静養のため静岡県入りした天皇、皇后両陛下は6日午前、伊東市池の田園地帯を散策された。同地区は「池のさと」と呼ばれ、昔ながらの里山の風景を楽しむことができる場所で、地元住民が環境保全に取り組んでいる。
 両陛下は、用水路沿いの農道をゆっくりと歩き、メダカを保護する池などを見て回った。天皇陛下は帰り際、説明した担当者に「自然を大事にしてください」と語ったという。
 両陛下は7日、伊東市から下田市の須崎御用邸入りする。同御用邸での静養は2005年7月以来となる。 

キンカチョウのゲノム解読=さえずりの解明期待-国際チーム(時事通信)
広報室内に「コミュニケーション支援室」、7月に設置へ-厚労省(医療介護CBニュース)
逮捕49歳男は通院患者 京大病院爆発物騒ぎ(産経新聞)
<枝野行政刷新相>「直接問題ない」 茂木氏の兼任問題(毎日新聞)
天気 ようやく春の日差し戻る 静岡など(毎日新聞)
AD