お久しぶりです。

the thiefベース斉藤正典です。いや、ここでは(仮)ベースと言っておくべきか?(笑)

 

3年数ヶ月ぶりにthe thiefのブログを更新しています。年内最初で最後の更新です。

 

今年の4月からthe thiefはGt.櫻井一樹と僕との和解により活動再開を果たしたわけですが、あっという間に2016年は過ぎ去りました。

3年ぶりくらいにスタジオに入ってメンバーの顔を見て音を出した時、とにかく楽しかった記憶がまだとても新しい。

5月にスタッフさんの優しさが最強のライブハウス「八王子パパビート」からライブを再開し、7月には「あ☆かいぶ」という最高にハートが温かいバンドさんの企画、9月に「横浜ベイシス下山さん」という最高にキュートな女の子の企画、12月にthe thiefゆかりの地「町田市鶴川ポプリホール」でのライブと4本のライブをしてきました。

 

正直、これは最前線に立つバンドからしたら少ないライブ本数かもしれませんが、一度バンド活動を身勝手に止めて身勝手に再開した僕達にこれだけ出演の機会をもらえたことを僕は本当に嬉しく思ってます。

心からのありがとうを伝えたい気持ちでいっぱいです。

 

さて、唐突ですが話をthe thief活動休止直前の自主企画の2013年4月2日まで戻させて下さい。

ここからは正直言い訳めいたことを書きます。まじでカッコ悪いと思いますが、それでも読んでくれるなら幸いです。

 

2013年4月2日、自主企画の当日、僕の携帯に一通のメールが届きました。

それは母からのもの。

 

 

 

 

「ばぁちゃんが亡くなった」

 

 

 

 

こういうことは芸事を目指す以上ずっと覚悟していたつもりでした。

でもまじで辛かった。大好きな祖母の死に目に会えなかった・・・。

 

うちの実家での祖母の存在というものは本当に計り知れないもので、僕もとてつもないおばぁちゃん子。実家に帰る度「ちゃんと生活できてるのか?」「こっちに帰ってくる気はないのか?」といつも心配をしてくれていて、地元に戻ってまともに生活してほしいという気持ちとは裏腹に、東京に戻る際にはそっと1万円札を手に握らせてくれるようなとてつもなく優しい人でした。

自分の幸せはいつも二の次で家族や友人を気にかける優しさを持ち、前向きで、大抵のことは笑って乗り越えてしまう強さも兼ね備えた地元では有名な最強おばぁちゃんでした。家族にとっても大きな心の支え。

実家に帰れば、いつもテレビを見ながら高笑いしてテレビにツッコミをいれていた祖母がもういなくなってしまった・・・

 

信じられませんでした。

 

今すぐにでも地元に帰りたかった。

 

でもその日は自分たちの大事な自主企画イベントライブの日。

 

「帰るわけにはいかない、まだ全然少ない人数かもしれないけどthe thiefを待ってる人が居てくれるから」

 

その気持ちを持って、祖母が亡くなったという事実は誰にも伝えずに、僕は当日本番前最後のスタジオに入り、ライブハウスでのリハーサル、そして本番を向かえていました。

イベントが始まり力を貸してくれたバンド仲間の演奏を見て、僕らのイベントの趣旨を受けとめてくれているライブハウスの仕事ぶりを見て、そして、あの日会場に集まってくれた人達の笑顔を見て、僕は心の奥底からこみ上げるものがとても抑えきれずにいました。

 

「なんて愛されているんだろう」

 

そう感じて、もう今日はかっこ悪くても、演奏めちゃくちゃになっても言葉で何か伝えたいという思いになっていました。たぶんどんな言葉よりも素直に自分の気持ちを伝える言葉、それが

 

「愛してます」

 

これでした。

 

今思い返してもあの言葉に嘘なんてなかったと思います。

祖母を亡くして、内心放心状態だった僕をステージに立たせてくれて最高の笑顔をくれて、最高の一日をくれて、そんなの愛せずにはいられません。

 

ただ一つこのときに間違ってしまったことがあるとすれば、それはバンドメンバーに祖母が亡くなったことを伝えなかったこと。

本当にこれは間違えた。

 

バンドメンバーに言ってしまったらなんかおれダメになりそうとか、変な気持ちが邪魔をしてしまったのです。

ちゃんと伝えてメンバーの前で泣いて、それでもステージに立って最高の一日を届けられるように一緒に演奏してくれって素直に言えていたらたぶん活動休止もなかったのかもしれません。

 

この日を堺にして少し僕はメンバーとthe thiefに対しての価値観の相違を感じるようになっていきました。これは全部の自分のせいですけど。

 

辞めたくない、でもやっててもしょうがないかも、どうすればいいんだろう、メンバーに対する疑念、見通しの立たないスケジュール、すべてが悪循環に見えてしまう、、、

 

これは思い返せば僕の心がとてつもなく弱っていたせい。

 

 

そして、出した答えが脱退。

 

まじ馬鹿だと今は思う。

 

 

もっとメンバーに気持ちを上手く伝えられれば良かったってだけのことなのに。

 

活動再開をするきっかけになった2016年4月2日。

Gt.櫻井一樹とサシ飲みをしなんかいっぱい話した。

 

おれはやっぱりthe thiefが大好きで、メンバーが大好きで、その気持ちに素直になろうと思いました。

もちろん、一度活動を止めた報いを受ける覚悟は承知の上。

バンドにとって活動停止や脱退ていうのは応援してくれた人を裏切る行為。

当然呆れて離れてしまった人の方が多いに決まってます。

 

それでも蓋を開けてみれば活動再開最初のライブに「待ってたよ」って言ってくれた人が居た。10人くらいthe thiefを見に来てくれた人も居た。

その日はいつもよりいっぱいありがとうを言ってた気がする。

 

素直に還ってきて良かったと思いました。

 

 

おばぁちゃんの死をきっかけに地元に帰り、バンドを脱退し、本当に3年近くthe thiefから離れ生活した結果、色んな視点から物事を考えられるようになった。

弱くてどうしようもない人間だから見つけられたものが沢山ありました。

 

the thiefは一生続きていきたい。売れても売れなくても良い。でも妥協しない音楽制作をしていく活動したい。納得のいくthe thiefの形を今度は時間がかかっても見つけます。

 

そして最後に、本当に身勝手に脱退や活動再開をしたりしたことを少なからず応援してくれていた皆さんには謝りたいと思います。

 

すいませんでした。

 

そして呆れて離れてしまった過去にthe thiefを応援してくれていた人たち、今もまた応援してくれる人たちすべてを僕はずっと愛しています。

 

支離滅裂で長くなりましたが、また来年お会いしましょう。良いお年を!

AD
どうも、the thiefのキノコこと齋藤正典です。
お久しぶりでございます。

うだうだ前置きを言ってもなんなので、早速本題。
先日Twitterでもお伝えした通り、私は10月でthe thiefを脱退します。一部Twitterの発表に修正を入れますが10月12日のライブで脱退と発表しましたが、10月末にもう一本入っているライブ「りんぐすりんく」というイベントまでは弾きます。日程は10月29日。

辞めるに至った経緯なんですが、はっきり言っちゃうと

「メンバーに対するストレスと不信感」

これが我慢の限界に至ってしまったということに尽きます。

the thiefが走りだした当初、「絶対にこのバンドで売れよう!これが人生最後のバンドだ!」という意識をメンバー全員が持ってスタートしたはずだったんですが、蓋が開いてみればメンバーはどこか他人事のようにthe thiefのことを見ているような状態。リハーサルスタジオのドタキャンを平気でしたり、これは継続してやろうって決めたことが3日坊主で終わってしまったり、バンド全体で取り組むべきことに対して我関せずの態度でいたり・・・・。
こんな情けないことがバンド運営上でかなりありました。

なんとかしようとしてたんですけどね。実際the thiefを一番好きで一番バンドを売りたかったのは私でしたし、webや動画、CD制作、the thiefの活動のすべてに関わってたのは私だけでしたし。私がなんとかしなければ的な気持ちもあったわけでして。

でも結局気がついたら私だけのやる気が空回りしてる状態に陥ってました。
メンバーはいつのまにかthe thiefに対して完全にドライになっていて「趣味バンド」という感覚になっていました。
そして、腹を割って話をすればするほど私はもうメンバーが信じられなくなり、どんどんメンバーとの心の距離が遠のいていきました。

そして至った結論が「このメンバーとは一緒にバンド出来ない」というもの。

もちろん、私だけがストレスを抱えてたわけじゃないのはわかってるつもりです。
荻は作曲で苦しんでただろうし、アレンジでは一樹は頑張ってたし、春さんが居なきゃ奇天烈イマジネーション-the Steeling Beauty-は生まれなかったし。

もしかしたらここで述べてることはただ単純に私の被害妄想なのかもしれません。

だけどもうメンバーに対して疑心暗鬼になってしまうし、このままだと私自身が崩壊しそうなので辞めるという選択をしました。
言葉足らずで伝わりにくい文章になってしまったかもしれませんが、以上が私がthe thiefを辞める理由です。

最後に、ここまでthe thiefを応援してくれた皆さんには心よりの謝罪とお礼を申し上げます。

「辞めない」なんて言ってすいませんでした。

今まで応援してくれて本当にありがとうございました。


2013.9.12 the thiefベーシスト 齋藤正典
AD

変化

テーマ:
こんばんわ。深夜に更新ですが、キノコヘッドです。

暑い日が続きますが、皆さん熱中症なんかになっていませんか?
水分と塩分をしっかり補給して、あとは気持ちで暑さに勝ちましょう。

というわけで、最近のシーフの近況報告でも今日はしますか。
先日、シーフの今後の活動を大きく左右するミーティングがありました。

まぁ、きっかけはワタシが作ったようなものなのですが。
今まではワタシにとっては本当にシーフが全て。
この4人で演奏することに美学や誇りを持ってたわけですが、、、活動に置いて去年からメンバーとの大きな意識のズレを感じていたり、最近になって一個人のアーティストとしての存在意義を考えたとき、このままじゃあまりにも自分で自分を殺す結果になってしまうと思い、メンバーと向き合ってきました。

シーフが解散することになる可能性も、ワタシが脱退することになる可能性も、どっちもあったんだけど、結果から言うとシーフは解散しないし、おれも脱退しないということには収まった。

ただシーフの活動は形を変えていくことになるでしょう。
それがメンバー4人にとってもシーフというバンドにとっても、シーファーにとっても良い方向に働くことを祈りながら、とりあえず必死でやるだけですね。

なんか今は曖昧にしか書けないんですが、これからのシーフがどう変わるのかちゃんとまた今度書きますね。

今はっきりしてるのは後ろ向きではないってことくらい。
あと、このブログも不定期更新に戻ります。なるべく週一回はワタシが更新するようにしようと思ってますが、、、。


さて、そんなこんなでとりあえず今月は3本ライブがあるのでそちらをガッチリ盛り上げたいと思います!

では、今日はこの辺で。









AD

7月のシーフのライブ

テーマ:
どうもどうも、こんばんわ!(´・ω・`)キノコです。

今日はいつもの無意味なブログでは無くまじめにライブ告知!

イベント名
「りんぐす∞りんく」
日時:7月23日(火)
オープン 18:00 ス タート 18:30
会場:荻窪 Rooster North Side
チケット:前売り2000円+1drink 当日2500円+1drink
出演:青柳風麻/葵ありす/森雅哉/前川まえこ/豊田雅美
企画・主催 EXtech Promotion

イベント名
「7月トヒキコモリ2」
日時:7月27日(土)
オープン16:45 ス タート17:00
会場:川越 DEPARTURE
チケット:一般1500円+1drink
高校生以下学生証提示で500円+1drink
出演:creamy creamy/A tri/zowie zowie zowie/Low tension HIKKI-./July
企画・主催 July

イベント名
「日焼け止め」
日時:7月31日(水)
オープン 18:00 スタート18:30
会場:渋谷HOME
チケット:前売り2500円+1drink 当日3000円+1drink
出演:ハヴケイスケ&戎谷俊太 (OA!?) /COCOA/ 戎谷翔 ... and more
企画・主催 戎谷翔 (和ボックス)


3本共素晴らしいイベントになると思いますので是非皆様遊びにいらしてくださいませm(__)m

話が変わって、先日仮免許取得の試験だったのですが、

「実技で落ちることはめったにない」

と言われていたことが最大の負けフラグになっていたようで、試験スタート直後発進の段階でエンストし、完璧な負け方を披露してしまいました。
前日学科試験用にめっちゃ勉強したのに、技能で落ちたから完全にその勉強も無意味に終わり、免許取得へのモチベーションダウンしまくっているところでございます。

元々自分が免許が欲しくて取りに行ってるわけでもないから教習所に通うのが苦痛で仕方ないという本音があったり(´・ω・`)

うーむ、いつになったら取れるかなー免許・・・・・まぁ適当に頑張ろう(´・ω・`)

では今日はこの辺で!

早いものであれから1年。

テーマ:
去年の7月3日、その日は大好きなバンド「BUMP OF CHICKEN」の全国ツアーin代々木第一体育館へ行く予定でした。

なぜならワタクシの誕生日だったからです。

誕生日にBUMP OF CHICKENのライブで「HAPPY」を聞けたら最高にハッピーじゃん。

と目論んでいたわけですが、見事にチケット落選・・・・その目論みは叶うことなく終わりました。

結局去年の誕生日は確か掃除して終わりました。


あれから1年・・・・



本当にこの人達はワタクシの誕生日を知ってるんじゃないか!?ってくらいワタクシの誕生日に合わせてなんかしてくるんですよ!!

このベストアルバム買おうかどうかまじ悩みます。

買ったところで、全部曲持ってるからな・・・・。

このCDを買う前に、7月3日も教習入ってるのでとりあえずそっち頑張ります。

仮免がもう少しで取れる。

というわけで7月のthe thiefのライブ・・・・

イベ ント名
「りんぐす∞りんく」
日時:7月23日(火)
オープン 18:00 ス タート 18:30
会場:荻窪 Rooster North Side
チケット:前売り2000円+1drink 当日2500円+1drink
出演:青柳風麻/葵ありす/森雅哉/前川まえこ/豊田雅美
企画・主催 EXtech Promotion


日時:7月27日(土)
会場:川越 DEPARTURE
企画・主催 July