http://blog.ameba.jp/ucs/entry/srventryinsertinput.do

もう馬鹿としか言いようがないですね。

なんの誰のための運動会なのか、

よく考えてみればいいのにね。

くわしいことはわからないけど、体育教師の見栄なんじゃないのか、と思わざるえを得ない。

AD

うーん、佐野氏問題・・・

テーマ:
もうみんな散々書いているけど、残念な結果になった佐野氏の東京五輪エンブレム問題。


オリジナリティが一番求められるものに、模倣を使ってしまった(もちろん本人は否定)わけで、これは「たまたま」という範疇を超えてしまっているのが事実だ。

もし、もしも、この模倣問題がこれだけだったとしたら、十分挽回の余地があったのかもしれないけど、毎日毎日「これに似ている」「これのパクリでは」というのが発見されて、それがまた見事に「似ている」のだ。

しかもエンブレム問題に関しては、コンペで選ばれた後、「これはあれに似ているから少し変えたら」という提案で2回変えたというのだから恐れ入る。

じゃあ、これって「まず佐野氏ありき」のコンペだったんじゃないのか?と疑われても仕方がないだろう。

噂によれば、コンペの審査員も佐野氏ゆかりの人物ばかりで、だからこそ審査員が全員「ノーコメント」の姿勢を崩さないのではないだろうか、と邪推もしたくなる。

それから、私が経緯を見ていてとても不思議なのは、
「我々デザイン界から見ればまったく別のものだが、一般人からすると同じものに見えるかもしれない」という傾向のコメントだ。

逆に言えば「プロにしかわからない違い」しかない、ということになる。そんなこと言われても我々一般人からすれば「似ている」としか思えない。

国立競技場白紙に続く、2度めの白紙撤回。なんだかもうオリンピックを応援したくなくなってきたのは私だけではないでしょう。




AD
安保法案(戦争法案やら平和法案やら、言ってるけど、この際統一してこう呼ぶ)論争が起こるのは、この国のためにすごく良いことだと思う。

真剣に自分たちの立場を考えるということだからだ。

ただ、これからの私達は、単純な安保以上のものを考えなくてはいけないタイミングに来ていると思う。

それは

「アメリカに守ってもらうためには、安保改正が必要だ」

という安部首相が言うように、この日本という国は、

アメリカがいて成り立っている

ということを改めて認識すべきなのだ、ということ。

だからこそ基地問題も起きるし、配備の問題も起きる。


こんなに主要都市近くに、アメリカ軍の基地がある国は他にないと思う(私の知る限りでは)。

ということは、戦後70年も経っているにもかかわらず、私達はアメリカに守られている、という表向きの理由で、これまでの安全を確保してきた。

もし、今後、アメリカが撤退したらどうなるのであろう?
「もう70年もやってきて、俺達もそろそろ日本を自由にしてやろう。どうぞこれからはご勝手に」と言って軍が引き上げたら、どうなろうのだろう?

それに対して、自衛隊だけで大丈夫なのか、アジアの脅威を守ることができるのか、とふと不安になる。

今のところ、アメリカ軍が駐屯しているから、アジアはなんとか平衡が守られている。もし、アメリカ軍がいなくなったら、中国や韓国、ロシアはもっと領土的に干渉してくるのは間違いない。

もちろん、軍事力行使は反対だ。

ただ、逆に真の意味で、「日本が独立した法治国家である」ということを対外的に示すためにも抜本的な意識の変革が必要になってくるはずである。
AD