【こぶたの絵本箱】ことばのチカラはこころのチカラ! ~東京青猫ワークス・小川こころ

「書く・読む・飲む(?)」をこよなく愛する物書き屋です。
魅力的な文章を書くコツや、大人に読んでほしい絵本のこと、小川こころ主宰の「文章講座」や「絵本講座」のとっておき話を綴っています。
でも、飲んじゃったときは、どんな文面になるか、よくわかりません。

王冠東京青猫ワークス・小川こころの講座&セミナーメモ


東京・東銀座のセミナールームにて、
各種セミナーを開催中。 単発講座なので、お気軽にご参加ください!

「はじめての文章教室 ~最初の一文ですべてが決まる!」

「読ませる、伝わる文章術 ~描写力を磨くヒントは五感にあり!」

「レビューの書き方を徹底マスター ①本、映画  ②グルメ」

「自由につくる、発信する。 『好き』を伝える小冊子「ZINE」入門」


※お問い合わせ、ご予約はコチラから!
「大人の創作教室 東京青猫ワークス」
https://coubic.com/aonekoworks




テーマ:

「2歳の誕生日をむかえる男の子にプレゼントするため、


おすすめの絵本を選んでほしい」







さまざまな執筆活動に携わる中で、


絵本研究家&童話作家としても仕事をしていることから、


このようなご依頼をいただく機会が多い。





大切な人への心を込めた贈り物。


そんなファンタスティックなシーンに関わることができるなんて、


光栄極まりない。






絵本は、心の中身をたっぷり養い、活性化するための、


大切なエネルギーとなるもの。





2歳児でも、5歳児でも、小学生でも、40代でも、


絵本をプレゼントする対象者について、


まずは、さまざまなリサーチが大切である。







今回のご依頼主は、


遠方に住んでいる2歳児のお孫さんの誕生日に、


絵本を贈りたいという女性。





さっそく対象者のリサーチをスタート。




・2歳になる男の子(K君)

・一人っ子

・パワフルで活動的

・動物が大好き

・読み聞かせは習慣にするほどでなく、ときどき。

・パパとママが絵本を通して子どもと触れ合えるようなもの、

会話が広がるようなものがほしい。




ふむふむ、わかりました!

おまかせください。





このご依頼でワタシが厳選した絵本たちの中から、

ここでは7冊をご紹介しましょう。



今回のテーマは、「驚き」と「発見」がたっぷり詰まった絵本。



しかーし、それだけじゃありませんよ、


小川こころ的セレクトの裏テーマは、


「子どもだけでなく、大人の心の中を刺激し、ぐるぐるかき回す絵本」


である。




さっそく紹介していきましょう。




『パパ、お月さまとって!』

パパ、お月さまとって!/偕成社
¥1,728 Amazon.co.jp




※おとなの心にぐっとくるポイント!

「そんなこと、できるわけない」って最初からあきらめていませんか?

可能性も制限も、それは自分が決めていること。


娘のために、パパがどうやってお月様をとりにいくのか?

不可能を可能にすることはできるのか。


あなたの予想を爽快に裏切ってくれる絵本だ。






『ぞうくんのさんぽ』

ぞうくんのさんぽ(こどものとも絵本)/福音館書店
¥972 Amazon.co.jp



※おとなの心にぐっとくるポイント!


ゆ~ったり、の~んびり、ぞうくんが親友たちとお散歩に。

しかし、テンポが変わって急展開に!

突然のサプライズ。ドキドキのハプニング。

あなたがぞうくんなら、どう切り抜けるか?






『おやすみゴリラくん』

おやすみゴリラくん/徳間書店
¥1,296 Amazon.co.jp



※おとなの心にぐっとくるポイント!

動物たちが寝静まった、夜の動物園。

動物園だから、動物たちはもちろんオリの中にいる。


でもね・・・ もしもオリから出ることができて、


彼らが自由になったなら・・・。 こんなユニークな展開がまっていようとは!


あなたは想像できるだろうか。






『ぼくのくれよん』

ぼくのくれよん (講談社の創作絵本)/講談社
¥1,512 Amazon.co.jp


※おとなの心にぐっとぐるポイント!

巨大なクレヨンを鼻で「にゅー」っとつかみ、


「びゅー びゅー」と絵を描いていくゾウさん。

この擬音語がなんともユニークでダイナミック。

ページいっぱいに塗られた「青」、一面に広がる「赤」を見て、

イメージを膨らませるのがなんとも楽しい。

読み終わったあと、あなたは何をクレヨンで書きたくなるだろうか。









『おおきなかぶ』

おおきなかぶ―ロシア民話(こどものとも絵本)/福音館書店
¥972 Amazon.co.jp


※おとなの心にぐっとくるポイント!


日本で1966年に発売された絵本。

小さい頃に読んだことのあるおとなも多いでしょう。

でもね、大人になってから読み返すと、新たな発見に心が震える。

絵を描いているのは、宮城県出身の彫刻家、佐藤忠良氏。

立体感と奥行きを感じさせる、臨場感たっぷりの絵に引き込まれる。


何度読み返しても、血沸き肉躍る絵本なのだ。










『しょうぼうじどうしゃ じぷた』


しょうぼうじどうしゃじぷた(こどものとも絵本)/福音館書店
¥972 Amazon.co.jp


※おとなの心にぐっとくるポイント!


小さな消防自動車「じぷた」は、いつもみんなに「ちびっこ」といわれ、


一人前に扱ってもらえない。


どんなに劣っていても、負け組でも、そこで腐るか、個性を活かすかは自分次第。


チャンスは見逃さずに掴み取ろう!









『アリのおでかけ』


アリのおでかけ (こどもMOEのえほん)(コドモエ[kodomoe]のえほん)/白泉社
¥905 Amazon.co.jp


※おとなの心にぐっとくるポイント!



アリさんたちがバスに乗っておでかけ。


おっと、緑色でガタガタしている道。


さあ、ここがどこがわかるでしょうか(たぶん、頭のカタイおとなにはわからない)



おとな目線に疲れてきたら、こんなアリ目線で世界を見てみよう。


きっと新たな世界が見えてきます。









王冠東京青猫ワークス・小川こころの講座&セミナーメモ


東京・東銀座のセミナールームにて、
各種セミナーを開催中。 単発講座なので、お気軽にご参加ください!

「はじめての文章教室 ~最初の一文ですべてが決まる!」

「読ませる、伝わる文章術 ~描写力を磨くヒントは五感にあり!」

「レビューの書き方を徹底マスター ①本、映画 ②グルメ」

「自由につくる、発信する。 『好き』を伝える小冊子「ZINE」入門」


※お問い合わせ、ご予約はコチラから!
「大人の創作教室 東京青猫ワークス」
https://coubic.com/aonekoworks

AD
いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。