さささっのブログ

さささっの日常を書いていきます


テーマ:

新テーマです。

最近ギター関連の楽器も触るようになったんので、エフェクタに利用する(というか電子楽器は多くで採用されている) 9Vのパワーサプライを自作することにしました。


部品

秋葉原で購入。

・ケース SY-110B
・トランス HT-1203
・基板 秋月電子 C型
・電解コンデンサ 4700uF
・電解コンデンサ 22uF
・セラミックコンデンサ 1uF(x2)
・正電源用9Vレギュレータ NJM7809
・トグルスイッチ
・LED
・抵抗4.7kΩ
・メガネコネクタ(AC100V用)
・ブリッジダイオード(写真に載せ忘れました)

です。このほかM3の大きさのビス、ワッシャー、ナットを利用しています。

交流→直流変換基板はこれ とブリッジダイオード

フロントパネルは2.1mmDCジャック(マル信のMJ-60というものを利用しましたが、おすすめしません。作りが良くないです MJ-10とMJ-14は以前利用しましたがこちらは大丈夫です。)

電源部はこれ。トランスは大きさの都合上0.3A品のHT-1203(豊澄)です。メガネ入力から片方だけスイッチに持って行き、そこからトランスに流します。必要に応じてヒューズ利用したほうが良いと思います。



ケースはタカチのSY-110Bです。

なんとパネルは金属(黒アルマイト)という仕様。ゴム足まで付属していました。非常に加工性の良いケースと思います(価格も良心的)


フロントパネルはこのくらいの大きさ

トランスと基板を置くと良い感じです。


基板に部品を乗せていき、


交流(トランスで12Vに下げています)→直流9Vの変換基板が完成。放熱板はトランスの規格考えてそんな発熱するほどの電流流せないのでいらなかったと思います。


放熱板は秋月30円のもの。またいつか必要になったらここからぱくっていきましょう。


裏パネルを写真のように6カ所穴あけ 基板とりつけとトランス取り付け用です。



配線を切断し

基板に事前に取り付けていきます。

フロントパネルはけがきをして


穴あけ。ドリルでは足らない分はリーマーで広げていきます。1mmのアルミ板なので加工は用意。



ということで今回はここまで。次回はフロント・リアパネルの各種部品取り付けと配線を行っていきます。


ではでは。次記事はこちら↓


[自作パワーサプライ]製作2


(追記)

さささっ.jp にダイジェストと回路図等の公開をいたしました.


さささっ.jp パワーサプライ

さささっさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。