たかのけんのひとりごと。

学生時代はアルバイト情報誌片手にバイト漬け。そのうち、自分で仕事を創り出すことを思いつき、20歳で社会留学。現在のスリープロ(2375)を創業。皆様に支援頂き上場、2010年退任。2015年リハビリ期間?をおいて再スタート。改めてよろしくお願いします!


テーマ:
ebisu
ハッピーエビスというエビスビールがあるらしい。知人から「知ってる?」と頂きました。
恥ずかしながら?全く知りませんでした。
通常のエビスは、写真の鯛が一匹なのに対して、このハッピーエビスは2匹いるらしい。確かに。ほぉ~~~~と妙に関心。
もったいなくて飲めないのは気のせいでしょうか・・・。飲んで空き缶を置いとけば良いという話しもありますが・・。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

テーマ:
東芝問題について少しだけ感じることをコメント。
額の大きさや社風にまでフォーカスが当たり一大スキャンダルになっている様子。
起きている問題は会計処理やテクニカルな解釈の問題と、それを経営が意図したか否かといった類。
家電オタクとしては家電製品としてのTOSHIBAブランド目線からもちょっとコメントしたい。

話しそのものでは大なり小なり良く聞く話し。
過激な表現かもしれないが、解釈や見解の相違も含め同じような話しは五万とあるようにも感じる。
経営的に気になったのは、経営陣が業績に対してプレッシャーを現場に掛けたかどうか。
それが過度で無かったか否か。
ハッキリ言ってナンセンスな気がした。

経営なのだから業績に対して現場にプレッシャーかけるのは当然だし、ある意味、掛けない経営ってどうなんだと思ってしまう。
もちろん利益や業績じゃ無く、、、というオーナー会社もあるでしょうが。
プレッシャーを掛けた結果、現場が暴走した、ワル知恵を働かせた、それは問題で有り、それを発見できなかった内部統制上の問題や、内部監査、内部牽制機能の問題はあるようには感じる。またその暴走を止められない、議論出来ないという雰囲気の問題はあるのかもしれない。
が、社員では無いのでそこは良く分かりません。

ユーザーとして感じるのは、TOSHIBAブランドの製品にはとんがった製品が多く、TVやDVDレコーダーやパソコンなど比較的愛用していた。
が・・・言われると確かに気になったのは、その製品、性能に比較して妙に安いという不思議さを感じてはいた。単純に安くて嬉しいなと言う程度しか思わなかったものの、もしかしたら、そのプレッシャーとやらで過剰在庫を圧縮するためにも結果的に現場は安売りに走っていたのかもしれない。
それは中長期的には経営にとっても取り返しの付かないブランドイメージの毀損になっているわけで、そういう観点では、経営上の失策、大きなダメージであるように感じる。粉飾か否か、不正か否かという観点ではなく、そういう一般ユーザー目線でのTOSHIBAブランドに対しての報道が余り無かったのは少し家電マニアとしては気になりました。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
pakira
#今日は完全プライベートモードです。
お家の窓辺で観葉植物のパキラを、2000年頃に貰って育ててましたが、日当たりが悪く、タテになが~~~くなってしまっており、どうしたものかと思っていました。
思い切って切ってしまえっ!そしたら根元から復活して芽が出てくるよ、と教えて貰い、ホントかなと思いつつ、ダメ元と思って切っちゃいました。

それから約2ヶ月。


まったく芽が出る気配も無く、やっぱりダメだったかと諦めかけてましたが・・・週末ふと見たら!!!
小さな芽が!しかも、たくさん!!
毎日、ダメかもと思いつつ、水をあげ続けて良かった!かなり嬉しいです。
梅雨明けの晴天に小さな芽が出てます。ちょ~~嬉しいです!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
yotto
快晴の海にヨットが帆をはってました。
気持ちよさそうです。

反対側に見えるのは、セントレア中部国際空港のある、知多半島の半田市の工場や町並みが見えています。
知多半島の湾なので、知多湾というようです。

大会議室からはこの風景が見えています。まさにオーシャンビュールーム(笑)

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。