文化審議会国語分科会は19日、漢字使用の目安となっている常用漢字表を見直す改定常用漢字表の答申案を決定した。196字を追加し5字を削除、現行より191字増の2136字になる。6月の文化審議会を経て文部科学相に答申、内閣が今冬に告示する予定。

【関連ニュース】
【追加された196字の一覧】
<追加された196字の一覧(PDF)>
火論:「国語」に第3の波が寄せる=専門編集委員・玉木研二
<特集>毎日漢字 読めますか?
<連載>校閲インサイド「読めば読むほど」

高橋洋一の民主党ウォッチ あてにならない民主の公約 「総人件費2割減」どこに消えた(J-CASTニュース)
<三菱UFJFG・米モルガン>業務提携拡大へ 両社長会見(毎日新聞)
暴走助長の高出力エンジン、車両不正改造2業者を逮捕 兵庫(産経新聞)
「生産者の無念、尋常でない」口蹄疫で東国原知事(読売新聞)
「半農生活」農園選びが大切 指導者・距離・広さ、ポイント(産経新聞)
AD