Thousand Days

さうざん-でいず【千日手】
1. 同一局面の繰り返し4回。先後入れ換えてやり直し。
2. 今時珍しく将棋に凝っている大学生の将棋系ブログ。
主に居飛車党過激派向けの序盤研究を網羅している他、
雑学医学数学物理自転車チェス等とりとめのない話題も…


テーマ:

四間飛車穴熊は、特に先手番で使われるとかなりの脅威となる。
急戦はまず間に合わない。
銀冠も銀冠穴熊も一手の差が大きい。
相穴熊は敵のホームグラウンドだし、
左美濃は頭が弱い。
位取りは効かず、
地下鉄飛車は全く感覚が掴めない。
冗談抜きで「相振り」こそ最強の対策なのかもしれないが、宗教上の理由で却下。
さあ、もう対策なんて残ってない。どうするか?

…要は、無ければ自分で作ればいいだけのことだった。
とりあえず振飛車側から見て最も鬱陶しいとされている銀冠を、
後手番用にチューニングしてみることにした。
そして生まれた有力候補が下図(A)。

photo:01

76歩 84歩 68飛 34歩 66歩 62銀
48王 42玉 38王 32玉 78銀 54歩
28王 52金右 67銀 53銀 18香 85歩
77角 24歩 19王 23玉 28銀 32銀
39金 14歩 58金 12玉 46歩 23銀
47金 32金 36歩 74歩…(A)


定跡形と比べて玉と角の位置が微妙に違うのだが、何のことはない。
角は不動のまま、23経由で玉を収めただけのことである。
右四間飛車ではよくある組み方だが、
なぜか対穴熊では誰も使わない。
何かしら理由はあるはずだが、どこにも書かれていない。

この形のメリットは3つ。
・角を持ち上げる一手を省略可能
・王手がかかりにくい
・25歩をいつでも突ける

…3つ目もかなり重要なポイントだ。
37桂が両取りの先手にならないし、居角なのでいつでも33桂と跳べる。
そして13角と直に上がって安定すれば、手得を確定できる。

ただ、44歩と突く際には要注意。
22角成があるため、65歩に45歩と突き返しにくい意味があるのだ。

photo:02

45歩 44歩 同歩 同銀 65歩 43金右
66銀 25歩…(A1)


74歩に対して広瀬七段推奨の45歩なら、すぐに反発する。
そして続く65歩~66銀を横目に、悠々と厚みを増し加える。
…信じ難いことに、ここでは定跡形と比べて居飛車が実質三手得している。

※上図は先手銀冠の中心をなす変化(広瀬本p.196)の類似形なのだが、
振り飛車側は金寄りが入っていない。
※※しかも、ほとんどの変化で12玉型が王手を避けてプラスに働く。

…25歩にすぐ56歩と突いてくれば、13角と覗く味が良い。
69飛には86歩~88歩が成立するし、
46歩にも33桂と跳ねておけば、次に45歩からの進撃を狙える。

25歩に対して無難な37金でも、
13角~33桂と構えておけばいい。


※次回『四間穴熊対銀冠 #2』


iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

あさげさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。