テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


特別レッスン無料配信中

今までに聞いたことがない内容のテニス上達法をメルマガで公開!

・JPTA公認コーチのビックリするようなテニス上達法を特別に伝授
・以前有料で販売されていたメンタル教材「覇王学」を期間限定で無料プレゼント
・さらにフォアハンドストローク強化教材「リプルションスイング」「バイメカ講座」もプレゼント


 ↓ ↓ ↓

メルマガ登録はこちらから


NEW !
テーマ:


正しい体の使い方を知ることが大きく上達するための近道ということを
知ってもらいたくて、色んな方向方テニスの情報を配信しています。


そんな中、明後日の2月22日(木)に
新しいレッスン動画をリリースします。



内容はご自宅で絶対的に必要な下半身の使い方です。


詳しくは当日発表しますが、
この部分を知った上でプレーしないと
下半身が上手く使えないので手打ちになってしまいます。


ただ、いきなり核となる部分をお伝えすると
内容が深すぎて入ってこない可能性もあります。


そこで、3日間限定ではありましたが無料で
「手打ちスピンによる悪循環に陥る前に見てもらいたい4つの動画」
プレゼントしていました。


・ストロークでスピンの感覚をつかめる練習法
・重いボールを打つ力学
・ストロークのスイング速度を高める矯正法
・強烈なショットを打つためのフォロースルー



この4つの有料級動画をプレゼントしていたこともあって、
本当にたくさんの方に申請していただきました。


その際にメッセージをたくさん書いてもらえていたので
すごく嬉しかったです。



すべてをお見せできませんが、
いただいたメッセージの一部をご紹介しますね^^


--------------ここから---------------

■性別(フリー01): 男性
■年齢(フリー02): それ以上
■知りたい情報やご意見、一言あれば教えてください(フリー04): 

2年前からテニスクラブのコーチに背中を押され、
対外試合(市民大会Cクラスレベル)に出場するようになりました。

少しは慣れてきましたが、毎回の緊張感はあります。その時にスリーさんのテニス合宿動画での
「自分の殻を破って新しい世界に挑戦しないと進歩は無い」との言葉をかみしめながら奮闘中です。

今までは、クラブ仲間との遊びテニスばかりでしたが、
スリーさんの動画で周囲が驚くほどレベルアップ出来、
テニスへの見方が変わりました。感謝しかありません。

--------------ここまで---------------

--------------ここから---------------

■性別(フリー01): 女性
■年齢(フリー02): 36~40歳
■知りたい情報やご意見、一言あれば教えてください(フリー04): 

スリーコーチいつも拝見させてもらってます。
いつもスリーコーチの独特な鋭い観点・物事の捉え方に感銘を受けています!
これからもアドバイスを基に実戦し頑張ります!

--------------ここまで---------------

--------------ここから---------------

■性別(フリー01): 男性
■年齢(フリー02): 56~60歳
■知りたい情報やご意見、一言あれば教えてください(フリー04): 

自分のテニスが本当に変わりました。
よかったです。

--------------ここまで---------------

--------------ここから---------------

■性別(フリー01): 女性
■年齢(フリー02): 41~45歳
■知りたい情報やご意見、一言あれば教えてください(フリー04): 

いくつかのテニスに関するメールやサイトを常にチェックしていますが、
スリーさんのメルマガが一番共感とゆうか納得しながら読め実践してみようと思えます。
これからも楽しみにしています。

--------------ここまで---------------

--------------ここから---------------

■性別(フリー01): 男性
■年齢(フリー02): 56~60歳
■知りたい情報やご意見、一言あれば教えてください(フリー04): 

動画購入、ストロークに挙上を取り入れてとても安定しました。
感謝しています。今、サーブにも取り入れようとしています。
クロールへのつなぎがしっくりこないのですが、
試行錯誤しながら頑張っています。

--------------ここまで---------------

--------------ここから---------------

■性別(フリー01): 男性
■年齢(フリー02): 46~50歳
■知りたい情報やご意見、一言あれば教えてください(フリー04): 

テニス仲間からすすめられてスリーコーチのことを知りました。
いつも必要な情報を発信していただいて助かってます

--------------ここまで---------------

--------------ここから---------------

■性別(フリー01): 女性
■年齢(フリー02): それ以上
■知りたい情報やご意見、一言あれば教えてください(フリー04): 

毎回動画を購入しては自分ができる範囲で練習しています。
この年齢になっても上達できる喜びを感じさせてもらい
ほんとうに感謝しております。

--------------ここまで---------------

--------------ここから---------------

■性別(フリー01): 女性
■年齢(フリー02): 51~55歳
■知りたい情報やご意見、一言あれば教えてください(フリー04): 

いつも貴重な情報をありがとうございます。

--------------ここまで---------------

--------------ここから---------------

■性別(フリー01): 男性
■年齢(フリー02): 56~60歳
■知りたい情報やご意見、一言あれば教えてください(フリー04): 

毎日送って頂いているメール!非常に参考になります。
ありがとうございます。

--------------ここまで---------------

--------------ここから---------------

■性別(フリー01): 男性
■年齢(フリー02): 51~55歳
■知りたい情報やご意見、一言あれば教えてください(フリー04): 

技術ばかりでなくメンタルについてとても参考になる
お話をいつもありがとうございます

--------------ここまで---------------

--------------ここから---------------

■性別(フリー01): 女性
■年齢(フリー02): 21~25歳
■どのような流れでスリーのサイトを知ることになりましたか?(フリー03):

テニスのサイトを探していたら、とても勉強になるサイトを見つけた、
という流れです。

--------------ここまで---------------

--------------ここから---------------

■性別(フリー01): 男性
■年齢(フリー02): 56~60歳
■知りたい情報やご意見、一言あれば教えてください(フリー04): 

限られた時間内で如何にテニス上達出来るかでネット検索行いました
いろいろな角度、方面からテニスに結びつける、正に大人のテニスです。

--------------ここまで---------------

--------------ここから---------------

■性別(フリー01): 男性
■年齢(フリー02): 36~40歳
■知りたい情報やご意見、一言あれば教えてください(フリー04): 

テニス普及の為がんばってください。
僕もテニス人口を増やせるようがんばります。

--------------ここまで---------------

--------------ここから---------------

■性別(フリー01): 男性
■年齢(フリー02): 26~30歳
■知りたい情報やご意見、一言あれば教えてください(フリー04): 

いつも参考にさせていただいております。
丁寧に文章で表現していただいてわかりやすく、
イメージがしやすいです。
文章を通して、色々な事が伝わってきます。

--------------ここまで---------------


他にもここでは紹介できないくらい
たくさんのメッセージをいただきました。


特に、

「いつも興味深く拝見しています。」

「いつもためになる情報をありがとうございます。」

「いつも参考にさせていただいています。」

「いつもためになるメルマガありがとうございます。」


・・・



という『いつも』がついたメッセージが一番多かったです。


こういう感想をいただいたときが
毎日記事を書いてきて良かったと思える瞬間ですし、
もっとお役に立つ内容を公開していこうという気持ちが湧いてきます!


また、色んなご質問を受け取ることによって
どのようなことに悩まれているのかが明確化できるので、
今後の情報配信の参考にさせていただいております。


そういう意味では明後日の2月22日(木)にリリースする
新作レッスン動画は今回いただいたメッセージにお応えできるクオリティーです。



今回プレゼントした4つの動画を踏まえでご覧いただくと、
さらに効果が高まりますので、ぜひ楽しみにしててくださいね^^


 

では!

 

 

スリー

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


平昌オリンピックで新たな歴史が刻まれましたね。


フィギュアスケートの男子としては66年振りに
五輪連覇という快挙を羽生結弦選手が成し遂げました。



怪我で出場も危ぶまれていましたが、
そんな不安の声もすべて払しょくして、
見事日本に今大会初の金メダルをもたらせました。


このシチュエーションで自分の滑りをして、
しっかり結果を掴み取る姿に多くの方が感動したのではないでしょうか。


しかも今回がちょうど冬季オリンピック
1000個目の金メダルというのですから
本当に持っている人っているんだなと驚いています。


そして印象的なのは、
羽生選手の滑りを見て多くの方が涙していることです。


当然、羽生選手の芸術的なスケーティングもあるとは思いますが、
ここに至るまでの過程も大きく影響しているのではないでしょうか。


たまに色んな経験から目に見えないオーラをまとっている人っていますよね。


羽生選手の場合、
それを滑りながら全身から放たれている感じです。


これはもはや技術だけではなく、
生き様を競技を通じて表現しているように見えます。



私は彼が「スケート選手の羽生結弦」を演じ切っているように映りますし、
その舞台を見て多くの方が感動していると感じています。


ただ、
そのステージが4年に一度というオリンピックで、
しかも、そこで最大限の力を発揮するのですから、
どんな努力を積んでいるのかが本当に気になります。



他の選手も当然私たちの想像を超える努力を日々繰り返しています。


それでも本番では自分の力が出せずに
涙するシーンをこれまで何でも見てきました。


その中には普段から「メンタルが強い」と呼ばれている選手も
いたと思います。


だけど自分の力がなかなか出せないと言われているのが
オリンピックですから、こればかりは出た人でないと分からない
独特の世界なのでしょう。


ちなみに、
羽生選手は怪我で練習できない間、
「書類や論文など、いろいろなもので筋肉解剖学的なものや、
トレーニングのやり方についての研究とか、インターネットの記事とかで
勉強したので、そういうものを出せたなと思います」
と発言しています。


そう考えるとどの競技も技術を磨くだけではなく、
自分の考え方を広げる努力が必要なのはトップアスリートも
同じではないでしょうか。


なのでもし、あなたもなかなかテニスコートで
ボールを打つという練習ができていないのなら、
コート外での努力を積んでください。



本日まで無料公開している4つの動画は
体を上手く使うための力学などにも触れていますよ。



なかなか忙しい毎日を送られていると思いますが、
だからこそ今自分ができることから始めていきましょう^^

 ↓ ↓ ↓
----------------------------------------------------------------------------


【手打ちスピンによる悪循環に陥る前に見てもらいたい4つの動画】(本日最終日)

※上のURLをクリックすると申請フォームに移ります
※2月17日(土)~2月19日(月)の3日間限定の無料プレゼント動画です
※新作動画である『お家deテニス上達法(骨盤編)』は後日ご案内します


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この1週間で3回も牛肉を食べました。

共通点はすべて中が赤かったことです^^

【焼肉定食】

【牛カツ】

【ハンバーグ】

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


先日、体の中心からラケットをスイングするための
新作レッスン動画を先行で公開しました。


それが大変好評で、
たくさんの方に高い評価をいただきました。


特に、

「ボールに威力やスピードが出ない」

「手打ちが原因で肘を痛めた」

「スピンを掛けるとボールが浅くなる」

「そもそも正しい体の使い方が分からない」


・・・

というお悩みを聞いていたので、
それを解決するために取り入れてもらいたい内容です。


ちなみにそのレッスン動画は
『お家deテニス上達法(骨盤編)』というタイトルです。


以前公開した「肩甲骨編」の続編で、
今回も自宅で練習ができるというコンセプトで作りました。


感想もたくさんいただいているので、
まずはこちらをご覧ください。


--------------ここから---------------

■名前: H
■性別(フリー01): 男性
■年齢(フリー02): 41~45歳
■メルマガ、ブログ、HPへの引用方法(フリー03): イニシャル
■動画名(フリー04): お家deテニス上達法(骨盤編)


■動画購入の決め手(フリー05): 

肩甲骨編と合わせて見たかったので。


■動画の感想(フリー06): 

肩甲骨編は自分にとって、
一気に本質に近付いたような相当画期的な内容でしたので、
これを超える動画があるのかと半信半疑でしたが(失礼しました)、
骨盤編を拝見すると、一瞬で引き込まれました。


全身の連動、肩甲骨と骨盤の相乗効果、
肩甲骨編だけでは決して見えなかったであろうと
思われることが見事に見えてきました。


さすがのクォリティだと思います。


家で学習、コートで答え合わせという流れが、
今は本当に楽しく感じられます。


また、プロテニスの試合を録画して選手の動きをコマ送りで見たときに、
なぜその動作が起こるのかが機能分析の観点から見ることができるようになる
という副産物もありました。


何を見てもすべて自分の上達につながるような気がします。


ありがとうございました。
次回作、楽しみにしています。


--------------ここまで---------------


こんな感じでテニスが楽しいと思ってもらえると、
私自身ももっと上達するための方法をお伝えしたくなります。


そこで、
今回ご紹介した『お家deテニス上達法(骨盤編)』
近々正式にリリースすることにしました。


ただ、私の記事を読み始めてまだ間もない方も
いらっしゃると思いますので、いきなり肩甲骨や
骨盤の話を聞いてもピンとこないと思います。


なので、
『お家deテニス上達法シリーズ』とは別に
今回は手打ちショットにならないための
テニス上達法動画を無料で公開します。


タイトルは
「手打ちスピンによる悪循環に陥る前に見てもらいたい4つの動画」です。


テーマはフォアハンドストロークのスピンショットです。


スピンの効いたストロークは回転でボールをコントロールできるので
ミスが減りますし、バウンド後に高く跳ね上がるので相手が打ち返しにくい
という特徴があります。


でも、体全体を使えずに手打ちでスイングすると
回転量だけが多いシャカシャカボールになります。


そうなると距離が出ないし、バウンド後にあまり高く跳ねないので
相手にとっては打ち頃の高さになってしまいます。


しかも、手打ちは細い筋肉である腕に負担が掛かるので
テニスエルボーなどの怪我を誘発します。



そうならないためにも正しい知識を付けて、
体全体を使ったスピンショットをマスターしてください。


体を上手く使ったスピンショットはあなたに
「安定」「威力」の両方を授けてくれます。


3通に分けて送られてくる4つの動画をご覧いただくことによって
正しいスピンショットを打つために必要なことを学ぶことができます。



下のフォームに必要事項を記入して送信すると、
早速1つめの動画をご覧いただけます。


2月17日(土)から2月19日(月)の間に申請してください。


すでにご覧になったことがあっても、
もう一度見ることによって新たな気付きがありますよ^^

     ↓ ↓ ↓

【手打ちスピンによる悪循環に陥る前に見てもらいたい4つの動画】


※上のリンクをクリックすると申請フォームに移ります
※2月17日(土)~2月19日(月)の3日間限定の無料プレゼント動画です
※新作動画である『お家deテニス上達法(骨盤編)』は後日ご案内します

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


「二度と戦いたくないと思えるほど相手を完膚なきまでに叩き潰せ」


ちょっと過激なメッセージですが、
この言葉は私が大学時代、主将を務めていたときに
団体戦で必ず伝えていた試合前の声掛けです。


私たちの大学は戦っているリーグでは選手層が厚く、
優勝候補と呼ばれていました。


だから、
みんなが本来の力を発揮すれば、
必ず優勝できると考えていました。


ただ、ひとつ心配だったのが「油断」です。


自分たちは強いという慢心が、
隙となって相手に付け込まれるという事例はたくさんあります。


しかも、当時二十歳前後の私たちは
精神的にもまだまだ若い部分がありました。


なので、
勝てる実力が油断を生み出す可能性は十分にあったのです。


全力を出して負けるのなら仕方ありませんが、
油断という理由で試合を落とすことが一番後悔しますよね。


ですから団体戦が始まる円陣では必ず
「二度と戦いたくないと思えるほど相手を完膚なきまでに叩き潰せ」
といい続けました。


その結果、
みんな勝てる試合はほとんど6-0や6-1で勝利し、
スコアを付けている部員が「みんな強いな~」と嬉しそうに
私にスコアブックを見せてくれたのを覚えています。


そう考えると、
これは実際に試合に出ないと分からない感覚ですが、
誰が相手でも本当に1勝するのは大変です。



特に自分と実力が競っている相手から勝利するのは
至難の業です。


それを思い出させてくれたのは、平昌オリンピックで激闘を見せた、
スノーボード男子ハーフパイプの決勝戦での日本の平野歩夢選手と
アメリカのショーン・ホワイト選手との戦いです。



ハーフパイプの決勝戦は3回滑ったベストスコアで競います。


今回は平野選手が2回目にホワイト選手を追い抜く
得点を叩き出して、1位に躍り出ました。


ホワイト選手は2回目を失敗して、
追い込まれた形です。


そして運命の3回目でしたが、
ホワイト選手より先を滑る平野選手は途中で転倒して
結局2回目の得点で結果を待つことになりました。


そんな中、
ホワイト選手は圧巻の滑りで平野選手のスコアを超え、
見事金メダルを勝ち取ったのです。


かなり惜しい戦いでしたが、
もし平野選手が3回目もいい滑りで少しでもホワイト選手に
プレッシャーを与えていたら、結果は違っていたのかもしれません。



元々追い込まれているホワイト選手に更なるプレッシャーを与え、
「心を折る」ことができていたら、結果論にはなりますが
あの圧巻の滑りではなかったのかもしれません。


なぜならメンタルの戦いというのは
「如何に相手の心を折ることができるのか」だからです。


テニスだと、ここで挽回したいと心を引き締めたときに、
相手からサービスエースを取られて心が折れた経験があります。


そうなると、
「この相手には勝てない」という心理が働いて、
一気に集中力が落ちてしまうのです。


心が折れると今まででは考えられないようなミスを
簡単にしてしまいますし、あっという間にポイントを取られてしまいます。


だから、
どれだけ打ち込んでも返してくる「シコラー」と呼ばれる
ミスをしないプレースタイルが存在するのです。


このプレースタイルはミスをしないで勝つというのもありますが、
どこから相手の心を折るというのが目的です。


私も学生時代は「シコラー」でしたが、
相手がどの地点で心が折れたのかが分かるくらい
メンタルに着目してプレーをしていましたよ。


なので、
今回平野選手が大技を繰り広げたのに銀メダルだったことに関して
色んな意見が飛び交っていますが、私は「3回目の滑り」が勝負所だったと
感じています。


でも、それらもすべて結果論であり、
本人にしか分からないことを外野から何を言っても意味がありません。


それに競技者は人生を掛けてすべてを出し切っているので、
私には到底理解できない次元で競技をしています。


そう考えると、私たちはアスリートの素晴らしいパフォーマンスから
色んなことを感じては自分に活かせられることを学び取るしかありませんね^^

 

 

では!

 

 

スリー

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。