Thousand Days

さうざん-でいず【千日手】
1. 同一局面の繰り返し4回。先後入れ換えてやり直し。
2. 今時珍しく将棋に凝っている大学生の将棋系ブログ。
主に居飛車党過激派向けの序盤研究を網羅している他、
雑学医学数学物理自転車チェス等とりとめのない話題も…


テーマ:

※前回の記事『横歩取り青野流 #e』

 

2017年も元気に生き延びた。

 

 

 26歩 34歩 76歩 84歩 25歩 85歩
 78金 32金 24歩 同歩 同飛 86歩
 同歩 同飛 34飛 33角 58玉 52王

 36歩

 

 

 26歩…(A)

 76飛 77桂 44歩 35飛 86飛…(B)

 76飛 77桂 74歩 37桂 73桂…(C)

 76飛 77桂 72金 37桂 62銀…(D) 

 76飛 77桂 55角 22歩 33桂…(E)

 76飛 77桂 55角 22歩 同角 37桂

 44歩 65桂 43王 35歩…(Q)

 76飛 77桂 55角 22歩 同角 37桂

 74歩 87金 75飛 76歩…(R)

 76飛 77桂 55角 22歩 同角 37桂

 72金 87金 75飛 76歩…(S)

 

 

横歩取り青野流で最もシャープなラインといえば、52王~76飛。

本稿では、現時点で主流となっている(S)以降の分岐に絞って自分なりに考えてみたい。

55角と一手掛けてもう一歩せしめようという、傲り昂った後手を許すわけにはいかない。

実際、(Q)(R)のように一手の遅れが致命傷となる変化も多く、(S)もそうあってほしい。

 

ただ先手側が決戦策に絶対の自信を持っていても、後手には(A)-(E)の回避策がある。

(A)(E)、そして77角型の詳細については、どこか別の場所で語られることになるだろう。

また個人的には歩得にこだわらない(B)-(D)も手強い対策だと思う。(急戦を通しにくい)

 

 

~~~~~~~~~~~~

 

 26歩 34歩 76歩 84歩 25歩 85歩
 78金 32金 24歩 同歩 同飛 86歩
 同歩 同飛 34飛 33角 58玉 52王
 36歩 76飛 77桂 55角 22歩 同角

 37桂 72金 87金 75飛 76歩…(S)

 

 

 74飛 同飛 同歩 65桂 44歩 23歩

 33角 25桂 42角 44角 33歩 88金…(Sa)

 74飛 同飛 同歩 65桂 44歩 23歩

 同金 55金 82歩 75歩 62金 86飛…(S')

 86歩 65桂 88角成 53桂成 同王 88金…($)

 

 

というわけで基本図となるのが上図(S)

87金のところ以前は 45桂 62銀 23歩 同金 31飛成 同角 65桂 が定跡とされていたが、

62銀が間に合うため先手の攻めはいかにも細く、飛車を追う87金が本線に変わった。

一時停車の75飛には先手も一旦76歩と追うよりない。ここで…


55飛だと65桂で突然死。

95飛には96歩~94同飛~23歩~65桂。

15飛なら16歩~24歩で飛車を獲りに行く方がスマートかも。(後に97角の筋がないので)

74飛ぶつけは87金型だとこの金が働き後手不満とされるが、実際のところ相当難しい。


飛車交換後、手を入れ合うと悪くなる先手はほぼ必然の65桂から忙しい生活を始める。

(十字飛車を防ぎつつ左の角桂金を手順に捌けないと即死する…よって間違えにくい!)

後手も後手で、両桂を跳ばれると基本的にアカン感じであり44歩はやむを得ないところ。

 

(Sa)は上記目標をナチュラルに達成した先手の勝ちパターンで、88金の味が非常に良い。

次は55角や82歩~83歩~53清算~51飛や13桂不成~飛車打ちなど無数の攻めがある。

45飛には85飛から角を見捨てて飛車を成り込む。82歩には83歩、87歩なら78金のつもり。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~

 

 26歩 34歩 76歩 84歩 25歩 85歩
 78金 32金 24歩 同歩 同飛 86歩
 同歩 同飛 34飛 33角 58玉 52王
 36歩 76飛 77桂 55角 22歩 同角

 37桂 72金 87金 75飛 76歩…(S)

 74飛 同飛 同歩 65桂 44歩 23歩

 同金 55金 82歩 75歩 62金 86飛…(S')

 


 72飛 74歩 同飛 68銀…(Sb)

 72金 74歩 75飛 76金 74飛 68銀…(Sc)

 89飛 69玉 45歩 22角成 同金 45桂…(Sd)

 89飛 69玉 64歩 78玉 87飛成 同飛

 76金 84飛 65歩 58金…(Se)

 

 

よって23同金以下(S')が本線か。75歩は85飛に 45桂 同歩 22角成の受け(?)を作る意味。

22同銀は32角、22同金は16角(~53突撃~51飛)でそれぞれ無事受かって(??)いるはず。
75歩に62銀なら74歩で問題ない。以下 75飛 73桂成となったとき金に紐がついておらず、

先手は先手先手で攻め続けられる。従ってここは62金が本手。これなら74歩とは取れない。

 

62金に私はまず 68銀 89飛 88金 99飛成 78金と千日手含みの粘りから考えたくなったが、
積極的に良くしにいくなら8筋のどこかに飛車を打って模様に芯を入れるべきなのだろう。

84飛は72金に74歩がなく、85飛は 89飛 68玉 45歩以下94角の筋が残るため86飛が本線。

89飛と打たせて大将自ら討ち取りに行くという狂気の濃い目な順だが、先手もやれそうだ。

 

 

~~~~~~~~~~~~

 

 26歩 34歩 76歩 84歩 25歩 85歩
 78金 32金 24歩 同歩 同飛 86歩
 同歩 同飛 34飛 33角 58玉 52王
 36歩 76飛 77桂 55角 22歩 同角

 37桂 72金 87金 75飛 76歩…(S)

 86歩 65桂 88角成 53桂成 同王 88金…($)

 

 

 74飛 同飛 同歩 82歩 同銀 83歩

 71銀 45桂 62王 53角 51王 71角成

 同金 82歩成 61金 81と…($0)

 65飛  22歩 33桂 21歩成 42銀 41角…($1)

 85飛 75角 同飛 同歩 44歩 22歩…($2)

 85飛 75角 64桂 45桂…($3)

 

76歩にすぐ74飛は後手不満そうなので、ここで際どく86歩の利かしを入れることになる。

(86歩 同金の交換が入れば、74飛 同飛 同歩 65桂 88角成 同銀 64角で後手が良い)

この局面が問題で、75歩と取る都成新手23歩藤森新手ともに先手の攻めが細い。

だがここで65桂と捨てるStrategy新手が発見され、個人的には先手持ちの変化が多い。


※65桂以降の構想を示したのは「将棋・序盤のStrategy」がほぼ間違いなく最初であり…

プロ棋戦で最初に誰が指したか寡聞にして知らないが、私はStrategy新手と表記する。

 

32飛成を喰らうと壊滅する後手は仕方なく88角成だが、王手で最期の御奉公ができる。

以下は手順に88金と逃げて、桂損ながら飛車の働きが絶大かつ大将を引きずり出した。

55飛にも95飛にも55角が強烈だし、74飛も(82歩~83歩の絶大さに気付けば)手が続く。

…そんなこんなで($)から、飛車の逃げ場所は実質6五と8五の二択にまで絞られる。

 

以降も難しい局面が続くが、少なくとも2017年末時点でこの手を記載した棋書はない。

再現性も比較的高く、アマチュア棋客にとってかなり研究のし甲斐がある局面といえる。

本家が簡潔な説明に留めておられるため、($1)-($3)に分けて改めて掘り下げてみたい。

 

 

~~~~~~~~~~~~


 65飛 22歩 33桂 21歩成 42銀 41角…($1)

 

 

 55桂 32角成 67飛成 48玉 47桂成 同玉

 56角 48玉 34角 41金…($1a)

 23角 66歩 同飛 77金 65飛 84飛…($1b)

 23角 66歩 85飛 11と 34角 32角成

 55桂 56香…($1c)

 23角 66歩 85飛 11と 34角 32角成

 87歩成 54香 同王 42馬…($1')

 

 

本家は 22歩 33桂 84飛 87歩成 66歩…といった風に味を残す順を推されていたが、

私は弱いので味もへったくれもなく41角まで形を決めてしまわないと先を読めない。

…というわけで本稿では勝手ながらこちらを本線に設定してしまった。

 

($1a)は王手飛車を掛けさせて勝つパターン。後手からの寄せ筋が見えにくい一方、

先手は42馬から駒を取りつつ自然に攻める算段がついており先手不満なしと見る。

また($1b)も、手順に左金を活用され、11ト~54香を上回る攻めのない後手が困る。

41角に31歩で備えられても、やはり 11ト 23角 66歩と飛車に働きかけるのが急所だ。

 

85飛とどかせたところで飛車を見切る11トが成立していそうなので、本稿を書いた。

($1c)の55桂には56香で87歩成に86歩を用意する方が良い。68銀が一見自然だが、

87歩成 54香 同王 42馬 88ト 65銀 同飛 同歩 67角成 同銀 同桂成 48玉 78飛 58金打 66銀…

という「攻めるは守るなり」的手順があり、ここから後手玉を寄せるのも容易ではない。

 

 

 

 65飛 22歩 33桂 21歩成 42銀 41角

 23角 66歩 85飛 11と 34角 32角成

 87歩成 54香 同王 42馬…($1')

 

 

 55桂 75歩 67角成 48玉 66馬 56金…($1d)

 88と 65金 同飛 同歩 46桂 同歩

 67金 59玉 79と 52飛 53歩 同馬

 55王 44馬 65王 55飛成 74王 85銀

 83王 34馬 69飛 48玉 68飛成 47玉

 57金 同龍 同龍 同玉 87飛 67歩

 85飛成 75金…($1e)

 

 

($1d)のタイミングでの55桂にもやはり68銀とは受けず、75歩が冷静で先手が厚い。
一直線の($1e)も、途中65同歩と34馬が詰めろで入るのが絶大で先手有望と思う。

 

個人的には、後手を持って指すなら88金に85飛と逃げる方が良さそうな気がする。

 

 

~~~~~~~~~~~~

 

 85飛 75角 同飛 同歩 44歩 22歩…($2)

 

 

 43角 21歩成 34角 31と 43金 65桂

 64王 66銀…($2a)

 33桂 51飛 42王 55飛成 22銀 45桂…($2b)

 33桂 51飛 42王 55飛成 41王 21歩成

 42銀 23歩…($2c)

 33桂 51飛 42王 55飛成 43金 44飛

 26角 43飛成 同王 21歩成 42銀 11と…($2d)

 33桂 51飛 43王 21歩成 42銀 41飛成

 64角 25桂 56歩 35歩 57歩成 同玉…($2e)

 

 

飛角交換で桂得を主張する($2)は、龍を作られ放題のため後手が相当気を遣う。

ただ先手の売りである飛車の横利きと45桂を同時に封じるには44歩しかなさげ。

ここは手の広いところだが、22歩と33桂の交換を入れてから王手するのが良さげ。

31飛成~33飛成があるため合駒は打てず、42王なら21歩成の後の先が生じる。

 

43王の体当たりが最強の受けで相当難しいところだが、普段通り飛車は見捨てる。

56歩と遂に急所を衝き攻めに転じてきた瞬間がまさかの紐の付けどころのようで、

これでもう先手の四枚の攻めは切れない。あとは適当にふわふわ耐え抜けば良い。

 

※44歩には普通41飛だが 33歩 51飛成 52歩 24飛 23歩 25飛 64角 38銀 43角…

といった具合に二枚角を次々に手放されると、絶妙に飛車が狭く、攻略は難しい。

(以下 84歩 25角 同桂 55角と進んだ後、66歩 同角 83歩成 87歩成 同金 89飛も、77角 同角成 同金 89飛 78銀 88飛成 83歩成 87歩成 89歩 79龍 87銀も極めて難解としか言いようがない)

 

 

~~~~~~~~~~~~

 

 85飛 75角 64桂 45桂…($3)

 

 

 42王 22歩 33桂 同桂成 同金 35飛

 87歩成 54桂 32王 21歩成…($3a)

 62王 22歩 33歩 54飛 42銀 21歩成

 74歩 77桂 82飛 65桂…($3b)

 62王 22歩 33歩 54飛 42銀 21歩成

 53歩 24飛 23歩 25飛…($3')

 

 

角合は同角~41角で壊滅なので、合駒するなら桂一択。だが45桂~22歩が炸裂する。

42王は当たりが強く、壁形ながら62王~33歩のコースを選ぶよりなさそうに見える。

(それなら35飛に多分87歩成が利く。先手も飛車を抜きにいくのは犠牲が大き過ぎる)

 

53歩のところ74歩なら($3b)の77桂~65桂があまりにもぴったりなので、

53歩~23歩と次々に打って飛車を追う($3')まではこう進むところだろう。

 

 

 

 85飛 75角 64桂 45桂 62王 22歩

 33歩 54飛 42銀 21歩成 53歩 24飛

 23歩 25飛…($3')

 

 

 44歩 22と 同金 64角 45歩 54桂

 52王 42桂成 同王 55桂 34角 43銀

 同角 45飛…($3c)

 94角 65桂 87歩成 53桂右成 同銀 53桂左成

 同王 11と 62王 54香…($3d)

 34角 22と 同金 64角 25角 54桂

 61王 42桂成 64歩 53桂成 62銀 52成桂寄

 71王 62成桂寄 同金 同成桂 同王 54銀…($3e)


 

45飛の余地を先手で作る34角が後手方最強の手段で、これ以外は恐らく何とかなる。

(なお22トと捨てるタイミングはここ一択。後手は多分壁を築いたことを後悔している)

以降はもうお互い退けず、($3e)から後手玉を寄せ切れるか否かの問題に帰着する。

62銀のところ62金は同成桂で、同王なら75金。同銀なら54桂で次に63銀を見せる。

 

※71王に対し最も自然な75桂は53銀~56歩~36角~57歩~65桂の反撃が手強い。

 


勝敗を読み切れる気は全くしない。ただ先手が一直線に寄せて勝つ順はなさそう。

以下 71桂 75桂 74歩 63銀打 73王 84歩 同王 96金 75歩 85金 同王 82飛 84金

75歩は最善手か怪しいところだが、高確率でこう進む。(74歩が先でも、75桂が利く)

途中46桂の王手には、どのタイミングでも68玉と寄るのがデフォルトの対応である。

 

蛇足ながら75歩に87歩だと 63桂 85金 同王 82飛 94王 96歩 83桂 22飛成 36角 86歩 74角 65銀 55桂 95歩 84王 85金 同角 同歩 同王 41角 63桂 56銀 46金で、

ここまで進むと後手が良さそうに見える。

 

 

ここで81飛成は 76歩 87歩 46桂 同歩 36角 47桂 55桂からThousand Days濃厚だ。

しかし 87歩 同歩成 同金 89飛 86歩 94王 96歩 99飛成 22飛成 63桂 11龍 66桂 同歩 46桂 48玉 27銀も後手の包囲網が完成しており、手遅れに見えなくもない。

 

結局 87歩 同歩成 同金 89飛 96金 76王 84飛成 同飛成 77歩 同王 59金 66桂 同歩 67角 48玉 76王 78桂 89飛 86金打 同龍 同金 同飛成 同桂 63桂 78飛で…

 

…ぜんぜんわからない。私たちは雰囲気で将棋をやっている。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~

 

今回も検討はApery(SDT5)に依頼している。(所々Gikou2やYO4.74にも協力を仰いだ)

例によって未完成な姿のまま投稿しており、修正点などあればコメントをお願いしたい。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

※本来の表紙『さうざんでいず』

 

 

私たちはいつまでも序盤です!


無料の将棋ソフトが強くなったおかげで、嘘手を全世界に発信する危険は大分減った。
(過去記事の嘘手も見つけ次第、追記で訂正している)
しかし独自の手を思いついてもほとんどが生まれる前にソフトに殺されてしまうため…
序盤研究で自分らしさを表現することは難しくなった。

私自身もはや記事ひとつ書き切るenergyもないので、
不燃ごみ未完成の記事置き場を試しに設けてみた。
記事ひとつ分の質量を得たと判断すれば独立させる。
(ただし不都合な結末に至るか飽きたら突然消すかも)

時間的に、これが最後の記事になりそうな気もする。


※当ブログは2013年頃bonanza, 2015年頃はapery,
最近はelmoやyaselmoを物凄く参考にしているが…
私の弱さ故に常時嘘だらけなのでご注意願いたい。

 

 

~~~~~~~~~~~~

【先手穴熊対四間飛車54銀】 2017/09/18-

 26歩 34歩 76歩 44歩 25歩 33角
 48銀 42飛 68玉 72銀 78玉 94歩

 56歩 52金左 58金右 95歩 57銀 32銀

 77角 74歩 36歩 62王 88玉 73桂

 66歩 64歩 67金 45歩 78金 71王

 38飛…(S)

今までは穴熊を指すために裸踊りの練習を要求されたものだが…

この斎藤流のお陰で康光流78玉が不要になり、大変ありがたい。

(ただし78金型に形が決まってしまう)

 

 

 85桂 68角 65歩 35歩 66歩 同銀

 65歩 55銀 46歩 同歩 22角 34歩

 54歩 33歩成 同桂 54銀 25桂 33歩…(S0)

85桂は脅威ながら、三筋をひたすら突けば角道は止まってくれる。

33同角には同飛成~54銀、33同銀も 54銀 34銀 55歩 同角 77桂。

途中、35同歩なら同飛で良い。(66歩~65歩には33飛成と取れる)

 

…嬉しいことに、他のタイミングの85桂も基本的に無理筋のようだ。

62王型なら桂取り~54桂を狙えるし、44角が入れば55銀が当たる。

 

 

 26歩 34歩 76歩 44歩 25歩 33角
 48銀 42飛 68玉 72銀 78玉 94歩

 56歩 52金左 58金右 95歩 57銀 32銀

 77角 74歩 36歩 62王 88玉 73桂

 66歩 64歩 67金 45歩 78金 71王

 38飛 44角 98香 43銀 28飛 33角

 99玉 54銀 88銀…(§)

54銀型四間飛車に対する持久戦は過去記事で少し言及しているが、

今は先手を持って確実に打開までいける自信のない形が複数ある。

 

今回は前半で棋書に載っていない「78金型のまま仕掛ける順」、

後半ではあほすぎて誰も考えない「79金と一手掛けて引く順」を扱う。

 

 

 84歩 35歩 同歩 24歩 同歩 65歩

 同桂 33角成 同桂 24飛 57桂成 同金

 46歩 同歩 48角☆…(§X)

棋聖戦第三局(斎藤-羽生)の順は、藤井流48角が美しく後手持ち。

…金銀二枚の居飛車穴熊で勝てる人は、何を指しても勝つだろう。

☆ 67金 46飛 55歩 63銀 54歩 同銀 21飛成 45桂

☆ 68角 59銀 79角 15角成 21飛成 14馬 36歩 41飛

 


 84歩 35歩 同歩 24歩 同歩 65歩

 同桂 33角成 同桂 68銀…(§1)

 

  22飛 75歩 同歩 66角 43金 75角

  63銀引 66歩 74歩 84角 83歩 73歩

  84歩 72歩成 同銀 79銀右 36角 48飛…(§1A)

角をごみのように見切られてしまうのが84歩71王型に固有の弱点。

次に65歩~68飛~76金がきついので仕方なく36角ともたれるが、

(75角を警戒して)単に48飛と受けておくのが冷静か。

 25歩 66角 43金 37桂 69角 79金

 47角成 25桂 同桂 11角成 46歩 55歩

 45銀 66歩 27歩 18飛 37桂成 65歩…(§1B)

75歩や、44歩からの馬の活用に期待しているが実際には超難しい。

55歩に63銀と引いてくれば 45香 44桂 同香 同金 33馬 43金 15馬。

 25歩 66角 43金 37桂 36角 25桂

 同桂 11角成 27歩 38飛 47角成 35飛

 34歩 39飛…(§1C)

34歩の瞬間に攻めるなら44歩の前に55歩を利かした方が良さげ…

だが78金型なら飛車のハウスがあるため39飛で特に問題なかった。

後手陣には細かい傷が多く、攻めは馬ひとりに任せても何とかなる。

 46歩 同歩 同飛 24飛 45桂 21飛成

 62金寄 28角 48飛成 64角 82角 同角成

 同王 64角 73角 同角成 同王 75歩…(§1D)

先に飛車を走って攻め合いにされた方が先手にとっても怖いところ。

66歩は25歩で飛車を封じられるので、両桂を捌かせる覚悟で24飛。

ただ69角を打たずに玉頭大戦争になると、78金型がプラスに見える。

 46歩 同歩 同飛 24飛 45桂 21飛成

 69角 79金 58角成 47歩 同飛成 25角

 62金寄 47角 同馬 42飛 57桂左成 同銀

 同桂成 83桂 82王 91桂成 58馬 92成桂…(§1E)

超近接馬作りは78金型に特有の脅威だが、25角の抑止力が大きい。

後手は効率的に金銀を剥す順がなく、しかも桂を渡せば83桂がある。

42飛に一手緩めるしかないようでは、後手を持って自信なしだと思う…

 46歩 同歩 同飛 24飛 69角 79金

 58角成 22飛成 45桂 47歩 同馬 28角

 41歩 11龍 57桂右成 48歩 68成桂 同金引…(§1F)

45桂の前に馬を作れば、今度は桂取り含みの22飛成が正着になる。

以下28角まで進んで先手良さそうだが、41歩が人間離れした好守。

…本譜は本当に難しく、もう少し突き詰めて考えないとわからない。

(なお57桂「左」成だと 46角 同馬 73香~41龍が馬に当たって死ぬ)

 

 

 84歩 35歩 同歩 24歩 同歩 65歩

 77角成 同桂 46歩 同歩…(§2)

 

 

 82王 35歩 同歩 24歩 同歩 65歩…(§3)

 

 65同桂 33角成 同桂 68銀 22飛 75歩

 同歩 66角 43金 75角 63銀上 66歩

 72飛 76金 74歩 86角 49角 65歩 76角成

 64歩 52銀 67銀 86馬 同歩 25歩 66桂…(§3A)

82王・83歩型でも即66歩は打てるが、浮いた金を狙う袖飛車が強敵。

代わりに右金を差し出し、64歩の楔を入れて満足としておくぐらいか。

67銀も気は進まないが66歩~67金を防いでやむなし。難しい戦いだ。

 

 

 63銀引 35歩 同歩 24歩 同歩 65歩

 同桂 33角成 同桂 68銀 22飛 38飛…(§4)

 

 44角 79金 25歩 66角 同角 同金

 43金 65金 同歩 55桂 44金打 35飛

 55金 同歩 34歩 36飛…(§4A)

…79金を省いても 66同角 同金 43金の後、結局79金が必要になる。

(この変化が難解なので、63銀引には79金と引いてから仕掛けたい)

一手渡しても、後手には25歩より価値の高い手待ちはなさそうだ。

 

 44角 79金 25歩 66角 43金 44角

 同金 66角 24飛 44角 同飛 35飛

 24角 38飛 35歩 23金…(§4B)

24飛のところ34金には 35飛 同金 33角成 12飛 55桂で問題なさげ。

 

 

 85桂 59角 65歩 37角 46歩 同歩

 66歩 同銀 65歩 57銀 97桂成 同桂

 96歩 92歩 同香 93歩 同香 85桂

 97歩成 93桂成 88と 同金…(§5A)

71王・83歩型に限っては、85桂の逆襲狙いで端攻めを強く迎え撃てる。
 

 

 79金…(ß)

78金型は69角を打たれる変化と打たれない変化をそれぞれ読み切りさえすればよいので非常に楽(?)

だが、以前の私は79金と一手掛けてでも引いてから仕掛けたかった。

これをやると種の多様性に押し潰される羽目になるが…勉強にはなる。

 

 

 85桂 59角 65歩 37角 66歩 同銀

 46歩 同歩 65歩 77銀引 同桂成 同金…(ß1)

恐ろしいことに、この条件だと即85桂の仕掛けが今度は相当に手強い。

 

 73銀打 75歩 同歩 24歩 同歩 45桂 77角成 同銀 …(ß1A)

73銀打が本手で後手が厚いようでも、今この一瞬だけは仕掛けが利く。

 

 

~~~~~~~~~~~~

【各戦型の現状】 2017/8/13

1.振り飛車対策 それから

 

伝統的向い飛車:著変なし。地下鉄飛車に移行し難いため、銀冠穴熊への対抗策が見当たらない。

 

伝統的三間飛車:32銀~43銀~32飛の順で組むのが重要で、先手に58金右か56歩を強要したい。

(今の私は後手番43銀型居飛車に左美濃早繰り銀で対抗する人なので68玉~58金右と指したい)

かなシス/久保シス/トマホークの組み合わせをノーマル穴熊で打ち破れるかは正直わからない。
 

伝統的四間飛車:流行りの銀冠/銀冠穴熊は見た目以上にリスキー故、当ブログでは扱わない。

普通の居飛車穴熊が普通に最強だと今でも思っている…相変わらず32銀95歩系統は際どいけど。

あと、遠からず先後共に藤井システムが復活すると思われる。(世の中怖い人もいたものである)

せめて後手番藤井システムは表に出てくる前に何とか封印したかったが、私の力では厳しそうだ。

 

伝統的中飛車:著変なし。この辺の記事を書いていた頃は私も弱いなりによく頑張っていたと思う。

 

 

2.角交換型の謎 それから


ゴキブリ原始中飛車:実は超急戦を回避されると58金右が損な手になっている可能性も割とある。

あと超急戦そのものも、後手側の最善の対抗策がようやく明らかになってきつつあるところである。

超早も実戦的に勝ちやすいかというと怪しいところがあり、相変わらず手強い戦法と認識している。

 

角交換四間飛車:当ブログ推奨の25歩・58金型は後手にも対抗策が色々出てきており、疲れた。

世間一般では26歩・銀冠型が主流のようで、本当に打開できるのか謎ではあるが気楽に指せる。

 

後手早石田系統:過激派の方には56歩型決戦がおすすめ。そうでない方は、無難に渡辺新手で。

 

ダイレクト向い飛車:自然に指せば先手が指せるのではないだろうか。なお自然とは何かが不明。

 

New!  菅井流うっかり三間飛車:58金右を強要できてない+54歩が早過ぎる。これから潰すところ。


3.後手番の苦悩 それから

 

先手伝統的向い飛車:優秀かも。

先手伝統的三間飛車:優秀。

先手伝統的四間飛車:超優秀(藤井システムが)。実戦的にはelmo囲いからの急戦もあり。

先手伝統的中飛車:流石にこれは何とか。

先手ゴキ:私自身はあまり検討できていない。34歩保留型の左美濃/早繰り銀に期待している。

先手角交換振り飛車:矢倉+63銀型をメインに千日手狙いだが、入口が広過ぎて体系化が困難。
 

急戦矢倉:後述の理由で二手目34歩を指し難い時代。アンチ矢倉党にとって難題は五手目77銀だ。

単騎の桂跳ねや早繰り銀で攻め切るのは容易でなく、かといって組み合うのも先後の差が大きい。

先手矢倉対中飛車53銀型』に示した矢倉中飛車/角転換の組み合わせが有力と思っているが…

書いている本人が重病将棋で手の組み合わせを忘れている始末であり、使いこなすのは難しめ。

 

 

4.相居飛車研究  それから

 

手損角換:相早繰り銀が案外はっきりせず、戦法としてはぎりぎりのラインで生き残っていると思う。


横歩取り:青野流は掘り下げ甲斐のある戦法で、後手が52王で対抗するには相応の準備を要する。

(具体的には77桂型のstrategy新手を破り、77角型の決戦策を詰み周辺まで調べておく程度には)
一方の勇気流はお互い指定局面を作り難いが、基本塚田スペシャルの成功形なので先手が楽だ。

(というか兵力の多い側が飛車の機動性でも勝っている時点で兵学的に後手どうなのか…)

葉桜の季節に棋理を想う』で書いた横歩取らず58玉の決戦は、(後手が最善を尽くせば)互角。

 

嘘矢倉系:左銀を動かさずに待ち、矢倉系統には47銀型で居角急戦と三手角を両天秤にかけたい。

左美濃/雁木系統には早繰り銀で飛車先の薄みを衝くのが良い。(『嘘矢倉対46歩型』追記参照)

最序盤でぎりぎりまで正調角換わりのフリをして68銀か88銀を強要しないと後手に苦労が多いかも。

 

角換わり:後手の作戦の幅が広くなりすぎて今の私では手に余る。

62金81飛型に対しては、とりあえず銀交換して63銀と打つ手を含みに攻めを組み立てるよりなさげ。

飛車先切らせ早繰り銀みたいな変化も出てきたせいで相掛かり的な思考も要求され、疲れている。

 

相掛かり:飛車先交換の価値がよくわからなくなった今の時代。機械達は横歩を取りに行きたがる。

横歩を取れれば勇気流や青野流の類型に合流するので、そこから逆算して研究したかったが頓挫。

 

 

~~~~~~~~~~~~

【かなシス久保シス玉頭銀】 '17/04頃

26歩 34歩 76歩 44歩 25歩 33角
48銀 32銀 68玉 43銀 78玉 32飛
77角 62王 88玉 54銀 98香 65銀
26飛 94歩 99玉 93桂 86歩 84歩
88銀 85歩…(Th)

75歩 51王 55角 82銀 78金 54歩
77角 74歩 56歩 76銀…(Th1)
78金 72銀 59金 42飛 69金 32金
59銀 41飛 68銀 52金 79銀右 86歩
同角 81飛 87金 83銀 78金 45歩…(Th2)


飛車を振る前の32銀~43銀には、嘘矢倉に引き角を用意する意味で56歩(~68玉)と応じるのが自然といえる。
ただ五筋不突の構えなら玉頭銀が26飛の一手で受かり簡明に穴熊に組めるため、
当ブログの過去記事『42角型/51角型石田流』でだけ68玉~78玉を採用した。

…しかしこの57歩型穴熊にもアマチュア発の強力な穴熊対策がある。
飛車の振り戻しを含みとした端桂からの速攻、通称「トマホーク」だ。
本家たるタップダイス先生の書籍が精密極まりないため詳細は省くが、
私なら95歩を決めずに指したい。94歩型でも97桂成の威力は落ちない。

98香に代えて78金は54銀で大差なく、58金右も手としての価値がない。
正直、今は57歩型で単純に穴熊に入るのは相当危ないと認識している。
(2017/03/23棋王戦 藤井聡-大橋戦でも先手が56歩と突いて避けていた)


26歩 34歩 76歩 44歩 25歩 33角
48銀 32銀 56歩 43銀 68玉 32飛
78玉 62王 57銀 72銀 77角 71王
88玉 52金左 78金 54銀 66銀 82王
98香 35歩 16歩 51角 26飛…(Kk)

36歩 同歩 45銀 99玉 36銀 48金
45銀 37歩…(Kk1)
94歩 99玉 36歩 同歩 45銀 35歩
同飛 68角 36飛 同飛 同銀 31飛…(Kk2)
34飛 99玉 64歩 59金 33桂 88銀
63銀 55銀 43金 86角 45歩 69金
84歩 46歩…(Kk3)


(16歩に代えて)
99玉 51角 26飛 15角 16飛 14歩
55銀 65銀…(Kx)
55銀 65銀 44銀 22角 24歩 42飛
53銀成 77角成…(Ky)

かくて56歩が必要となり、将来54銀に66銀と受けるために57銀も指す。
(後からでも良いが、55歩は常には成立しないし66歩は生理的に無理…)
54銀に55歩は 65銀 26飛 82王 98香 22飛で何となく冴えない。
このケースに限らず、55歩を決めると後々大抵形の決めすぎになる。

この形では玉頭銀をちらつかせる石田流組み換えの一亜型が有力で、
「かなけんシステム(かなシス)」と呼ばれている。これもアマ発だ。
本譜の78金を省いて即98香だと向い飛車に振り直されて超困るため、
結局熊るのが一手遅れる羽目になる。(これが地味にいらっとくる)

ちなみに、78金になおも22飛は 66銀 24歩 同歩 同飛 同飛 同角 22飛 88飛 68角 29飛成 59金 64桂 77銀 56桂 24角 59龍 21飛成 (23歩 同龍 19龍 65角)で問題ない。
82王と98香の交換が入っても、今度は46角が強力なので大丈夫。

78金にはすぐ54銀と出る。(35歩を先にすると46銀や 98香 54銀 99玉 65銀 75歩の変化が面倒)
66銀ならそこで一手囲う。(55銀には常に65銀とすれ違うのが形だが、71王型だと相当際どい)

先手はダイヤモンド美濃だけ妨害しつつ投げ遣りな感じで穴熊を固める。
54銀型での45桂は 68角 37桂成 同桂 36歩 24歩の対応で大抵何とかなる。
そんなこんなしているうちに45歩を突いてもらって46歩から動いていく。


26歩 34歩 76歩 44歩 25歩 33角
48銀 32銀 56歩 43銀 68玉 32飛
78玉 72銀 77角 94歩 88玉 74歩
78金…(Qv)


73桂 98香 54銀 66歩 64歩 99玉
65歩 57銀 62飛…(Qvx)
73桂 98香 54銀 55歩 65銀 26飛
52飛 57銀 45歩 66銀 76銀 68角…(Qv1)
62王 57銀 73桂 66歩 64歩 98香
71王 99玉 62飛 58金 52金左 36歩
95歩 67金右 54銀 38飛 65歩 88角…(Qv2)


久保システムは、本来の藤井システムと比べて居飛車からの急戦に強い代わりに攻め筋が限定されている。
先手としては66歩と突いて62飛と廻られる展開は避けたいところで、居玉の間は54銀に55歩で対抗する。
(玉を囲われた後だと52飛から小倉流の反発を喰らって先手が辛い)

後手が居玉を避ければ57銀と上がり、73桂には66歩、54銀には66銀で受ける。
(Qv2)の右四間もよく見る形だが、左銀を動かさず88角の先受けを用意するのが場合の好守で大抵何とかなる。


~~~~~~~~~~~~

【後手角交換振り飛車総論】 '17/03

1. 角交換保留美濃 vs 25歩56歩型銀冠志向
2017/03/25 糸谷-久保 竜王ランキング戦

76歩 34歩 68玉 42飛 78玉 62王
48銀 72王 26歩 82王 25歩 72銀
56歩 88角成 同銀 22飛 77角 33角
96歩 94歩 86歩 42銀 87銀 84歩?

・22飛は77角と33角の交換を利かされて損のような… 22銀~33銀~22飛と指したい処。
・84歩は疑問手と思いたい。52金左は88玉と見合い。すぐの 77角成 同桂 33銀には… 36歩 44銀 58金右だろうか。
・24同飛ぶつけの筋は48銀49金型なら大丈夫。

88玉 83銀 78金 72金 57銀 77角成
同桂 33銀 66銀 44銀 55銀…()

・66銀の時点で居飛車の作戦勝ちが確定。56歩が最高に働いており無駄手がない。
・44銀のところ74歩は75歩~57角以下圧殺、逆棒銀も75銀~85歩の筋があり受け不要。
・55銀に 同銀 同歩の場合、74歩なら45銀、33桂なら66角~75銀か。
本譜は55銀に45銀だったが 66銀 56銀 58飛 27角 48金 45角成 36角で良さげ。


~~~~~~~~~~~~


【横歩取り佐々木巌流68玉】 '17/03

※前回の記事『葉桜の季節に棋理を想う』

26歩 34歩 76歩 84歩 25歩 85歩
78金 32金 24歩 同歩 同飛 86歩
同歩 同飛 34飛 33角 68玉…(図1)


将棋ブロガー勢の魔の手?から今のところ逃げおおせているっぽいこの戦型。
(とりあえず「愚を編む」の記事は判りやすくて良かった)

個人的に、36飛と引く手は好きではない。
相掛かりでは受けに不向きとされる26飛型をわざわざ二手掛けて目指すのが空しい。
得した一歩は、できれば攻めに使いたい。

飛車をゴミのように見捨てることが可能な横歩取りにおいて34飛は本来好形であり、
相掛かりでも38銀・58玉…と姿を整えてから横歩を取り直しにいく展開はよくある。
34飛型のまま右辺を整え、機をみて35飛~25飛と戻す青野流/佐々木流の方が美しい。

角頭のケアの仕方などに物凄く神経を使うとはいえ、
今のところ佐々木流68玉を根幹から揺るがしそうな変化はまだ見つけられていない。


88角成 同銀 27角 38銀 45角成 24飛…(図2)

23歩 25飛 34馬 77角 88飛成 同角
25馬 11角成 33桂 85飛…()
12馬 75角 76飛 53角成 62銀 35馬
86飛 36歩 42銀 46馬 53銀右 55馬…(岡崎-瀬川)
22歩 75角 76飛 53角成 56歩 同歩
同飛 25飛 34馬 26馬 同飛 同飛…()


二歩千金さんのブログで逸早く紹介されていた形。

パッと見で一番気になるこの馬作りだが、
先手も馬を作り返せるので微妙なところ。


85飛 36歩 86歩 33角成 同金 35飛
同飛 同歩 27角 48金 54角成 34歩
32金 84飛 87歩成 同金 82歩 77角…()
85飛 36歩 25飛 28歩 85飛 38銀
86歩 33角成 同桂 77桂 82飛 84歩
72銀 88銀 42銀 37桂 44角 24飛
23歩 44飛 同歩 66角 43銀 35歩…()


85飛型で86歩と打つ手にはまず角を逃げ、
33同金には35飛、33同桂には77桂だろう。
85飛型に当て返される味が悪く、少なくともプロの好む形ではない。


85飛 36歩 25飛 28歩 85飛 38銀
82飛 37桂…(図3)

42王 84歩 88角成 同銀 33歩 24飛
23歩 25飛 84飛 77桂 62銀 56角…()
42王 84歩 22銀 45桂 88角成 同銀
33桂 同桂成 同銀 35飛 72銀 77桂…()
44歩 46歩 86歩 84歩 87歩成 同金
84飛 86歩 22角 45歩 33桂 44飛
同飛 同歩 62王 46飛 42銀 35歩…(勇気-中座)


25飛で28歩と打たせるのも手損が大きく、
飛車捨て攻撃が炸裂する、もとい炸裂しなくてはならない。

そう思っていたのだが脆くも行方-木村戦で全否定されていた…無念。
仕方ないので42王にはぼんやり84歩と撒き菱を撒いて戦うのだろう。

ちなみにこの形を指しこなすコツだが、二歩をしないことに尽きる。


82飛 36歩 22銀 35飛…(図4)

42王 38銀 27歩 同銀 88角成 同銀
28角 83歩 同飛 45桂 34歩 同飛
33歩 84歩 82飛 35飛 19角成 77桂…(行方-佐天 感想)
42王 38銀 27歩 同銀 88角成 同銀
28角 83歩 同飛 45桂 34歩 同飛
33桂 35飛 19角成 23歩 同金 33桂成…(同上)
42王 38銀 27歩 同銀 88角成 同銀
28角 83歩 52飛 15角 41王 18香
72金 77桂 83金 24歩 19角成 26角…(同上)
86歩 85歩 42王 38銀 62銀 37桂
64歩 24歩 同角 32飛成 同王 23歩
33銀 45桂…(勇気-太地)
41王 38銀 51金 37桂 62銀 87歩…(勇気-佐天)


82飛・22銀が後手の本線。この場合も先手は同様に右辺を整える。
先手相掛かりを普段指していないと今一つ実感が湧かないところだが、
38銀・37桂型を作り横歩を取って25飛型に戻れば大抵作戦成功である。

…なので35飛と引いておく手は価値が高い。
(34歩には喜びのうちに25飛と廻れるし、86歩には心安らかに85歩と打てる)
37桂からも羽生-深浦の順位戦など良い将棋はあるが、35飛には安定感がある。

27歩~28角は実際やられると厭な筋だが、83歩~45桂が成立する。
(馬を引く受けも桂の透過性が亢進しているため77桂~65桂で無効)
次に53桂成~32飛成と84歩を狙い、56角も含みに攻めが続きそうだ。

無事に組み合えば、先手玉が堅いため何と24歩からの単純攻撃が生じる。
この仕掛けを封じるために後手はかなり不自然な手を強いられそうで、
まだ最序盤ながら既に先手が作戦勝ちに近付いている可能性は高い。


76飛 84飛 82歩 33角成…(図5)

同桂 24飛 22銀 21角…()
同桂 24飛 23歩 28飛 62王 48銀…()
同桂 24飛 35角 21飛成 26飛 同龍
同角 24歩…()
76飛 84飛 82歩 33角成 同金 28歩
52王 77桂…()


76飛も普通にある手だが、わざわざ王手飛車の筋に入りにいく舐めくさった84飛が通る。
(95角には77歩があり生角が残るため無効)
82歩と打つのは悔しいが仕方ないところ。

…気分は良いが、実際の形勢はほぼ互角だ。
33同桂は2筋も歩で受ける羽目になり微妙。
33同金が本手で、はざきり(#7)と似た展開。

結局高確率で58玉と手を戻すことになる。


41王 36歩 42銀 38銀 22歩 37桂…(図6)

88角成 同銀 28角 23歩 33銀 35飛…()
62銀 35飛 82飛 87歩 88角成 同銀
28角 32飛成 同王 29金 37角成 同銀
27飛 28金 24飛成 77銀…()
62銀 35飛 82飛 87歩 51金 25飛…()
72銀 45桂 88角成 同銀 82飛 24飛
33桂 同桂成 同銀 25飛 34銀 29飛…()


玉を動かす手については実戦例が乏しく現段階では何とも言い難いが、
「41王を見て36飛と定跡形に戻す」常套手段はちょっとつまらない。
先手は結局いつもどおり38銀~37桂と組み、後手も23歩と備える。
例によって歩得を維持したまま25飛と戻れれば先手満足といえる。

28角のウチコミは上記の対応で何とかなるようだ。(結構難しい…)
24飛成のところ25飛成なら、16角~27金~26金と押し上げて良し。


~~~~~~~~~~~~

 

悪がどんなに大きかろうと、やはり夜は静かで美しい。

神の統べるこの世界にもやはり、この夜と同じように

静かで美しい真理が、今も、これからも、あるだろう。

地上の生きとし生けるものは、月光が夜と融け合うように

真理と融け合うのをひたすら待ち望んでいるに違いない。

А.П.Чехов 谷間 5

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

※前回の記事『KK4の今日この頃』

※※本記事は 将棋 Advent Calendar 12/24枠


将棋の初形は角を除けば完璧な配置なので、
最序盤はお互いの角の処分処置から始まる。
その時生じた僅かな歪みを咎めにいくのが、
先手居飛車の義務であり醍醐味ともいえる。

相手が一般に奇襲とされる戦法でも同様で、
むしろ定跡形以上に礼を尽くす必要がある。
今回は後手が角交換向い飛車を志向した際、
どのようにその歪みを衝くべきかを考える。

(制作にあたり、ukamuse氏に協力を仰いだ)


なお 26歩 34歩 25歩のオープニングは有効。
角頭歩や通常の後手筋違い角を封じており、
33角成を遅らせれば阪田流の牽制にもなる。





26歩 34歩 76歩 24歩 25歩 同歩
同飛 88角成 同銀 33桂…(k)

21飛成 22飛 11龍 29飛成 46香 62王
43香成 65桂…(k1)
24飛 22飛 同龍 同銀 28飛 25歩
65角 32金 83角成 74角…(k2)
23飛成 22飛 33龍 29飛成 55桂 32銀
63桂不成 62王 71桂成 同王…(k3)
23飛成 22飛 24歩 32金 22龍 同銀
23角 31金 34角成 45角 同馬 同桂…(k4)

28飛 22飛 23角 32銀 同角成 同金
22飛成 同金 31飛 62王 11飛成 23飛…(k5)
28飛 22飛 23歩 21飛 65角 32金
83角成 27歩 48飛 23飛…(k6)
28飛 22飛 24歩 32銀 23角 27歩
同飛 45角 28飛 67角成…(k7)



角頭歩戦法(稀に角豆腐とも表記される)は、
24歩型の角交換向い飛車を見せ敵を焦らせ?
飛車先を換えてきたところを叩くのが狙い。
…もっと評価されて然るべき戦法だと思う。

かつて66歩が対策の決定版とされたものの、
44角から銀冠や向い飛車に組まれて難しい。
先手は78金や68玉と一手溜めるのが本手で、
後手も42飛や54歩で65角問題に備えておく。

45角や45桂がことごとく先手で刺さるため、
すぐに25歩と動くのも実際少々無理っぽい。
ただし…(k4)は限りなく互角に近い戦いだ。


※96歩と94歩を入れてから飛車交換すれば、
95歩~92歩~91飛の筋が生じ事情が変わる。
これを利用し95歩と位を取る作戦もあるが、
右辺で速攻を喰らう虞もあり微妙なところ。





26歩 34歩 76歩 24歩 78金…(K)

54歩 25歩 同歩 同飛 88角成 同銀
33桂 23飛成 22飛 33龍 29飛成 53桂…(K1)
54歩 25歩 同歩 同飛 88角成 同銀
22飛 23角 24歩 同飛 35角 41角成
同王 22飛成 同銀 28飛 44角 24歩…(K2)
54歩 25歩 同歩 同飛 88角成 同銀
22飛 23角 14角 同角成 同歩 23角
24歩 同飛 13角 28飛 57角成 24歩
26歩 同飛 35馬 28飛 52金左 48銀…(K3)

42飛 25歩 同歩 同飛 88角成 同銀
33桂 28飛 22飛 24歩 32銀 23角
25角 同飛 同桂 34角成 62王 45角…(K4)
42飛 25歩 同歩 同飛 88角成 同銀
22飛 23角 32銀 24歩 23銀 同歩成
14角 22と 25角 38銀打 14角打 68金…(K5)
42飛 25歩 同歩 同飛 88角成 同銀
22飛 23角 32金 34角成 25飛 同馬
27角 26馬 54角成 24飛 22飛 54飛…(K6)
42飛 25歩 同歩 同飛 88角成 同銀
22飛 23角 14角 同角成 同歩 23角
32金 34角成 25飛 同馬 27角 46歩
54角成 47馬 27飛 28飛 同飛成 同銀…(K7)



後手の人を戦法ごと焼き尽くすつもりなら、
部分的に最強の手である78金から考えたい。
銀に紐をつけて33角の攻防手を防ぐことで、
後に23角という必殺の攻め筋を繰り出せる。

手損しない54歩と隙のない42飛の優劣は謎。
いずれにせよ飛車先交換に33桂は成立せず、
22飛に23角から馬作りを巡る戦いが始まる。
(23角以降の33桂は飛角を切って21飛で潰れ)

(K3)は41角成と34角成を防ぐ必然の流れで、
難解だが先手の角は生還するか花と散れる。
(K5)の32銀型では24歩も34角成もある一方、
32金型だと次に33金があり角を逃がす一択。

(K6)はとにかく後手の馬を消すのが急所だ。
(54角成のところ45角成なら、85飛がある)
(K7)は15角を消して54飛に26飛を見た順。
歩得ながら馬を作り合う力戦で相当難しい。





26歩 34歩 76歩 24歩 68玉…(L)

42飛 25歩 同歩 同飛 88角成 同銀
22飛 23歩 42飛 48銀 62王 78玉
72王 36歩…(La1)
54歩 25歩 同歩 同飛 88角成 同銀
22飛 23歩 52飛 77角 33角 48銀…(La2)
54歩 25歩 同歩 同飛 88角成 同銀
22飛 23歩 52飛 77角 55歩 同飛
同飛 同角 27飛 11角成 23飛成 22歩
同銀 21馬 31金 53桂…(La3)

42飛 78玉 88角成 同玉 22銀 78銀…(Lb1)
54歩 78玉 88角成 同玉 22飛 77角
33角 66歩…(Lb2)
54歩 78玉 88角成 同玉 33桂 23角
45角 78玉 42金 46歩 22銀 45歩
23銀 31角…(Lb3)



68玉は22飛ブツケに23歩でしか反撥できず、
(23角は24歩~33角が先手で入るため微妙)
姿は実に良いものの漠然とした展開になる。

飛車先を換えた後に23歩と打ち直す流れは、
普通の角交換四間より手得だが形勢は不明。
22角は同銀~24歩~33角があって成立せず、
結局左右の桂を捌いて空中戦にする他ない。

78玉で88同玉と取れることに満足するのも、
居飛車党過激派らしくはないが自然な対応。
24歩型を相手し慣れているならアリだろう。


※実は 26歩 34歩 76歩 42飛 68玉 24歩なら、
KK4模様から68玉を見て角頭歩にできる。
(先手がわざわざ避ける順とも思えないが…)
もしこれを厭うなら25歩を早く決めるべき。





26歩 34歩 76歩 33角 同角成 同桂
25歩 22飛 65角 45桂 48銀 55角
98香 99角成 78銀…(O)

42飛 83角成 98馬 56馬 84香 45馬
87香成 同銀 同馬 84歩 88歩 83歩成
89歩成 39銀 82銀 75桂 54銀 56馬…(O1)
42飛 83角成 98馬 56馬 44歩 46歩
54香 66馬 57桂成 同銀 同香成 同馬
88歩 77桂 89歩成 84香 88と 81香成…(O2)
42飛 83角成 98馬 56馬 44歩 46歩
57桂成 同銀 88歩 77桂 89歩成 54歩…(O3)

42銀 83角成 98馬 56馬 57桂成 同銀
88歩 77桂 89歩成 66馬 32金 65桂
88馬 77銀 87馬 54歩 同歩 22馬…(O4)
42金 83角成 98馬 56馬 57桂成 同銀
88歩 79金 89歩成 同金 97馬 92歩
44桂 66馬 92香 46歩…(O5)
98馬 43角成 84香 53馬 87香成 同銀
同馬 63馬 62飛 45馬 65飛 43桂
42王 31桂成…(O6)



鬼殺し向い飛車戦法(窪田流四手目33角)は、
手損をせずスマートな向い飛車に組む狙い。
無論、こんなずるい戦法は潰すより他ない。
…当ブログは基本的に常時このノリである。

島ノートで無理とされた65角を堂々と打ち、
98香で馬筋を逸らして敵の桂を取りに行く。
銀杏交換の後は66歩に代えて84歩が本線で、
歩を成り合った後じっと銀を引く味が良い。

42銀や42金なら82飛の逆襲が消えて一安心。
57桂成~88歩には77桂と79金を使い分ける。
(44歩と66馬の交換はこの場合先手の得か)
単に98馬~84香なら53馬~63馬で問題ない。


※99角成のところ35歩なら83角成が自然だ。
以下 99角成 78銀 36歩 同歩 55馬 26飛 19馬 56馬 57桂成 同銀 54香 66馬 57香成 同馬は先手が厚いし、他に35歩型を活かす順もない。





26歩 34歩 76歩 33角 同角成 同桂
25歩 22飛 65角 45桂 48銀 55角
98香 99角成 78銀 98馬 43角成 88馬
46歩…(O')

42飛 34馬 37桂成 同桂 32香 56馬
36歩 45桂 37歩成 29飛 48と 同金…(O7)
42飛 34馬 37桂成 同桂 47歩 同銀
32香 35歩 34香 同歩 62王 68玉…(O8)
52金左 34馬 37桂成 同銀 32香 56馬
37成香 同桂 36歩 27飛…(O9)



ぶっちゃけ角はどちらに成ろうが大差なく、
98馬~88馬を優先された方が個人的には厭。

対して34馬は55馬と引かれて困るので46歩…
しかしここで32香を絡めた小鬢攻めが怖い。
機械は例によって先手の味方をしてくるが、
人間的には後手の攻め筋も多彩で、難しい。

(O8)のように歩切れを咎める順も多数あり、
絶対大丈夫だよという信仰のもと私は戦う。


※ちなみに後手番での元祖鬼殺し(可章馬)は、
26歩 34歩 76歩 33桂 25歩 45桂 48銀 35歩 46歩 88角成 同銀 55角 77銀 46角 58金右 36歩に26飛があって普通に全然駄目である。





26歩 34歩 76歩 33角 同角成 同桂
25歩 42飛 68玉 62王 48銀 72王
58金右 22飛 77角 42銀 36歩 54歩
37銀 32金 46銀…(T')


44角 66歩…(T1)
21飛 35歩 同歩 同銀 53角 38飛
64角 46歩…(T2)
21飛 35歩 同歩 同銀 55角 同角
同歩 34歩 45桂 18角 54角 46銀…(T3)



…それでも残念ながらこの戦法は滅びない。
42飛(または32金)と深く反省されてみると、
先手にはこの手を更に咎めに行く術がない。
(44角に66角で受けやすくなった意味はある)

仕方がないので先手も68玉と通常形に戻り、
一手損で向い飛車に振り直す順を警戒する。
具体的には、22飛の瞬間の77角~早繰り銀。
58金右で中央に備えておくのが肝要である。

今は有名な構想なので詳しくは述べないが…
念願叶って44角と打たせて角道を閉じても、
自玉の厚みを勝ちに結びつけるまでは長い。


※居飛車党過激派的には(T')の時点でぬるく、
78玉~24歩~23角の筋で咎めにいくべき。
12角 同角成 同飛 23角 32銀が強敵ながら、
馬を作っての持久戦となり模様は良さげ。




26歩 34歩 76歩 33角 同角成 同桂
25歩 42飛 68玉 62王 48銀 72王
58金右 32金 78銀 44歩 56歩…(T")

45歩 57銀 44飛 36歩 64角 37角
同角成 同桂…(T4)
45歩 57銀 35歩 77角 22銀 79玉
82王 88玉 72銀 16歩…(T5)
41飛 57銀 42銀 79玉 43銀 66歩
62銀 77桂 64歩 67金右 74歩 46角…(T6)



立石流は組まれると面倒なので、断固拒否。
(45歩に57銀、44飛には36歩、35歩は77角)
自陣に角を手放すのは気に食わないものの、
35歩型は隙も大きいので悪い取引ではない。

後手は43金~34金の機会を窺うよりないが、
43金の瞬間に飛車先を換えれば大抵は通る。
…16歩も後の25歩に17桂を見せて大きな手。

43銀・32金型+下段飛車を崩すのは難しい。
ただ玉頭方面に費やせる手数は大差であり、
角打ちを含みに自然と盛り上がっていける。
一旦組み上がればどの筋の歩交換も歓迎だ。

中飛車相手でも24歩や桂頭攻めは二の次で、
58金右と上部に備えつつ高美濃完成を急ぐ。
(途中、45歩~42飛の筋も忘れずにケアする)
玉頭に位を張れば、あとは多分何とかなる。





26歩 34歩 76歩 32金 25歩 33角
同角成 同金 68玉 65角 48銀 76角
77玉 54角 78銀 22飛 56歩…(§)

44金 57銀 24歩 55歩 同金 24歩
27歩 58飛…(§1)
44歩 55歩 43角 36歩 42銀 57銀
62王 56銀 72王 46歩…(§2)
64歩 38金 42銀 57銀 24歩 同歩
同金 66銀 27歩 同金 35金 26歩…(§3)



筋違い角は大抵の角交換振り飛車で打てる。
ただ局面が煮詰まりかけてきた頃でないと、
自由奔放な駒組みで角を目標にされて困る。

筋違い角との相性が良い阪田流向い飛車も、
この法則から逃れることはできないらしい。
先手は角を追いつつ中央を制する味が良い。

44歩なら歩で角を追い、歩で角頭を攻める。
64歩なら金で飛頭を守り、銀で角頭を叩く…
実際の形勢は謎だが、気分良く戦えそうだ。





26歩 34歩 76歩 32金 25歩 33角
同角成 同金 68玉 22飛 48銀…(S)

24歩 同歩 同金 38金 25金 45角…(S1)
42銀 46歩 24歩 同歩 同金 47銀
25金 38金 26歩 36歩 35歩 23歩
同飛 37桂 36金 45角…(S2)
62王 46歩 55角 77桂 46角 47銀
64角 56銀 35歩 66歩 36歩 65歩…(S3)
62王 46歩 72王 47銀 65角 56銀
76角 78銀 44歩 77角 42銀 45歩
同歩 36歩…(S4)



阪田流向い飛車は相当手強い戦法だと思う。
(決定版が存在し得るかも正直よく判らない)
ただ後手から急戦を成立させるのも難しく、
常識的には38銀と備えるが48銀でも受かる。

以降はとにかく無心に47銀37桂型を目指し、
仕掛けられたら38金~37桂で金を追い返す。
(S2)の手順中、35歩に代えて54角なら45歩、
14角も 37金 35歩 同歩 同金 77角で大丈夫。

後手は筋違い角も筋違わない角も打てるが…
先手に腰掛け銀を繰り出して角を苛められ、
中原を逐われて十分な戦果は挙げられない。


※やねうら王の愛用する33金型の居飛車も、
もっと評価されて然るべき戦法だとは思う。
ただ、45桂早仕掛けへの対策が必須となる。





26歩 34歩 76歩 32金 25歩 33角
同角成 同金 68玉 22飛 48銀 62王
46歩 72王 47銀 42銀 36歩…(S')

44金 78銀 35歩 77角 33桂 35歩…(S5)
24歩 同歩 同金 37桂 25歩 38金
35歩 78玉 33桂 77角 21飛 68銀…(S6)
24歩 同歩 同金 37桂 25歩 38金
33桂 78玉 62銀 68銀 51金 96歩
94歩 77銀 64歩 68金 63銀 29飛…(S7)
82王 78銀 72銀 37桂 44歩 58金右
43銀 79玉 32金 88玉 33桂 77桂
21飛 56銀 54銀 66歩…(S8)



44金や 24歩 同歩 同金や32金を待ってから
金の配置を決めるのが私好みの呼吸である。
金が上ずると小鬢狙いの77角~45桂があり、
いつでも動けるはずなのに動きが取り難い。

かといって仕掛けなければ43銀・32金型の
「意識低い系振り飛車」に帰着してしまう。
先手に38金を強要できていれば話は別だが、
そうでなければ33金~32金でただの二手損。

意外とよく遭う(S7)の中国製美濃相手には、
地下鉄飛車でいかにも脆い玉頭や端を狙う。
美濃に組み合う(S8)も先手陣の方が手厚く、
作戦勝ちとまでは言い切れないが一安心だ。


※33角成を保留し 48銀 94歩 96歩と待てば、
後手が自然な阪田流に持ち込みにくくなる。
(ただし先手も25歩型角換わりの知識が必須)


~~~~~~~~~~~~

…学生時代からの宿題が、ひとつ片付いた。
こういった戦型は漠然として研究が難しい。
今回は割愛した33桂型や33金型の居飛車も、
今後きっとまた増えてくるので研究課題だ。

十分な品質を得ないまま上げてしまったが、
加筆修正を加えつつもう少し考えてみたい。
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。