こちらでは当店の表示価格[乗り出し価格]についてご説明します。
合わせて、当店の納車整備についてもご覧下さい。

「表示価格[乗り出し価格]について」






【当店の考える「納車整備」について】


皆様がよく耳にする「納車整備」という言葉があると思います。
諸費用制を採っていない当店にはございませんが、他店様等で良くお見積もりの内容に入っている「納車整備費用」というアレです。

では、「納車整備」とはいったいなんでしょうか?

「納車整備」とは呼んで時の如くといってはそれまでなのですが、購入された中古(新車)車両をお客様が乗り出すにあたり行う整備というのが「納車整備」です。

では、その内容は何か定められたものがあるのでしょうか?


答えはNOです。


「納車整備」というものに、法などで定められた定義などは存在しません。
「納車整備」はそのお店の価値観や基準に基づき、そのお店が各々独自に定めている整備です。
したがって、この「納車整備」。お店によってその基準も内容もバラバラなのが現状です。

とりあえず公道を走れるというレベルを「納車整備」とするお店もあれば、オイル交換しかしない店。
必要によってはエンジンをOHして納車する店。皆、それぞれです。

要するに非常にあいまいな基準なのです。


当店では創業時から一貫して、この不明瞭な「納車整備」というものに、ある一定の基準と価値観を持って行っております。

今回は、その「納車整備」に冠する当店の基準と価値観、その考え方をご説明させていただきたいと思います。




●当店の納車整備に関して



バイクというものは消耗品の塊であるという事は皆さんもご存知だと思 います。
誰もが一目瞭然で解る大きな所では、タイヤやブレーキパット。オイル、電球、チェーン、バッテリー等と結構あります。

では、例えばフロントフォークはどうでしょう?

勿論、消耗品です。
オイルが漏れれば、シールやブッシング等の消耗品の劣化です。

ブレーキかけるとフロントがカクンという。
これは、Fホイールのベアリングの劣化です。

エンジンの調子が悪い。
キャブのオーバーホールが必要と言われた。
それは、キャブ内部のゴム類を初めとする、細かいパーツの劣化や汚れです。

バッテリー新品なのに、直ぐバッテリーがあがってします。
充電系のレギュレーターやジェネレーター類の劣化です。

エンジンのヘッド部分からオイルが漏れてく る。
へッドガスケットの劣化です。

クラッチがすべる。
クラッチ板の劣化です。

まだまだきりが無いですが、あらゆるバイク(車も)における不具合。
これは全て部品が消耗した事により起きる不具合なのです。

それらは不具合箇所を全て交換する事で、元の性能を取り戻すことが出来ます。
バイクは消耗品の塊なのですが、駄目になった消耗品を交換さえしてあげれば、いくらでも走ることが出来るのです。

余談ですが、よく「このバイクもう駄目だよ」とバイク屋さんに言われたという話を聞きますが、あれは正しくありません。
正しくは「このバイクを直すには、かなりの修理代がかかるし、下手すると同じバイクがもう一台買える位になるかもしれないよ」です。
だから 、「修理するより買い換えたほうが早いよ」という意味でバイク屋さんは言うのです。そりゃ、何日かがかりで大変な整備をするより(しかも殆ど部品代です。)中古車を1台売ったほうがバイク屋さん的には利益があるし楽な訳ですから。



話を戻しましょう。


では、その消耗品の塊であるバイク。
そのバイクの「納車整備」。
これを当店はどの様な基準と価値観、考え方をもってやっているか。




まず、当店の「納車整備」は一般的に言う12/24ヶ月点検から始まります。
12/24ヶ月点検とは法令で定められた点検です。
いわいる車検時に行うような点検内容で、ブレーキ、ハンドル、チェーン、サス、クラッチ、プラグ、エアクリーナー・・・等多岐にわたります。
YAMAHAさんのサ イトが一番詳しく書いてあるので、一応参考までにリンクしておきます。


【YAMAHA・12ヶ月点検】
http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/owner-support/ check/periodical/0003.html

勿論、ただ点検するだけではございません。
必ず、清掃しながら点検していきます。
やはり、見えない部分とはいえ、そういった箇所に汚れがたまっていることで起きる不具合というものもございます。


例えば、スクーターなどは駆動系を開けてみた時に、カバー内部にごみやベルトのカスがたまっている事は良くあります。びっくりするのが、稀にベルトがほぼ新品なのにごみが溜まっていて汚いものもあります。
ベルト交換の作業をしたバイク屋さんが、掃除せずにそのまま組み付けたのでしょうけど、基本的にはありえない行為です 。でも、結構多いのも事実です。


その様に、点検しながら掃除もしていきます。
当然、プラグやエアクリーナーも見るわけですから、ネイキッドやスポーツタイプ等はタンクも外して点検です。


そして、その点検で見つけた消耗品の不良箇所を全て交換します。
オイルやブレーキフルードは、ほぼ無条件で交換します。
そしてエアクリーナーやプラグ。
チェーン、スプロケ、タイヤ、電球関係、シールやガスケット類、ベアリング・・・etc
基本的に駄目になったものは全て交換です。



ここでも当然、清掃は欠かせません。


例えば、ブレーキパットです。
パット交換時には必ずピストンの揉み出しという作業をします。
ただパットを交換しただけだと駄目です。
ブレーキのカスが溜まっていくことによって、いずれピストンが固着してしまったりします。
大体、固着したキャリパーはパットの手抜き交換によって発生しています。


その様に、清掃しつつ交換、修理作業です。


中にはキャブレターの分解清掃を必要とするものも少なくありません。
必要に応じて、キャブレーターも一つ一つ、全て分解し綺麗に清掃します。
そして同調を取ります。



一通り、消耗品の交換が終わったらいよいよ試乗です。
250cc以下の車両は自賠責を入れ替えナンバー登録をして公道走行の準備をします。
400cc以上は、仮ナンバーを仮りてまずは陸運局で予備検査。そして試乗を行います。
勿論、この試乗で何の問題も無ければOK。


ですが、試乗中に何か問題が生じたとします。
当然、ここまで手をかけてからの試乗ですから、動かないとか、止まったとかは滅多にありません。
試乗で中心的に見る内容は、どこの回転域でも スムーズに吹けあがるかとか、回転の落ち方はスムーズなのかとか、ミッションの入り具合、水温、渋滞時の様子、時速100kmでしばらく走った後の状態等。通常、想定される使用方法の中で違和感が無いかどうかのチェックです。

ここで問題が起きるとまたメンテナンス、調整です。
場合によってはもう一度キャブをばらしたりもします。

これを繰り返し、問題なく試乗テストに合格した車両を当店では「納車整備済み」として販売するわけです。


なので、簡単に言葉にすると、基本的には12/24ヶ月点検と使用限界の来た全ての消耗品の交換が当店の「納車整備」という事になります。






●納車整備の【費用】について



当店ではなぜそれだけ手間のかかる「納車整備」の費用を頂いてないのでしょうか?


いいえ、それは違います。

当店ではそもそもの車両価格に「納車整備費用」を込みにしているのです。
最初から、その費用もしっかり含まれた金額を提示させて頂いているから、別途で頂戴する事をしないだけです。


では、なぜ「納車整備費用」を込みにする必要が有るのでしょうか?
別途で請求するのが嫌だから。

それも有りますが、もっと違う理由が有ります。


その理由をお伝えする為にはまず、「納車整備」にかかるコストを考えてみましょう。
当店では、12/24ヶ月点検と使用限界の来た全ての消耗品の交換というものを「納車整備」と定義しています。
では、その費用が車両によってどれだけ違うのか。
具体的に比べてみましょう。


まず、12/24ヶ月点検についてです。
当店では基本の12か月点検を8000円からとしています。
当然車種によって変わってきます。
おおよそですがこんな感じです。

単気筒ネイキッド(SR、クラブマン等)・・・・8000円~
2気筒ネイキッド空冷(マグナ、ルネッサ等)・・8800円~
2気筒ネイキッド水冷(VTR、グラディウス等)・・9600円~
4気筒ネイキッド空冷(ゼファー、XJR等)・・・10400円~
4気筒ネイキッド水冷(CB、ZRX等)・・・・・・11200円~
4気筒フルカウル水冷(ZZR、CBR等)・・・・・12000円~
※税抜きです。

これは、あくまで点検費用です。
これに部品交換が入ってくる場合は工賃がかかってきます。



次に、その点検によって交換が必要になった消耗品の部品代を見てみましょう。
過去に、当店で手掛けた中古車両を例にとって見てみます。



【1990年式 ホンダCBR250RR 18000km】
プラグ・・・・・・・・750円×4
エアエレメント・・・・3340円
エンジンオイル・・・・1700円×2.2L
オイルフィルター・・・800円
ブレーキフルード・・・800円
前後スプロケ・・・・・F・2650円、R・3980円
チェーン(DID製)・・10720円
ガソリンコック・・・・10900円
前後ブレーキパット・・F・2900円×2、R・2900円
前後タイヤ・・・・・・F・11860円、R・16350円
クラッチケーブル・・・1840円
キャブレター分解清掃同調(カラー類、スプリングコンプレッションコイル新品)・・・1510円
Fフォークオーバーホール・・・6840円


当店のCBRは毎回のことですが。非常に多くのパーツを新品に交換します。
1990年式という旧車と言っても過言では無いバイクですので当然です。
特にこの時の物は、前後タイヤにチェーンなどの高い部品も沢山ありましたので結構な金額です。


【2012年式 ホンダVTR250FI 4000km】
プラグ・・・・・・・・・750円×2
エンジンオイル・・・・・1700円×2L
オイルフィルター・・・・800円
エアエレメント・・・・・3610円
ブレーキフルード・・・・800円


こちらの車両は高年式、低走行車両という事もあり、たいして部品の交換を必要としません。
更に、VTRは2気筒ですのでプラグも2本です。CBRは4本なのでコストも半分です。
必要なエンジンオイルの量も違います。当然排気量が小さくなれば少なくなるし、大型車などはもっと必要になります。



では、ここまでの納車整備費用はいくらになるか比較してみましょう。


【1990年式 ホンダCBR250RR 18000km】
点検費用・・・・・12000円(4気筒、水冷、フルカウル)
部品代・・・・・・87030円

計・・・・・・・・99030円


【2012年式 ホンダVTR250FI 4000km】
点検費用・・・・・9600円(2気筒、水冷、ネイキッド)
部品代・・・・・・10110円

計・・・・・・・・19710円



かなり違うのが解って頂けると思います。
実際はこれに工賃や消費税、試乗の際のガソリン代や清掃の際のケミカル代等の細かい経費等も入ってくる訳です。


この様に、車両によってかかる「納車整備」のコストとは車両1台1台まったく違います。
例え、同じ車種であっても変わってくるものです。

もし、これだけの金額の差が有るのに、一律で同じ納車整備費用を請求されていたとしたら・・・。僕には到底納得のできるものでは有りません。
これが当店が納車整備費用を車体価格に込みにしている理由でもあります。




これらの事から、当店が「納車整備」というものにどれだけのコストと時間をかけているのか がわかって頂けると思います。

「納車整備」とは非常にあいまいな言葉ですし、考え方も皆さんそれぞれです。
ですが、当店が考える「納車整備」とは、創業時から一貫してこの様な内容を指しております。
是非、皆様の中古車選びのご参考にしていただければ幸いです。





motorcycle factory【閃屋】
代表  村上 良之

AD

コメント(2)