米国不動産投資LA/OCライフ 早期リタイア実現のお手伝い

早期リタイア・将来のために安定した資産運用・世界各国へリスク分散投資。。をしたい方。OC LA CA州に初めての家購入、買換えご希望の方。 6代続く不動産投資一家ロバーツ家から教わった米国不動産で成功する秘訣をお伝えします。


テーマ:




 


この記事 
  ← の続きです。






では・・ レントだったら、このHOA相当分を


払わずに済むでしょうか?






その前に・・・昨今、日本では生涯賃貸の方が得?!


という見解もあるようです。


これは私も理解します。











日本は 住宅価格の上昇が 


南カリフォルニアと比べ かなり緩慢、


これには


・中古 というだけで即・価値が落ちる


・住宅のみならず、物価上昇率自体の差





といった要因があると思います。














たとえば、OCで現在売り出されている


新築住宅と中古住宅、


同じエリアで、同じ床面積だったら


価格もほぼ同じです。



ここに大きな差があります。









話をHOAに戻します。





レント物件やアパートの 管理費や維持費は


誰かが払ってくれていると思いますか?








大家さん? 


みんな大好きアーバインカンパニー?w




確かに、直接は 大家さん(アーバインカンパニー)が払っています。



しかし それは テナント(賃借人)が払った


家賃の中から支払われている のは



大家さんの立場になれば 想像に難くありません。



つまり、実質的には HOAは家賃に込み ということ。




それを払っても大家さんは 儲かっているのです。


どっちが得か、よーく 考えてみよう~」 ですよね・笑








また、アメリカで家を持つ 最大のベネフィットの一つは


ホームオーナーに対する税金の優遇です。


政府の住宅取得補助策として 持ち家の人に対して


所得税の優遇があります。









これについての詳細は 会計士が話すという規則がありますが


概要のご案内や、CPAのご紹介も可能ですので


ご興味のある方は お気軽にお問い合わせ下さい。










いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

アメリカ不動産投資米国不動産投資ロバーツ真紀子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります