歯科最前線・Dr.ひげずみのブログ

大阪のミナミ、心斎橋の歯医者のブログです。
歯科の最新情報、医院や歯科界の出来事、先生やスタッフのこと、
ミナミ、心斎橋界隈の情報などをあれこれお届けします。


テーマ:
医院ホームページのリニューアルに伴い、
過去のブログ記事の多くを新しいホームページに転載いたしました。
今後このアメブロには、よりプライベート色の濃いブログを掲載していきたいと思います。

何卒よろしくお願い申し上げます。

医院ホームページのブログはこちらです⇒http://www.the118.com/diaryblog/
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「日野歯科・医院だより」 の記事

テーマ:
桃岩展望台から、ふもとの知床地区におりてくると
楽しいトレッキングも終わりです。

そして香深港へ。

13時05分のフェリーで稚内に向かいます。

ウミネコが長い間フェリーを追いかけ、
いつまでも名残を惜しんでくれているようです。
ウミネコ 
ウミネコ 

本当に心に残る島でした。

さよなら利尻・礼文


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
桃岩コースのトレッキングは桃岩展望台からふもとの町、
知床地区へ下って行くのですが、その終盤、小高い丘の上に、
そう、映画「北のカナリアたち」の舞台になった分校が見えます。
北のカナリアたちの舞台
この写真を見ると映画の感動が蘇りますなー。
北のカナリアたち分校 
下の写真をご覧ください。
左上の数本の高い木に囲まれているのがこの校舎ですが、
手前に青い屋根の建物が見えるのがお判りでしょうか。
北のカナリアたちの舞台
実はこれが今は廃校になってしまっている、島の本当の小学校です。
映画のロケにあたって、島ではこの建物を提供しようとしたそうですが、
大きすぎてイメージに合わないということで、
丘の上に小さな赤い屋根の校舎を建てたそうです。
つまり、映画の分校はセットというわけですな。

現在この分校のセットは映画の記念館として保存する予定だそうです。

映画がヒットして、この分校が島の観光のもう一つの名物になることを祈っています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
足元に咲いている様々な可憐な花を見て歩くことが、礼文島のトレッキングの醍醐味です。
花のガイドは次々にその花の解説をしてくれます。
そのたびにへ~と思い、花の名前を覚えようとしますが、
あまりの数の多さに、教えてもらったしりから、次々に忘れ・・・
そして今では数種類の名前しか頭に残っていません・・・

そんなわけで、名前は置いといて、
ほんの一部ですが、花の写真をアップします。
礼文の花
礼文の花
礼文の花 
礼文の花 
礼文の花 
礼文の花 
礼文の花 
礼文の花  
礼文の花 
礼文の花
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「コリンシアン」で北の海の幸を満喫した翌日は、いよいよトレッキングです。

「花の浮島」礼文島で美しい花畑を満喫するためのトレッキングには
4時間コース、8時間コースをはじめ様々なトレッキングコースが設定されています。

もし時間が許せばゆっくりと島の自然を満喫したいものですが、
私は午後のフェリーで稚内に渡り、その日に札幌まで戻るつもりでしたので、
昼まででも島のエッセンスを堪能できる桃岩展望台コースを歩きました。

桃岩展望台から
礼文島トレッキング
礼文トレッキング 
礼文花の浮島 

元地灯台を経て
元地灯台

知床地区におりていく
礼文島トレッキング 
 
礼文トレッキング 

2時間半ほどのコースです。
草原、湿地、岩場と変化に富む様々な景色を楽しむことができます。

 トレッキングはぜひとも「花ガイド」とご一緒に。
足元に本当に様々な可憐な花、珍しい花が咲き競っていますが、
それを知らなかったり、気づかずに歩いていると、ただのハイキングになってしまい、
礼文島トレッキングの魅力は半減してしまいます。

このコースからは天気の良い日には利尻富士の絶景も望めるはず・・・
でしたが、この日は曇り空。
かすかに輪郭が見える程度でした。
桃岩から利尻富士を望む

残念

 






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)