アメリカ留学物語

アメリカ留学をしていました。現在東京に在住。英会話のことを書きます


テーマ:

● When would be a good time for you?

    (いつにしたら、よろしいでしょうか?)

  

 

   would be a good time は、

   時間や日程の都合を調整するときの言い方です

 

   How about Tuesday afternoon ?

      No....that would not be a good time.

      Then.. when would be a good time for you?

      How about Wednesday morning?

      Okay.  

 

      などのように使います

 

   When would be a good time to call you back?

      (いつ頃電話をかけ直したらいいでしょうか)

 

   When would be agood time to ask her out?

   (いつ、彼女をデートに誘うのがいいでしょうか)

 

   When would be the best time to visit Japan?

      (日本に行くのはいつが一番よいときでしょうか)

 

   まだ、寒い日が続きますね

   Great day!

 

   

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

●  If it's not too much to ask.

     (もし大変でなければ)

 

  人にものを頼むときに、

  「大変になるんでなければ、」お願いしたいのですが

  と日本語ではいいますよね

 

  英語では、

  If it's not too much to ask

    といいます

 

  日本語と同じ発想ですよね

  too much は、程度がひどく、大変なとき、過度な負担なときに

  つかいます

 

  too manyは、数が多いということです。

 

  三連休・・・どこへ行こうかなあ

 

  まあ、あまり遠くへは行かないで・・過ごすことになりそうです

 

  Great day!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

●  That was far from ideal.

     (理想からはほど遠かった)

 

  far from は、文字通りは、そこから遠い

  かなり遠いということなので、「まったく異なる」「違っていた」

  の意味で使います

 

  日本語でも「程遠い」というと、まったく違うという意味で

  使いますので、同じ発想ですね

 

  We were far from disappointed when we were told that

    they could not come to visit.

    (彼らが来られないと聞いても、まったく残念でなかった)

 

    Far from helping the situation, you’ve just made it worse.

  (状況を助けるには程遠く、むしろ悪くしている)

 

  The battle was far from over.

  (その争いは終わりそうもなかった)

 

 

  3月も半ばですね

  まだちょっと寒い・・・

 

  Take care! 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

●  Seek ground for compromise.

     (妥協する理由を探そう)

 

  日本語なら、「妥協点を探る」「妥協策を探る」

  といいますが

 

  英語でよく使うのは、

 

  Seek ground です

  Seek common ground とも言います

  groundは、reasonの意味です

 

  There seems to be some grounds for their complaints.

     (彼らの不平にも根拠がありそうだ)

 

  groundは、文字通りは地面、基盤という感じなので

  日本語の「根拠」にも近い言葉です

 

  We have grounds to believe that you have been lying to us.

    (あなたがうそをついていると信じる根拠がある)

 

  政治は、大変ですね

  Great day! 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

● I would never have found this unless I had had to.

  (そうしなければならないことにならなければ、

   このことに気付かなかっただろう)

 

   今朝は、ちょっと難しい表現だけど

   日常会話でも出てくるものをとりあげます

 

   ポイントは、unless I had had to

       なんでhad hadと二回続くのか・・

 

   have to に 完了の助動詞haveがついていて、

   過去完了なのでhad had to なんですね・・

 

   ~しなければならないという状態を持っていた

   が文字通りの意味です

 

   ~しないといけないことに なっていた

   という感じ・・・・

 

   I have had to ~ であれば、その状態が今も続いている

   ことになります

 

   I had had to~は、今はもう「しないといけない」追い込まれた状態は

   終わっているのです

 

   unlessは、if not の意味なので、unless I had had to は、

   もし、追い込まれてなかったら という仮定の意味です

 

   したがって、主文には、必ず、would have ~ と仮定法が呼応して

   でてこないといけません

   ~という状態を持っていただろう、

   実際にはそうならなかったことを言います

 

   例文の場合は、否定形になっていますが

   I would never have found this

     このことに気付かない状態を持つことになっていた・・・

 

   つまり、このことに気付いているのですが、 もし、追い込まれなかったら

   気付けなかったよ と言う場合の表現です

 

   さて、ポイントは、unless I had had to です

   会話では便利です

 

   had toの後には省略されていて

   Unless I had had to work here

      (ここで働かざるを得ないことがなかったら)

   などのように・・・言ってもいいのですが・・

 

   会話だと省略されて使われることも多いのです

 

       You would not have called to me unless I had been calling to you.

       (わたしが、あなたに電話をかけてなかったら、あなたから電話をもらうことも

    なかったわよね)

 

       Great day!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● He is well respected.
     (彼は評判がいい)

  respect は、「尊敬する」と覚えている人が
  多いと思います
  日本語の尊敬するは、その人の人格が優れている
  人として見習うべき人の感じですが、
  英語は、もう少し幅広い意味で使われます

  He is a highly respected doctor.
    (彼はとても評判の高い医者です)

  仕事や技術が評価されていて、admiredの状態になっている人
  の意味で使います

  She is a highly respected colleague.
    (彼女はとても評判のいい同僚です)

  It's the most respected daily news paper here.
  (それが、一番評判のいい新聞です)

  Great day!


  
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
●  He felt overshadowed by the success of his sister.
      (彼は、妹の成功で、自分の影が薄くなったと感じた)

   日本語では、重要性が下がることを
   「影が薄くなる」といいますが、

   英語では、overshadowといいます
   これは、cast a shadow over ということで、影を落とす
   つまり、影にしてしまう、影にかくれてしまう というのが文字どおりの
   意味ですが、意味としては、make someone/something less important
      で、日本語では「影が薄くなる」「影を薄くさせる」ということです
   (影について、現象的には反対のようですけど・・・)

   The garden is overshadowed by tall trees.
       (その庭は、高い木の陰となっている)
   
    これが文字通りの使い方・・
  
   My happiness was overshadowed by the bad news.
      (私の幸福感は、その悪い知らせで、薄れてしまった)

   She is overshadowed by her younger and more attractive sister.
       (彼女は、若くて魅力的な妹のせいで影が薄い)
    
    これが比喩的な使い方・・・

    2月も半ば過ぎました
    Great day!
   

  
   
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● Keep calm and carry on.
    (気を落ち着けて、続けて行こう)

  carry on は、continue doing something の意味です
  
  Carry on.  You're doing fine.
    (続けてください。うまくやってますから)

  She moved to Kyoto to carry on her work.
    (彼女は、仕事を続けるために、京都に引っ越した)

  Just carry on with what you were doing.
   (やっていたことを続ければいいよ)

   It was so noisy that we could hardly carry on a conversation.
      (とても騒がしくて、会話を続けることがほとんどできなかった)


   Carry on!

      Great day!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
●  I'm just imagining things.
     (気のせいだと思う)

   日本語の「気のせい」というのを
   英語でどういうのが一番近いでしょうか

   直訳はないですから、意味で考えないといけません

   気のせいだと 言うときには、たぶんそうだと信じている
   わけではないでしょう? そんな風に思えるだけだ と
   言わないといけない・・

   たぶんまちがってると思う・・
   そこまで言うなら
   Maybe I'm wrong but I think... or I thought..

       となるでしょうね

   まちがってるとかどうかでなく、そう思っちゃうんだと
   いうのは

   I'm just imaging things ..

      thingsは、ばくぜんとした物事、何かです
   それをimagineするんだと。  imagineは、想像すると
   訳しますが、日本語のないものを想像よりはもう少し意味が広く
   想定する、あるいは単に思ってる という場合にも使います

   She always imagines the worst.
       (彼女はいつも最悪の事態を想定している)

      There is nothing here.  You're just imagining things.
       (ここには何もないよ。 単にそう思ってるだけだ(気のせいだ))
  
       
   気のせいだけどそんな気がするんだと
   ポジティヴに言いたいときは

   I get the feeling that .....

      というのが近い気がします・・

   なかなか、「気」という言葉は難しいですね

   Great day!

  
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
●  That would be tipping our hand.
    (そうしたら、我々の手のうちを明かすことになる)

  tipは、基本的な意味は、「落とす」ということです
  お店でwaitressやwaiterに渡すチップも、この「落とす」という原義から
  きていて、少しのお金を彼らのために少し落とすことを意味しています
   
     Did you tip the waiter?
    (ウェイターにチップを渡した?)

  例文のtip one's handは、慣用句です
  手の内を明かす、 to reveal what one is going to do
    の意味で使います

  I didn't tip my hand.
    (自分の手の内は明かさなかった)

  They tried to get me to tip my hand.
     (彼らは、ぼくに手の内を明かさせようとした)

  こんな風に使います
  Great day!
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。