毎月1回の真珠亭の例会(MTGで遊びたい人の集まり)に参加した。

遅れてきた私が13人目で不戦勝かと思いきや5分後にもう一人来て14人になる。
結局基本地形ベースにした「ボルバーデッキ」である。レシピは後日。

●レガシー大会

1戦目 白単アーマー ×○×

ただの白ウィニーかと思いきや、大変動を打たれる。
1ターン目のトロウケアの敷石をもっと警戒するべきだった。
2戦目は相手が土地事故で勝ち。

1枚しか入っていない「伝染病の留め金」が3戦とも大活躍したMVP。
1戦目は「サルタリーの修道士」を倒し、2戦目は「エイヴンの思考検閲者」を倒し、3戦目は増殖を行って「ミラディンの十字軍」を倒す。

無色の除去というのが強い。

そして「デイガボルバー」のマナ不要の再生が強い。7/7二段攻撃も怖くない。

「デイガボルバー」と「シータボルバー」が2体ずつ「剣を鋤に」や「議会の採決」で追放される。贅沢な死に方である。



2戦目 ×× 白黒緑札束

「石鍛冶の神秘家」「死儀礼のシャーマン」など1枚でボルバーデッキが3個くらい作れそうな札束デッキ。デッキ名は知らない。
「暗黒の深部」と「演劇の舞台」からマリット・レイジトークンが出てきて殴られた。

3戦目 人数が減ったため不戦勝

4戦目 ×× 白単トークン

相手が色々ブン回って早すぎて対応できず。
2/2飛行警戒が3体が止まらない。

結果は負けっぱなしだが、ボルバーデッキは使っていて楽しい。
キッキーコストの融通の利きっぷりが素敵。


●キングダムEDH 4人対戦

キングダムEDHの詳細は【こちら


1戦目 アローロ(王様)、大渦の放浪者、カーリア、新ラクドス(私)

カーリアが「モート」を出したせいでしばらく膠着状態。
私は「ラクドス」を出し、アローロが「フェアリーの大群」に「ロクソドンの戦槌」を付ける。
「大渦の放浪者」から「求道者、テゼレット」が出たあたりから雲行きがおかしくなる。
PWの「開放された者、カーン」や「師範の占い独楽」がある状態で「夢見るものインテット」まで出てきてさながら魔王戦のようになる。

自軍に速攻付与は強いなあ。
忠誠度10のカーンを倒すためだということで「カーリア」が着地。
そのカーンは私がラクドスで6点与えた後、憎悪縛りの剥ぎ取りのCIP4点で除去。
カーリアの「エメリアの盾、イオナ」が緑を指定するあたり完全に1対3の魔王戦だった。
勝ち負けは忘れた。
キングダムEDHだということもたまに忘れていたくらいだ。


2戦目 アローロ(王様)、プローシュ、ラフィーク、仇麻呂(私)

私は「暗殺者」で暗殺対象は「騎士A」。

ラフィークの「セルヴァラ」からマナを出しまくり、「龍王ドロモカ」が着地。
さらに「誘惑蒔き」でプローシュの「ソンバーワルドの賢者」をパクる。
アローロと仇麻呂は6マナで止まっている。
「仇麻呂」は場にあるが、下手に殴ってヘイトを高めることもないと傍観者になる。

終盤、アローロの「鋼の風のスフィンクス」とラフィークの「龍王ドロモカ」が殴りあってライフゲインしまくる。お互い60点オーバー。
ラフィークが「演劇の舞台」と「暗黒の深部」からマリットレイジトークンを出す。

ラフィークが「王様」であるアローロを殴っていることから、王様を倒せば勝ちになる「盗賊」だと判断。
私は「燃え上がる大地、地把離」の魂力をX=3で起動し、プローシュの「木彫りの女人像」を含め、「ソンバーワルドの賢者」、「誘惑蒔き」などを流す。「セルヴァラ」は2/4で生き残ってしまったが結果を見ればそれでよかった。
プローシュも土地が止まっていて手札が6枚。
マナも手札も豊富なラフィークが「過ぎ去った季節」や「永遠の証人」で「時間のねじれ」を再利用。
「迷える探求者、梓」「戦争門」なども出てきて、もはやソリティア。
「セルヴァラ」も3回起動して皆手札が10枚以上になる。

私のターン。
「生体融合外骨格」を唱えて」「仇麻呂」に装備。ブロッカーがいないプローシュに12点毒パンチ。
キングダムEDHのルール上、暗殺対象である騎士Aを倒した私の勝ち。
漁夫の利というか、メインで怪獣大決戦をやっているのに横からサクッと暗殺。


これは痛快だった。
思わず「暗殺」というカードのフレーバーテキストを思い出した。
最後の言葉で打ち消した時のように、フレーバーを読み上げたくなった。

「これが戦争の勝ち方だ――軍隊の兵士じゃなく、ここぞという場所のナイフ一本でいいのさ。」


混沌の赤単EDHのジェネラルは何でも良いと言ったな。あれは嘘だ。
仇麻呂を出した後に土地破壊をして高パワーを維持してジェネラルダメージを狙うということもできるのだ。基本は大技をぶっ放すだけのデッキだけどね。

6人でのEDHも色々あって楽しかったが、それはまた後で。


ただの日記・・・

朝8時半に起きて「まずい!遅刻した。残業分を使って遅出にしてもらうか。」などと考えてしまた今日。土曜日は休みだってば。
せっかく素敵な夢を見たってのに。

午前中は仕事関係の電話をしていたが、それは平日に書こう。
平日は嫌でも仕事の記事に偏るんだから、土日くらいは娯楽の記事がいい。
AD
バッティングセンターに初めて行った。

ゲームセンターのように機械にお金を入れて動かす。
結構人が居て110キロのコースしか空いてなかった。22球で300円。

LEDで人の形が表示されるのでボールが来るタイミングが分かりやすい。
分かりやすいはずなのだが、大根切り打法により全球空振りに終わる。
前のプレイヤーが女性だったのか、球が低すぎて打ちにくかったという言い訳をしておこう。
ボタンを長押しすれば高低の調整ができるらしいが、球がドンドン出てきてしまうので結局よくわからず低いままやることに。

待っている人も居たし「悔しいからもう1回やろう」ともならなかったのでそれで終了。
何よりわんこそば形式でドンドン出てくるのが嫌だ。
追い立てられるというか強制されるのが嫌だ。


モナカのアイスクリームが100円で売っていたのは高評価。安い。うまい。



先々週あたりが色々と忙しくてバッティングセンターにでも行きたいと思っていたが、ストレス解消にはならなかっただろうからちょうど良かった。なにがだ。


今日の歩数・・・13919歩 10996m

ゲームセンターも久しぶりに行った(だけでやっていない)が、最近は電子マネーでやれるんだね。
1プレイ95円で、500円分で6回できるらしい。
AD


とある焼肉店で見かけたメニュー。

石焼「ピ(PI)」ビンバと書いてある。

こんなに堂々と間違えるはずがないと思って調べたらどちらも正解らしい。

そもそも外国語を無理矢理カタカナに当てはめたのだから人によって聞こえ方が違うのもしょうがない。
鶏の鳴き声も月面の模様が何に見えるかも国によって違うのだし。

思わぬところから勉強になった。


ビビンバをウィキペディア先生で調べたが、サンリオのキャラクターがいたらしい。
キン肉マンの奥さんの名前は知ってたけども。

焼肉店ではビビンバよりクッパが好きだ。



ただの日記・・・

電話対応が多くて代休は休めない。
昼すぎからいい天気だったので布団を洗濯したが乾かなかった。
りんごにんじんジュースだけではなく、パイナップルと小松菜を混ぜて作って冷凍した。
アニメ「文豪ストレイドッグス」を全話一気に見た。ギャグが寒い。でも2期は楽しみ。

先日の「ボルバーデッキ」をいざ作ろうとして4枚ほどカードを持っていないことに気づく。
祭殿も重いし、スピリットトークンを出してしまうのでボルバーデッキには合わない。
代わりに対抗色の印鑑でも入れるか。

基本地形が入ってないから「ナイレアの試練」が要らないことにも気づいたが、むしろ「旅人のガラクタ」や「放浪者の小枝」を使って基本地形ベースのバージョンも作ってみるかな。
AD
私のMTGの楽しみ方のひとつにマイナー部族デッキの作成がある。
今回はボルバーデッキを紹介しよう。

ボルバーという種族のクリーチャーカードは5枚しかない。
アポカリプスのレアで各色に1枚ずつ存在する。



色によってサイズが違い2マナ1/1から4マナ3/3の基本サイズを持つ。
1マナと2マナのキッカーコストを持ち、その数分の+1/+1カウンターが乗る。両方払えば3つ乗る。

どちらのキッカーも敵対色のマナを必要とし、色によって以下の効果を永続的に得る。
白は「ダメージを与えるたび同じ点数ライフを得る」、青は飛行、黒は「3ライフ支払う:再生」、赤は先制攻撃、緑はトランプルを得る。

マイナー部族のなかではかなりの強さを誇るであろうデッキだ。

ではデッキ紹介をば。
枚数が書いていないものは1枚とする。

●生物20
デイガボルバー4
シータボルバー4
ネクラボルバー4
ラッカボルバー4
アナボルバー4

●呪文18
浄火の本殿
風見の本殿
夜陰の本殿
激憤の本殿
生網の本殿

ヘリオッドの試練
タッサの試練
エレボスの試練
パーフォロスの試練
ナイレアの試練

戮力協心 白 支援2 1ドロー
鼓舞する呼び声 緑 +1/+1カウンターが置いてある1体につき1枚引く 破壊不能
不気味な苦悩 黒 -1/-1カウンター置く 増殖
鱗の祝福 青 鼓舞1 +1/+1カウンターが置いてある生物にもう1個置く
電位の負荷 赤 3点火力 増殖

伝染病の留め金
アラーラのオベリスク
運命の扉

●土地22
タップイン3色ランド1枚ずつ10種類
ゆらめく岩屋2
未知の岸2
ミラディンの核4
崩壊する痕跡2
隕石のクレーター
反射池



ボルバーも他のスペルもシングルシンボルで5色バランス良く入れた。

最初は聖域(シータの聖域など)を5種類入れようとしたのだが、単体では何もしないし、ボルバーは単色なので本殿に変えた。

+1/+1カウンターと相性のいい試練エンチャント、鼓舞、支援、増殖などのスペルを入れる。
どうせ5色出るならと「アラーラのオベリスク」をお守りに入れてみた。
アラーラブロックの双頭巨人戦で大活躍した1枚だ。

贅沢枠&紙レア再利用枠として「反射池」と「隕石のクレーター」を採用。1枚だしいいだろう。

色のバランスが崩れるので緑の土地サーチは入れない。
インベイジョンの基本地形が好きなので未開地4変幻地4でいこうと思ったが、色の融通が利かないので、タップイン3色ランドを10種類採用。
どうせ1、2ターン目は動かないのでタップインでも構わないのだ。


色のバランスを優先して各色1枚ずつにしたため選ばれなかったカードは他にもある。

やはりシミックに相性の良いカードが多く、青では「着実な進歩」や「テゼレットの計略」は優秀な増殖持ちドローだし、支援2+アンタップの「一致団結」も悪くない。

1マナ軽い「沿岸の海賊行為」である「狩りの仕込み」は青緑のマルチなので断念した。

「硬化した鱗」は専用のデッキがあるので除外した。
このデッキはボルバーデッキだ。サポートするのはいいがボルバーより目立ってはいけない。


今週の真珠亭のレガシーはこれで出る。
反射池があるが5000円以下構築でもある。
さあ楽しみだ。

マイナー部族はまだまだ作る予定なので、それを作るのも楽しみだ。


今日の歩数・・・11796歩 9318m


160623追記・・・基本地形が入っていないからナイレアの試練が無意味だと気づく。
基本地形バージョンも検討してみるかな。
たとえ、あるお客さんが私に好意的な評価してくれていたとしても、私がそれを嫌いならそれでおしまい。
なるほど片思いというのはこういうことなのか。

こちらは相手が言うとおりに書類を提出しているのに「やっぱダメでした」と突っ返される、そんな会社がある。
それも一度や二度ではない。リアルに数えて5回以上はある。
結構重要なのが「ごめんね」程度の言葉すら聞いた覚えがないという点だ。
その書類関係の対応を途中から参加した私ですら、客と対応しているだけの私ですらもう嫌になった。
会社内での電話対応や書類作成などをして怒られることになる上司の苦労は如何ばかりか。


坊主憎けりゃ袈裟まで憎いと言うわけでもないが、どうも本社の対応も良くない。
たまたま対応したその人だけが良くなかったのかもしれないが、それならちょうどいい。
お互いに嫌い合っているのならさっさと離れてしまうのがいい。

仏教で言う怨憎会苦というやつだ。


そもそもこの案件は「何かや誰かが絡んでいる」そうで、受けたくなかったのだそうだ。
私は嫌いなものは嫌いなものとしてバッサリ切り捨てるので、そういったものに左右されない。
しかしそれを受けてしまった以上、致し方あるまい。
私は事務作業は嫌ではないし、誠実に対応もできるので途中から手伝うことにした。

事務作業を覚えることもできたし、文字通りいい勉強になった。
今回の件で思い知ったので、次からは付き合わないと自分の中で方向が決まった。決まってしまった。

向こうがこちらをどう思っていたとしても、こちらが向こうへ向ける感情は冷えきっている。
私はポーカーフェイスではないので、そういったものはちょこちょこ漏らす。
向こうがそれに気付いているかどうかは知らないが、そんなことはもはやどうでもいいことだ。

先の怨憎会苦の話とは逆に、お互いに好意的な感情を抱ける者・会社同士で付き合えればお互いに幸せだろう。
そういう相手を探しつつ、そうでないところとは縁を切る。

単純に単価のいい客にどんどん切り替えていけばいいというわけではない。

私が尊敬する先輩上司には「その勇気が欲しい」や「末恐ろしい」などと評価された。
ありがたい評価だね。


槇原敬之さんの「どんなときも」TERRA(MintJam)さんの「Rough Edge」は歌詞が素敵。
前者は何も言うことはないが、後者は鬼畜王ランスの主題歌(?)。
YouTubeへのリンクを貼っておいたので是非聞いて欲しい。
アリスボーカルコレクション2はいい曲ばかりだね。


今日の歩数・・・8832歩 6977m

昨日は22時に寝て9時間寝たが、バッチリ動けるというわけでもなかった。
5時頃自然に目が覚めたのだから起きれば良かったか。

そしてあの昼過ぎからの快晴は一体なんなのだ。
洗濯をするタイミングがもう分からない。