ちよれん代表者会議にて

テーマ:
ちょうど1週間前になりますが
2月15日(水)18:30~


平成29年度
第1回千葉よさこい連絡協議会の
代表者会議が開催されました。


代表の金崎さんよりお声掛けを頂き

今回、千葉よさこい連絡協議会
座ヨサコイの責任者 みなこ、として出席。


会議では

出席された25チームの代表の方々に
座ヨサコイの活動を報告する
機会を設けて頂きました。


報告では

座ヨサコイを始めた理由。

そして、
これからのよさこい活動には

超高齢社会、障がい者等の
個別性に向けて

簡単・楽しいはもちろん、

安全かつ健康効果があり、
そして観てもらうだけでなく
こういった方々に参加してもらえる
内容の演目があることも

よさこいの認知、拡大においては
必要ではないかと言うことを
お話しさせて頂きました。

活動展開するには
もう少し練る必要がありますが

ちよれん代表の金崎さんからは

「ヨサコイに関するものは、
当事者も責任を持って広めることと、
勝手に広めないっていうのは大事だよね」とのお話しがあり

私自身も身の引き締まる思いでした。

貴重な時間を割いて頂き
本当に感謝です。


すでに特別養護老人ホームで
活動する機会のあるチームの方々から

「うちではこうやっているよ」

「元気な演舞を披露するだけでは限界を感じていた」

「ぜひやってみたい、教えて欲しい。」
という、お話しを頂き、

希望ある活動だと
実感できた会議出席でした。

AD