米国不動産投資LA/OCライフ 早期リタイア実現のお手伝い

早期リタイア・将来のために安定した資産運用・世界各国へリスク分散投資。。をしたい方。OC LA CA州に初めての家購入、買換えご希望の方。 6代続く不動産投資一家ロバーツ家から教わった米国不動産で成功する秘訣をお伝えします。


テーマ:

 

アメリカ不動産投資/オレンジカウンテイー不動産のロバーツ真紀子です。

 

この週末は 

 

ベビちゃんのいる、これから家族を育てていくファミリー

と 

子育てが一段落して、ダウンサイズするファミリー

 

ふた家族の新居探しのお手伝いをしていました。

 

(両家族とも、気に入った家が見つかりそうです音譜

 

 

 

毎回感じますが、特にLA/OC近郊の場合には

 

「とにかく、その時に買える家を買っておくこと」

 

が長い目で見て成功の秘訣。

 

 

もちろん、家の購入には ファイナンシャルの面以外にも

パーソナル且つ様々な要因がありますので、一概には言えませんが

少なくとも、経済面では それは間違いなさそうです。

 

 

アメリカで典型的なパターンとして

 

0.独身の時

 

1.結婚して

 

2.子供が生まれて

 

3.子供が増えたり大きくなったりで

 

4.子供が巣立って

 

と、状況の変化に応じて 家を買い替えていくファミリーも多いです。

 

 

もちろん、アメリカ人でも 中にはずっと同じ家に住み続ける人もいますが

そういう人達を入れた 平均の統計が 7~8年ごとの買い替えですビックリマーク

 

 

特に初めての購入の場合… 予算もあり「少し小さいかな」とか

「ここが足りない」(例えばガレージとか)

 

などと思って購入の機会を逃し、そのままアパートに住み続ければ

家賃も、物件価格も上がる一方です。

 

 

また、日本人は リスクを減らすために 

頭金を ある程度貯めてから購入すると決めている方も多いです。

 

 

しかしアメリカの場合、価格が右肩上がりなのと 

政府の政策で ローンをして購入すると 節税効果が大きい

(政府は持ち家のヘルプ=アメリカの成長と考える)

 

待てば待つほど ハードルが高くなるケースもよくあります。

 

 

将来起こり得る生活の変化を心配するケースもあります。

はい、もちろん、お気持ちわかります!

 

しかしこれも「右肩上がりの価格」が解決

実績として 購入後 数年で日本へ帰国することになったケースも

何組もいらっしゃいますが、私がお勧めしたエリアを購入された方は

皆さん しっかり利益を出して売却されました。

 

 

リタイアして収入が減り、ローンが借りられなくなった時にも

今まで保有していた家からのプロシードで 好きな家を購入できたら

老後も安泰ですよねグッド!

 

 

 

昨日は久しぶりに雨が降り、その後の夕景がキレイでしたおねがい

 

 

*ドル以外の資金の残高証明→海外送金で大変なことになった例

 

*セラーズファイナンスをしていて、買主が亡くなった場合。。。

 

についても 間もなく シェアできると思います。

 

 

 

 

旗 OCでご自宅の購入/売却/買い替えは こちらへ クリック お気軽にお問い合わせください。

 


旗 5/27 東京セミナーのお申込みは こちら  クリック から  注意間もなく満席です注意


*当日発表の特典(コラボ企画)あり

*セミナー後、銀座のワインバーで 懇親会もします

 

こちらの  クリック  ホームページに目を通してから来て頂けたら より理解が深まると思います。

 

 

 

 

 

 

アメリカ不動産投資米国不動産投資ロバーツ真紀子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります