スカイマークの副操縦士が社内規定に違反し、操縦室内でデジカメで客室乗務員らと記念撮影していた問題で、国土交通省は11日、東京都大田区の同社本社を抜き打ちで立ち入り検査した。ほかにも法令違反がないかなどを調べる。
 同社は副操縦士によるデジカメ撮影のほか、西久保慎一社長と井手隆司会長が体調不良の客室乗務員の交代を求める機長の安全判断に介入。機長を交代させ、客室乗務員はそのまま運航させるなどの不適切な行為を行い、国交省から文書で厳重注意を受けている。 

【関連ニュース】
〔写真ニュース〕茨城空港が開港=定期便2路線
茨城空港が開港=定期便2路線、需要拡大が課題
社長「なぜ飛ばない」=機長の安全判断に介入
松本空港で気圧値発信ミス=旅客機着陸やり直し
11日開港へ式典=百里基地と共用

元家裁書記官に懲役15年求刑=判決文偽造、預金詐取-さいたま地裁(時事通信)
<日米密約>「非核三原則の法制化前進を」福島党首(毎日新聞)
動物窃盗 ペンギン盗んだ男 カピバラ、リスザルも 長崎(毎日新聞)
<大島幹事長>小林議員が辞職しないのは「民主の意図」(毎日新聞)
温暖化ガス削減「果たさねばならぬ」=鳩山首相(時事通信)
AD