インフルエンザ治療薬タミフルの服用後、自宅マンションから転落死した愛知県知立市の中学2年秦野皓平君=当時(14)=の母竜子さん(50)が27日、厚生労働省で記者会見し、独立行政法人・医薬品医療機器総合機構を相手取り、異常行動をタミフルの副作用と認めるよう求める訴えを、今秋をめどに起こすと発表した。
 竜子さんによると、皓平君は2005年2月、タミフル服用後にマンション9階の廊下から飛び降りて死亡した。同機構に遺族一時金の給付を求めたが、異常行動とタミフルの服用について因果関係を認めず、06年7月に不支給を決定。厚労省に審査も申し立てたが、棄却された。
 竜子さんは「厚労省が10代への使用を原則中止しながら、なぜ因果関係がないと判断したのか分からない。きちんとした説明が聞きたい」と主張。訴訟では不支給決定の取り消しを求める。 

【関連ニュース】
宮崎への種牛提供を検討=首相「できる限り支援」
訪日外国人、25.8%増=韓国6割、中国も4割伸びる-4月
随意契約、42%競争入札に=98独法が見直し
法定外福利厚生費は742億円=98独法が9年間で
不明女性、遺体で発見=利根川の水上バイク事故

医療少年院で暴行=法務教官を戒告処分―三重(時事通信)
奥深い花簪の世界…艶やか「舞妓はんカレンダー」(産経新聞)
遺伝性難聴の原因タンパク質を解明 京大病院の研究チーム(産経新聞)
船の居眠り事故防止へ「アラームなど設置義務化を」 運輸安全委が国交相に意見(産経新聞)
「帰国すると車なかった」放置車両横流し(読売新聞)
AD