KKベストセラーズユニオンのブログ

株式会社ベストセラーズでの健全な労使関係を目指すべく活動するユニオンのブログです。「いつでも、どこでも、どなたでも、一人でも」加入できる労働組合「東京管理職ユニオン」(http://www.mu-tokyo.ne.jp/)が管理、運営しております。


テーマ:

 お疲れ様です。事務連絡になります。

 先般、2月14日に会社に提出した「就業規則への従業員代表による意見聴取」の内容をここに公開します。

 手続き的には労働基準法90条(従業員代表による意見聴取)によるものです。

以下、書面の写真を添付します(本文下に意見書文面を起こしました)

 就業規則は、「労基法」では、従業員の同意がいるわけではありません。

 ゆえに、この意見書は「手続き」的に労基署に提出するために必要なものです。

 では、就業規則についての「問題」はどうするべきなのか(やはり、法的な権利=立場が保障されてないと、従業員は簡単に「スルー」され、話し合いの「場」すら作れないのが現状です)

 よって、現実的には、「憲法28条」▶︎「労組法」の権利、つまり、組合との団体交渉で「労働協約」として改正手続きを取っていきます。

 以下、手続きのフローです。

 

 この手続きの根拠は、先年8月の会社との「労働協約」と都労委での交渉で、集団的労使関係にあることを会社と組合が「承認」しあったことで、進みました。つまり、現状、「公的な労使交渉」段階にあります。

 ゆえに、当該案件である「就業規則」に関する交渉とその「合意形成=労働協約」は、今後、組合員、非組合員問わず、全従業員に自動的にアップデート(上書き適用)されるものだということです(ただし、それ以外の一部の権利交渉とその成果は除く)

 労働協約>就業規則(この「不等式、効力」はぜひ覚えておいてください)

 また、今回の従業員代表選挙の位置付けとして、昨年は3月期になされました(新年度=4月1日前に労基署に提出)が、本年度は「会社の意向」を鑑み(「育児・介護法」改正)、開催されたたことは「特記」しておきます。

 引き続きよろしくお願い申し上げます。

 

ベストセラーズユニオン

執行部一同

 

【以下「意見書」文面】

●  2016年8月に、労働協約を踏まえ、労働組合が結成されました。労使ともに集団的労使関係にあることを認め、会社と組合は、現在、団体交渉を継続しております。ゆえに実状に鑑み就業規則(以下、「規則」という)「第14条(組合活動、集会等)」の早急な改正を求めます。

●  2016年12月26日に、全従業員に規則が開示されました。しかし、規則とそれを補足する規程(以下、「内規」という)内規の整合性が取れていない条文があります。例えば、給与規程1条に対応するはずの規則71条は全く異なる内容です。これは会社が従業員に対し「周知することなく」規則の改正をしてきた証拠です。このことは労働契約法9、10条の「不利益変更」に抵触する問題です。規則改正は、当該改正条文の合理性を踏まえ、従業員との合意形成の手続きを会社に求めます。

●  規則と内規の詳細に関する問題ついては、適宜、団体交渉を行っていきます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。