テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


特別レッスン無料配信中

今までに聞いたことがない内容のテニス上達法をメルマガで公開!

・JPTA公認コーチのビックリするようなテニス上達法を特別に伝授
・以前有料で販売されていたメンタル教材「覇王学」を期間限定で無料プレゼント
・さらにフォアハンドストローク強化教材「リプルションスイング」「バイメカ講座」もプレゼント


 ↓ ↓ ↓

メルマガ登録はこちらから


NEW !
テーマ:
今日は久しぶりに大学テニス部のOB戦に参加してきました。懐かしいメンバーとの再会あり、楽しかったです!

そして現役と試合をしましたが、とりあえずボールが速すぎて対応するのが大変でした^^;

ただそんな現役から「スリーコーチですか?」と声を掛けられたのには驚きました。

何と声を掛けてくれたのは、スクールの元教え子だったのです。

長年この仕事をしていると、色んなところで声を掛けられますが、まさか大学の後輩として再会するとは思ってもいませんでした。

今回のOB戦はこの再会が一番の収穫でしたね^^




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


将棋棋士の藤井聡太プロが、
連勝記録を28まで伸ばし、
歴代1位タイの記録保持者となりました。


もしかしたらまだまだこの連勝記録を更新していきそうな
勢いがありますが、何より驚かされるのは、14歳という
年齢ですよね。


まだ中学生なのに、
他のプロ棋士に次々と勝利していく姿は
「天才」という印象を受けてしまいます。


他にも卓球の張本智和選手はまだ13歳ですが、
世界の強豪たちと互角以上の戦いをしています。


そういえば、
錦織圭選手がアメリカにテニス留学したのも
中学生のときでした。


私は錦織選手が小学生だった頃から注目していましたが、
すでに大人顔負けの頭脳テニスを展開していました。


そう考えると、引退することとなった
フィギュアスケートの浅田真央選手や
ゴルフの宮里藍選手も子供の頃から
注目されていましたよね。


私もジュニアレッスンを受け持つ立場だったので、
昔から「なぜ子供の頃からそれだけの実績を残すことができるのか」
という疑問を解決するために色々勉強してきました。


あなたもお子さんがスポーツをされていたり、
指導者の立場だったら、頑張っている子供たちの
サポートをしたいと思いますよね。


それはテニスコーチである私たちも同じで、
日頃からどうすればその子の能力を最大限に
引き上げることができるのかを研究しています。



しかも私の場合、
中学生から始めている子たちより
少し遅い高校生のときにテニスをスタートしたので、
その頃から上手くなるための方法を模索してきました。


そんなプレーヤー目線とコーチ目線の両方から
テニス上達を図ってきたので、ひとつの結論に
たどり着くのも早かったです。



これは子供だけではなく、
大人の方の上達にもつながる結論です。


それは、
「スポーツはコーディネーションでできている」です。


コーディネーションとは、
「自分の体を巧みに動かす能力」のことを指します。


この能力を高めることが、
携わるスポーツの技術につながり、
結果的に勝負を左右することとなるのです。



例えばテニスだったらサービスは
投球と動作が似ています。


だから、ボールが投げられないのに、
強力なサービスを打つことはできません。


なので、サービス練習をする前にキャッチボールを
取り入れているテニススクールが多いのです。


でも、
そのようなレッスンを見ているジュニアの親御さんは、
「もっとラケットを使って練習してもらいたい」という
顔をしていることがあります。


そのような現状を見ていると、
まだ日本はコーディネーションに対しての
考え方が浸透してないと感じます。



実際のところ、私が教えてきたジュニアで
素晴らしい実績を残している子たちはテニスだけではなく、
サッカーやドッヂボール、さらにはバレーボールなどを
レッスン中にたくさん取り入れて、色んな動作を
取得して子たちです。


それ以外にも、
走ったり、飛んだり、投げたりを繰り返し、
ラケットを使わずに、ラケットを振ることができる
体の使い方を習得していきました。


私の理想のレッスンは、
「あまりテニス感を出さずに、気が付けば上手くなっている」
だったので、周りの方に理解してもらうまでは大変でしたよ。


ただ、
運動能力を高めて結果的にテニスが上手くなるという考え方を
テイストが違うレッスンをしている周りのコーチに説明するのが
難しかったので、コーディネーションで上達を図る指導法を
積極的に広めることはしていませんでした。


しかし、今までずっと体の使い方に着目した
『機能分析』という考え方をお話してきたあなたには、
コーディネーションの重要性が伝わりやすいと思います。


特に、球技に携わっている学校の先生や、
私のようなコーチという立場の方には
宝物のような内容です。



ちなみに
運動能力は先天的なものではなく、
後天的だと言われています。


生まれ持って運動能力が決まっているのではなくて、
どれだけ運動能力が高まる経験をしてきたかどうかで
決まるのです。



そう考えると運動も勉強と同じで、
ある程度周りの大人が頑張れる環境を
作ってあげてもいいのではないでしょうか。


そこで、
一部の指導者にしか紹介することができない
「身体能力開発トレーニング」のノウハウを
期間限定ではありますがご案内します。


内容は詳細ページを読んでいただければ
見えてくると思います。


それを読んで、うまく活用できそうだと感じたのなら
なかなかこのような機会がないので手にしてみてください。


ここで紹介されているすべてのトレーニングが
テニスを含めたすべての球技に活用できますよ。



私が紹介できる期間が
6月24日(土)~6月30日(金)の1週間ですので、
それまでに下のリンクからご確認くださいね。


   ↓ ↓ ↓

 【身体能力開発トレーニングの詳細ページ】

 

 

では!

 

 

スリー

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


オリンピックなどを見ていたら、
とある種目でメダルをたくさん取っている国は
毎回同じようにその種目ではメダルを取っています。


日本の場合、
柔道やレスリングでたくさんのメダルを取っていますよね。


当然、その国にとって向いているスポーツかどうかも関わってきますが、
それ以上に成績を左右するものがあります。


それは「ノウハウ」です。


強い国は強くなるためのノウハウを持っています。


そして、そのノウハウに更なる情報を付け足して、
毎回進化しています。


だから強いのです。


それは私たち一般テニスプレーヤーも同じで、
強くなるためのノウハウで練習するのと、
強くなれるかどうか分からないノウハウで
練習するのとでは、のちに大きな差が生まれてしまいます。



だから、
ここではあなたが自分を高めることができる
ノウハウしか紹介していません。



では、
どのようにしてそのノウハウが良いか悪いかを
私が判断しているかご存知でしょうか。


答えは
「実際に試してみて、良し悪しを判断している」です。


今回はそのひとつの例を紹介していますので、
まずはこちらの質問からご覧ください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): K
■性別(フリー02): 男性
■年代(フリー03): 46~50歳
■テニス歴(フリー04): 20
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): 超テニス塾メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): どちらも
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【Kさんのご質問】


いつも的確で、わかりやすいご指導をありがとうございます。
今回も質問をさせて頂きたいと思います。


今日、ダブルスの試合があったのですが、
フットワークの目的であるボールの後ろに軸足を運ぶことができず、
手打ちになりストロークが安定しませんでした。


早めに対処しなければとの意識が働くため特に、
スピードボールを打つ相手にはこれが顕著で
ほとんどアウトボールになってしまいました。


ボールの緩急に関わらず常に軸足をボールの後ろにセットして
安定的なストロークを打つためにはどの様な練習が効果的で、
試合中の自分自身の意識はどこに向ければ良いのでしょうか?


よろしくお願い致します。


--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


Kさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


フットワークについてですが、
Kさんは前回ご紹介した佐藤プロのテニス上達法DVDである
「テニス・ダブルス上達革命 ~ダブルス特化の練習法・指導法~」
ご購入されましたよね。


私はここ最近、かなりボレーの調子がいいのですが、
それはひたすら佐藤プロのボレーフットワークを見ては
イメージしてプレーしているからです。



私の中ではあのDVDはイメージトレーニング用の
テニス上達法としても活用しています。


細かなステップと動き出し。


学生の速いボールにも楽々対応していますよね。
(当然プロなので当たり前ですが^^)


そして何より注目してもらいたいのが
佐藤プロのスプリットステップです。



DVD内でも何度もスプリットステップについて
解説されていますが、やはりボレーはスタートが命です。


実際に佐藤プロは相手がフォワードスイングに入ったら
動き出していますが、これは私たち一般プレーヤーも同じです。


なのでKさんも練習から
佐藤プロのスプリットステップのタイミングと
意識した細かいステップを心掛けてプレーしてください。


ボレー対ストロークの練習で、
相手の方に速いボールを打ってもらったら
いいボレー練習になりますよ!



ボレーは飛んでくる速いボールに対して
反応できるかどうかで対応できるかが決まるので、
条件反射でスプリットステップと細かいステップが
取れるように普段の練習から意識してくださいね^^



では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


私はもうすぐ団体戦が始まるのですが、
ここ最近まであまり調子が良くありませんでした。


年末に痛めた膝のこともあって、
無意識に動きをセーブしていたのかもしれません。


ミスが多いし、ボールの威力も去年ほど出ていなかったので、
この調子でいけば試合に勝てないかもしれないと感じていました。


たまに社会人サークルに混ぜてもらっていますが、
そこで試合をしたら去年はそこそこの勝率だったのに、
多分、今年は2割くらいしか勝てていなかったと思います。


「これはマズイ・・」


そんな不振のときに助けてくれたのが
佐藤プロのテニス上達法DVDでした。


あのDVD内で佐藤プロが打っている姿を見て、
「テニスはやはりフットワークだ」という根本を
思い出すことができたのです。


小刻みで軽やかなステップから放たれる切れ味鋭い
佐藤プロのショットを脳裏に焼き付くまで見ていたら、
それが強烈なイメージトレーニングとなり、
自分は何をするべきなのかが見えてきました。



また、
そこで話されている内容も基本に忠実で分かりやすかったので、
現在の私のレッスンはフットワーク重視になっています。



ほとんどの技術を足の使い方から解説しているので、
生徒さんは動き疲れていますよ^^;


でも、
重点的にフットワークのレッスンをしてからは
見違えるほ生徒さんの動きが良くなっています!



ミスも随分減りましたし、
ボールの後ろに入ってショットを打つので、
スピードとパワーが増しています。


そう考えると、外から情報を取り込むことは
新たな刺激だけではなく、忘れかけていた大切なことを
呼び起こしてくれる力もあるように感じました。



ひとりで解決しようと殻に閉じこもってしまうと、
視野が狭くなったり、新しい発想が思い浮かびません。



そうなると、
やっていることに飽きが出てきますし、
マンネリから段々楽しさが半減していきます。


だから、
何かに打ち込んでいても、なかなか集中できなかったり、
楽しいという感覚が薄れかけているときは、新しいものを
ドンドン取り入れてくださいね!



特にお子さんがいらっしゃる方は
「飽きる」「集中力がすぐ無くなる」
という姿を見ることが多いのではないでしょうか。


今でこそ落ち着いていると言われる私も、
子供の頃は何をするにしても集中力が続きませんでした(笑)


なのでジュニアレッスンでは、
色んな工夫をして、飽きない工夫をしています。



しかも、
体の使い方を自然と身に付けられるという
「コーディネーションドリル」を導入しています。


そんな私のレッスンを受けたジュニアの中には
全日本テニス選手権大会で優勝した選手もいますよ。


ですから、
次回はスポーツをしているお子さんがいらっしゃる方には
大変興味深い情報をご紹介できると思いますので
楽しみにしててください。



今度お伝えする情報はほとんど出回っていない、
特別な紹介がないとご案内できないノウハウです。



ちなみに今度の情報を一番活用しやすいのは
実際にお子さんに指導しているコーチや先生です。


このノウハウは私が普段から推奨している
上手な体の使い方を追及した『機能分析』の究極版です。



だから本当は大人の方も活用できます。


ただ、
テニスに特化したものではなく、色んなスポーツに必要な
「体の機能を活用する」という部分にフォーカスしているので、
元気に動き回れる小学校高学年から中学、高校、大学生くらいまでの方を
対象としたドリルが主体です。


ジュニアに特化している分、
どんなスポーツをしているお子さんにも役立つ内容なので、
もし、「この子の運動能力をもっと向上させてあげたい」
お考えなら、指導者ではなくても一緒に取り組むつもりならば
お互いが向上できるので理想的だと思いますよ。


仮にスポーツをしているお子さんがいなくても、
私は「技術はコーディネーションでできている」という考えなので、
コーディネーションが何なのかを知るいい機会として
楽しみにしててくださいね^^
 

 

では!

 

 

スリー

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


私はテニスを始めた初心者の頃から
プロのサービスフォームを参考にして
練習をしていました。


それが実は上達を遅らせることになっていたというのは
テニスコーチになってから分かりました。



プロだから可能な体の使い方を
初心者である自分が見た目のフォームだけを参考に
再現しようとしていたから上達が遅れたのです。



今思うと、初心者である自分ができることを
段階を踏んで練習した方が上達は早いと感じています。


今回はそんなサービスにおける
体の使い方についてお話しています。


特にスタンスについてのお話はかなり大切なので、
あなたの打ち方と照らし合わせながら聞いてください。



--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): takacyann
■性別(フリー02): 男性
■年代(フリー03): それ以上
■テニス歴(フリー04): 15年
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): まぐまぐメルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): ダブルス派
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【takacyannさんのご質問】


サーブの練習でクローズドスタンスとありますが
どのような足の位置を指すのですか


--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


takacyannさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


サーブを打つ際のクロースドスタンスについてですね。


きっと文章より画像を見た方が分かりやすいと思いますので
下のリンクをクリックしてご確認ください^^


【クローズドスタンスの画像】


では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


サービスのスタンスはクローズドスタンスほど、
体の捻り戻しを大きく使えることができます。


反対に、
オープンスタンスほど体の捻り戻しは
あまり使えません。


その人の筋力によっても変わってきますので、
自分に適したスタンスを探してください。



ちなみに
初心者の方にサービスのレッスンを行う際は、
オープンスタンスから始めてもらっています。



オープンスタンスのサービスだと、
真正面を向いて打つことになるので
あまり捻り戻しを使うことがないからです。


そうなるとあまり捻り戻しを使わないので
スピードは出ませんが、面が作りやすくなります。


なので、
もしあながたサービスの安定性を求めているのなら、
捻り戻しが少ないオープン気味のスタンスをお勧めします。



そして面が安定しだしたら、
徐々にスタンスをクローズドスタンスに
近づけて捻り戻しを導入していきましょう。



真正面を向くオープンスタンスから、
段々体を横に向けるクローズドスタンスの方が
体の捻り戻しが使いやすくなります。


更に付け加えると、
グリップもクローズドスタンスに
寄っていくほど段々薄くなっていきます。


体が開いている(オープンスタンス)方がグリップは厚く、
体が閉じている(クローズドスタンス)ほどグリップは薄い。



だから、
プロの選手はサービスのスタンスがクローズド寄りで、
グリップも比較的薄いのです。


グリップが薄いほど手首の可動域が広くなるので、
クローズドスタンスによる体の捻る戻しとの合わせ技で
強力なサービスが打てます。



これらの理屈を知っておくだけでも、
自分のサーブがどのような段階なのかを知ることができますので、
今一度自分のサービススタンスとグリップを見直してくださいね^^



では!

 

 

スリー

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


昔から思っていたのですが、
プロのフォームを真似するときって
大抵テイクバック時ではないでしょうか?


ラケットを引いたときのフォームを真似て、
「この選手は誰でしょう?」というクイズを
友達同士でよくやりました。


テレビを見ていても、
野球選手のモノマネをしている人は
バットを振る前や、ボールを投げる前を
選んでいると思います。


このような一見テニス上達と関係のない話のように
感じるかもしれませんが、実はとても大切な観点です。



その理由については、いただいた質問にお答えすることによって
お伝えできると思いますので、このまま読み進めてください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): K
■性別(フリー02): 男性
■年代(フリー03): 46~50歳
■テニス歴(フリー04): 20
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): 超テニス塾メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): どちらも
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【Kさんのご質問】


お世話様になります。

フォアハンドストロークについてです。


肩甲骨から引いて、肩甲骨を機能させるためには、
テイクバックした時の脇の空き具合はどの程度が
適切なのでしょうか?


フォアは利き腕を使うことになるため
腕を必要以上に使い過ぎる事が多く、
ストロークが安定しません。


安定しない理由は他にもあると思いますが、
ダブルハンドストロークを安定させるために
左利きのフォアハンドストロークの練習を
していたところ、左腕が自由にならない分、
脇も締まっていて体のバランスも良く
ラケットの振り抜きもとても良いです。


脇の締まり具合が原因なのかなと
感じましたが如何でしょうか?


--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


Kさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^

フォアハンドストロークについてですが、
テイクバックのときの脇の空き具合って気になりますよね。



人によっては脇を締めるように指導する方もいます。


ただこれは、テイクバックを考えるのではなく、
本来の目的であるインパクトから考えるべきです。



体の構造上、インパクト時は
グリップが厚いほど脇は開き、
グリップが薄いほど脇は閉じます。



このインパクトを実現しやすいテイクバックを
求めていくと、自ずと答えが見えてきますよ。


テイクバックは一番個人差が出る部分なので
インパクトから、自分にとってスイングしやすい
ラケットの引き方を導いてくださいね^^



では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


この考え方はすべてのショットに当てはまるのですが、
練習する際は「優先順位を決めること」がとても大切です。


例えば今回の質問者さんの場合、
フォアハンドストロークのテイクバックについて
悩まれていました。


そういうときは、
「何のためにテイクバックが必要なのか」という視点で
考えてみると、段々答えが導かれていきます。


ちなみに
テイクバックは正しいインパクトのために存在します。



力が入る打点でタイミングよくボールを打つことが
インパクトの目的ですよね。



それを補佐するのがテイクバックだと考えてください。


そうなると、
自分にとっての理想のインパクトがあれば、
それを逆算してテイクバックをすればいいのです。



厚いグリップで脇を締めてインパクトをしたいのなら、
それを実現しやすいテイクバックを探すのです。


または、
薄いグリップで脇を開いてインパクトをしたい場合も同じです。


自分が目標としているインパクトを実現しやすい
テイクバックが答えなのです。



だから、
テイクバックが一番個性が出ると思います。



インパクト時は人によってそこまで差がありませんが、
テイクバックは本当に人によって様々です。


なので、理想のインパクトを先に作って、
それを実現しやすいテイクバックを求めて練習してください。



この過程こそが大きく上達できるポイントですから^^

 

 

では!

 

 

スリー

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。