心とカラダの自然治癒力アップで健康と美を手に入れる☆彡エイジレスビューティ&真実を目指して…♪♪♪

ホメオパシーなど自然療法やセラピーで自然治癒力アップ&デトックス=掌蹠膿疱症・尿管結石・腎う炎・膀胱炎などを克服。その治癒過程やアロマ・オーガニック・ヒーリング・スピリチュアル・アンチエイジング情報、またカードリーディングセラピーなどについても発信♪


自然療法コンシェルジュ・ライター・セラピストの落合香織(香蓮)です


先日の油=オイルの話、第2弾です。

 


前の記事でもお伝えしましたが、オメガ3系のα‐リノレン酸のオイル(亜麻仁油、えごま油、グリーンナッツオイルなど)は、体内の炎症を抑えてくれる働きや、脂肪燃焼作用(←ここ大事ですよ♪=いわゆるダイエット効果)、さらに免疫力を高める…などいいことがたくさんある私たちのカラダにとっても大切なオイル(必須脂肪酸)です。




ただ、体内で合成することができないので、食事などから摂るしかないのですが、現代人には不足しがちです。



なので、とくに掌蹠膿疱症やアトピー、アレルギー体質の人は、体内の炎症を抑えてくれる働きが期待できるので、欠乏しちゃうとダメな脂肪酸(オイル)なんです。その働きから、アレルギー改善オイルともいわれるくらいなんです




この脂肪酸をきちんと摂っていてアトピー、アレルギーなどがだいぶ治まってきた…という方も多いんですよ♪



実際私も好転反応の症状がひどいときにこのオイルをなるべくちゃんと摂るようにして対処していました。



      ☆.。.:*・ ☆.。.:*・☆.。.:*・゜☆.:*・・゜☆.:*.。.:*・゜☆.。.:*・ ☆.。.:*


反対に炎症を激化させてしまうので、アトピー、アレルギー、掌蹠膿疱症、関節炎、リウマチなどの人が摂りすぎてはダメなオイル(脂肪酸)というのがあるんです





それは…オメガ6系=リノール酸の油で、どんなものがそれに当たるかというと、一般的なサラダ油といわれるものや、ベニバナ油、コーン油、ひまわり油、大豆油、なたね油などです。

 



このリノール酸も体内で作り出すことのできない必須脂肪酸なので、食事から摂る必要があるものなのですが、あまりに一般的で身近なものなので、普通の食生活で不足するということはまずありません。




なので、むしろ摂らないように気をつけるようにしたほうがよいのです。

 



体内の炎症を激化させるということは、皮膚症状や関節炎などが悪化してしまうということです…





掌蹠膿疱症、アトピー、アレルギーや関節炎など体内で炎症を起こしている人は、このオメガ6系=リノール酸のオイルを摂りすぎないよう気をつけましょう~

 




なので料理には、エクストラバージン・オリーブオイル(オメガ9系=リノレン酸)や低温圧搾のゴマ油がよいですよ!オリーブオイルはデトックスにもいいそうです。

 



 炎症のことだけでなく、一般的な油(サラダ油などの植物油全般)は、化学物質やトランス脂肪酸の害もありますからね…!

 

 


そして、大事なこともうひとつ。オリーブオイルは、エクストラバージのものにしてくださいね。普通のオリーブオイルだと一般的な植物油と同じように化学物質の溶剤で抽出して作られていますから…

 



※このトランス脂肪酸や、一般的な植物油(サラダ油など)の化学物質の害などについてはまた機会があったら書きますね~♪



AD
いいね!した人  |  コメント(4)

[PR]気になるキーワード