1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-01-18 08:45:39

今度はビックリな、ますの寿司‼

テーマ:ブログ

さぶい、さぶい、、、冬やから当たり前やけど、、、やっぱしさぶいね。

昨日は週明けおかげさまな一日で、

しかも今日は展示会があるから朝イチから動かなあかんけど

仕込みも満載、、、さ、がんばろ

 

さて、先週は香箱ガニのお話で、

今週はまたまた北陸、は、「ますの寿司」(^-^;

定休日に間に合うように富山出身のお客さんにお願いして送ってもらいました。

ついでに金沢出身のスタッフも呼んで、5人で定休日の晩御飯。

さて、富山名産ますの寿司といえば、私は『源」さんしか知らへん。

昔昔、オトンが宴会旅行とかいうて北陸の温泉行ったお土産はいっつも源の「ますの寿司」やった。

箱から出して、竹で〆てあるふっといゴムを外しすと、笹の葉にくるまれたピンクなますの寿司が見えて、

ブラッスチックなギザギザのナイフで6等分に切って、食べる。

ちめたいちめたい、お米も固い、、、押しずしで、子どもながらふーんなお土産、、、やった。

そんなチョイと失礼な話を富山出身のお客さんにしてたら、

もっともっと美味しいますの寿司があるよ、

知り合いがやってるから、今度送ってあげる、と優しいお声をかけてもらい

今回に至った訳で

お寿司といえども、しっかりとした押しずしやから、

握りたてをすぐに食べなあかん訳ではなく

何日か経っても熟れて味がしゅんで行く訳で

日曜日に送ってもらったブツは月曜日に食卓に並び

左が一段で、右が二段、合計三段の扇一さんの「鱒の寿し」

笹の葉でくるんであるのを開くと、

うん、何回も昔見た光景・・・やけど、ちょいとこちらの方は身厚な感じで

とりあえず、六等分に切ってみた

ほら、半分!!とまではいかんけど、それに近いぐらい厚い

6:4ぐらいやろか、焼酎のお湯割りとおんなじやわ(^-^;

で、最初は何も漬けず、、、うんしっとりしてて、マスが甘くて、酢飯はぎっしりで、おいひい!!

一人三切れあるんで、お次はお醤油かけていただく。

ちょいと醤油が勝ちすぎかな、けどお寿司らしゅうなってきた

最後に、お客さんから聞いたのを思い出し

レモンを絞って、お醤油をポタポタと垂らしてみる

これがサイコー!!

柑橘類と醤油とマスと酢飯がピシっと決まって、やるやん、ますの寿司!!

金沢のスタッフも最初はこバカにしてたようやったけど、これは美味しいです!!って、上目線やったけど素直に負けを宣言しとった(*^-^*)

うん、ますの寿司はいろいろあんねんね、、、って昨日話してたら

実は源さんも最近はすごく美味しくなったらしく

どうやら富山のますの寿司は日進月歩美味しくなってるのかもしれん。

駅弁祭りとかで見ても手に取ることはなかったけど

今度買うてみようかな。

実はこれだけならさすがに足らんので

富山に対抗して千歳烏山の魚卯さんで仕入れした手巻き寿司も用意してましてん

金沢のスタッフに鯛を食べさしてやりたくて・・・・

ほしたらこれが鯛ですか、今まで金沢で食べてたんは、、、、

実は養殖やねんけど、魚卯さんのは締め方が旨いから、身が活かってて他とは違う

それだけやねんけど(^-^;

金沢くん、鱒と鯛に連敗で、けど旨い旨いと山口のお酒を飲んでました。

けど、手巻きずしは多すぎて、最後は罰ゲームみたいになったけど(笑)

扇一さん、ご馳走様でした。

 

焼肉ほれぼれ

www.horebore.jp

ご予約、お問い合わせは

042-442-2989

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-11 12:28:40

あぁぁぁ香箱ガニ、されど香箱ガニ、またね!!

テーマ:ブログ

今年の年末年始は3日間のお休みやったんで、短か!!って思ってたけど、意外にもちょうど良かったですわ。

あんまし長いと、身体がなまってしまうからね。

 

さて、去年もいろいろと食べ物のお話をしましたが

実は一年がかりで計画、実行し、そうなんや、そんなスゴイんや、て知ったものがあるんです。

それが、「香箱ガニ」、別名セコガニなんですわ。

香箱ガニとは、メスのズワイガニのことで

メスは短期間に産卵を繰り返すので、

オスに比べて成長しなくなり、身体も半分以下の大きさらしく

実はこの卵がメチャクチャ美味しい・・・らしい、知らんけど。

けど、このメスを取ることはカニが絶滅してしまうわけで

だからメスのズワイガニ、つまり香箱ガニが市場に出回るのは

カニ解禁の11月上旬から年末までしかない!

そんなことを知ったのは、実は金沢出身のスタッフりゅう君で

彼が香箱の自慢話ばーっかりするんで

ほな、一辺買うてよ、ってお願いしたら、一昨年の秋、金沢の親戚に頼んでくれてわざわざ送ってくれた、のがこれ

見た目は長さ8cmぐらいの甲羅にきれーな足が並べられてて、ふーんこれがそうなのね

で、身をほぐしてみたら

中から内子と外子が満載で

三杯酢につけたら、これはなんでしょ!!

甘ーいしっかりした内子とトビっこみたいな外子に足の身があわさって

これはこれは至福の味!!

実は去年の秋に金沢に旅行したんですが、行くことは一昨年には決まってたので、

ぜーったい現地で本場の香箱を食べるぞ!!になり

待つこと1年

よーやく、実りました。

まずは国分町市場で現物を確認したら、ほぉぉぉ600円から2000円といろいろとあんのね、な香箱さんで

加賀温泉の司さんでいただいた現地第一号の香箱はこちらで

こちらの足は自分でほじくるタイプのやつで、

濃厚な味は変わらんけど、ちょいとじゃまくさいヤツで

でも、こちらのカニ酢はホンマ上品な逸品で、ランチでしたが、ヤッホーなええヤツでした。

その後、現地第二弾は、能登の百楽荘でいただいたもので

遠めはこんなで、

お近くにいけば、こちらの香箱は足の身の上にきれーに外子を持って、さらに両手の爪が

開けると

こちらも三位一体の香箱で、まぁ日本酒しかない訳で

このカニはホンマに美味しいなぁぁぁぁぁ、

カニさん貴重なお子さんを山ほどいただいて、ありがとうございます。

 

で、これは東京でも食べたい!!

けどこの状態では売ってない

なら・・・自分で作るしかない、

ということで、築地に行ったときに、たまたま茹でた香箱ガニを打ってたんで

ぺティーナイフに比べてもこんな大きさ。

ちなみに築地で一杯750円

まずは足を全部切って

外子がへばりついてるふんどしを外して、何層にもなってる貴重な外子をスプーンできれいに剥がして

甲羅を外し、みの(黒いヒラヒラ)を捨てて

かぶ(足の付け根)を二つに割ると、味噌と内子だらけで

こちらはきれいにこそげ取って甲羅に盛合せ

足、かぶの身も、ちんこいけど、きれいに外して

内子、外子、味噌をかるく和えて、その上に足の身を乗せたら、

まぁ初めて作ったけど、こんなもんかね

しかし一つ作るのに、メッチャ時間かかる、これは大変な商品ですわ。

一人に一杯ずつ渡して、適当に食べてね、とは全然ちがうからね。

ただ今回、というか年末の香箱は期待してたほどやなかった、、、甘みが薄かったかな、

築地産と現地とでは、残念ながら、あぁぁぁぁあ、なレベルということなんか、買うた店なのか、、、はたまたボクのせい???(≧◇≦)

 

この1年にわたり、いっちゃん好きなズワイガニやけど

その中でも、こんなに繊細かついろんな食感のと甘みを教えてもろた香箱さまに感謝です。

また、今年の11月にお目にかかれることを期待しとります。('◇')ゞ

 

焼肉ほれぼれ

www.horebore.jp

ご予約、お問い合わせは

042-442-2989

 


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-05 11:23:39

今年はちょっとええことあるかもな~な年末年始

テーマ:ブログ

あら、もう1月5日(^-^;

ちょいと遅いですが

あけましておめでとうございます。

焼肉ほれぼれ、今年も精進いたしますので、

どうぞ皆さまご愛顧いただけますようお願い申し上げます。

 

さて、毎年の年末年始は、今年もおんなしで

大晦日は最後の市場の日で朝から駐車場も大渋滞のなか

年明けのお肉を仕入れ、店で掃除ししーかりラップでくるんで保管

夕方まで片付けしながら、義理の兄の家に。

奥さん兄妹は長野出身で、

長野の風習では、大晦日が一年で一番「おごっそう」を食べることらしく

(ふつうは元旦の、、、はず)

それを「お年取り」と呼んでて

それはそれは嬉しい習慣で、結婚以来東京で年越しをすることになってからはずっと年末は長野県人になりすまし('◇')ゞ

大晦日バタバタとしながら予約しといた魚をさばき

義姉は実家で昔作っていた「ひろうす」(がんもどき)を自家製で今年も作り

これだけでも十分な大晦日やけど、長野県人は甲殻類が大好きで

これがなかったら、お正月を迎えられないらしく

とりあえず、一年お疲れ様でしたというまもなく

こやつらはこんなことになっており

大晦日の長野県人は紅白歌合戦を見ながらカニをつつき一年を無事に終えるのでした。

 

タクシーで帰った記憶のない店長は、

雲一つない2017年元旦の朝

これも毎年恒例の地元深大寺さんで商売繁盛の護摩祈願をしてもらいに

さすがにお参りは長蛇の列で

護摩祈願も1時間待ち、で

けど、1回200人ほどのなかで、何年ぶりかで最前列にすわらせてもらい

お坊さんたちが総勢10人ほどで燃え上がる火柱と太鼓のなか読経(でええのかな、深大寺は)をうつらうつらしながら聞いてると、今年はなんかええことありそうな気がして来て

どーーーーしてもおみくじをひきたい、とムスメが言うので

こりゃ勘弁してよーーーーな列に並んでると

義兄ファミリーも来てて

結局JK二名と店長夫婦、義姉の5人がひいてみた

店長・・・・

うーん、えらい久しぶりな大吉で

深大寺のおみくじは

大吉、吉、平吉、小吉、末吉、末小吉、凶の7段階評価で

店長はトップ当選で、JKの2人、、しかも一人は受験生、、、は共に末吉で

しかも姉は最強な凶、、、で

受験生には「願いは叶えども、満足せず」、、、なんて書いてあって、受験生は笑うしかなく(≧◇≦)

まぁおみくじなんて、そんなもんや、、、て慰めにもならず(^-^;

元旦の夕べに突入し

これも恒例のお節は一部自家製、一部仙川のお惣菜のお店のおばあちゃんお手製、一部大手製という混在なお節プラスローストビーフで

あけまして、でスタート

2日連ちゃんのメンツでの酒宴は疲れもあり、あんましお酒も進まず・・・

けど結果的には一升瓶の日本酒とビールとウオッカは消えて無くなり

どうやら飲んでたみたいで

宴たけなわなときに、今年はもう一つイベントがあり

それは、年末にお客様からいただいた、「お正月用のケーキ」で

成城アルプスの「ガレット・デ・ロワ」ていうフランスの古典菓子(はじめて聞いた)

どうやらフランス人はこのお菓子を元旦に食べないと一年が始まらない、とかで

このホールケーキのどこかにフェーブていう陶器の人形がしこんであり

切り分けたときに当たった人は、その日の王様で、一年が素晴らしい年になるらしい。

で、成城アルプスは人形でなんかあったら危ないのでアーモンドを入れときました、な安心な心遣いで

これは、受験生にとっておみくじ以上のアタリになるで!!ということになり

9人で切り分けて、どうやら横から見てもだれのケーキにもアーモンドはなく

全員でいっせいにいただきまーーーーす!!

パイ生地で中はアーモンドクリームの上品なケーキで

さて、誰のケーキにアーモンドが!!!

・・・受験生にはなくて、ありゃま

店長のケーキから出てきたぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!

あまりに悪いから受験生に口から出したアーモンドを「あげる」言うたら、そんなん要らんわ、て言われ

結局、昼の大吉な店長が夜には王様になりました。

今年はええことあるかもな~

どうぞ、よろしくお願いします。

 

焼肉ほれぼれ

www.horebore.jp

ご予約、お問い合わせは

042-442-2989

まで

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-24 11:05:32

遅~い夏休みは北陸たべつくし Final 日本一のステーキ

テーマ:ブログ

なんて暖かいクリスマスなんでしょ

ホワイトクリスマス・・・なんて夢のまた夢やね

 

さて、昨日はおかげさまな3連休の初日でしたが、

今日明日はご予約ゼロ(≧◇≦)

クリスマスに焼肉・・・(゜-゜)

ということで、クリスマスCM

ローストチキンはないけど、大好評ガーリックチキンはあります(^-^;

そして、年末は12月30日まで、30日はほぼ満席となりましたが、29日まではまだまだお席もございますよ~

 

さて、4日間の北陸の旅もいよいよ最終日に突入

金沢のホテル、富山の旅館に継ぐ、能登の旅館の朝は

バイキングでなく、焼き魚にお豆腐にお味噌汁とお漬物というキチンとした朝ごはんで

百楽荘さんに大満足したボクらは、スタッフさんに御礼を言うてサイナラしたら

小雨が降ってるのに(ホンマ北陸は雨が多い)、クルマまでお見送りしてもらい

アメちゃんまでいただき、大変ご馳走様でした

 

さて、レンタカーくんは快適に能登半島を走り

輪島から半島沿いに道なき道を延々と走ると

この写真にピンときたら・・・相当な朝ドラフリーク(^-^;

そうなんです、「まれ」で能登での暮らしをしてた中心地

ほら、この漁港・・・見にくいけど

これはもう

民宿桶作、、、ホンマにあったんか、ロケ用でその後放ってあるんか、、、

生活感があるから、もともとホンマの民宿やったんやろね、たぶん、、、知らんけど

ドラマではこの目の前に塩田があったんちゃうか、と思てたけど

実際は50キロぐらい離れた塩田と棚田です(種明かし)

その後能登半島を金沢方面にひた走り

念願の「なぎさハイウェイ」に

ここは砂浜やねんけど、日本で唯一、なんと世界でも3か所しかない、クルマで走れる砂浜!!

真夏は海水浴客の横をバスや車が走るとか

車線も何もない

さすがに海水浴客はいたはれへんので、波打ち際を走ったりもできるし

なんでしょ、不思議な感じ

お店もあります

たった8キロの海岸線やけど、日の出とかもすんごい雰囲気あるんやろね

天気が悪かったけど、ええ思い出になりましたわ

 

そして、最終日のメインイベント!!

何年も何年も前から来たかったお店に到着。

時計は15:30

これから、お昼というか、早い夕食

このプレハブのお店、ラーメン、、、ちゃいますよ(^-^;

こちらは、金沢では政財界はじめ、知らない人はいない(そんなことなかったけど)、全国からお客さんがやってくるステーキ店「ひよこ」さん

メニューは「ヒレステーキ」のみ、ご飯・パンなし

ミニサラダにヒレと野菜焼のみ、お一人様税込1万円也、あっぱれなお店

 

シェフお一人でやってはるみたいで

ちなみに、こちらには木曜日の夕方に予約をとろうと、一週間前に予約したけど開店早々の4時は満席なんで、3時半に来て、と言われ、その時間にお店に入ったら

なんと、すでに4人のお客さんがいらっしゃって、ボクらが入っていったら、ごちそうさん、て帰っていきはった

どうやら、営業時間外でも時間を計算してお客さんを入れてはるみたい

さらに、この日は8時まで満席とか、、、木曜なんですけど、しかも住宅街の真ん中なんですけど、こちらは

で、どうぞ、て言われて8席しかないカウンターだけの店内に端から座ると

お水だけ出てきて、黙々と準備開始

聞けば、お酒はあるけど、出すとお客さん時間かかるから、普通は黙ってお冷を出すらしい

徹底してはります

とにかくメニューは一つしかないから、お酒頼まへんかったら、焼きだすしかない

時間のかかる、野菜からカットして50センチ四方のステンレスの焼き台にバターを引いて、じっくりと焼きはる

そのタイミングで、自己紹介して写真撮影の許可をもろたら

シェフは、最近のお肉の事やお肉を扱う人達の知識不足とか裏話をグダグダとはじめはって、なるほど詳しいし説得力あるわ(笑)

着席して10分後に、だまーって出されたのが、トマトとキュウリだけのサラダ

ドレッシングはやや甘めで、懐かしいお味

けど、これ食べだしたら肉オンリーになりそうなので、我慢して待つこと5分

分厚いヒレ肉をしっかり焼き目をつけ

まな板でスライスし、醤油ベースのソースとバターを乗せて、ハイ完成

これが日本一のステーキ!!

実はこのヒレ肉は、オイルマリネをされてます

オイルマリネとは、油にお肉を漬けこみ、空気に触れないで熟成させる方法で

そのオイルも毎日取り換えて、一週間はマリネされているとか

4時から9時の5時間で、たぶん一日10キロぐらいのお肉を熟成しはる訳で

しかも一週間、となると、6日間営業で、60㎏は冷蔵庫に入ってる、ということなんか

これはこれは相当大変で、プレハブ小屋の厨房のほとんどは冷蔵庫な訳でした

 

で、肝心のステーキ

ヒレ肉やから柔らかいのはアタリまえ

しかもマリネされてる、肉汁もみえるジューシーさで

レアな焼き加減はサイコー、これはスゴイ!!!

しかもソースも美味しいけど、バターがすんごいええアクセント

タマネギとか野菜焼きも結構なボリューム

これご飯やパンあったら、完食は無理かも、なバランスで

300g以上はあるかも、なステーキは、ものの30分で完食

ご馳走様でした、でお金を払うと、実はメニューあるねん、つて壁に指刺しはったら

箸袋の裏みたいな紙に、ちいさーく「ヒレステーキ 1万円」って書いてあった!(^^)!

これ、メニューのない店、ていうことでいろいろと取り上げられて

腹立ったから撮影の時、その場でメニュー書いて張ったった、ってオモロイ

たった30分の滞在でしたが、大満足さしてもらいました

 

ノンアルなボクらはレンタカーを返却

 

なんと、3日間金沢~富山~能登~金沢コースで実に567キロ、よう走りました

よう食べました

よう遊びました

ありがとう北陸!!

そしてこんな与太話を最後までお付き合いくださった皆様にも感謝でございます。

 

さぁまたどこかに出かけられるよう、お仕事に励みます・・・

クリスマスの焼肉屋、、、どう考えても閑古鳥がいーぱいやってきそうで、オトロシイ(≧◇≦)

 

焼肉ほれぼれ

www.horebore.jp

ご予約、お問い合わせは

042-442-2989

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-20 10:40:28

遅~い夏休みは北陸たべつくし その7 能登飯

テーマ:ブログ

ほれぼれ新商品

★ガーリックチキン、、、一回食べてみてください。大好評ですよ~

★スイートジンジャーサワー、、、飲んでみるとハマります、けど名前長すぎ??「ガリサワー」に変えようかなぁぁぁ

★今週末の3連休、、、クリスマスな日もありますが、土日はまだまだガラガラです(^-^;

■12/31~1/2はお休みいただきます。

 

昨日の定休日は築地に行ってきました。

あらまぁ、のスゴイ人人人人、、、、、

観光客ばかりなのね、最近の築地は。

で、店長はごまめ(田作)を購入、、、大みそかにごまめを炒って味付けするのは恒例の行事なんです。

 

さて、まだ11月のお話

富山から氷見を抜け、そして朝ドラ「まれ」のふるさと能登を巡ってきたボクらは

九十九湾という能登半島の内海にある静かな湾の目の前の高台の宿に到着

こじんまりとした宿は、若いスタッフさんたちで活気があり

チェックインで案内された部屋は前夜の無駄に広い部屋とは違いちょうどええ間取りで

そこから臨む九十九湾は秋空の中で静けさを装っており

時計は4時で、ちょっとひと眠りでもしようかいな、と思たら

どうやら桟橋から釣りができるらしい、竿もレンタルがあるとか。。。。

そう聞いたら、眠たかったけど、

一階のフロントでありゃまぁな竿と仕掛けとオキアミをもらい地下一階に

ここは地下一階と言えども、一階からエレベータで数分かかって地下20m底にあるとこで

そこにはレストランと洞窟温泉と桟橋があり、さすがにこの時期は寒くて誰もおらず

けど、ようみたら、すぐ目の前にアジがうようよいてはって

さらに10mほど海底には結構な大きさの真鯛さんもいてはるらしく

ところが仕掛けは1号ぐらいのハリスにちんこい針で

しかもかる~い錘をつけるだけ、ていう釣り堀にあるような安いやつやん、で

とりあえずさっそく始めます。

海面にアジがぶぁ~って寄ってきて、

まぁ上手にえさを取ること取ること。

オキアミもヨレヨレの安いやつやん~、ていうレベルなんですぐに落ちるから仕方ないけど

そうこうするうちに、ビビビッてかかって、そーっと上げると20cmぐらいのアジがかかり

いけすでもないのに、天然のアジがすぐに釣れる、、、ええとこやん!!

船酔いする奥さんも丘の上なら平気で、すぐに参加

しかぁし、まーたく釣れず、とりあえずボクの過去釣り歴15年の面目は保たれ

結局30分ほどやって、かわいいウマズラとアジが一尾ずつ釣れ

晩御飯に100円でお料理してくれる、とのことでフロントにお魚さんを預け

晩御飯までに洞窟風呂というお風呂でさーぱりしたボクらは

桟橋の隣のお食事処に、この間20m離れた地下一階と一階を何回も往復したわけで

地下二階を降りたとこは洞窟になってて

その昔、宿の創業者たちが手で堀ったとか・・・すごすぎで

6時の晩御飯に食事処に来てみると

11月半ばでも寒くて石油ストーブが焚かれてあって

中は広くて、ゆーたりなお食事処で、昨日よりもええど、な感じで

さっそく、これまた若いお姉さんが専属で世話をしてくれて

2人の真ん中に先付けと食前酒の梅酒が

能登のかぶらのスープはそば米が入っててお上品で

能登地魚の活け造りシリーズには、さっき釣ったアジが鎮座されてて、こりゃええどな感じで

さらにウマヅラはあまりに小さかったためか、唐揚げに(^-^;

もうこれで最後な香箱ガニ

なんと高貴なお姿、内子と外子にカニ味噌をきれいに盛って、さらに細~い足をくりぬいて乗せてある、、、大変な作業

濃厚、かつ甘~い、、、これはもちろん熱燗が必要で

お姉さんにお酒のことを聞いてたら、さすがに知識不足、、、(≧◇≦)

聞いたら、派遣社員、とのこと

地元にはなかなか就職先がなく

いろんな旅館の仲居さんに派遣される人が多いらしく

そりゃ固定してないと、なかなかその宿の事は覚えられへん訳で

本人と宿は都合ええけど、お客からはどうなんかなぁぁぁ

最後に焼き物篇で

能登牛はモモ肉で

ワサビ、塩、味噌の3種の食べ比べ、ワサビが一番やったな

能登のいしるを使ったいしる焼で、いしるは苦手やねんけど、ここのは美味しくいただけた、、、そろそろお腹いーぱいで

最後にしめじご飯をいただき

〆のデザートはこれまたオサレなプリンで

卵の殻にはソースが入ってて

これは食べきれんので、お部屋にどうぞ、というわけで持ち帰らせてもらい

2人とも、飲みすぎるより食べ過ぎる夜やったな、な1日でした。

ご馳走様でした。

 

焼肉ほれぼれ

www.horebore.jp

ご予約、お問い合わせは

042-442-2989

まで

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-13 11:51:43

遅~い夏休みは北陸たべつくし その6能登へ

テーマ:ブログ

皆さん今年年賀状どないしはります?

ウチは来年はムスコどもは要らない、やて、

結果ムスメとカミさんとボクだけ・・・会社員時代は250枚とか作ってたけど、今年は何枚なんかなぁぁぁ

な感じになってます。

どんどんデジタルの時代になって、年始のご挨拶もメールやらLINEとか

元旦の0時にぱーんて来る、、、これでええんやろか

元旦の朝起きて、まず郵便受け行くワクワク感、、、ないのはさみしいなぁぁぁ、ボクだけ???

 

さて、お話はまだ11月の北陸のお話、

富山の元湯で2泊目を迎えたボクらは、朝ごはんをとっとと食べて

快適なレンタカーくんとナビに100%頼りっぱなしで

まずは世界一美しいと言われる富山のスターバックスへ

富山インターから駅前抜けて、環水公園ていうとこに

水曜日の朝10時というのに、しかも富山駅からも離れたとこにあるのに

さすが【世界一】は多くの観光客を呼ぶようで

みーんなパシャパシャ写真撮ってはる

お店は総ガラス張りで中からの眺めは運河が見えてきれいで

それよりも周りが芝生でとにかく外観がきれい

でもボクはコーヒー飲まれへんから、オーダーはダージリンで

ティーバッグがさみしくカップに入ってるだけで

なんかさみしいなぁぁぁ

ここに世界一美しい餃子の王将があったら

でったい良く焼き餃子4人前とビールと日本酒!!て言うのに・・・て(^-^;

 

一通りぐるりと回って、今晩の宿の能登に向かうんやけど

その前にお昼ごはんで

やっぱし富山に来たら、氷見漁港は行ってみたい訳で

でも時間的にお昼の漁港はシーンとしてて

結局氷見漁港のそばにある番屋街という真新しい施設の回転寿司でお昼することで手打ち

12時前に入るもお店は平日らしく、ここはスタバと違うて半分ぐらいのお客さんで

あんまし時間がなかったんで、とにかく好きなものを目の前の板前さんにタンタンとお願いしたら

スゴイ勢いで出てきた!(^^)!

 

まずは、赤カレイ、日本海では一般的なお腹が赤い色味のカレイで、なかなか身厚で美味しいスタート

コショウダイ、、、初めて食べたけど、結構全国で獲れるイサキの仲間で、見た目は変わった石鯛みたいに縦縞あるらしく、せやからコショウダイといわれてるようで、カレイより味は淡々としてて、けどこちらも美味し、で

真鯛、、、北陸来てわかったこと、日本海の真鯛はどうもしまりがワルイみたい、荒波にもまれることがないのか、締め方なのか・・・

ヒラメはコリコリでここでもほんのり香りがあってええわ

みしまオコゼ・・・初めて知りました、全国で獲れるらしく鬼オコゼは釣ったことあるけど、これは釣れたことも見たこともない

オコゼというほど透明感はなく、フグみたいで、これは美味い!!

鍋でも食べたいなぁぁぁ

ブリトロ・・・氷見に来たらブリを、と言いたいけど、時期的にひと月早い、ザンネンでしたが、それなりにハラミのとこだけに美味しかったわん

カマスの炙り・・・カマスも日本海では一般的なのね、炙らないのが良かったかも

イシガキダイ・・・細かい斑点のある鯛で、石鯛とよう似ててしっかり味のある白身で

どうも北陸はイカ=アオリイカのようで、しっとりしつつ歯ごたえもあり、イカの王様で

ここにきて、アジ?やねんけど、地方の回転寿司のアジはこれまた新鮮で、都会のアジとは180度違う逸品で

実は、サバもほぼ生という逸品でした

30分一本勝負で臨んだ地方回転寿司篇でしたが、いやはやレベルの高さにビックリでしたわ

特にコショウダイ、ミシマオコゼ、イシガキダイ、アジ、サバはお腹に隙間があればおかわりしたかったぁ、、、ご馳走様でした

さて、お腹もパンパンで、氷見から国道を延々走り、峠を越え、能登の高速にようやくたどり着いたボクらは

道の駅で少し休んだ時

こんなチラシを見つけ

そうやんか、能登は連ドラ「まれ」の田舎やがな、と急遽思い出し

まれの高校時代のシーンが走馬灯で

こりゃ時間があれば行きたいな!!

で、遠回りして車内は歴代の連ドラのテーマ曲をガンガン流したりしてボルテージは上がり

あったあった!!

オープニングで出てきたキレイな模様の棚田

天気もバツグン、日本海の荒波もなく、

ここは、ええ景色だわーーーーーーーーーーーーーーーーーー

心が洗われます、しかしようこんなとこに田んぼ作りはったなぁ、、、大変だわ農家のみなさん

ここは観光バスもたんと来たはって、なんや急に「まれ」に囲まれた気分になってて

ボルテージはさらに上がり

その先は、ガンジさんの塩田で

道の駅になってて、市が保存してるらしく

朝ドラの撮影もここを使ってたらしく

そうそうガンジさんが桶で海水を運んでは、シャーーーーーーって撒いてはまた汲みに行く、、、大泉洋さんが俺もできる、言うてすぐに果てたシーンがここだわ!!

実際、この塩田は後継者もいなくて、今は市の担当者が昔ながらの製法で塩づくりをしてはるらしい

この釜で真夏に汗をかきながら作ってはるとのことで

ここでできる塩は売店で500円で売ってはって

役所のお姉さんがこんだけ作るの大変なのよ、って説明すると

観光客はそりゃ高くてあたりまえや、言うて大挙して塩を買い求め

ボクらも一緒に買い求め

あれ??こんなに塩買うて・・・って後悔すんねんやろなぁ、ってクルマに戻るとき思うのでした(^-^;

さ、次は旅の最後の宿に向かいます、、、続く。

 

*12/31-1/2はお休みします。

 

焼肉ほれぼれ

www.horebore.jp

ご予約、お問い合わせは

042-442-2989

まで

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-09 11:15:53

遅~い夏休みは北陸たべつくし その5富山の夜

テーマ:ブログ

今月から投入したガーリックチキン、なかなか好評ですよ。

ボリュームも凄いので、ぜひ一度お試しください。

年末は12月30日まで、年始は1月3日から営業いたします。

 

さて、まだまだ先月の続きなんで急いでつづります。

夕方まで小雨のトロッコ列車で宇奈月温泉に戻ってきたボクラは

急いでその日の宿に向かうことに。

この日の宿は金沢のY君に勧められた川の奥の奥の奥にある宿で

富山湾に流れる「小川」というなんの変哲もない名前の川沿いにぐんぐん走り

小川ダムというのを越えて

最後に長~~~いトンネルを抜けると・・・・道路は行き止まり

は???  そこに突然現れたのがこの旅館であって

実は元湯で400年前にできたらしい由緒ある宿とのこと、またすんごいとこに、作ったなぁぁぁぁぁぁ

チェックインして案内された部屋は開けると

16畳ものだだっ広い和室!!

さらに、なんじゃこれ??

6人も座れるリビングが・・・バーコーナーもある

首脳会談でもできそうなソファーで(^-^;

が、テレビがない、、、しかも意外に殺風景で寒々しくて、結局一瞬座っただけでぜーんぜん使わへん部屋でしたが(貧乏人にこんなん要らんわ)

なんでこんな広い部屋を・・・思い出したけど、半年前に予約したとき、アニバーサリープランとかいうの(一応結婚記念日なもので)にチェックした記憶があり、たぶんそれで

けど、そのあとチェックアウトまで、ドリンクも何もサービスはありまへんでしたけど(^-^;

眺めは目の前が紅葉と小川のええお部屋でありんす

とにかく時間も遅かったんで、急いで大浴場に・・・

400年前からの温泉・・・すんごい期待したお湯は

あれ????なお湯で

奥方に聞いても、そうなのよ、で

どうやら、長野育ちの奥方は温泉に対して厳しい目を持っており

ボクは、長年付き合うことで鍛えられた目を養えたようで

結果、ザンネン乍ら・・・

で、実はこちらには、大浴場の他に露天風呂が二つあって

よし、ほんなら露天や!で再挑戦

そしたら、なんと!!

えらい泉質が違いますやん、こちらのお湯は大変柔らかく、優しく、しっとりしたお湯で、おぉぉぉぉこれこそが400年の歴史ある元湯

・・・なんで大浴場は違うかったんやろ

これは奥方もおんなじ意見で、まぁ良かったからええか。。。

 

さて、お湯に満足したボクらは夕食会場に

最近のお宿は、ホンマお部屋でご飯食べさせてもらわれへん

、、、もっとも高~いお部屋なら別なんやろね

とにかくビールでスタート

前菜と先付けの後

いきなりのアンコウ鍋

富山湾は深海やから、アンコウも獲れるんですな

お造りはバイ貝に甘海老にブリ・・・と富山らしく

甘~い白エビはお造りと

かき揚げは塩とレモンでね。

このあたりで、日本酒飲みながら、すでにお腹いっぱいやねんけど、炊き合わせに氷見牛の陶板焼きと鮑のステーキ、揚げ物まで出てきて

〆は、、、赤だしにご飯

赤だしはええね、ホッとする。

富山は名古屋圏なのか、まぁ関西でも赤だしはよう飲んだけど。

その頃、料理長が各テーブルにご挨拶に

いかがでしたか?

・・・(実際、量多すぎやねんけど)・・・ハイ、食べるので精いっぱいです

なんて、アホ正直みたいな、答えにならん答えで、、、すみませんでした

でもなんで大半の旅館の食事は、これでもか、まだ食べれるか、て出てくるねんやろ

地産地消でほどよい食事でええねんけどなぁ(といいたかったけど、さすがに・・・)

結局印象に残ったのは、バイ貝のお造りと赤だしでした。( ;∀;)

ちなみにこの夜、東京の子供たちは冷蔵庫のありものとお店の残りもので

タタキやアボカドのお寿司を作ったらしく

なんや、こいつらいつのまにか大きなって・・・うれしいけど、ちょっと寂しなった夜でした。

 

焼肉ほれぼれ

www.horebore.jp

ご予約、お問い合わせは

042-442-2989

まで

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-05 15:53:08

遅~い夏休みは北陸たべつくし その4 富山篇

テーマ:ブログ

師走です、先週はおぉぉぉぉこれぞ、師走、的な、てんてこまいな毎日でした。

問題は、明日からドンマイにならんとええんですが(^-^;

 

さてお店からのご案内です。

年末年始は12月31日から1月2日までお休みいただきます。

新メニュー「大山鶏のガーリックチキン」、、、出足好調です。

ガッツリ柔らかくて美味しいですよ。

新しいサワー「スウィートジンジャーサワー」、、、3日間、まだオーダーありません、美味しいですよぉぉぉ。

 

さて、北陸の旅、その4 富山に行きました。

前夜は金沢の街を堪能し

ホテルに戻ると爆睡で

翌朝は朝ドラを観てから出発。

まずはレンタカーを借りて、近江町市場へ。

前日チェックしてたお店に行くも、まだ9時過ぎというのに満席ちゃんりんしゃんで

順番待ちの合間にウロチョロ散歩

まずは朝からお肉屋さんのコロッケ近江町バージョン

熱々はいつでも美味しいね、ソース欲しかった(^-^;

お向かいのフルーツやさんには

カットフルーツはやっぱしラ・フランスで

次に見つけたのは

あまちゃんはドラマ中で一個500円で、こちらも近江町市場価格500円で

これは食べるしかない訳で

そうこうするうちにカウンターに座れるようになり

こちらのお店はよくある海鮮なんちゃら丼だらけのメニュー表で

けどボクは丼は嫌いなタイプで

というのも好きなもんだけ乗ってればまだええけど

そんなワガママはないしイクラばっかりそんなに食べられへんし、、みたいな

で、黒板見ながらオーダーする訳で

まずはヒラメで、しっかりしてはる北陸産で

どうも北陸はアオリがメインらしく(スルメイカは見なかった)

高級品アオリは新鮮やから、しっとりしながらも食感はプリプリで

のどぐろはお初で、前夜の塩焼きとおんなじ子なんかいな、な別物で

ブリの子の腹、、、

あといくつか食べたけど

2人とも朝からお寿司には慣れてなく、しかもお茶やから進みにくく退散することになった訳で

〆はなんちゃら柑のジュース

さーぱり(^^♪

 

で、レンタカーに戻り一路富山にGo

今回の目的その3「もちろん紅葉」な訳で

それは宇奈月温泉の黒部川添いのトロッコ列車に乗ることで

道路はナビの言う通り、けど高速を高速で走り、ギリギリに宇奈月に到着。

駅のお姉さんから500円ちょいのリラックス車両も空いてますよ、な案内があり

今回は結婚記念日旅行ということもあり、ここは奮発せな男がスタル・・・

 

ホームには列車がまってはって

普通車両はオープンなトロッコで、これはたぶん季節的に寒いぞ、な

我々はなんでか車掌さんにグーされて(怒られてるわけではないはず)リラックス車両に乗り込む

まず窓が開閉できる、、、!!

椅子に背もたれがある、、、トロッコと特別車両は座る椅子はあるけど背もたれがない(笑)

つまりホカホカでリラックスできるのですね

なんで、特製駅弁・・・イカゲソフライおにぎりと富山名物マスずしの詰め合わせやねんけど(^-^;

ビールをいただきつつ、

富山出身の室井滋のなかなか役立つおもろいアナウンスを聞きながら

1時間半をゆーーーーーくり揺られながら紅葉を見つつススミ

やがて終点欅平に、

ただ現地は風も強く、小雨が降り始め

駅舎もデカいストーブがあるぐらいの気温で

その先は通行止めとなり、お客さんはみーんな元の宇奈月に帰るしかなく

 

我々は記念にと、立ち食いコーナーで

富山名物昆布を前面に出したおうどんで暖まり

帰りは一層寒く、雨も降ってきたので

行き同様リラックス車両で1時間半・・・紅葉もお腹いっぱいで爆睡するのでした。

ポコペン!!

 

焼肉ほれぼれ

www.horebore.jp

ご予約、お問い合わせは

042-442-2989

まで

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-29 11:26:02

遅~い夏休みは北陸食べつくし その3 金沢の夜

テーマ:ブログ

今日は11月29日、、、イイニクの日です。

焼肉ほれぼれでは、本日イイニクの日にちなみ

【ほれぼれ倶楽部】の来店ポイントを2倍とします。

みなさ~ん、イイニク召し上がりにお越しくださいませ!!

 

さて、11月14日月曜日の朝から北陸へ飛び立った一行・・・カミさんと2人やけど

は、現地で友人Yと合流し、

加賀温泉で真昼間から解禁したてのカニを無心に貪り

アルコールもちょいと入り

3人組&心優しいお金持ちのドライバーさんの新たなみご一行様は

金沢市内に入り、夕方4時、閉館ギリギリ・・・の兼六園に突入

中は紅葉真っ盛り!!

天気は良かったけど、もう夕方・・・暗いね

もみぢいーぱい

関東の紅葉はイチョウ系が多いから、紅葉やのうて黄葉やと思うんですが

どっちも秋を感じるけどね

結婚式に使うVP撮影してる新婚さんもいたはって

紅葉の兼六園は外人さんたちで盛り上がっており

我々は、端からはじまでスタコラサッサ・・・

斜め横断の兼六園はあーというまに終了(^-^;

もみぢと雪吊りも見れて、満足した一行は

一日ご案内してもろたドライバーさんにキチンと御礼を言うて別れ

 

我々にはY君奥さんも加わり、新たな御一行様は4名となり

その夜の夕食会場である、わなかさんに突入。

 

こちらは金沢きっての繁華街、香林坊の名店から独立された迷店らしく

新しいキレイナお店。

さらに、お店のお姉さんはみーんな若くてキレイ。

カウンターと個室があるみたいで、

わたしらは4人個室に案内され

はーい、再会のかんぱーい!!!

今回北陸の旅の目的その2は「日本海の肴&のど黒を食す」でありんす。

 

まずは突き出し

ドデカイプリプリの甘海老にバイ貝・・・金沢屈指でやんすな

どーーーーーーーーーん、とお造り!!

なめらというまはたに白カレイに甘海老にアオリイカと寒ブリ・・・いやブリの子(フクラギ??)

プリプリの新鮮な日本海のお造りは格別やねぇ。

やっぱり日本酒で、というか

Y君お店に断って持ち込みしてくれ、この時点でチビチビ飲むもススムススム(^^♪

 

昼はカニ三昧で夜は北陸のお魚三昧・・・浦島太郎はこれにお姉さんたちのハーレムで・・・そりゃ最後に年寄りされてもええ目したわな、なご馳走(^^♪

 

話は昔話満載で、熟年チームのありがちなパターンやけどこれが盛り上がるのね(^-^;

 

と、出てきはったのは、すんごいタラの白子の昆布焼き

とろーんに昆布〆めされたタラは北陸の味やねんね。

 

さ、お待たせしました、真打登場!!!!

今回の目的その2 Theのど黒!!

のどぐろ・・・脂ののったプリプリな塩焼で

遠火の弱火できれいに焼かれたはります。

Y君奥さん曰く、ここののどぐろの焼き加減は金沢イチ、とか

たしかに、脂がすごく乗ってる身に、

おろしにスダチを加え金沢独特の少し甘いお醤油をたらすと、

まぁさーぱりぷよぷよで、これまた日本酒が合う合う('◇')ゞ

 

地元、加賀レンコンと五郎島金時芋の天ぷら

どっちも初めて、、、シャキシャキのレンコンと甘ーいお芋さんは抹茶塩で最高潮に。

宴はたけなわ、の、〆は雑炊。

昼もそうやったけど、お鍋の〆やのうて、料理の〆に雑炊て、優しくってええね。

いやはや、すごいお店。

一晩で金沢を十分堪能さしてもらいました、ご馳走様でした。

 

その後、酔っ払い一行は、ひがし茶屋街とかいう町家な路地に出向き

Y君御用達、看板はない、渋------いお店に

完全に料亭の雰囲気、というか料亭です。

玄関からなかは、すべてがええ香りの畳敷き

奥にはこじんまりしたカウンターが二つあり

奥のカウンターにはきちんとした身なりのお客さん数名とおかみさんがいてはって

きちんとしてない我々は手前のカウンターに案内され、着物のおねえさんにご挨拶。

静かーーーなお店で、お客さんのおしゃべりだけがほのかに聞こえてくる。

さっきまでのほろ酔いは、ほどよい緊張感に変わり

お飲み物はぬる燗をお願いする

和装美人に注いでもらうのも、お通しの器も、もちろん久谷で

やたら緊張しつつ

ありゃ、目が座ってるわ(*_*;

緊張がほぐれるとろくなことはないので

お酒はほどほどに、1時間二本勝負で終了。

 

帰りがけに他のお部屋がチラリと見えたので、お願いしてちゃんとみせてもらう。

奥方はすんごい金屏風の前で正座したりして(これからなんの芸をしてくれんのか)

隣の間の宴後の席でいかにもさっきまで宴会してたかのように記念撮影

たまたま片付けてなかった席に座らせてもらっただけやねんけど(アホや)

いつかはこんな席で遊べるように・・・なぁんて

金沢茶屋町の宵は更けていくのでした。。。。

まだつづきます(^-^;

 

焼肉ほれぼれ

ご予約、お問い合わせは

042-442-2989まで

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-23 11:13:46

遅~い夏休みは北陸食べつくし その2

テーマ:ブログ

11月23日・・・今日は夜中から明日朝まで!!❄❆ゆきーーー!!!(*_*;

まだ11月でっせ、、、ホンマに降ったら1950数年以来とか

まずい、、、雪かき要るかな(^-^;

 

さて、遅~い夏休み北陸の旅 その2

 

月曜の午前中に小松空港に着いたボクらは

友人Y君と愛車レクサスの運転手さんにご案内いただき

航空プラザというとこでYS-11の操縦をシュミレーターで体験さしてもらい

ドキドキヘロヘロしながら無事着陸したら

時刻はちょうどお昼

加賀温泉にある司というところに連れてきてもらいました。

今回の旅の目的は

まずは「解禁になったホンモノのカニを食す」こと

小さい頃に福井や城崎で食べた記憶はあるけど

たぶん・・・大きなって自腹でホンモノの生や茹でたてのカニを食べ尽くしたことはない・・・

もちろんロシア産とかの冷凍を解凍したヤツでなく

地元の獲りたてを茹でてすぐ食べる・・・

さて、何がどんだけ違うんやろか・・・

 

ということで、お邪魔したのが、というか案内してもろたんが、

こちらの割烹旅館

・・・渋い、渋すぎる

けど、本物に出逢うには、これぐらいの渋さが必要である、、、な訳で

 

そーっと玄関を開ける・・・だれもおらん

すんませ~ん!!

て、おっきな声出したら出てきはった

加賀友禅でバッチシ決まった高貴な女将さん

・・・でなく、ふつーのエプロンしたおばちゃん・・・いや仲居様

予約したYです、ていうと、はいこちらに・・・て個室にご案内

昼から個室かい!!

いや、天下のカニ様にお会いするんやから、これぐらいちゃんとしとかな失礼にあたるぞ

に、しても、さすが割烹旅館

ランチと言えども、全個室で、手抜かりはない。

温かいおしぼりが出てきて

まずは、ビールでボクとカミさんと、いえ奥方と、Yくんとの再会に乾杯~

久しぶりやなぁ~、っていうや否や

失礼します!!って

あかん、まだ準備してへんかった

肩もできてないのに、いちなり一番バッターの登場や。

 

はい、香箱ガニ

福井とかはセコガニとも言うらしい、メスのカニ。

カマキリのメスはオスの何倍も大きいけど

カニのメスはオスの何倍も小さい

とはいえ、メスならではの卵、しかも真っ赤かな内子ていう卵子と

受精してぶどうみたいにたわわになってる外子がいーぱい付いている。

・・・つまり大量のイクラとおんなしで

大量のカニの卵を一気に根絶する、非情のライセンスのような食べ物かもしれん訳で

これはこれはカンタンに手を出すわけにはいかず、

キチンとご挨拶していただく

・・・濃い、甘い・・・うーんテレビの安もんなコメント

けど、ホンマにしっかりして濃厚な甘さがある、いやそれしかない!!こその絶品!!

まだ月曜の12時半というのにビールはどんどん進む訳で

一番バッターにセンター前をうちのめされた我々に来たのは

二番はキチンと次に進める定番

とはいえ、北陸産ガンド(ブリの子どもで、関東のワラサ)に真鯛、甘海老にアオリイカ

うんうん、10数年ぶりの北陸のお造りは、相変わらずなお仕事をしてはり

おまたせしました~

でーーーーーーーーーーーーん

 

一同シーーーーン

これぞズワイガニ、そして3人で2杯も!!

加賀市橋立港のタグ付き

ズワイは松葉、越前とも言われる中で、加賀の加と能登の能を付けて加能ガニと対抗しだしたんは10年ほど前らしく

しかも橋立港というのは、石川の中でもカニの本場な港で

当然ながら初めてのご対面で

キチンと正座して、初めまして店長です、て自己紹介しながら

まずはほのかなピンクなおみ足を二杯酢でいただき

何度もいうけど、稚拙な言葉ではあるが「甘いーーーー」に圧倒され

さらにビールは失礼にあたるぞ、と天の声が聞こえ

ぬる燗に変更

もちろん

甲羅酒も真昼間からしてしまう訳で

だれや!こんな食べ方思いついたんわ!!

はぁ~ん、ひどすぎる!!

この日こそ、日本人でよかったぁぁぁぁぁのシアワセ❤

今年から500円玉貯金始めてよかったぁぁぁぁぁ

ボクらはなぜか天井を見上げながらボーーーーっとしてたら

またまた仲居さんが

なんじゃあ、これは!!??(一応松田優作風に)

ジャ~ン、カニのお造り~~!!!!(ドラえもん風に)

ほんのりピンクにゆであがった先ほどのおみ足でなく

今度はいきなりストッキングを脱いだナマ足的お料理な訳で

持ち上げると決してスレンダーではなく、重量感があり、

でもセクシーでかわゆいナマ足で

かつてセクシーな時代はあったんかいな、な方はいきなしこんな食べ方でナマ足を食し

ボクらも負けじと顎が外れるまで大きな口を開けてナマ足を食し

なんだか涙が出てきそうで、

カニさんあ・り・が・と・う(滝川クリステル風に)

聞いてみたら、カニの足を向いて、身についてる薄皮をきれいにはがして氷水で一気に冷やす・・・ていう大変な作業らしい、旨さ倍増!!

もうヒイヒイ言わされながら満喫してたら

おまたせしました~

なんと、今度は焼き!!

なんという香ばしい神々しい香りなことか!!

これがカニなのか!!

先ほどがお嬢様としたら、こちらはすべてを知り尽くした熟女!!!!

しかも

こんな、こんな

カニみそまで焼いてしもてはる、、、

なんでこんなことまで・・・罪作りな

直火の焼きガニは茹でとは違い水分がなくなってるんで味がさらに濃厚で

いうことなし!!

 

いやはや、あさイチ羽田からやってきて、いきなしの連続特大パンチやぁぁぁぁ

って、のけぞってたら

失礼します、こちらが最後にりますぅぅぅ・・・って、うううう

鍋やん!!!

、、、カニチリ食べてへんのに、土鍋でカニと水菜を玉子で和えた

カニ雑炊出てきたーーーーー!!!!!!!

たしかにカニに圧倒されまくったけど、さすがにちょいと飽きたかな、

な贅沢な一瞬をみごとに打ちのめすような目の覚めるビーンボール

 

いやはや、こんなお店初めて!!

しかもランチは夜のコースの1/3のお手軽料金らしく(決してお手軽やないけど)

この時期は全国からいらっしゃいますよ、って

予約でいーぱい、ウハウハらしい(^-^;

もうすべてが羨ましい・・・

 

しかし一番バッターでいきなりガツンとやられて

最後のバッターで完全試合されてしもた

凄いぞ加能ガニ

凄いぞ司さん

ホンマご馳走様でした、感動しました、生涯忘れられへんお昼ごはんでした。

 

大満足のボクらは

ピカピカに光った愛車に乗せてもらい

小松を離れるのでした。

つづく

 

焼肉ほれぼれ

www.horebore.jp

ご予約、お問い合わせは

042-442-2989

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。