香川県高松市では現在、(子ども・子育て条例)が可決寸前です!!

県都高松市でこのような条例が可決されれば、周辺の郡部へ飛び火するばかりか、やがては全国の政令指定都市や他府県の革新派勢力の動きが活発化するのは常道です。
高松市では自治基本条例がすでに施行されています。
これが意味するものは、いわば住民票が市内にあろうとなかろうと、日本国籍があろうとなかろうと、未成年であろうとなかろうと、堂々と高松市民だと認められるということです。
市民とは、なにもプロ市民だけを言うのではありません。どうぞ全国の良識ある保守市民の皆様で、高松市子ども子育て条例の周知と合わせて、高松市議の先生方への提言をお送りくださいますようお願い申し上げます。この条例の中身は、子どもや子育て支援という美辞麗句を並べ立て、
一部の偏った民間人による外部委員会【高松市子ども子育て支援会議】が子どもたちや教師、保護者までをも、自らの政治利用のために操ろうとする、大変怪しげな内容となっております。
高松市子ども・子育て条例の危険性についてはこちらをご覧ください↓

緊急拡散・名を変えた「人権委員会設置法案」か。高松市議会で可決寸前!「子ども・子育て条例」

同条例は、大西ひでと高松市長や、市民フォーラム21という会派及び高松市子ども条例検討委員会という民間人による外部団体の主導により、議会で賛成多数で可決寸前の状態となっているそうです。
市議会の会期は、平成25年3月4日~25日まで。本日が3月11日ですから、残すところあと約2週間ですが、これは
いつ可決されてもおかしくない緊迫した状況と言ってよいと思います。

(子ども・子育て条例)の可決を死守できる道はたった一つ。

市民の皆様により高松市議会の先生方へ働きかける方法しかもう道は残されていないのかも知れません。

特に、保守系市議団の自民党「高松市同志会」の先生方への働きかけが有効かと存じます。

高松市議会の定数40名のうち、24名の最大会派をほこる自民党「高松市同志会」の先生方が全員反対してくだされば可決など絶対にあり得ません!

もし万が一にも可決するようなことがあれば、獅子身中の蟲がこの中にいると言っているも同然ではないでしょうか。

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

このブログを見て、一体地元の自民党は何やってるんだ!!とお怒りになられることは重々承知です。
これを可決してしまえば、保守政党の体を成していないといってよいと思います。

自民党香川県連の名誉の為にあえて申し上げますが、私の知る限りでは、自民党香川県連は「高松市子ども子育て条例」の内容改善を提案する提言書を、去る34日早朝に自民党「高松市同志会」へ提出しているとのことです。

これは、同じ自民党会派としての礼節を尽くした極めて紳士的な提言方法であります。
しかし、高松市同志会はこれを、即日却下したと聞いています。

・・・一体なぜでしょうか? 私には全く理解できません。

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

こうなればもう、市民の立場からなんとしてもこの条例を阻止するしか道は残されていないのではないかと考えます。

どうか皆様、この条例内容を危惧され、問題意識を共通にされている皆様のお力で以下の連絡先へ、可決への反対、または反対している先生方への応援メッセージを送って頂けませんでしょうか。

※高松市では自治基本条例の施行により、住民票が市内にない方でも市民とみなされます。
どうぞ、良識のある皆様のお力添えを、何とぞお願いいたします。

高松市議会議員一覧 定数40名
高松市議会議員一覧 自民党同志会 計24名 あ~か 計24名
高松市議会議員一覧 自民党同志会 計24名さ~わ  
高松市議会議員一覧 市民フォーラム21 7名      
高松市議会議員一覧 無所属 3名
高松市議会議員一覧 公明党 6名