• 16May
    • 木を見て森を見ず

      多治見の修道院。この日はなんだか多治見が気になって…とりあえず車を走らせ思いつくままハンドルを切ります。少しだけ先にある土岐のアウトレットモールにも行ってみた。久しぶりのウインドウショッピング。昨日は金運や財運に果てしない変革が起きるとされる新月。予定は全然していなかったけどかわいいお財布を見つけ購入。出合いは一期一会ですね。今まで私と共に一緒に居てくれたお財布とはここまでとなりました。思い起こせばいつから持っているのか?多分子供が生まれる前とか…10年はゆうに超えている。長く持つ事で生まれた皮の経年変化がいい感じで大好きだった。ありがとう。わたしにも豊かさの波が押し寄せると信じて。今日は昨日までのカラッとした空気から一変湿気を帯びた少し蒸しっとした空気。その日に気になる方角へ西へ東へ北へ南へ…でも緑の中を散策すると新鮮で少しヒヤッとした空気が心地良し。各務原スタンド蒸しパンとは珍しい。なかなか食べ応えがあって軽そうに見えてお腹いっぱいになります。素材の良さがまた満足感を満たしてくれます。小さなお子さんを連れたママ達や年配のご夫婦、ランニングする人。ワンチャン連れも。。。私も毎日子育てに奮闘してたなと…懐かしさと少しの寂しさにホロっときていました。数ヶ月前までの忙しかった私はこういう時間を求めていて自由で何の縛りもないフリーでのんびりした時間を持つ事を心から望んでいた。よくよく考えてみたら私の願いは叶っているって事よね。目の前の木ばかりに目を奪われてしまって視野が狭くなっていたけど外に出て全体を眺めてみたら森はそこに存在している。大事な事を見落としていた。こんなにゆったりした時間を与えてもらえた事に大感謝でした。ありがとうございます

      17
      2
      テーマ:
  • 12May
    • 大丈夫!

      ゴールデンウィーク前に図書館で借りて来たこの2冊。ちょうど今、私が知りたい内容だったり心の中にあった想いが全部ぜんぶこの一冊(家族>仕事で生きる)の中に表現されていました。ここのところ私の進む道はこの方向で本当に大丈夫なのだろうか?とか壁にぶつかり引き返した方がいいのか?違う道だったのか?なんてグルグルとしていたから…この本を読んでそれまで「もやっ」としていた心の中の霧が晴れて行きました。私が理想とする暮らし。我が家は母一人、子一人の2人家族ですが一番大切にしたいのはやっぱり「家族」。随分息子は大きくなりましたから今までとは関わり方や一緒の時間の過ごし方も小さな頃とは違って来ています。それでもやっぱり息子の成長していく姿やその瞬間にしか味わえないかけがえのない一瞬を胸に刻みたいと想うのでした。それが私にとって何よりも優先したい第一番目の優先事項であります。ココはブレていない。ナリワイをつくる 人生を盗まれない働き方Amazon仕事で生きる。" border="0" style="max-width:95px;vertical-align:middle;margin:0;" data-img="affiliate" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51eMPUAVihL._SL160_.jpg">家族>仕事で生きる。1,512円Amazon家族を中心とした生き方が多くの方の常識となったら…日本国が抱えている多くの問題の大概が自然に消滅して行くのではないかと個人的には思うのです。「ヒュッゲ」というデンマークの暮らしを大切にする居心地の良いライフスタイルにもすごく共感します。ココまでゆっくりと時間をかけて自分の気持ちと行動をなるべく一致するように歩んできてはいるのです。それにこの2冊の本を読んで自分が進んでいる道も迷いながらも間違っていないとどこか確信に近い答えを目の前に届けていただいたようで心強く有り難い気持ちになりました。自分の心に素直に正直に進んで来られた事に感謝の思いでいっぱいデス。本日もお付き合い頂きありがとうございました

      17
      テーマ:
  • 11May
    • 自分への愛を深める時間

      無職となりしばらく時間が経過しました。こうなって来ると日々様々な思いが頭をもたげ…不安や心配にさいなまれたり何もしていない。仕事をしていない。収入を得ていない。自分に罪悪感とか焦りとか一見マイナスに思える感情に支配されますます自分へのダメ出しが頭の中をグルグルと駆け巡るのでした。あぁまた来ましたね…と毎度お馴染みさんなやつが。どこか冷静沈着で俯瞰で見、客観的な自分も居つつこれとのご対面及び対談はなかなかスムーズに行かないのでした。解っているのです。自分の価値を認めて自分への愛を深めて行くのですよ…自分を許し、許可を出していいのですよ…私は働いていない自分も収入を得ていない自分も何もしないでいる自分も全然オッケーでそのままで大丈夫だと。必ず時が来れば目の前に望んだものがやって来る事だって知っているのですもの。今はこのテーマのステージを一段ステップアップする時でその狭間でせめぎ合い葛藤の中で毎日を楽しんだり混沌としたりしながら過ごしています。目先の混沌から逃れる為に現状を変える事は簡単です。求人は日々沢山あって時給や条件で働く事を決める事だって出来る。資格を生かしてまた元サヤに戻る事だって出来る。だけど私はその選択を今は拒み自分が「コレっ‼︎」って思える選択をしたいのです。宇宙は完璧で完全だという神様の計らいを信じて。全て無駄な事は無く偶然では無く必然で。ここまでの人生もそうであったのだからここからの人生もきっと…

      5
      テーマ:
  • 07May
    • 出会いと別れにまつわるアレコレ

      こんな経験ありませんか?すごく仲が良くて気が合って大好きな人とある時期を境に疎遠になってしまった事。私にはこれまで何度かそんな時が訪れて実は今もそうだったりしてます。それまではしっくり来ていたのに…時間の流れの中で徐々になんだかしっくり来なくなり一緒に居てもそれまでの楽しい時間ではなくどちらかということ一緒に過ごす事がちょっと苦痛にさえ感じでしまう。惰性で会っているから別れた後、とっても疲れて重たい感覚が残っていてエネルギーと時間をもっと自分にとって有意義な方向へ使えば良かったとちょっと後悔しちゃいました。そんな所から始まってだんだんお誘いを断る様になり相手も途中からは私が距離を置こうとしている事に気がついて疎遠になる。かつて若かりし頃はお誘いを断る事はいけない事だ!相手に対して申し訳ない。と完全に思い込んでおりました。なので仲良しだった人へ違和感を感じ始めた自分をぎゅうぎゅうと中の方へ押し込んで自分の本音をどこかへしまい込んでいたのです。そして心の事やスピリチュアルな事を学ぶ様になって今までの自分の仲良しの方への対応は実は大変にお相手の方に対しても良くない事をしていたんだと気がつきました。それもそうですよね。心底楽しく感じながら一緒の時間を過ごしたならば疲れるよりもむしろお互い良いエネルギーの交換が出来て元気になる。でも反対にあまり気が進まないのにしがらみとかそれまでの名残りとか相手への不要な遠慮変化への恐怖心と言った理由でズルズルと関係を上辺だけで続けていると自分からもこの様なマイナスなエネルギーをお相手の方に出しているのですから。自分も同罪でそして相手は鏡。これは友人関係だけに限らず家族もそうだし仕事もそうだといえるのではないでしょうか?自分の内側がそうやって外側の現実を創り出す。人は変化するのが常ですからずーっと同じ気持ちを保つ事や変化のない関係性というのはなかなか難しいわけでだから家族も仲間も仕事も色々色々…その時の自分に素直に関係性を築いて行ったらすっごくスッキリして爽快な気持ちになります。自分の内側がそうしてスッキリ爽快だとそんな自分にぴったり合った仲間との関係性が出来たり家族との交流が出来たり仕事にも変化が見られたり…だから誰のせいでも何かの影響とかでもなくて自分の内側から発生した外側の現実なわけですね。だとしたらやる事は自ずと目の前に答えが導き出されます。お互いにとってその選択は最良なのだから罪悪感を感じる必要はないのですね。リラックスして一旦離れる選択をしても大丈夫!自分にそう許しを出してみるのも勇気がいるチャレンジかもしれない。だけどやってみたら案外思ってたよりも簡単で軽く流れて行くものですよ。それにいっとき疎遠になったとしてもお互いそれぞれの学びが成熟した頃再び再会し昔よりレベルアップした関係性を築いていけるのです。こちらも又今経験している最中でしてリアルにそう実感しています。繋がるご縁は本当にありがたく刺激をもらえ人生の転換点にもなりうるのですから大事にじっくりと見極めて行こうと思いますいつもお付き合いくださりありがとうございます😊

      20
      テーマ:
  • 27Apr
    • ゆだねてみたら…

      この時期朝目が覚めると鳥のさえずりが聞こえ目には新緑の鮮やかな瑞々しい黄緑色が飛び込んで来てお天道様はキラキラでその下では洗濯物が風に揺られてゆらゆら気持ち良さそうなのですがどーも私はこの季節、得意ではないみたい。自律神経ですネ。この数年を振り返ってもこの時期は体も辛いが気持ちもキラキラした眩しさに追いつかない感じです。五月病ってやつかな…何もやる気になれないし何もしたくない。それでも今年は仕事もしていないしいままでと思えばそれ程忙しくもない。結構身体を休めてゆったり過ごしているせいか?まだマシな方かもしれません。でも、でも今回の生理痛はかなり辛くって左側の頭痛が一日中ありました。夜には治ったかと思えば今度は腹痛に移行して…だんだん良くなってどんどん軽くなって来たと安堵していた生理に関する不調がこんなに辛いなんてー‼︎と心の中では泣けて来ました(T_T)それでもここ一か月を振り返ってみたんです。女性の生理は一か月間の在り方、精神状態、食生活とか、生活習慣とか、冷えとか、、、過ごして来た状況の結果です。なので、どーだっただろうか?気持ちの変化感情の波気付きを得た事体への負担甦ってきた記憶よーくよーく思い返せば色々様々盛りだくさんでして特にお金や生活に関しての不安、心配元旦那さんに対する嫌悪感は結構どばぁーっと現れて来ていました。そんなに負担を掛けていないようでも知らず知らずの内に子宮が請け負ってくれていて、自分を痛めつける結果になってしまっていたのでした。もう、それは真摯に受け止めて前に進むにはちゃんと自分と向き合うしかありません。振り返ってみると…お金についてはやっぱりブロックが大きくて子供の頃貧乏だったしとにかくいつも「ない」感覚で。今は無職で減るのが怖い、出す事に抵抗がある。まざまざと見せられたこれらの「執着」がいっぱい出てきました。だから焦って「なんとかしなきゃ」っていうエゴがムクムクと私の中を占領して慌ててこの状況を変えようと求人誌とか職安とかで探してみたりしたのだけどどーもしっくり来ませんそもそも今回、仕事を辞めたのはそれまでの我慢してお金を稼ぐ為から卒業して天職に出合う為または自分の理想とする仕事や生活に少しでも近づく為に覚悟を決めてじっくり機が熟すまで待とうと思っていたはずなのですがそこかしこに設けられたトラップに危うく足元を取られる所でした。自分を責める気持ちや自己卑下などの強固にこびりついている私の引っ掛かるパターンの引き金。これまでもじっくり取り組んで一枚づつ剥がして来たもののなかなかここは終わりが見えない自分の中に取り込んでしまって根強くはびこっている自分を否定してしまう意識自分を大切に扱えない自分。だから仕事をしていない自分をあれやこれやと責め始めたり世間からの視線(母親からの視線)が怖かった。そんな時読みかけのまま放置してあったこの本に目が止まり一気に読み進めました。頭で焦ってアレコレ考えるより自分のハートチャクラの反応に意識を向けて自分が本当はどうしたいのか尋ねてみる。本当の自分の気持ちをまたもや置き去りにする所でした。危ない危ない。お金についても今までの概念を取っ払う良い機会。やっぱり自分を愛する、大切にする事がどんな事にもベースとなるのですね。じっくりとゆだねてその時まで待てば良いのですね。それが今回私の大きなミッションでこれをやり通す事が出来たならば今まで私の生きてきた枠組みの外側の世界まで行ける気がしています。どんな景色が広がっているのか見てみたいものです。今日もありがとうございました😊

      23
      テーマ:
  • 24Apr
    • ゆだねよう

      私って何が本当にやりたいんだろうってぐるぐるしてる時もあります。少し前のブログではフリーランスで文章を書く仕事!とか、書いてはみたものの私のハートチャクラの片隅ではちょっと違和感を感じていた気がする。確かに、自分のリズムに合わせて時間や場所を限定しないで自由に仕事ができるのは理想的ですよね。特に自由でいたい縛られたくない私には大事な要素なのですが…。私がその時に思い当たる事と言えばフリーライターだっただけの話し。それで本とか、文章で自分を表現したいなぁというのは以前からあってでもこうしてブログを書いたりする位でなかなかしっくりくるアイデアとかヒラメキは最近まで全然ありませんでした。色々考えたり考え過ぎて、考える事から解放されたくて瞑想したり映画観に行っりドライブしてみたりその内に…自分の内側から自然と出て来たのが自分史みたいにこれまでの自分の物語を綴って、いつか自分がこの世から去った後に子供とか孫とか友達とかにこんな想いで生きてきたって事を遺してみるのもいいなって…そういえば亡くなった父親は寡黙な人で本人からはどんな人生を歩んで来たかを聴かないままで私達家族は父親の想いも知らぬままお別れとなってしまい私、個人的にも後悔が残っています。父方の祖父母にしても母方の祖父母にしても本人達からどんな人生だったかどんな想いで生きてきたのかを聴いておきたかったと思うのです。そこからアイデアは広がり色々な方たちからその人の歩んで来られた人生のお話を丁寧にじっくり聴かせていただきそれを文章に起こして一冊の本にまとめてステキな装丁をほどこして家族や大切な人に遺して行けるようにしたら…そんな事を考えていてテレビを観ていたら「聞き書き」というボランティアをされている方のドキュメンタリーが放映されていてそうそう私が想像したのはこういう事‼︎嬉しくなったけどどんな風にこの私へのメッセージを受け止めたらいいのかなぁと今はまだ解釈しきれていません。同じ様に昨夜NHKで放映されたプロフェッショナル〜仕事の流儀〜一万円選書をされている北海道の本屋さんの密着取材でしたが私の中にも実は似たようなアイデアがあって以前セラピストをしていた時にクライアントさんのお話を伺ってその方の心に響く様な本を選んで手渡す。私自身も随分と本を読んで救われたり、心が軽くなったり押し付けではなくそっと寄り添ってくれる本の力がきっと誰かの助けになると考えていたので…。これも今このタイミングで見せられた、私が見る必要があったというのはどーゆーこと⁇ハッキリとした解釈はわかりませんがあなたの本当にやりたい事ってこういう事なんじゃなかったかしら?と、いう声が聞こえて来そうです。ここから先もただただ宇宙を信頼してゆだねてみたらきっと何かヒントを出してもらえそう。

      18
      2
      テーマ:
  • 08Apr
    • 感謝の想いでハレの日を

      先日小学校を卒業したばかり、、と思いきや明日は中学の入学式で未だ気持ちがどこか追いついていないのです。ここまで…子供が幼き日々から振り返るとやっぱり、結局あっと言う間だったのだけどそんなにスムーズにここまで来た訳では勿論なくて息子が生まれてからの毎日は心の中が嵐の様にぐわんぐわんと揺さぶられたり体の奥深く、細胞一つ一つからじんわり沸き上がって来る様な愛おしさが私を包んでくれたり面白い程山あり谷あり。これでもかー‼︎という程自分というものを映し出されて否が応でも自分と向き合って制限を壊し気づき許して受け入れて言ってしまえばただただシンプルだけどこれがなかなか、、、繰り返し、繰り返し自我を捨てて乗り越えて愛という何かに少し近づけた感覚。随分価値観も変化して来た事でしょう。二人っきりの家族で来たけど周りには友達や親戚や先生や地域の人や関わった全ての方達が成長に一役かって下さいました。もう感謝しかありません!そして大切なのはとにかく何よりも経験する事。良い経験も苦い経験も全てが必要な経験で一回りもふた回りも大きくしてくれた。それをじっと見守る勇気と子供への信頼を親は育てて行きたい所ですね。やっぱり子供は純粋でクリアな魂で親を救ってくれる存在であると実感出来るのです。だって私自身、育ってきた過程で培った暗い時間を見事に光へと転換させてくれたから。そんな息子には最大級のありがとうを…

      26
      2
      テーマ:
  • 31Mar
    • 春の風が吹き込んで…

      久しぶりに風邪をひいて春の毒出しにヤッター!と内心思ったりでも、身体はしんどくて今日はじっくりと静養に努めようと思っているところです。この二週間ほどは家の中の片付けを一旦中断して息子の卒業式に出席したり南知多まで日帰り旅行に行ったりそれとIKEAにも行って来たり懐かしの友人とどっぷり話し込んだり二月に退職した職場の送別会に呼ばれたりとにかく盛りだくさんな春桜が満開で花々も色とりどりに咲き誇っていてカラフルですね。新しいスタートの季節だと、ひしひしと感じています。今息子は留守にしておりその間にひとり旅に出ようと密かに計画していたのですが、身体からのストップがかかったのでは仕方ありませんね今日は満月。桜とお月様のコラボレーションはまた特別美しい夜になりそう。ここからはますます自己回帰を進めてシンプルに自分の感覚を頼りに望んだ場所へと歩んで行こうと思います。大きな大きな自転車も準備が整って息子は中学生になるのですね。いつも私のブログにお付き合いくださってありがとうございます😊

      19
      テーマ:
  • 16Mar
    • 会社を辞めてもいいですか?

      会社をやめてもいいですか?1,404円Amazon今の私の心情にしっくりとハマったので思わず手に取り、即購入に至りました。毎日自分のペースで自由に過ごせる今の暮らし。思う存分読書の時間が持てるのも幸せの極みです。図書館へ行っては雑誌や小説や暮らしのエッセイ料理の本ホリスティックな観点の本自己啓発の本スピリチュアル系の本引き寄せ系の本。その時に読みたい本を直感的に選んでは借りて来たりまた、ちょこちょこ本屋さんにも顔を出してコレっ!て言う本を探したりしています。特に好きなのはお風呂の蓋を台にして湯船に浸かりながらの読書。薄っすら額や胸の間が汗ばむのを感じつつ時間を忘れて没頭出来る。お布団に入って本を読み始めるとすぐに眠気に襲われて気が付くと本を開き、手に持ったままよだれを垂らして眠りについているのでじっくり読みたい時には私の場合あまり向いていません。カフェや喫茶店での読書は優雅で贅沢な時間でコレも外せない大切な私のライフスタイルの一つかも。ストレス解消には欠かせないリセットの時間です。この本には今、私が直面している自分にとってより質の高い豊かな人生を送る為にこれからどうして行くのか?自分の人生において大切な日々の暮らしについて子供との時間について情熱を傾けて世の中の役に立つ仕事について家族との関わり…すでにココを通り過ぎて自分らしい生き方と豊かな時間を過ごしていらっしゃる8人の女性の仕事、家庭、人生の実際が書かれています。ここまで色々とずっと考えたり模索したりしてきましたが一つ、目指す仕事のカタチとして「フリーランス」として活動すること。これは私にとって理想的な働き方。そして才能の有無は置いておいて文章で表現して行くライターの仕事に今はとっても惹かれています。今まで畑違いの仕事しか経歴はないしなんのつてもありません。なので今出来る事と言えば何をどうしたらフリーのライターへ繋がって行くのか?自分が好きな雑誌や本に仕事を依頼してもらうには?って所にフォーカスしてその道を行く術を探していく事。でもね 、そういいつつも生まれる前に決めてきた私にとって必要な経験と未来はすぐそこにあって私の顕在意識(表面的な意識)で捉えられる範囲のものではない事もよ〜く分かっているから何がやって来るのかは未知数で魂はそれをちゃんと知っているからただただ委ねればいい…と思っているところもあって…目の前にある今、その時に心が動いた何かにエネルギーを注いで天からのお知らせが来るのをゆっくりのんびり待っているそんな時間を過ごしています。今週も一週間お疲れ様でした。今日もお付き合い頂きありがとうございました😊

      19
      テーマ:
  • 15Mar
    • ただ今リニューアル中♪

      現在無職で小休止中。これからやってくる新しいチャンスを掴むためにも余白を作ってスペースをあけて爽やかな良い風が舞い込んで来る様に今までの私、今までの家を一掃するべく毎日毎日片付けや掃除に精を出しております!四月になると一人息子は中学生。新しい生活へ向けて家中をリニューアル中それに疲れたら今の私達の生活には不要となった品々を資源回収のステーションやリサイクルショップへ持って行く。お金になりそうな物はメルカリに出品してみようかと企だてております新しい何かを掴むには今まで「ぎゅ」っと固くつかんでいたものを離さないとネせっかくなので押入れの中や棚、引き出しの中と普段はスルーしてしまう場所もこの際キレイに拭き掃除。拭き掃除をする時はお水に粗塩を少々とアロマオイルを数滴垂らすとより一層気持ちよくスッキリ爽快な気分ですよ。冷蔵庫の中や台所もまだ手付かずですがお掃除をして家中の古いエネルギーの浄化。お掃除は浄化のお役目もあるので壁や床も拭きカーテンも洗ってカビやほつれのあるレースのカーテンは新調する予定です他に新調したものといえばテレビボードすっごくシンプルで大容量の収納も兼ね備えていてとても気に入っています子供のゲーム類やDVDプレイヤーとか携帯の充電器。スッキリしまえて気持ちいい!こういうのを探してた〜家具作家さんの作られた想いのこもった家具。お気に入りが一つ増えてお家の中にいる時も愉しくて寛ぎ空間に癒されます。お掃除の仕上げにはセージかお香を焚いて、煙りで家の中のエネルギーを浄化し更に音でも浄化します音叉の音のCDや自然音のCDをしばらくの間かけっぱなしにしています。するとどうでしょう、、、お掃除前と家の中の空気が、波動が、明らかに違うのを感じます。整理整頓昔から苦手で若い頃は「片付けられない女」だった私。主婦として暮らす時間が長くなり少しずつ「片付けられない女」を克服して来てはいるものの見えない所とか定位置が決まってないものとかはなかなか…ね…それでも工夫して頭を使ってお金をかけずに試行錯誤していると時々妙案を思いつくもので暮らしやすく生活動線に配慮した収納が出来た時の達成感は感動に近い喜びとなりますもうしばらくは片付けとお掃除の日々が続きそうです。なんとか春分の日頃迄には終わらせたいなぁ。今日もお付き合い頂きありがとうございました😊

      13
      テーマ:
  • 08Mar
    • 深い溝になる前に

      相手に伝わるような伝え方って難しいなぁって改めて思った事がありました。きっと多くの方がこんな経験あると思うのです。親子や家族の間の会話では発する言葉や態度が関係の距離の近さから相手への気遣いの部分が他人に対してのそれと随分違い家族だから分かるよね的な甘えやおごりが前提としてあって慎重な思いやりが若干抜けてしまいがちではありませんか?私も全くそうなので今まで沢山失敗しちゃいました。特に、まだ幼かった息子との会話にはなかなか苦労しました…ね。今現在は幼かった頃とは比べものにならないくらい息子との会話を楽しめるようになって私も息子もそれぞれにそんな失敗から学び前進したなと思えるほどになりました。で、先日の事。友達の中2の息子さんの話なのですが来年は受験生なんだね、、、というところからその受験生になる息子さんにはパテシエになる夢があったらしいのです。素敵だなぁと感心しましたし彼にはピッタリだと私は思いました。と、いうのも彼のパパさんお料理上手でサラリーマンなのですが、料理が趣味で休日にはよく作ってくれるらしいです。(羨ましい)時々私達もお招き頂いてその腕前を披露してもらう事がありますが手打ちうどんが絶品です‼︎そんなパパを見て育った息子さん小さい頃からキッチンに立ちお手伝いしたり自分でも作ってみたり…その道を志す事は私から見ると自然の流れで是非とも夢を叶えて欲しいと心から応援したい気持ちでおりました。それなのに、それなのにパテシエは諦めるってその息子さんが言っているらしいのです。よくよく理由を聞いてみたら彼の母親である私の友人が「パテシエの仕事は、朝早く起きれなきゃなれないよ!」繰り返しこう言って来た事で朝起きるのがとても苦手な彼は(僕には無理)って思い込んでしまったようなのです。この会話よくありがちで陥りがちな気がします。意外と深い溝になる様な気配さえしてしまいます。母親からすれば心配で…自分で起きられないし朝早く起きる事が難しい息子。でも応援したい。夢を叶えるために今から習慣を身につけて行動して少しでも苦労を軽くして欲しい。言葉として表現されてはいませんが友人である彼女のセリフには母親としてはそんな心からの心配と息子にやる気を起こさせる為の想いが込められている事が同じ母親である私なら分かります。ただ、このセリフを何度も言われて子供が夢を諦めると言った事も納得出来るのです。子供からすれば言葉で表現されていない母親の心配や応援したい思いやりの気持ちを読み取る事は無理なのですよね。言葉そのままを受け取ってその先にある親の愛情にはなかなか気がつけない。この様な事って日常で多くあってでもお互い誤解したまま修復されないまま過ぎて行きます。こういう積み重ねが大人になって自分に自信が持てなかったり人間関係がうまく行かなかったり心の不調となって表れたりちょっとした事のようだけどこういうちょっとした事がすごく大事で、伝え方でお互いの思いやりに気がつける様に話すスキル身につけたいですよね。意識して距離が近い家族、親子だからこそ素直な気持ちが伝わる様にギクシャクしないで暖かな関係が築いて行けるようにお互いそれなりに努力がいりますね。本当に伝え方って難しい。お付き合い頂きありがとうございました😊

      20
      テーマ:
  • 06Mar
    • あわてないでひと休み

      冬に終わりを告げ春のムードが日に日に増して来ていますねもうしばらくすると「春分の日」を迎え分岐点を過ぎてそこからは更なる本来の路を進む事となるでしょう。今、私は小休止中で時間や仕事に追われる生活から離れてみると改めて発見することがありました。毎日一生懸命働く事も素晴らしく、ステキな事ですがこうして今の私のようにしばらくの間、何も決めないでその日、その時の気分から自由に自分の意思で行動したりのんびりしたりするのもなかなかいいものです短い様で長い人生の中では一生懸命働くのと同じ位に心と身体のバランスを取るのに小休止するのも必要な時間だなぁと社会の枠から外れてみるのも悪くないと思うのです。特に日本人は生真面目で働き者の多い民族ですからね怠けるな と旧い教えが身に染み込んでいるものです。それ故ストイックになりがちですが敢えてそんな時間を自分にプレゼントしてみてはどうでしょう。確かにお金の不安が全くない訳でもないし罪悪感にモヤっとする事もあります。だけどせっかくなのでこの贅沢な時間を存分に味わって後悔しない様にしたいです。この暮らしが始まり二週間くらい経った訳ですがエネルギーが充電され身体の中に気が充満して行くのを感じてます。毎日の苦手な料理作りも義務感からではなく無職になる前とは明らかに作る時の気持ちが違うのを感じます。心が軽やかで喜んでいるのです。今振り返ると働いている時はその重たさが当たり前と思っていて自分が無理をしているという意識すら気がつかなかったのですが無職の今、思うのは当時、肩に力が入って歯をくいしばって我慢して自分のキャパを超えているのにもかかわらず大丈夫だと自分に言い聞かせて無理を続けていた事を少し怖く思いました。このまま続けていたら…そう想像すると…。労働時間や苦労や大変さが賃金の対価だと思い込んでいた私が選択した世界がそこには体現されていました。職場を離れてみて距離を置いてみてよりハッキリと職場の波動は結構な重たさの波動だったのだと今の軽やかさが教えてくれました。辞職後はかなり軽くなり自分の体に心地良さを感じています。これから新しく出会うであろう仕事については自分なりのイメージを持ってむりの無い理想的な働き方をしたいですね。心にも身体にもスペースが生まれて今までやりたくても出来なかった事を一つ一つ実行しています。出来る事が嬉しい。出来た喜びが充足感なのです。そして、静かにシンプルに楽しく毎日を送っています♪十分に充電して小休止したら新たなスタートに向けていい一歩が踏み出せるような予感がしています♪今日もお付き合いくださりありがとうございました😊

      8
      テーマ:
  • 03Mar
    • 好きな事でしか人生送らない!

      プロサッカー選手のカズこと三浦知良選手は現役最年長の51歳。現役選手でいる事が信じられない様な年齢ですよね。これも大勢の人が持つ制限の一つではありますが体力の衰えや肉体的な限界はやっぱり年齢と共に皆に訪れる通常の現象です。それでも自分の限界やみんなが持つ意識の中の制限をも通り越して自分の魂の声に従っているであろう(私の個人的な見解ですが(^_^;))カズ選手の挑戦をこの目でしかと観たく肌で感じたくて今日は 長良川競技場で行われた開幕戦横浜FC vs FC岐阜試合を観戦して来ました。結果はご覧の通り横浜FCが勝ちましてカズ選手は後半の残り5分といった辺りから登場し敵も味方も会場に来ているみんなが彼の登場に目を丸くして注目を浴びていました。私もそんな中の一人でそのスター性というかやっぱりピカイチだと感じました。それ程詳しく知っているわけじゃないけど若い頃から本当に心の底から自分が大好きなサッカーに自分の人生を費やしてエネルギーを注ぎ努力を惜しまずに歩んで来た姿は今の私には好きな事をして生きる人生の先駆者の一人として映っているのです。仕事になる程それでご飯を食べて行ける様好きな事を追求していきたい。意識を集中してそこへ向かう自分にして行く一日一日一瞬一瞬をエネルギーをそこに注いで他の雑多な事には捉われずにスルーして、、、私の魂が望む人生へと着々と一歩一歩進みたいとカズ選手からも刺激を受けてベクトルの向きを確認してしっかりと自分の深いところに落としこもうというわけでした。いつもありがとうございます♪それではまた…

      4
      テーマ:
  • 28Feb
    • 謝恩会

      小学校の6年間というのは過ぎ去ってみると本当にあっという間なのでした。もう間も無く息子は小学校を卒業します。今日は小学校最後となる参観日だったのですが今日の授業参観は子供達から親への「謝恩会」でこんな素敵な手作りエコバッグのプレゼントとメッセージを贈ってもらっちゃいました他にも歌のプレゼントもあり未来へ向けてどんな自分になりたいか目指す自分の姿そんな決意も一人一人がしっかりと表明してくれました。本当に大きくなりました。ここまで息子と2人すったもんだをしながらも辿ってきた道のりは私にとってかけがえのない学びとなりました。「愛」今まであまり家族やパートナーに恵まれず言葉や理屈としてしか捉えていなかった。そんな凝り固まった冷え冷えとした私の感情を息子は温かいぬくもりで溶かしてくれたのです。息子と暮らす中ではっきりとそのぬくもりを感じられる様になりました。生まれて初めてしっかりと強く伝わってきた感覚で無条件に愛されている実感。息子は私に初めて愛というものがどういうものなのかを言葉ではなく教えてくれた人なのです。子供の親に対する愛情って本当にいじらしくて純粋で深くて涙が出ます。だからきっと私も息子に突き動かされるように変わる事が出来た。そんな私の変化が息子の変化にも繋がって行き大きく成長したのです。良い方向に。一時期は子育てに悩みモヤモヤを抱えて過ごして来ました。それでも今こうして一歩一歩前進してここまで来られた事あの時子育てに悩みそこから逃げずに自分の内側ととことん向き合いそして振り返りただただ受け入れて許して少しずつ自分の器を広げて来たからこそ今があるという想い。何かしら誰かしらにほんの少しでもこの私の経験を通してブログを通して伝わるものがあったらいいなとこれからも続けて書いて行きます。どうぞ良かったらまたご一緒にお付き合い下さいネ。思春期を迎える息子、、、ここからの成長も大切に見守って行きますよ!

      8
      テーマ:
  • 27Feb
    • 偶然の再会から肚をくくる

      ようやく仕事を辞め今やニートと化した私です。退職から約一週間。自由ダァ〜毎朝、この自由な感覚を味わう事が今はとても幸せです♪今日は何しよう…自分の心に聞いてみて…やりたい事は色々あって…行きたいところもたくさんあって…でも気持ちが動かないのでまだ取りかかれていないわけですが…一番やりたい事と言えば家中の片付け。押入れの中の物やら倉庫の中の物やら服や本や今の私たちの生活や想いには合わなくなった物達を必要としてくれる場所へ移したい。リサイクルショップだったり今度小学一年生になる姪っ子のところだったりずーっと頭の片隅で気にしていながらまとまった時間が出来た時にやろうと後回しにしています。それから行きたいところと言えば自分のお口の中のメインテナンスの為に歯医者に行きたくて今日ようやく実現しました。そうしましたらばどーいう訳かビックリ仰天‼︎高校時代のクラスメイトに再会。もーかれこれ20年以上振りでして彼女が声を掛けてくれるまで私は全く気がつかずでした私を担当してくれた歯科衛生士さんで名前を呼ぶ時点で彼女は気がついていたそうです。「全然変わらないからすぐわかったよ」と彼女。私から彼女への印象は高校時代から随分変わっていたのとマスクを着用して花粉症で声が出にくい状態だった事も手伝って本当にわかりませんでした20年以上の月日の流れにはそれだけの時間の経過がある訳で…。お互い別々の専門学校に通い同じ職業を目指したことは知っていたけど同じ地域にいて同業であったのにこれまで一度だって顔を合わせる事も無く過ごして来たのにこのタイミングでの再会。歯医者を退職したばかりの私には驚くほど偶然の出来事なのでした。だって彼女は言うんです。私に「ここ、衛生士募集してるよ!」って。先週勤めていた歯医者を退職したばかりだと話をしたらそんなお誘いがありまして。あぁ私、試されている確認されているんだなぁとすぐさま思って。今回の転職の機に私の覚悟をしっかりと確認作業を通して宇宙へそして私を導いてくださる全ての存在にしっかりと示しました。無職になり生活を維持して行くのに必要にかられて不安からの選択で仕事を決める事は本来の自分を偽わる行為となる訳でだからねしっかりと肚をくくって喜びや深い充足感を得られる本当の自分でいられる選択をするのです!

      9
      テーマ:
  • 18Feb
    • め・ま・い

      今現在、地球全体にとても大きな変化の波が押し寄せていて私もそんな大きな変化の中にいる一人です。自分の意識を、波動を、上昇させていきたいと思っている最中なのですが先週木曜の事。朝、いつものように起きようと目を覚ますと突然のめまいに襲われました。まるで遊園地のコーヒーカップに乗っておもいっきりぐるぐると回転しているかのごとくぐわ〜んぐわ〜んと自分の見える世界がぐるぐる回っていてあまりの気持ち悪さに吐き気までもよおして来た程。さすがに起き上がる事が出来ず朝は子供に朝食を作ることも出来ずに仕事も、退職まであと残り4日間というところに来てまでお休みをいただきその日はひたすらにひたすらに眠りに眠ってどれだけ眠れるのっ…ていう位に眠りました。目がさめるとややめまいは治まっている様に感じ起き上がろうとするとまた、ぐるぐる回ってめまいがやって来ます。その日は一日中その繰り返しでした。今、私の様にご自分の身体に不調を感じる方も多い様ですネ。こんな風に体調を崩したりすると心配になったり不安に襲われたりして少し後ろ向きになる事ってありますよね。私もこれから新しい生活に向けてこの様な身体の状態で本当に自分のやりたい事に向かっていく事が出来るのかなぁ…と一瞬怖くなったりしました。そんな恐れや不安を自分自身で感じてしっかり受け止めて。そしてここでめまいに襲われた事について色々と自分に問いかけてみると身体の不調という表面的な出来事に留まらずやっぱり大切な意味とこのタイミングでの必要な必然的なめまいだったのだと思います。自分の中の解放し手放してサヨナラするもの。新たな意識と自分の価値をより良きものへと書き換えて行く為の大事な時間なのでした。浄化し身体の声心の声を大切に新月からの意識改革。

      19
      テーマ:
  • 12Feb
    • 自分孝行

      親孝行しなきゃって思っています。特にウチは早くに父親が他界しているし私離婚しているし。親といえば実家の母一人なので大切にしたいなといつも心の中では思っています。それはそれとして…私も母親として自分の子供が親孝行したいと仮に思ってくれたとするならば母として望む親孝行って一体どんな事かなぁ…そう考えた時旅行もいいね…美味しい食事もいいね…人生を自分の足で歩いて行ってくれたらね…色々出てくるけどもなんてったって健康に楽しく幸せに生きてて欲しい自分も周りの人も大切に…。と、そーなります‼︎さすればやっぱり自分が自分を大切にして幸せに暮らす事が一番のわたしから親への何よりの親孝行なのかなぁそう思ったのでやっぱりどんな視点から観ても自分を大切に自分孝行する事で親も子供も友達も職場も地域の人も地球に住む全ての人達もみんなみんな物質も自然も地球も宇宙も大切にしている事に繋がり喜びや幸せが広がりどんどんと大きく拡大して行く訳です。自分から。小さい頃に身につけた自分へのシビアさが気をつけていないとすぐにはびこってそのパターンへと舞い戻ってしまうこれまでから本気で脱却しよう毎日自分孝行いつも自分孝行して大きく変わる時。

      16
      テーマ:
  • 11Feb
    • ざ・休日

      寒さ厳しい日が続きますね今日は晴れたり曇ったり。春を予感させる明るい光がさしたり雪がチラチラとチラつき冷たい北風が吹いたり…この時期らしい一日でした。久しぶりに近くの日帰り温泉で骨休め連休ですもんねやっぱり混雑していましたよ。家族連れや老若男女様々な年代の方達で館内はごった返していました。普段から冷えない様に靴下の重ね履きや腹巻、重ね着と気をつけて来たもののやっぱり冷えはなかなか…なかなかで、そんな体にはやっぱり温泉が一番!もう温泉にかなうものはありません!肩凝りとか疲れ、身体の怠さとか続いていた眠気とかいっぺんに取り払ってくれました!昼間っからお風呂って昼間っからお酒っていうのとおんなじ感覚⁇なのかすごく解放感を味わえる。これでこそざ・休日そこで私が露天風呂につかっていると入れかわり立ちかわり次々とその場にいらっしゃる方はかわられるわけですがたまたま同じタイミングでその場に一緒になった親子の会話がちょっとホッコリ微笑ましたかったのです。娘さんは40代半ばから後半といった感じお母さんは70歳前後といった雰囲気のお二人。お顔がよく似ていらっしゃったのでおそらく実の親子といった所でしょう。そんなお二人の会話を盗み聞きするつもりは無かったけどどーしたって聞こえてきちゃったんですよ。だから仕方がない。たわいもない平和な日常会話で互いの料理の話をされていてお話の路線が今度はスーパーとかお店の話になりコストコの話題が持ち上がりました。お母さん、ご自分では「コストコ」と発言しているつもりみたいでしたがずーっと「ココスト」「ココスト」と話されていてその度に小さな声で娘さんが「コストコ…ね」と繰り返し繰り返しツッコミを入れているにもかかわらずお母さんは会話に夢中でやっぱり「ココスト」「ココスト」言っててそのやり取りが漫才のようででもつくられたネタじゃないからその自然な感じがまた笑えてすごく面白くって私のツボに入りました笑いをこらえきれず思わずその場を立ち去ったほど。この親子お二人のやりとりにも私の心はすっかりほぐされてホッカホッカに温まりました

      7
      テーマ:
  • 04Feb
    • 一日一生

      立春を迎え2018年しっかりと幕が上がりましたね。気持ちを仕切り直してここから新たに始まったこの一年自分が心の奥底から望むその景色の中に身を置ける様に一日一日一瞬一瞬の意識、選択を本当に大事にして行きたいと覚悟に近い気持ちで私は私に誓いました。ゆっくりと深呼吸をして身体も頭も心も緩めて自分自身に問いかけ自分の内側から発せられる私の声をよく聴いてナビゲーションが指し示してくれる誘導に身を任せ私はハンドルを握って安全運転で自分の意志で自分の意図した目的地までの道のりを時には寄り道したり休憩したり遠回りしたりしながらでもたどり着くと決めています!きっと…ね!一日一生

      27
      テーマ:
  • 31Jan
    • 眠る…眠る…眠る…

      今日は特別な満月の夜。皆既月食はこれからですが済んだ空気の中美しく光を放つお月様をパチリと一枚。この数日は満月が近いからかとっても眠くって眠くって…きっと私と同じ様に眠い方大勢いらっしゃったのではないでしょうか。今日は鍼治療に行きそんな怠さからスッキリと抜け出して身体が軽〜く快適です。ちょうど大きな変わり目の時でもありますしゆっくり休んで先を急がずじっくりと自分の想いと身体を大事にいたわりながら過ごして行きたいですね。私は来月仕事を辞めたら少し立ち止まって自分の内側と家や情報を整理しつつじっくり1つ1つ建て直して行くつもりです。まずは自分をクリアに、、、ですね。

      17
      テーマ:

プロフィール

ブックマーク

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。