Thousand Days

さうざん-でいず【千日手】
1. 同一局面の繰り返し4回。先後入れ換えてやり直し。
2. 今時珍しく将棋に凝っている大学生の将棋系ブログ。
主に居飛車党過激派向けの序盤研究を網羅している他、
雑学医学数学物理自転車チェス等とりとめのない話題も…


テーマ:
※前回の記事『四間穴熊対銀冠』

photo:01

76歩 84歩 68飛 34歩 66歩 62銀
48王 42玉 38王 32玉 78銀 54歩
28王 52金右 67銀 53銀 18香 85歩
77角 24歩 19王 23玉 28銀 32銀
39金 14歩 58金 12玉 46歩 23銀
47金 32金 36歩 74歩…(A)


今回もこの「居角銀冠」を考える。
(たまには独自性を追求してみたい)

…何度か採用してみたが、ここで45歩と指されることは滅多になかった。

photo:02

38飛 44歩 65歩 73桂 56銀 86歩
同歩 43金右…(A2)


44歩を突かせてから65歩~66銀~68飛と、理想形を目指す作戦がある。

65歩に対してすぐ86歩~45歩と反撃したいが、玉頭への反動が大きい。
(※以下 66銀 46歩 同金~35歩の筋)

…そこで桂を使って攻める。
56銀には、43金右(次は33角?)と力を溜めておけば後手充分だろうか。

56銀に代えて66銀なら、シンプルに86歩~64歩で問題ない。
先手は飛車も角も捌きにくそうだ。

photo:03

38飛 44歩 35歩 同歩 同飛 43金右
38飛 42銀 65歩 33銀…(A3)


単に三筋を交換する変化も当然ある。
42銀のところでは72飛が普通だが、78飛と対抗されて困る。
…75歩には95角の反撃があるのだ。

ここでは居角の形を活かして、42銀~33銀~31角と組んでみたい。
この形の銀冠や玉頭位取りには、
見るからに勝ちそうな雰囲気が漂っている。
(※特に根拠はない)


すぐの袖飛車に対しては何とかなりそうな気がする。


※次回『四間穴熊対銀冠穴熊』


iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

あさげさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。