実録・連合赤軍 終幕

テーマ:
舞台版 実録・連合赤軍 あさま山荘への道程
無事終幕致しました。

御来場頂いたお客様。応援頂いたお客様。スタッフの皆様。若松プロダクションの皆様。共演者の皆。シライケイタさん。

本当にありがとうございました。

僕にとってかけがえの無い時間となりました。

きっと一生残る日々です。

毎日毎日考えて考えて、苦しくて楽しくて、解らなくて、これで良いのかなこれで良いのかな、の日々でした。
きっと皆もそうだったと思うのですが、尋常じゃない覚悟で挑みました。
稽古顔合わせの時なんかもうすでにパンパンでした。
「事実を舞台化するんじゃない。若松監督の映画の舞台化だ、そしてこれは演劇だ。だから、俺達の連合赤軍を作ろう」
このシライさんの言葉にどれだけ救われた事か。
本当に身体からコリがとれ、芝居へ集中出来ました。


終わって2日たち、自分の身体から山本順一さんがどんどん抜けていく。
寂しい。
けれどさよならなんですね。
僕はここまで自分の役を愛したのは役者人生で2度目です。
山本順一さんを本当に心から愛しています。
だから
やっぱり寂しいです。

けれど、役者人生は続きます。

さようなら

今回の全てをいっぱい吸い込んでこれから歩いて行きます。


{2004C980-63AB-4DDD-A379-B0CAA8BB5423}
さようなら、かけがえの無い日々。
同士達。
また会う日まで。


{48572415-395A-4A28-B0D8-FCD23D7384B4}
山本順一・的場司


ありがとうありがとうありがとう


破顔一笑
AD

実録・連合赤軍 十三日目

テーマ:
いよいよ残り三公演。
もうとやっとが入り混じった気分です。

今日は変な夢を見ました。
今の連赤メンバーで一軒家に閉じ込められて、
その中では質疑応答以外の言葉が禁じられていました。
するとメンバーの1人が
「俺、お腹の中に鼠飼ってるんだ」
と言って見せてくれました。
その瞬間そのメンバーがいなくなりました。

無茶苦茶目覚め悪かったです。

よーし。
今日も革命の為に闘ってきます。
{57E02554-5B97-439D-86AF-9A785CCF36F0}

破顔一笑
AD