花粉症は製薬会社の陰謀

テーマ:
数年前、社会人1年目に花粉症になった。



それ以来、毎年春になる度に気が重い。鼻水は我慢できるが、目の痒みと頭痛がひどい。



通勤や犬の散歩で外に出るときは必ずマスクが必要だ。不便な生活を強いられている。



花粉症で悩む日本人は何百万人もいて、毎年増え続けている。



だが、花粉症対策は一向に進んでいない。春の花粉症の原因となる杉や檜を伐採すれば済む話なのに、政府も自治体の腰は何故か重い。



林業のために植林された杉が、今では輸入木材に押されて放置され、大量の花粉を撒き散らすようになった。それを伐採し、他の花粉症に影響のない木を植えればいいではないか。



杉や檜を植え過ぎて、その大量の花粉で悩むのは日本くらいであろう。



間抜けな話である。



自爆テロと言っても過言ではない。



伐採が費用の問題で無理だとしても、他の対策はありそうなもんである。



幹に注射を打つことで杉に花粉を出さないようにさせる研究などがあったが、それはどうなったのであろう。



ここまで何もされないと、杉の伐採や花粉症根絶の研究が遅々として進まないのは、製薬会社の陰謀ではないかと考えてしまう。



この時期、製薬会社にとってはかき入れ時であろう。



決算期前に鼻炎薬や点眼、マスクなどが飛ぶように売れる。



花粉症がなくなれば、その分実入りが減る。



そんな理由で、花粉症対策を製薬会社が邪魔をしているのではないのか。政治家や役人に圧力をかけたり、花粉が出なくなる研究をしている研究者を消したり… 何かあるような気がしてならない。



鳥インフルエンザが大騒ぎされ、必死に対策されなら、もっと花粉症対策がされてもいいのではないのか。



もっと騒がれてもいいのではないのか。



花粉症では誰も死なないが、膨大な数の人間がその症状に悩んでいるのだ。今後も飛散する花粉は増え続け、それに悩む人間も増え続けることであろう。



得をするのは製薬会社だけだ。



花粉症が治ってもらって困る、だから花粉症を治る薬を作らない。作れるのに。すべてはお金儲けのために・・・





花粉症から今すぐに解放されたい人はここへ

AD
●「税務調査」はなぜ行なわれるのか?

 みなさんは、税務調査を経験したことがあるでしょうか? あるという人も、ないという人も、「税務調査が入るのは、脱税が見つかったからではないか」「悪いことをしたからではないか」と思っているかもしれません。しかし、それは誤解です。

 たしかに、調査に入る際、調査官がある程度の脱税情報を持っていることもありますが、それは稀なことで、ほとんどの場合は、情報らしい情報を持たずに調査に行きます。そもそも、脱税が分かっていれば調査など必要なく、すぐに刑事事件として告発されます。

 では、なぜ税務調査が入るのかというと、日本は“自分の税金は自分で申告して納める”という申告納税制度を取っているからです。自己申告制度のもとでは、税務署は申告漏れがなかったか、脱税などをせずにきちんと申告したかを確認できません。そこで、納税義務が正しく公平に果たされたかどうかを税務調査という形で点検するというわけです。

 それなら、なぜ調査されるところとされないところがあるのかと疑問に思う人もいるかもしれませんが、限られた人数の調査官で調査しなければならないため、現実にはすべての会社を調べることは不可能なのです。

 では、調査対象はどのように選んでいるのかというと、最優先されるのは、ある程度の事業規模があり、毎年黒字を出している会社です。その中でも、なるべく追徴課税の見込める会社を選択しますので、1)勘定科目の中で例年と著しく違うものがある(接待交際費が前年より倍増している、仕入だけが急に増えている等)、2)売上が急に伸びた、という会社は調査対象になりやすいといえます。

 とはいえ、規模や売上の小さい会社でも、法定調書や税務署が独自に集めた資料などを見て、不正申告の疑いがあれば、いつでも調査の手が及びます。

●税務調査の進め方

 税務調査がどのように進められるのかというと、まず世間話から入ることがほとんどです。その中から、探りどころを見つけるのです。

 たとえば、社長の趣味がゴルフで、最近クラブにお金をかけている、ということが分かると、「どんなクラブを持っているのか」「どこで買ったのか」ということをさりげなく聞き出します。そして、クラブを買った店へ行って、値段を調べ、通帳などと照合して脱税していないか調べるといった具合です。

 世間話の次は、聞き取り調査や管理状況の調査を行ないます。現金出納帳と現金残高が合っていなければ、要チェックです。というのも、日頃の現金残高が合っていないのに、年間の申告額が合っているはずがないからです。

 その後は、調査官によって手法は違いますが、私の場合、期間損益を調べていました。少しでも当座の税金を少なくしたいという心理から、その期の収入を翌期に繰り越したり、翌期の経費を当期の経費に組み入れたりするなど、収入を隠したり、経費をでっち上げたりする人が多く、そこを突くというわけです。

 ちなみに、調査官は納税者があらかじめ用意している帳簿や書類などはあまり重視しません。というのも、準備された帳簿は整えられたものであると分かっているからです。では、調査官は何を重視すると思いますか? それは、原始記録と呼ばれる「生」の記録、たとえば、営業担当者のメモや仕事の進行状況を記したノートなど、仕事で使われているものです。これらを重視するのは、取引先などと共謀しない限り偽装することが難しいからです。

 税務調査は、2、3日で終了することがほとんどです。というのも、時間をかけていたら調査件数がこなせないからです。表立ってはいませんが、調査官にはいくつかのノルマがあります。中でももっとも優先的に果たさなければならないのが調査件数です。ノルマを果たせなくても首にはなりませんが、無能呼ばわりされることは事実です。

 税務署レベルの調査官の場合、1週間で1件程度とされますが、1週間のうちに、調査の準備、企業での実地調査、取引先への反面調査(調査対象企業と取引している得意先や支払先、あるいは銀行などに対して行なう調査)、調書の作成まで、すべてをこなさなくてはなりません。私が国税にいた頃、一件あたりにかける調査日数が年々少なくなっていました。年間のノルマが増えていったからです。その傾向は現在も続いているようで、現役調査官は頭を悩ませているようです。また、追徴税額は年度別に集計され、評価の対象となっていました。追徴課税を多く取ってきた人ほど出世しています。


●脱税の手口と見破り方

 税金逃れの手口はいろいろですが、その方法と税務調査官がどう見抜くのか、以下にいくつか例を挙げてお話していくことにしましょう。

1)領収証の改ざん

 脱税で、昔からよくあるパターンは領収証を工作することです。

 領収証は、その取引があったかどうかを判断できる証拠になります。そして、領収証があれば帳簿上はその金額を経費とできるため、偽の領収証を使って脱税する手口が非常に多いのです。

 領収証の工作方法には「改ざん」と「偽造」の2パターンあります。

 改ざんは、白紙の領収証をもらって好きな金額を書き込むか、あるいは、領収証の数字を書き換えて水増しします。たとえば、「1」を「9」、「3」を「8」に書き換えたり、桁数を増やしたりするといった具合です。

 しかし、改ざんしても、領収証をパラパラと見ればおかしいと気付きますし、領収証の発行元に記載内容の確認を行なえば、すぐにばれてしまいます。

 一方、偽造は、単純な手口では市販されている領収証を買ってきて、架空の業者などの領収証を作るといったものがあります。

 悪質なものになると、偽の領収証を闇業者から買う方法があります。この場合、幽霊会社や倒産した会社名義のものなので、税務署が調べかね、黒と判断できないことが多いのは事実です。

 しかし、税務署は、日頃から偽の領収証を販売している業者の検挙に全力をあげています。その業者が捕まれば、業者から領収証を買っていた人は一網打尽となるでしょう。

2)架空人件費を使った脱税

 本当は雇っていない人を雇っているように見せかけたり、架空の人物を仕立て上げて雇っているように見せかけたり、人件費を実際よりも多く払ったように偽装する方法です。

 これも昔から多い手口なのですが、現在では、従業員を雇った場合、従業員の住所、氏名、給与額等を役所に提出しなければなりません。ですから、架空の人物を雇ったようにした場合、税務署がその人物の所在などを確認すれば分かってしまいます。また、人件費の水増しをしても、社会保険の面などから調べれば、簡単に発覚します。

 中には人件費を水増しした額で、社会保険料や源泉徴収料を支払って逃れようと考える人もいますが、お金がかかるだけで、賢い方法とは思えません。

 ただし、調査官が頭を悩ませる手口があります。アルバイトなど、社会保険の加入義務がない人を雇ったように見せかけて脱税する方法です。住所や氏名等を役所に提出する必要がないので、その人物を特定することが難しいのです。家族でやっているような小さな会社では、中高生の自分の子供をアルバイトで雇ったことにして、その分の人件費を偽装する例がよく見られます。本当にその人が働いていたかどうかを確認するには、他の従業員や関係者に聞き取り調査などをするしか手がなく、とくに家族経営の会社の場合、口裏を合わせることが容易なため、脱税の発覚に至らないことが多いのです。

3)仕入も隠す高等な脱税

 個人商店や飲食店など、現金商売をするところでよく見られるのが、売上を「抜く」という脱税行為です。しかし、売上にはそれに対応する仕入があり、仕入先をチェックされれば、簡単にばれてしまいます。

 そこで、知恵のある人は、売上を隠すとともに、抜いた分の売上に対応する「仕入」も隠します。たとえば、洋品店の経営者が、毎日の売上から数十着分の売上を抜いていたら、税務調査で、仕入れた服の数と売上数を付き合わせると、仕入の数の方が多くなります。この仕入の余った分はどこに行ったのか追及されれば、簡単に脱税が見付かってしまうのです。

 ところが、抜いた売上分だけ、仕入れた服の数も減らして帳簿に付けていると、税務署が仕入の数から売上を調べても脱税は発覚しません。

 ただし、このいわゆる「両抜き」は、売上除外で利益を減らせるとともに、仕入除外で経費も減ってしまいます。つまり、脱税できる金額が少なくなってしまうということです。たとえば、服1着が5000円なら、1着の売上を隠せば5000円分の所得を脱税できますが、仕入も隠すとなると、その服の仕入が3000円だとしたら、差引き2000円の所得をごまかせるに過ぎないのです。

 この脱税方法は、調査官が客として商品を買い、その商品がきちんと売上に計上されているかを調べることで見破ります。また、仕入先を調べて、納品数と帳簿上の仕入数を付き合わせることによっても発覚します。

4)通常外の取引を隠す脱税

 通常の取引先以外の取引はばれないだろうと思う人が多いのか、遠隔地や単発の取引を隠す脱税も少なくありません。

 遠隔地での取引を隠す脱税は、とくに日頃近隣での取引しかしていない事業者によく見られます。しかし、国税は全国の取引状況の情報を集めてそれぞれの税務署に流しているため、取引をしたかのように見せかけてもすぐにばれてしまいます。

 また、一度だけの取引といえ、前述したように、税務署は年中あらゆる取引において情報を集めているので、1回でも100回でも見つかる確率は変わりません。

5)在庫を少なく見せかける脱税

 脱税は、売上を隠すか、経費をでっち上げるかがほとんどなのですが、このほか、期末の在庫を少なく見せかけるという方法があります。利益が少なく計上され、その分、かかってくる税金が少なくなるからです。

 その具体的方法としては、期末の卸棚表を書き換えるか、破棄して実際よりも少ない在庫量を帳簿に記載するということが多いのですが、仕入と在庫の関係を丹念にチェックすれば、すぐに不正は発覚してしまいます。

◇     ◇

 いかがでしたか? 結局、どんな手法を使っても、調査官はあの手この手で見抜いてしまうということが分かっていただけたのではないでしょうか。

 経理担当者が一番やってはいけないのは、ごまかしのきかないことをすることです。金額などの数字を書き換えるなど、どんな小さなことでも見つかると不正の対象になり、重加算税が課されます。

 金銭面でリスクを負うだけではありません。会社の信用を失うことにもなりかねませんので、帳簿をつけていてお金がどうしても合わないというときは、経理ウーマン読者のみなさんに限ってはないと思いますが、何かの経費に使ったように細工しようと考えず、現金過不足か雑損で処理するようにしましょう。


脱税をせずに、節税で税金を払わない方法を知りたい人はこちらへ  

AD
先日調べ物をしていたところ、非常に興味をそそられる書籍が目に留まった。去年の10月に発売された【世界主要国価値観データブック】なるものだが、世界各国の国民の意識・価値観の多様性を、多種多様な調査項目から紹介するデータ集だという。日本人の、あるいは他国の人たちとの特異性などを推し量れるデータが図や表で盛り込まれているとのこと。今後の記事構成や考察に役立つものも多いだろうと判断し、早速アマゾンで購入。今回は手に入れた同紙から、「これは今後他の記事でも役に立つはずだ」とチェックをした項目の中でも最上位にあたる、「主要国における新聞・雑誌やテレビ(要はマスコミ)に対する信頼度」についてグラフ化してみることにした。

今調査結果は世界数十か国(80か国以上)が参加して実施している国際プロジェクト「世界価値観調査」によるもの。各国・地域毎に全国の18歳以上男女1000サンプル程度(実際には1000~2000人程度)の回収を基本とした個人対象の意識調査。調査そのものは2005~2006年にかけて行われており、該当冊子は先行して集計が終わった25か国分のデータが収録されている。

今回グラフ化するのは、資料編に掲載されている「組織・制度への信頼」のうち、「新聞・雑誌」と「テレビ」、いわゆる「既存マスメディア・マスコミ」に対する信頼度。選択項目として「非常に信頼する」「やや信頼する」「あまり信頼しない」「全く信頼しない」「わからない」「無回答」が用意されているが、このうち「非常に信頼する」「やや信頼する」を足して、そこから「あまり信頼しない」「全く信頼しない」を引き、各メディアへの信頼度(DI値)を算出することにした。要はこの値が大きいほど、その国では対象メディアが信頼されていることになる。なお「新聞・雑誌」においてイラクは調査が行われず、表からは除外してある。


$世の中のタブーな話しを暴露します。


世界各国における新聞・雑誌への信頼度(2005年)(非常に信頼・やや信頼-あまり信頼しない・全く信頼しない)


世の中のタブーな話しを暴露します。


世界各国におけるテレビへの信頼度(2005年)(非常に信頼・やや信頼-あまり信頼しない・全く信頼しない)

ぱっと見で分かるのは、日本は先進諸国の中ではずば抜けて、そして全体でもかなり上位に位置していること。特に「新聞・雑誌」においては「妄信」に近いレベルとなっている。【「新聞って信頼できるよね」「正確だよね」はそれぞれ6割、ただし若者と高齢者の間には大きなギャップも】や【新聞記事や特集7割・テレビ番組8割……シニア層の情報源、テレビや新聞が圧倒的】にもあるように、日本国内では特に高齢者の方が新聞などの既存紙媒体のメディア、そしてテレビを信頼する傾向が強い。この傾向は世界各国どこででも同じようなイメージがあったが、実は日本だけの傾向の可能性はある(アメリカでも【アメリカ人がいつテレビを見ているのかがひとめで分かる図】にあるように、高齢者の方がテレビ視聴時間は長い。にも拘わらずテレビへの信頼度が全体として低いままなのは、「テレビは信頼できないもの」と割り切った上で、娯楽として視聴しているからなのだろう)。

また、国の名前の並びを良く見ると気がつくことだが、全般的にアジア系諸国は「新聞・雑誌」「テレビ」への信頼度が高い。メディアや情報に対する考え方が根本的に違うのかもしれない。


今調査はあくまでも2005年当時のもので、インターネットの普及が進み既存メディアの権威が相対的・絶対的に下落し、日本に限ればさらに各メディアの体制構造上の問題の露呈(例えば押し紙問題や、いわゆる「WaiWai事件」に代表される「自国を意図的に卑下する」ことを肯定する情報を世界にこっそりと配信していたこと)を起因とし、多少違った値を示す可能性は高い。とはいえ、各国における全般的な傾向は十分につかみとれることができるはずだ。

マスコミは司法行政立法に続く第四の権力と呼ばれることがある。西洋社会においては今調査結果のように、視聴者側の割り切り・実態の把握が出来ているからこそ、適切な力の発揮に留まり、すぐれたバランスを維持している。しかし日本においてはあまりにも影響力が大きすぎ、きわめて不健全でアンバランスな状態にあるのかもしれない。
AD
米戦争屋およびその菅政権、検察、マスコミによる小沢氏への攻撃がなぜ、これほど執拗なのかに関して言及しますと、小沢氏は自民党時代、米戦争屋ボス・デビッドRFに対し、面従腹背で従属していました。だから90年代の湾岸戦争後、米戦争屋に国民資産1兆3千億円を献上したのです。ところが、2007年、ブッシュ戦争屋政権がレームダック化した後、先読みして、小沢氏はジェイRF(デビッドの宿敵)に乗り換えたのです。この意味で、米戦争屋からみて、小沢氏は“裏切り者”なのです。その証拠は、デビッド爺来日中の2007年暮れ、小沢氏が戦争屋の恫喝で震え上がって党首の座を辞任しようとした事実に潜んでいます。

米国という社会は日本の戦国時代と同じく、弱肉強食社会ですから、裏切り者は絶対に見逃さないのです。なぜなら、裏切り者を許すと裏切り者が続出し、いつか自分が殺られると、彼ら米戦争屋は本能的に考えるからです。

 米戦争屋は戦争のプロであるため、常に、自分以外を敵とみなす本能的習性があり、マフィアと同じく裏切り者を絶対に許さない傾向がことさら強いのです。彼らは常に“殺らなければ、殺られる”という世界で生きています。

 このような米戦争屋の本能的習性に日本人も菅総理も、まったく馴れていないため、戦争屋の恫喝に恐れおののいて、小沢氏に対して、到底、日本人とは思えないような非常識な対応をしています。

 だから、彼ら米国ジャパンハンドラーは本音では、とても口では言えないほど下劣な言葉で日本人を愚弄していると、かつて、2002年、石原慎太郎氏が述懐しています。

 われわれ国民は、菅総理がなぜ、同胞のはずの小沢氏に対し、日本人として到底、理解不能な対応するのか、考えるべきです。

 また、米戦争屋の本能的習性を知れば、日本政府官僚や日本の政治家がいかに彼らに愚弄・翻弄されているかも見えてきます。
元鳩山総理の二酸化炭素ガス削減公約でわかるようには、"民主党"の上にあるのは世界の原子炉利権だ。

更に"原子炉マフィアが日本の六ヶ所村の原子炉施設を大きな世界的な利権に育つことを約束した" そうだ。

無料エネルギー技術の導入に反対している理由はこうだ。

"サラリーマンの給料をコントロール出来なくなる。給料をコントロール出来なくなるとサラリーマン達は我々の命令に従わなくなる。"

これと関連し日本の伝統的な神道(ロスチャイルドが日本に押し付けた天皇を拝む神道ではなく、従来の日本の神道を守る団体)の幹部によると、小沢氏の心臓にはいつでも心臓発作を引き起こすことが出来る半導体が欧米はの闇の支配者によって埋め込まれてあるそうだ。