リハマガ!【リハビリテーションサポーターズ・マガジン】~”人”を支援する専門家のためのセラピーマインド習慣~

リハビリテーション、医療、介護に関する情報発信をしています。病気や障害を克服するために努力する人、大切な人を介護するために頑張る人を応援するための知恵と勇気をお届けします。


テーマ:

セラピストの語らい場=ビークル

というポッドキャストをはじめました!

 

よかったら、聴いてみてください。

 

ポッドキャストで検索して頂くか、

こちらからも聴けます!

 

セラピストの語らい場=ビークル

http://en-reha.com/b-cle/

 

 

理学療法士3人が、

一つのテーマについて

学びと気付きを共有するという番組です。

 

どうぞ気楽にお聴きくださいね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



さて、矢口さんは


【ケア】の語源をご存知でしょうか?


先日、ある勉強会で知ったのですが、


Care


ケア

= ギリシャ語で、カーラー。


「悲しみをともにする」


という意味だそうです。


ケアというと、

お世話をする、

とか

介助する、

といった意味を想像しますが、

もともとは、

”一緒に悲しむ”

といった意味なんですね。



先日、まさに一緒に悲しんだなあと
思えたことがりました。


10年前に脳梗塞を発症された
50代の女性を訪問しています。


つい先日、ご主人に先立たれました。


今まで、
なんでもご主人がやってくれていたので、
やらなければならないことが
たくさんになりました。


食事の支度や、ちょっとした家事を
麻痺のある足をひきずりながら、
やっています。


活動量が大幅に増えたことで、
疲労が蓄積し足が硬くなってきました。


よく転ぶようになってしまったのです。


今までは、
簡易型の装具でも大丈夫でしたが、
かなり筋肉の緊張が高くなり、
固定力の高い装具が必要だろうと思いました。



ご本人に提案したところ、


「今のままでいいわ」


と、消極的でした。


そうこうしているうちに、
夜中にまた転んでしまって、


肘に大きなアザを作ってしまいました。


腕全体が真っ黒になるほどです。


ですが、
それほど落ち込んでいる様子でもなく、
転んだ状況をたんたんと教えてくれました。


ただ、


「床からどうやって立ったんですか?」


と質問をしたとき、
彼女の表情が曇りました。



少しの沈黙ののち、


「床から一人で立とうとしたとき、


”ああ、もう、夫はいないんだ”


って、思ったんです。


そしたら急に寂しくなってきて・・・。


体よりも、心が痛かったんです。」




暗闇の中、

一人で困難な状況に立たされたとき、

ご主人を亡くした寂しさを、

際立って感じてしまわれたのです。



あなたなら、
こんなときどう接しますか?



このとき、僕の頭にあったのは


”あなたは大丈夫。”
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

と思って話を聴く
^^^^^^^^^^^^^^^^

ということでした。


これは、
第2回例会セミナーの


「あなただから本音が言える
患者さんと信頼関係を築くコミュニケーション」


で橋中先生から教わったことでした。



共感する、というと
同じ気持ちになるというイメージがありますが、
同じ気持ちになってしまうと、
自分自身も悲しくなって、
不安や、どうしたらいいんだろう?
という気持ちになってしまいます。


”あなたは大丈夫”


と思うことで、
自分自身も落ち込んでしまうことが
防げるんだな、
ということに気がづきました。


お話を聴いた後、


再度装具の提案をしました。


すると、

装具の提案を
受け入れてくださいました。


装具や福祉用具を変えることに、
抵抗感がある方がいます。


今までできていたことができなくなった、
ランクが落ちた、
と感じてしまうからだと思います。


ですが、
そういうことじゃないってことを
伝えたい。


今回のケースは、
伝えなくても、
心の中で思ってさえいれば、
伝わったと感じました。


あなたは大丈夫。
ランクが落ちたりなんかしてない。


ちょっとでもよくしよう。


そんなことが
何も言わなくても伝わるなんて


あるんですね。



失意にあるときほど、
悲しみをともにしてくれる
支援者の存在が合ったら
心強いですね。


そんな支援ができるように、
努力していきたいと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

患者さんとのお話しで、僕は、

 


「何かいいことありましたか?」

 

 

とよくお訊きします。


いいことをおっしゃっていただければいいのですが、


「いいことなんてないよ」

 

 

とおっしゃる方もいます。


そんなときの
話題の展開の仕方について、
お伝えしますね。


この質問の意図は、
いいことを創造してもらうことによって
ポジティブな感情になって頂くことです。


そこで、


「どんなことがあったら、いいことですか?」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


と尋ねます。


すると、


「歩けるようになったらいいわね。」


とか、


「テレビで歌舞伎がやったらいいわね」


とか、言ってくれます。


いいことが想像されています。


もし、それでも出てこないときは、
より詳しくつっこんでもいいですが、
様子をみるのもOKです。


答えずとも、質問によって、
考えさせられていることもあるかもしれません。


どう答えるかは自由ですが、
重要なのは






いいことがある前提で話をする
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^





ということではないでしょうか?


いいことがない人はいません。


いいことに気付いていない人がいるだけです。



全ての人は、
いいことがある人生を
歩むことができるはずではないでしょうか?



繰り返しになりあすが、
気付いているか、否かなだけです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。