特例社団法人日本精神科看護技術協会は9月11日、東京都港区の品川キャナルビル7階で、自殺予防対策セミナー「職場で進める自殺防止対策の基本的な考え方~職場でのメンタルヘルス・ケア~」を開催する。

 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所自殺予防総合対策センターの松本俊彦副センター長が、自殺の現状、こころの健康管理、企業が取り組むべきメンタルヘルス・ケアなどについて講演する予定。
 時間は午後1時から3時までで、参加希望者は事前に、返信のあて名とファクス番号、参加者氏名、プログラム発送先などを記入の上、ファクス03(5796)7034あてに申し込む。参加費は1人1000円で、参加申し込み後、同協会からプログラムなどと共に振込用紙が送付される。詳しいことは日本精神科看護技術協会03(5796)7033


【関連記事】
精神医療の在り方で議論―厚労省検討チーム
自殺・うつ病対策の5本柱まとまる―厚労省PT
生活保護受給者の向精神薬処方で緊急調査
精神科医療の将来ビジョンの検討に向け始動-日精協・山崎新会長
一般の精神疾患への「誤解は減ってない」が約4割-看護師意識調査

「地域と小規模多機能の連携の強化を」(医療介護CBニュース)
樽床氏、普天間「鳩山首相の考え受け止める」(産経新聞)
高選択的DPP-4阻害薬ネシーナの安全性に期待(医療介護CBニュース)
空港需要予測など批判も…運輸政策研究機構とは?(産経新聞)
給付型奨学金導入の是非は 国民負担も増えて…(産経新聞)
AD