益の6/1はすべて社員のためにまわす。じぶんでなく、社員が贅沢できるようにがんばる。
だいすきで読んでいる発展している会社の社長のインタビューシリーズがあるのですが、共通項だね。

神吉さんは「300年続く企業」にするんだって。

いいなぁ、すてきだな。美しい、幸せな生き方だ。社長ではないけれど、取り入れて続けてみようと思う習慣がいくつかありました。

「今以上に良い生活をしようと思うと苦しくなる。
 今以上に良い人生を送ろうと思うと楽しくなる。」そうですね。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:







http://ameblo.jp/garden-sakura/entry-12159303133.html

靴、脚先を撮るのって むずかしい。汗

ユナイテッドヌードのヒール6センチ。

足の踏ん張り具合が可笑しいし黒タイツですが靴のラインのきれいさが見てとれる。

底がしっかりしていて、素晴らしいフィット感です。
クッションが入っていてふわふわ。モノも見た目のみで判断しちゃいけないな。してみないと。できれば1度でなく回数を重ねて。なんでもなんだな。

前半分のエッジの金属部分がキラリと目立つ。
ちょいロック。ふふふ

IMG_20160517_205337079.jpg

先輩のお嬢さんが立ち寄ってくださったときに、お風呂あがりにわたしのルームウェアを着た。
起毛タイプで白にトリコロールラインのパーカーは少しクタクタ感が出ていたものを、彼女が着たらたまらなく可愛くて衝撃だった。

本人がつるピカだから、クタクタのものを着ても可愛いんだね。
歳をとってきたら、クタクタのものを着てはならんな。みすぼらしいわ。
若い時とは異なるものが似合ってくると。

このあいだ、ばあばが話してくれた。
ひいおじいさんは、あまり私を可愛がらなかったらしい。知らなかった、その情報、いまさらいらない。笑
代わりに、ひいおばあさんが、うんと可愛がってくれたとのこと。
既製品の服が現代のようにたくさんはなくて(いつの時代だ。笑)、行商が布を売りにくる。
そうすると、わたしのために“いちばんいい布”を求めて着せたという。ちなみに服を仕立てるのは、ばあばの仕事。

着道楽は、ここからきていたのか~目

母方の祖母も舶来の生地を求めては服を仕立ててくれていたもの。

三つ子の魂、百までになるよね~。

どうやら先輩のお嬢さんは、実は家庭訪問をしてくれていたようです。
そんなことは口に出さないし、素振りにも出さない。けれど

お別れをして引っ越しをして、どうしているだろう。
ママならきっと様子を見に行くけれど、今は行かれないし、自分はちょうど用事がある。
自分が行って、様子をみてこよう。

それもわざわざ考えるまでもなく身についていること。
彼女と、彼女の母親と、そのまたお母さまにとって、そういう親切は親切や思いやりとも特に分類されることもない、「当たり前」のこと。

三つ子の魂。愛のバトンタッチ。

急にあつくなり、夏の予感です。

「じぶんの身を守るために立ちまわるような男なんてダメだよ。

男なら、女に花をもたせなきゃ。花の持たせ方もしらねーのかよ、っつーの」

「いそいで、これが結果だなんて決めちゃだめだよ」

「きれいになって表情が穏やかであれば、いい恋をしているんでしょうよ」

「いい期間なんだから、ひたすらに自分を磨くんだよ」

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:






やっと

うちに花を飾ることができた照れ

新居のお花、芍薬からスタート。ふふふー❤うれしいなー

お花のなかで一番すき。

お花やさんであんなに四季を通じて花があるのに、芍薬は毎年この時期だけ。

レジに置き忘れた傘を店員さんがえらく一生懸命走って届けにきてくれたり

マンションに着いたら、先に乗ろうとしていた男性が、こちらがドアを開けるのを待ってくれて

しかも焦って鍵を回せずにいたら、わざわざ開けにきてくれたり

1日の終わりに、ささやかな好意がうれしい出来事が続きました。満面の笑みで心からありがとうでした。

うちにテーブルとソファの導入を決意。
さらっとごはんを食べるのに不都合はないけれど、家で勉強できない。

家に、ゆったり座る場所と、心地よく食事を並べる場所、文字を書く場所、本を読む場所、要ります。本を読もうとしてロフトにあがると、今のところ100%寝てるもんね。

おととい、スキヤさんで惹かれたジェルもピオニー。イタリア製らしい。洋の東西を問わず愛される花、いい匂いなんだ。


ピオニーはバラよりたくましい感じがある。ふわふわゴージャスな花弁にスッキリと伸びた強い茎。

ふわり、はらり、花びらが散るのは服を脱いでいく様みたい。どうみても美女だ。

牛の塊肉が買えたし、ローズマリーの小さな鉢もあったし、うれしいな🎵

観葉植物のグリーンたちは、環境の変化にもめげず、わたしと一緒にずっとついてきてくれた。もりもりの彼らにうんと励まされる。
引っ越して一ヶ月、家に花を飾る。彩りが加わる。ささやかなようで、大事なこと。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:





モンステラさん、すっかり大きくなりまして


IMG_20160516_111024726.jpg


根のところから新芽まで出てきました。感涙

2013年3月、引っ越したばかりの部屋。
モンステラさんが到着したのは5月。窓の半分を少し超す、1m20㎝ぐらいだったのね。

IMG00501.jpg

IMG00936.jpg

その頃のトムすけ。めんこいな~ 泣。お客様がお泊りで大喜びの顔。
人がだいすきで、くっつきたいのに、くっつくとやがて緊張してガブしてしまうのが本当に不憫だった。

1371352551067-1.jpg

引っ越して、ひとつき。ようやく。いろんな要らないものが取り払われていってます。

よくみたらモンステラさんの葉が傷んできてましたので、株分けをしてみることにしました。
気根のひからびたとこも取り除いてきれいにする。うまくいくといいなぁ。

どうか生きてね。
上から葉っぱ3枚分の節の下でカットして、新しい鉢へ。
その分の力が新芽にわたりますように。

<人間であることの意味は木星と土星が語る>http://ameblo.jp/neoluminous/entry-12160476764.html


木星は、12年に一度
その星座の領域を掃除しにやってくるのです。

今で言えば
木星はおとめ座に滞在してますから
おとめ座領域の掃除をしているところ。

12星座の領域は全員が持っていますので
全員おとめ座の領域を掃除しています。

特に太陽星座おとめ座さんは
大掃除が起こるわけです。



いや~掃除も掃除、大掃除だね~ 笑
なるほどな~


掃除すると何が起こるかというと
世界がよく見えるようになるということ。

世界がよく見えて、枝葉がぐんぐん伸びるとき
人は自分へのYES(肯定)が出やすくなります。


このところのものごとの動きと心の動きをふりかえるに、あてはまりすぎ、YESです。
祈ってたことが、他者を祈っているようでいかに自分本位だったかな~、人じゃない、じぶんがどう変わるかだ、と決意した矢先、このコンテンツに遭遇しました。

ちょうどモンステラさんの植え替えもしましたしね。

わたしは、もっと素直に、ひとのことを想える人に、伝えることを恐れない人に、なりたい。
力をつけようね。


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。