ワークショップのお知らせ

テーマ:

ワークショップのお知らせ


TJP(Theatre Japan Productions)主催のNYアクターズ・ワークショップ。


今年で7年目となりましたニューヨークより、ブロードウェイなどで活躍中の講師を招いての革新的な演劇アプローチを学ぶクラス。


今回は昨年に引き続きマイケル・チェーホフ・テクニックを指導する、ラグナー・フライダンク氏の演技アプローチ・クラスとなります。


クリエイションワークショップ「天国への挑戦(仮題)-ブレーメン・プロジェクト-4月クラス」

講師ラグナー・フライダング 


A・高遠会場2009.4.17 Fri.~2009.4.20 Mon. 10am~5pm


B・東京会場2009.4.22 Wed.~2009.4.24 Fri. 1pm~5pm


受講料4月クラス・・・・・・・・全日程参加¥43,000(6日間・宿泊・宿泊時食事代込)           

東京会場のみ¥18,000(3日間)

(テキストは個々でご準備下さい)


定員限定18名


参加資格

18歳以上の男女


応募締


2009.3.31 Tue.必着 

(共に定員に達し次第締切)


応募方法


履歴書と申し込み書を期日までに下記申し込み先までお送り下さい。


申込書の入手やワークショップ詳細については下記問合せ先まで。


問合せ先

株式会社ジャパンアクションエンタープライズ内NYアクターズ・ワークショップ事務局

〒160-0023 東京都新宿区西新宿5-12-1 MASUDA BLD.1FTEL 03-3377-6031 FAX 03-3377-5198 E-mail ent@japanactionenterprise.com


講師の紹介   ラグナー・フライダンク(NYマイケル・ハワード演劇スタジオ)


マイケル・チェーホフ・アソシエーション(MICHA)を代表する演技指導者。

ドイツ・ハンブルグ出身。ハンブルグ大学演劇科修士課程卒。

テッド・ピューグおよびフェーン・スローン(MICHA公認指導者)に師事し、マイケル・チェーホフ・テクニックを学ぶ。現在、NYにおいて、マイケル・ハワード・スタジオで演技や即興のクラスを指導するほか、コロンビア大学の修士プログラムでも演技を教えている。



講師の紹介  高瀬一樹(Theatre Japan Productions代表)


劇団前進座に生まれ育ち5歳の時に初舞台。

NYシティーカレッジの演劇科を卒業。ロバート・ウィルソン作品などでウィーン国際演劇祭、シチリア演劇祭などに参加。97年、TJPを設立し、ラ・ママ実験演劇センターにて近松作品“心中天の綱島”を上演。オリジナル作品には“景清拘留” “ジャンパーズ”(2003年シアターXプロデュース公演)など。

その他、“死者を葬れ”の演出(2004年木山事務所25周年記念レパートリ公演)、“シェイクスピアのR&J”(パルコ劇場、演出補)、“フェードラの恋”(2007年シアターX)などがある。


テキスト 『ブレーメンの自由』 ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー作1982年 フィルム”ベロニカ・フォスのあこがれ”でベルリン国際映画祭、金熊賞を受賞したライナー・ヴェルナー・ファスビンダーが書いた”ブレーメンの自由”は”ぺトラ・フォン・カントの苦い涙”に続くオリジナル戯曲であり、愛と搾取の関係の中で苦悩する女性を主人公としている。1971年ブレーメン劇場の委嘱を受けてこの作品を書き上げ、同年12月に彼自身の演出で初演した。


AD


シアタージャパンプロジェクト

みなさんにお会いできるのをとっても楽しみにされているそうです!


以下ラグナーからのメッセージです

高瀬氏和訳は下方にあります!


New York City, March 28th, 2009


Dear Actors,



I am very excited to invite you to a 6-day performance workshop, working with Fassbinder’s play: Bremen Freedom, in a Japanese translation by Kazuki Takase.


This workshop is in the tradition of the 2 last workshops I was honored to hold in Tokyo.

The work we will be doing is based on the Teachings of the great Michael Chekhov, nephew of the Russian playwright Anton Chekhov and protégé of Konstantin Stanislavsky, the father of Western Acting Technique.


You might know that Stanislavsky and most of Western Acting is based on a very psychological approach to theater and the creation of character in which the actor tries to portray on stage behavior similar to how he himself behaves in everyday life. This has created a popular image of acting over the last 90 years, especially visible in many movies created in Hollywood.


Michael Chekhov, himself a brilliant actor, noticed that his approach to character and theater was decidedly DIFFERENT from Stanislavsky’s. He found himself “haunted” by images that he felt a need to incorporate. The character’s he portrayed on stage were bigger and different from the way he himself behaved in real life and he realized his creativity was rooted in his own IMAGINATION, and that his imagination had the power to change him and lead him to do things on stage that he as a private person would never do.


Throughout his life Michael Chekhov wrote down his experiences and created a Technique for the actor that was very different from the psychological realism of the time around him and connected with other traditions of theater that were imaginative, playful and rooted in older and more mysterious sources, like Commedia d’elle Arte, Clowning and Shakespearean Drama. In this way Chekhov is the link to more ancient forms of Western Theater.


In my time in Japan I have noticed how many Japanese actors are replicating contemporary Western acting styles that are rooted in the psychological behavior of Western people. My experience of Japanese culture though is, that it is much subtler, colorful and imaginative than contemporary Western culture how it is portrayed by Hollywood. My experience in working with actors in Japan is that the Japanese actor has an inherent sense of taste and aesthetic style. In our workshops I noticed with what ease and intelligence the Japanese actor relates to Michael Chekhov’s suggestions and how this Technique seems to connect to ancient imaginative forms of theater in Japan’s culture, like No and Kabuki.


I am very exciting to continue working with this approach with actors in Japan and to introduce a method of working that I feel helps avoid the replication of outer Western “forms” and connects with artistic impulses within the theater artist in contemporary Japanese culture. As in the last workshop we began working with Fassbinder’s Bremen Freedom, we realized the importance and significance of his words for today’s times, especially for the role of women in society. I witnessed some of the most subtle, astonishing and powerful performances by women on a stage I have EVER seen.


I feel very blessed for having been able to work with so many wonderful actors in Japan and am very excited to return in April. I would be looking forward to working with you again, - or to meet you for the first time and teach you and learn from you.



Sincerely,


Ragnar Freidank







Ragnar Freidank is a Teacher and award-winning Director of film, Co-Artistic Director of the “Michael Chekhov Master Classes” DVD-series (Routledge) and Master Teacher for the Michael Chekhov Association. He is on the faculty of the MFA Acting Programs of Columbia University and The New School of Drama in New York City.


Testimonials:


Ragnar is an artist, both as a teacher and as a director. He is on an impassioned and relentless search to discover ways of connecting the actor with his own resources and with his relationship to the audience. He has developed a rich and complex approach to Public Aloneness, which is often at the root of the actor's creative inhibitions, and not often addressed.

Joanna Merlin (Author of Auditioning: An Actor Friendly Guide, Broadway, film and television actor, recurring role as Judge Petrovsky on Law and Order SVU).


Ragnar is an incredibly generous, curious, and imaginative teacher, who knows how to help illuminate character and motivation and help you move forward as an actor. He has a multi-faceted approach to teaching and acting work; he is rooted in the Michael Chekhov technique but also open to many other methods and approaches. He is a wonderful teacher and an inspiring artist.

Diane Davis (Broadway and television actor, Broadway debut 2006 in Festen; television credits include Without A Trace, Law and Order, and Filthy Gorgeous)


Being in a rehearsal hall or studio with Ragnar is a constant source of clarity and inspiration; it is a keenly observed exploration into the heart of the matter, or certainly somewhere in that vicinity.

Brent Carver (Broadway Actor, Tony Award Winner: Kiss of the Spiderwoman)


俳優の方へ、

  この6日間のワークショップに皆さんの参加を呼びかけながら、心が浮き立っています。 ファスビンダーの戯曲(ブレーメンの自由)[高瀬一樹訳]を題材に作業をします。

このワークショップは、光栄なことに私が東京でこれまで2回開催することのできたワークショップの形式を継続するものです。作業の基本はマイケル・チェーホフの教えに基づいています。作家アントン・チェーホフの甥であり、西欧の演技術の祖といわれるコンスタンティン・スタニスラフスキーの直弟子でした。

  

  もうすでにご存じだと思いますがスタニスラフスキーや西欧の演技術の大半は演劇への考え方、また役作りにおいて心理的なアプローチを基本とします。俳優は舞台の上で

の行動をできる限り日常生活に近づけて演じようとします。この方法は過去90年間に

好ましい演技術として見られるようになり、特にハリウッドの映画の中でよく見てとれます。

  すぐれた俳優でもあった、マイケル・チェーホフは自分の演劇へのまた役作りのアプローチがスタニスラフスキーのものと確乎として異なっていることに気がつきました。

彼は自分が“思い描くもの―イメージ”が頭から離れず、それを演技に役立てる必要を感じました。彼が舞台上で演じた人物は日常のなかでの彼よりも壮大で異なっていました。 彼は自分の創造性が自分の想像力の中にあることに気がつきました。 想像力が原動力となり彼を変化させ、日常ではしない行動を舞台上で彼に可能にすることに。

  一生を通じてマイケル・チェーホフは自分の経験について書き留め、当時周りにあふれていた心理的リアリズムとは異なる演技術を生み出しました。 また、他の様ざまな演技術、古くからあるもの、神秘的な始まりをもつコメディア・デ・ラルテのようなものや

シェークスピアのドラマなどと係わりを持ちました。 こう考えるとチェーホフは西欧のもっと古い演劇の形式との懸け橋でもあります。

  私は日本において、たくさんの俳優さんが心理的リアリズムに基づいた西欧の演技術を模倣していることに気付きました。 しかし、私が実際に経験した日本の文化はハリウッド映画が描く西欧の文化よりもっと繊細で色鮮やかで想像力に満ちていると思います。

日本の俳優さんと作業をして気がついたことは日本の俳優は持って生まれた美的な感覚とスタイルを持っているということです。ワークショップの中でマイケル・チェーホフが

提示する課題に対して彼らが知性をもって非常に自然に対応することに気付きました。

チェーホフのテクニックはそういう意味では、日本の能や歌舞伎のような昔からある演劇の形式とも繋がっているのかも知れません。

  私はこのチェーホフのアプローチにより日本の俳優さんと作業を続け、西欧の形の単なる模倣から抜け出し、現代の日本における現代俳優としての芸術的感性を見つけることを手助けできることに喜びを感じます。 私たちはファスビンダーの(ブレーメンの自由)を使って作業を開始した前回のワークショップで、ファスビンダーの言葉の今日的な意義と重要性、特に女性の社会における立場について彼の言わんとしたことの意義について深く確認しました。その過程で、私は今までに見たこともないような繊細でかつ力強い、衝撃的な演技を見ました。 

  4月にまた日本を訪れることができ、とても幸運です。 また、一緒に作業することを楽しみにしています。 また、初めてのあなたと出会い、お互いから学びあえることを

期待しています。

敬具

ラグナー・フライダンク  


AD