みんなの党の渡辺喜美代表は26日の記者会見で、民主党の小林千代美衆院議員=北海道5区=陣営の選挙違反事件で小林氏に連座制が適用され、再選挙となった場合、独自候補を擁立する方針を明らかにした。

 渡辺氏は「有罪判決が出て失格するのはほぼ確実な状況の中で、補選回避のために議席に固執するのは言語道断だ。補選が行われると小沢一郎幹事長の責任問題に火がつきかねないとの観点から議員辞職をさせない作戦なんだと思う」と民主党を批判した。

 みんなの党はまた、夏の参院選茨城選挙区に会社役員の大川成典氏(45)を擁立することを発表した。

【関連記事】
無節操?公明のラブコールに民主ニタニタ 社民は“キーッ”
公明党が鳩山政権ににじり寄り 首相も秋波 露骨な自民離れ
国家公務員法改正案決定、土壇場まで迷走 「偽装改革」の声も
公明と政策協議 みんなの党・渡辺代表
「人を見る目なかったと反省」 元秘書逮捕で山内議員がコメント

男が飛びげり、60万円奪う=会社役員、頭などにけが-東京(時事通信)
「介護に疲れた」母の首絞める 都立病院職員の長男逮捕(産経新聞)
平野長官、シュワブ陸上案「ゼロベースで検討」(産経新聞)
<枝野担当相>独法「国移管あり得る」(毎日新聞)
<iPS細胞>遺伝子やウイルス使わずに作成 米大が成功(毎日新聞)
AD