土岐綾子の人生はアート!人は皆アーティスト!

アートは楽しい!難しそうな美術、お芝居の楽しみ方を提案します☆きっと新しい世界が見えてくる☆


テーマ:
お台場の、日本科学未来館で、4月20日から公開される
3Dドーム映像作品『9次元からきた男』 
の試写会に行ってきました。




こちら、4月20日にリニューアルオープンするそうです。





この館のなかに、ドーム型の劇場(ドームシアターガイア)があり
4月20日から上映されるのが
映画、「9次元からきた男」。

今、最先端の科学では、マクロの世界とミクロの世界を
統一した万物の理論を追求中で、
まだ仮説ですが、超弦理論が、有望視されているようで
それを、可視化するために作られた映画です。

お招きいただき、映画の先行上映と
この映画の監修をされた、大栗博司先生のレクチャーに
行って参りました。



映画は、ホラー映画で有名な清水崇監督の作品。
今回は怖さはありませんが、さすが清水監督
観客を引き込む手腕は見事。

そして、ドームシアターでの3Dの映像体験は
これまでの、3D映画とは次元が違う印象でした。

半球型の天井に映し出されるからなのか
立体感が強く感じられ、広い視界の端のほうから
突然現る映像に驚いたり、はっとしたりと、
見たことの無い映像がいっぱいで、
科学にあまり詳しくない私もわくわくの
見ごたえいっぱいの映画でした。



そのあと、大栗先生のレクチャーでしたが、これが面白かった!

先生は、カリフォルニア工科大学教授・理論物理学研究所所長であられ、
同時に東京大学 カブリ数物連携宇宙研究機構の主任研究員でもいらっしゃいます。

科学者の目から、かなり細かい点についても
間違いがないようにと、沢山注文をされたそうです。
なので、最先端の科学の成果が
惜しみなく映画に注ぎ込まれています。

この映画は、現在の科学の成果を
可視化することが目的で作られており、
ビジュアル面も様々な協力のもとに出来ているそうで
先生も、熱く語っておられました。

ニュースなどで、名前だけは知っている
クォークや、ニュートリノなどを、視覚化されると
自分には関係ない・・と思っていたものが
急に身近に感じられるのが、映像の力のすごさです。

細かい点まで、たいへんこだわったそうなので
科学に詳しい方が見ると、
より面白い発見に満ちた体験ができそうです。

タイトルの9次元とは何か?ということについては
私たちが日常認識している3次元の他に
6つの次元を仮定すると、理論に整合性が生まれるのだとか



さいごに、左から、ビジュアルディレクターの山本信一さん、
清水監督も登壇され、なんとも豪華な挨拶。

大人がみても、子供がみても楽しいですし
この広い宇宙はどんなものなんだろう?
世界を細かく細かく見て行ったら、何が見えるんだろう?
といった、子供のころに一度は持った疑問に
多くのヒントを与えてくれる、貴重な体験になること
間違いなしの映画です。

4月20日から、お台場の日本科学未来館にて。
オススメします!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

土岐綾子@アートナビゲーターさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。