各地で熱戦&感動が繰り広げられています

テーマ:

この時期と言えば、
各地で熱戦が繰り広げられている夏の甲子園を目指した熱い戦いの地方予選。
連日、続々と出場校が決定してきています。
今日は秋田大会で、

先週は青森大会、山形大会で
昨日は岩手大会、福島大会、栃木大会、新潟大会、長野大会、山梨大会で

当グループスタッフが各会場の決勝大会会場で記念に残る。。。あるモノを

作成して配布しています。試合終了後に配布されますので、会場にお越しの方は
是非、受け取ってみてください。

明日は、茨城大会、千葉大会、広島大会で

明後日は、群馬大会、埼玉大会、西東京大会、静岡大会

その後も宮城大会、東東京大会、神奈川大会へと続きます。

 

同様にこの時期の風物詩と言えば

花火大会・・・こちらも当社スタッフが各地で打ち上げに向けての準備を・・・
まさか?こんなことをしているんだぁ~と思われると思いますが、花火大会には

不可欠な業務なんですよ
既に終了した伊勢神宮奉納花火大会や東京競馬場花火大会。。
今月末の隅田川花火大会にも
8月1日のPL花火大会、小田原、川崎、下妻、調布、武蔵境でもスタッフが
活躍をしてくれます。

 

熱い戦いの裏には、そして感動のシーンの裏側には、当社スタッフの頑張りが

実はあるんですよ・・・

 

 

AD


高校時代から代表に名を連ね、2009年4月の日本選手権でその才能が本格開花。100m背泳ぎで日本記録を連発。決勝では日本人初の52秒台で初優勝を果たすと、同年ローマで行われた世界選手権100m背泳ぎで見事金メダルを獲得。翌2010年のパンパシフィック選手権でも銀メダルを獲得。順風満帆に思われたが、ロンドン五輪選考会ではわずか0秒05派遣標準記録に届かず、代表入りを逃す。米国に拠点を移し臨んだ4年後のリオ五輪選考会。準決勝では派遣標準記録を突破するも決勝3位で再び涙を飲んだ。が、米国で得たパワーは自由形にも備わり、400mFRメンバーとして悲願の五輪切符を獲得。仲間と共に初の五輪の舞台で世界に挑む。 (公益財団法人日本水泳連盟 トビウオジャパンブログより)

 

古賀淳也プロフィール

生年月日:1987年7月19日
出身地:埼玉県
所属:第一三共/スウィン埼玉
コーチ:Mike BOTTOM/ Sam WENSMAN
身長:181cm
体重:80kg
血液型:B型
出身校:春日部共栄高校(2006年卒)
早稲田大学(2010年卒)
ベストタイム:
100m自由形 49”25
50m背泳ぎ 24”24(日本記録)
100m背泳ぎ 52”26
50m自由形 22”39
twitter:@junya_koga


国際大会出場経験:
2004年 ジュニアパンパシフィック選手権(マウイ)
2005年 東アジア大会(マカオ)
2006年 アジア大会(ドーハ)
2007年 世界選手権(メルボルン)
2009年 日豪対抗(キャンベラ)
2009年 ユニバーシアード(ベオグラード)
2009年 世界選手権(ローマ)
2010年 パンパシフィック選手権(アーバイン)
2010年 アジア大会(広州)
2011年 世界選手権(上海)
2014年 パンパシフィック選手権(ゴールドコースト)
2014年 アジア大会(仁川)

主な戦績:
2005年東アジア大会 50m自由形 銀メダル
2005年東アジア大会 50m背泳ぎ 銀メダル
2006年アジア大会 50m背泳ぎ 金メダル
2007年世界選手権 50m背泳ぎ 7位
2007年ユニバーシアード 50m背泳ぎ 銀メダル
2009年ユニバーシアード 50m背泳ぎ 金メダル
2009年ユニバーシアード 100m背泳ぎ 銅メダル
2009年世界選手権 50m背泳ぎ 銀メダル
2009年世界選手権 100m背泳ぎ 金メダル
2010年パンパシフィック選手権 50m背泳ぎ 金メダル
2010年パンパシフィック選手権 100m背泳ぎ 銀メダル
2010年アジア大会 50m背泳ぎ 金メダル
2010年アジア大会 100m背泳ぎ 銀メダル
2014年アジア大会 50m背泳ぎ 金メダル
2015年全米選手権 100m背泳ぎ 優勝
2016年日本選手権 100m自由形 4位

(全て公益財団法人日本水泳連盟 トビウオジャパンブログより)
 

AD

リオに向けて出国しました

テーマ:

今朝、競泳の古賀淳也は羽田空港よりリオ五輪に向けて出国いたしました。

※400mフリーリレーに出場する小長谷研二選手と出国前画像です

 

ここまで国内でしっかり合宿、調整を繰り返し、順調に仕上がってきたと思います。

※結団式&壮行会時の画像です。

左から塩浦選手、古賀淳也、松田選手、小長谷選手、藤井選手です。

 

古賀淳也は明日7月19日に29歳のバースデーを迎えます。

29歳でブラジルに降り立ちます。

 

私も8月初旬、リオ五輪会場に向けて出国いたします。

AD